現在の閲覧者数 1人


 入社を控えて準備すること

 内定後の過ごし方として、入社準備が必要です。 しかし入社準備とは言っても、具体的に何をすれば良いのでしょうか。 資格の勉強?営業セールスの勉強?社会人としての心構えを身に付けること?

 いいえ

 会社を辞めたいと思わなくて済むようにすることです。



 どんなときに辞めたいと思うかというと、難しいものがあります。 お金ができて、時間がなくなるという環境の変化が嫌になったり、 大学時代と異なりタテの関係ばかりになるという環境の変化が嫌になったり、 怒られたり、朝起きるのが辛かったり、いろいろあると思います。

 私の会社でも「入社3年目くらいは真剣に転職を考えた」という人もいます。 それどころか社長も「会社にずっといるつもりはなかった」と仰ってました。 ではどうして辞めなかったのかというと、単に他の仕事が見つからなかっただけだったそうですが。

 少なくとも辞めたいと思っているときは精神的に不安定です。 そうならないための準備が必要です。就活を一生懸命やって内定を得たが、 その会社を辞めた場合どうなるかを想像してみましょう。

 またお金のない生活に逆戻りし、仕事を探すために履歴書を書き、 面接へ赴き自己PRをします。「今回はご縁がなかったということで・・・」と落とされます。 それどころか今度は「新卒」ではなく「転職」です。即戦力が求められます。 「私は御社のためにこんなことができます!」ということが言えなければなりません。 新卒就活よりハードルがあがるのです。

 それでも辞めたくなった時はどうしようもありません。 しかし、そうなる可能性を減らせるなら減らした方が良いに決まっています。 まずは大学時代に戻りたいと思わなくて済むようにするのです。

 飽きるほど「大学時代」を堪能するということが入社の準備なのです。