就活 現在の閲覧者数 1人

 

新社会人のクレジットカードの選び方

 内定後の過ごし方として、クレジットカードの発行をおすすめします。 社会人になってからだけでなく、海外旅行に行くときにも役立ちます。

 

社会人にクレジットカードは必要?

 社会人にクレジットカードは必須アイテムです。 会社で働くと、平日昼間は銀行に行けない人が多いと思います。 昼休みに銀行に行く暇があればよいのですが、会社の人とランチへ行っているとなかなかそんな余裕もありません。

 それどころか出張に出かけると、交通費は会社負担ですが、後払いなので自分で立て替えなければなりません。 私はまだ入社間もないですが、たった1週間で5万円も立て替えたこともあります。 しかし毎回、時間外手数料を払うのもばかばかしい・・・

 そんな社会人に役立つのがクレジットカードです。 JRの特急券はみどりの券売機、あるいはみどりの窓口でクレジット払いが可能です。 ATMを使って預金を下ろすと手数料をとられますが、クレジットカードの場合はむしろ、お店が手数料を負担するのです。 何万円と立て替えるためにATMで手数料を払うのは損です。

 そして仕事上の費用の立て替えをクレジットカードで払うと、結局お金は返ってくるのに、ポイントがつきます。 私の場合1か月につき、自分のために使った額は2、3万円ですが、立て替え7万円あるので、本来の3倍程度のポイントがついています。

 

クレジットカードの選び方

・ETCカードを付けられる
・PiTaPaやPASMO等、ポストペイ型IC乗車カードを付けられる
・年会費、入会費が無料
・いずれはゴールドカードを持ちたい
・飛行機に乗るのでマイルを貯めたい
・よく使うお店のクレジットカードがいい

・・・などなど、人によって様々な条件があると思います。 ここで、クレジットカードの種類を説明します。

「銀行系カード」

 みずほ銀行、三菱東京UFJ銀行、三井住友銀行など、銀行やそのグループ企業の発行するクレジットカードです。 審査は厳しいと言われていますが、これまでに支払い延滞や借金がなければ作れます。 クレジットカードはその人の支払い能力、経済力を示すステータスにもなります。

銀行系カードはステータスとしてはとても良いカードです。 三井住友カードでは、「デビュープラス」→数年後「プライムゴールド」→数年後「ゴールド」のように、 自動的にランクアップしていくので最短26歳でクレジットカードがゴールドになります。 また銀行系カードはポイントでもらえる特典が豪華で、カードを失くしたときの保険や、旅行保険もしっかりついています。

「提携カード」

 主に百貨店などが発行していて、バックに銀行がついているカードです。 そのお店で買い物をするには特典がつきますが、銀行系カードのようなランクアップはなく、 銀行系カードにはついている特典や旅行保険がついていない場合が多いです。

 

ステータスとしてゴールドカードを持ちたい方

 三井住友VISAカードをおすすめします。始めはデビュープラスカードを申し込みます。 デビュープラスは白いカードで、初年度年会費無料、年に1回でも使えば次の年も年会費無料です。 普通のカードよりポイントが2倍つき(入会後3か月は5倍)、不正使用されたときの保証もついています。

 またPiTaPaやETCカードを同時に発行してもらうこともできます。 26歳以降、最初の更新で自動的にプライムゴールドカードに切り替わります。

ツタヤ、ファミリーマート、ドトールなどを利用する方

 ファミマTカードをおすすめします。現金払いでも提示すればポイントがつき、 クレジット払いにするとさらに余分にポイントがつきます。ツヤタでCD、DVDを借りるのにも使えます。 ただし入会直後はリボ払いになっているので、リボ払いが不要な場合はインターネットの会員ページで解除しましょう。


Fatal error: Call to undefined function down() in /home/alioth/www/job/afteran/credit.php on line 94