現在の閲覧者数 1人

 

おすすめステータスカード-新社会人のクレジットカードの選び方

 便利でステータスにもなる社会人おすすめのクレジットカードを紹介します。 クレジットカードは支払い能力の証明にもなります。 審査が厳しく信頼性のあるカードを持っていると、見る人が見ればその人の信頼性が伝わります。 ステータスとして1枚持っておく、社会人へのおすすめクレジットカードです。

三井住友VISAカード (VISA)
 言わずと知れた、日本でVISAカードを広めた信頼性バツグンの三井住友カード。 このカードの良いところは、満26歳になって最初の更新でゴールドカードになるところです。

 

事実上、年会費無料!

 ゴールドになるまでは、デビュープラスがおすすめです。デビュープラスは初年度年会費無料、次の年からも年に1度でもカードを使えば年会費無料。 PiTaPaカード(ポストペイ型)やETCカードも申し込めるので、営業マンにもおすすめです。

 審査が厳しいのではとの心配がありますが、私が申し込んだところ、新入社員の年収でも大丈夫でした。 数年たてば信頼性のあるカードに成長する、いわば「育てるカード」。 申し込みから最短3日で発行されます。

 またポイント還元が強力で、ブランド食器や自転車など、高級感あふれる景品の他、たこ焼き器や化粧品、果ては鼻毛カッターまで、ポイントで交換できます。 デビュープラスの場合はポイント2倍、入会後3か月は5倍です。

 入社すると交通費や会社の備品代を立て替えることが多いですが、クレジットカードを持たずに立て替えをするのは損です。 現金だとATM手数料がかかったり、そもそも手持ちの現金を減らしてしまいます。

 私は営業職なので、多い時では週3日の出張で5万円の交通費を使うこともあります。 突然決まる出張でいちいち現金払いしていると何回もATM手数料を支払うことになります。

 だからといって多額の現金を持ち歩くのは不安です。

 しかしクレジットカードなら、手数料はかからず現金も減らず、ポイントがついたり割引が使えたりして得をするのです。

 新幹線やJR特急はみどりの券売機で乗車券、特急券を購入するとき、クレジットカードが使えます(ICチップのあるもの。三井住友VISAカードにはICチップあり)。 このような交通費の立て替え、会社の備品購入の立て替えなどでクレジットカードを使えば、 お金は返ってくるわ高額なポイントはつくわでウハウハです。

 

クレジットカードは現金より優れている

 さらに、落とした現金は返ってきませんが、落としたクレジットカードは暗証番号がないと使えず、 またクレジットカードを悪用されても、 カード会社に連絡すれば、60日間さかのぼって悪用分が返ってきます。

 社会人になると4月から交通費や携帯電話料金、公共料金の支払いが始まります。 どうせ払うなら、学生のうちにクレジットカードを発行し、社会人となった4月からクレジットカードを活用したいものです。

 

学生でも審査は通る!

 学生は審査が厳しくて通らないんじゃないか・・・なんて心配も無用です! 学生用に三井住友VISAクラシックカード も用意されています。 しかしメリットといえばデビュープラスと大差ありません。

 在学中は年会費が無料で・・・というメリットは、デビュープラスカードも年に1回使うだけで年会費無料になりますから同じですね。 デビュープラスカードも学生向け、クラシックカードも学生向けです。 学生だから審査に通らない・・・ということはありません。

 なぜ学生も審査に通るかと言うと、学生は就職後、優良な顧客になると予想されるからです。 奨学金を借りていても、内定がなくても関係なく審査には通ります。

 

内定者のクレジットカード申し込み

 内定をもらってからクレジットカードを申し込む場合、 どんなふうに申し込みをすればいいかを説明します。

 基本的には学生として申し込みをするときと変わりません。 職業欄には学生と書きます。キャッシュカード機能はなしで構いません。 社会人になってもキャッシュカード機能は使いません。

 年収欄は少し考えても良いでしょう。キャッシュカード機能をつけようとすると源泉徴収票が必要になるので、 入社して1年がたたないといけません。しかし、キャッシュカード機能をつけなければ源泉徴収票は不要なのです。 つまり年収は自己申告です。

 申込書の年収欄にも書いてあると思いますが、年収は予想年収で構わないのです。 新入社員の年収は300万円ほどなので、とりあえず300万円と書いて提出しましょう。