現在の閲覧者数 3人

 

内定後連絡がない

 内定後、内定先からなかなか連絡がないということがあります。 私もそうだったので年を明けたころには大変不安になったものです。

 私の経験では内々定をもらい、6月に工場見学に呼ばれた以降、9月まで連絡はありませんでした。 確かに内々定の電話をもらったときに「内々定後、特に書類のやり取りはしない」と言われていました。

 会社によっては内々定後、内定承諾書に押印させたりする場合もあるそうですが、 内々定は法律上、単なる「内定の約束」に過ぎず、10月1日より前の内定承諾書に法的効力はないのです。 つまり、10月1日になるまで書類のやり取りをしても何の意味もないのです。

 そのため内々定をもらってからしばらく連絡がなく、提出書類もなければ受け取る書類もないため、 「知らない間に内定が取り消されていないだろうか」と不安になります。

 私の場合は内定式の案内すら、9月最終週にされたほどです。 内々定の電話と内定者懇談会、工場見学等のイベントの後は、ほとんど連絡がありません。

 しかし特に心配する必要はありません。 意味がないから書類のやり取りをしないだけであり、内定を取り消すつもりで書類のやり取りをしないのではないのです。

 内定後も書類のやり取りはしばらくありません。というのも、急ぐ必要がないからです。 10月1日以降の内定承諾書には法的効力があります。立派な契約です。 内定はちゃんと法的に保護されるので、特に心配する必要はありません。

 内定式を終えて、2月や3月など入社直前になると入社書類が郵送されてきます。



 

連絡がないのでとった対応策

 ・同期にきいてみる
:これはある程度の安心が得られます。内定後連絡がないのは自分だけではないのがわかります。

 ・人事に別件で質問するついでに聞く:「独身寮への引越しについてなんですけど何日から荷物を受け入れていただけますか? あと入社関係書類とかありますか?」なかなかいい作戦だと思います。 入社関係書類まだかこら!と電話するよりだいぶマシです。

 内定後というか、いったん面接が終わって内々定が出ると、基本放置プレイです。 ときどき突然連絡が来て懇談会だったり内定式だったりに呼び出される感じです。

 私の場合は内定後、年明けまで連絡が一切なく、「そろそろ銀行口座とか年金の手続きとかしないとまずいだろう!」 と思い、別件を装って人事に電話したものです。

 その結果、単に書類の発送が遅れているだけでした。

 特にあせる必要はありません。同期同士で「なんか連絡きた?」と連絡を取り合うだけでいいです。 人事も次の新卒採用、すでに入社した新入社員への教育、会社の人事としての仕事など忙しいのです。

 

内定後の流れ

 内定後流れは以下の通りです。

  • 8月:内々定をもらう
  • 8月~9月:健康診断を受ける
  • 8月~9月:内定者懇談会や工場見学等に参加する
  • 9月:内定式の案内を受ける
  • 10月1日:内定式&内定承諾書に押印
  • 11月~1月:何もなし。連絡もない
  • 2月~3月:給与振込口座の開設、独身寮の申込書のやり取り
  • 4月:入社式&労働契約&誓約書

 2016年卒以降の就活では、内々定から内定までの期間が非常に短いです。 内定をもらっていい会社は1社だけですので、9月中には他社の内定を辞退しておかなければなりません。

 内々定後の健康診断は、大病を患っていて働けない内定者を発見し、内定を取り消すという目的もかつてはありました。 しかしもはや持病や病歴で内定を取り消す時代ではありません。 健康診断で「Eランク!肝臓が要精密検査って出た!」と騒いでいる内定者がチラホラいましたし、 腎臓疾患を抱えている内定者も、入社式にはちゃんといました。

 会社として社員に健康診断を受けさせなければならないルールがあるために行っているだけで、 特に健康診断を理由に内定が取り消されるということはないでしょう。

 給与振込口座の開設ですが、勝手に口座を作ってはいけません。 というのも、給与振込口座は申込書を会社が集めて、一括で開設するためです。 もちろん指定の銀行の口座を既に持っていれば、自分の口座に振り込んでもらうことも可能です。

 しかし、会社で開設した口座には、自分で開設した口座よりもメリットがあるのです。 それは「社内キャッシュサービス」です。社内に置かれたATMを使えばいつでもATM手数料が無料というサービスがあります。 しかし、この無料ATMを使えるのは会社で申し込んだ口座だけです。

 また出張旅費の精算は会社で申し込んだ口座にしか振り込まれないなど、 どのみち会社で口座を申し込まなければならないのです。 自分で先に口座を開いておくメリットは特にないでしょう。

 内定式が終わり、内定をもらうとしばらく連絡はありません。 内定は立派な契約ですので、自分が犯罪を犯したりしない限り、取り消される心配はありません。 安心して残りの大学生活を謳歌しましょう。

 入社すると誓約書が必要です。「会社に損害を与えた場合は賠償します」といった書類なのですが、 この書類に特に意味はありません。というのも、誓約書の内容は民法に書いてあるようなことばかりです。 これには実家の親などにサインしてもらうのですが、実家も就職に同意してますよという書類なのです。

 以上が内定後の流れです。