現在の閲覧者数 2人

 

内定者懇談会に参加する

 内定後、1か月から2か月の間に内定者懇談会が開催されます。 内定者懇談会の内容は、飲み会です。内定者を集めて飲み会を開き、 みんなで仲良くなろうという内容です。

 内定者懇談会への出席は必須です。 講義があろうが、バイトがあろうが、問答無用で出席しましょう。 もちろん内定者懇談会ではなく会社見学であろうと、工場見学であろうと同じです。

 というのも、同期との初顔合わせになるからです。 同期は人脈になります。仕事は一人でするものではありませんから、 必ず他の部署との連携が必要になります。

 そのとき他部署に同期がいて、仲良くしていれば、 どちらの部署の仕事なのか明確な線引きがないときに役立ちます。

 「じゃあ俺やっとくわ」と言ってくれることもあれば、逆もまたしかりです。 仲良くないと、頼みごともしづらいのです。

 最初の内定者懇談会で仲良しグループがある程度できてしまいます。 内定者の人数が多いところはそれだけそうなる場合が多いです。 30人でワイワイやっていたとしても、30人全員と同じだけ仲が良い、という経験はないと思います。 会社に入っても同じです。

 他部署の先輩社員も「○○さんは苦手というよりむしろ嫌いだ」と言いつつ、 のみに誘ったりときどき電話をかけたりして人脈は保っています。 相手を嫌いでも関係を維持する必要があるのです。

 幸い、内定者懇談会の段階では、仲良くする必要があるのは同期だけですから、 やりやすいことと思います。 同期と仲良くする(たとえ表面上であっても)ことは入社準備の重要な要素なのです。

 ですから、内定者懇談会に出席できないような内定後の過ごし方は控えましょう。



 

公務員の内定者懇談会

 国家公務員など、公務員の内定者懇談会は、民間企業の内定者懇談会とは異なります。

 民間企業の内定者懇談会は通常、内定者を集めて社員と話をする会であり、 入社を控えて工場見学をしたり、皆で飲み会をするものです。 いわば内定者のための懇談会です。

 一方で公務員の内定者懇談会は、来年公務員試験を受け、面接を受け、内定をもらおうとする人たちの質問会です。 公務員の内定者が集まって、公務員志望者からの質問に答えるのが公務員の内定者懇談会です。 内定者が何かしてもらえるものではなく、公務員内定者が次の世代のために開く懇談会です。

 公務員の内定者懇談会は大学単位で行われることが多く、いろんな大学の公務員内定者が、 各大学に集まって志望者を集め、食事を取りながら、お酒を飲みながら志望者の質問に答えるのです。

 民間企業の就活生が、会社が開く内定者懇談会に参加する場合もあります。 この場合は公務員の内定者懇談会と同様、内定者に対する質問会です。

 民間企業の場合は懇談会と名のつくものには原則、すべて参加するべきです。 参加したという事実が採用担当者に伝わり、熱意を認められるのです。

 しかし公務員の場合は採用にあまり関係しません。 というのも、公務員の場合は不透明な選考ができないからです。 内定者懇談会に参加したからといって試験に通るわけではなく、 また面接で通りやすくなるわけでもありません。

 ですが、公務員試験を突破し、面接もくぐり抜けた内定者の話が聞けるのですから、 勉強法や公務員への意気込みなどを聞き、自分のやる気アップにはつながるかもしれません。

 

内定者懇談会の服装

 内定者懇談会服装スーツです。 民間企業の開くものは、内定者懇談会に限らず原則としてスーツが正しい服装です。

 「私服で来てください」と指定されることはあるでしょうが、そうでない場合、 例えば「私服可」「服装は自由です」の場合は「スーツで来いとはあえて言わないけどわかってるな?」と言われているのと同じです。 間違っても正直に私服で行ってはいけません。

 気になるのはクールビズです。5月から10月の間はクールビズの期間です。 半袖のシャツとスラックスでもいいはずの期間です。 クールビズでいいはずです。

 しかし残念ながら、クールビズが認められるのは入社して、上司がクールビズになってからです。 上司がクールビズになるまでは、部下はクールビズになってはいけません。 ましてや入社すらしていない内定者は、クールビズは禁止です。

 もちろん会社の人事はそんなことを教えてくれません。 「内定者の分際でクールビズとは生意気だ」などとは口が裂けても言えません。

 しかし古い会社ほど「勝手なクールビズ」を嫌います。上司が「暑苦しいぞ!クールビズにしろ!」と言うまでは、 勝手に上着を脱いではいけませんし、ネクタイも外してはいけないのです。

 私が入社して、5月に配属された部署では、私がネクタイも上着も着たままなことについて、 課長から大変褒められました。単に私がクールビズの期間に入ったことを知らなかっただけなのですが、 勝手にクールビズを始めないのは社会の暗黙の了解なのです。

 本当にくだらない世の中ですね。

 大学のサークル等のイベントで行われる内定者懇談会や、公務員の内定者懇談会の場合は、 服装は私服です。内定者とはいえ、学生が開くイベントにスーツで行く必要はありません。

 特に公務員関係のイベントではスーツを着ることはほとんどありません。 いくつかイベントに参加して、だんだんスーツが増えてきたと思ったらスーツを着ればよいのです。