現在の閲覧者数 1人

 

社会の暗黙のルールを知る

 社会には数々の暗黙のルールがあります。 しかし説明会や懇談会などで「社会の暗黙のルールを教えてください」 といっても教えてくれることはありません。それが当たり前すぎて誰もそれを「社会の暗黙のルール」だと思ってないのです。



 

社会の暗黙のルール


 

新入社員は始業30分前に出社

 しばらく経てば別に早く行く必要はなくなるのですが、新入社員が始業5分前などに会社に到着すると他の人の心象を悪くします。 「電車が少し遅れたら遅刻する、ような出社の仕方は新入社員には許されない」ということです。 早く到着したからといって仕事を始める必要はありません。いることが大事なのです。

 しかし、絶対に遅刻しないぞ!という意気込みは見せるということです。

 

仕事中に頬杖をつかない

 頬杖をついて仕事をするのはNGです。 別にそれで仕事の能率が悪くなるわけではないのですが、会社の人は嫌がります。 まあ見た目もよくないですしね。

 

「お世話になります(なっております)」

 知らない人、全く関係ない人でも、「お世話になります」「お世話になっております」 は決まり文句です。自分が名乗った直後、または相手が名乗った直後に必ず言いましょう。

 

年上の人の話は否定しない

 おかしな話ですが、年上の言ったことは全て正しいとしなければならないようです。 早く生まれただけで全知全能になるわけがありませんが、間違いを指摘したり、否定したりすることは極力避けましょう。 なかなか理解しがたい社会の暗黙のルールです。

 

名刺は大量常備しておく

 いつどこで何人の人と名刺交換をするかはわかりません。 上着の内ポケットなどに名刺を大量に準備しておきましょう。 また社外に外出する際は、かばんに箱ごと入れておきましょう。