現在の閲覧者数 1人


 海外旅行・国内旅行

 内定後の過ごし方として、最もおすすめなのが海外旅行・国内旅行です。 国内旅行も1日や2日で行けるものではなく、何日も使う国内旅行がよいです。

 入社するとなかなか旅行の時間は取れません。「ゴールデンウィークやお盆があるじゃない!」 ちょっと待ってください。ゴールデンウィークにはメーデーが含まれています。 メーデーは労働組合で行われる大会です。実際はビールパーティーだったりするようですが、 これは参加必須です。ほぼ強制参加です。5月1日です。

 お盆やお正月はやはり実家に帰ってお墓参りすることになります。 お墓参りせずに海外旅行へ行こうものなら、大混雑で飛行機は満席、旅行先は日本人ばかり、 飛行機やホテルは特別価格など残念なことだらけです。

 子どもができたらもうしばらくは旅行には行けません。 行ったとしても自分は父親なので、家族サービス側です。 自分が楽しむ余裕なんてありません。



 とまぁ、就職するということは、旅行に行きづらくなるということなのです。 まとまった休みのある(つくりだせる)学生の間に海外旅行・国内旅行へ行くべきです。 家族に借金してでも行くべきです。お金は後で手に入ります。この機会を失うと、 次に海外旅行できるのは定年退職後かもしれません。

 1日2日の温泉旅行程度なら社会人になってもできます。 出張して温泉街に宿を取ればいいだけです。 都会なら特に、社会人になってからでもいくらでもいけます。 交通費は会社の経費で無料です(出張なので)。

 となると、国内旅行は出張で行かなさそうなところになります。

 私が海外旅行をおすすめするのは、楽しいからです。 ぶっちゃけ、行く前は海外旅行に期待はしていませんでした。 それよりユーロと円、台湾元と円のレートばかり気にしていました。

 しかし面白い!非日常というものはこんなに面白いのか! 台湾の夜市、イタリアの屋台、台北の大衆食堂、寺院、タワー、ヴェネツィアのヴァポレット、 ローマの教会、ミラノの最後の晩餐、果ては地下鉄まですべて強く印象に残っています。

 後から行きたくなっても仕方ありません。時間のある今のうちに海外旅行を!