リアルタイム閲覧者数:20人
同じ大学出身の先輩に話を聞けるOB/OG訪問ネットワーク「ビズリーチ・キャンパス」

 

エントリーシートの例

 エントリーシートを載せていきます。 まず、エントリーシートとはどのようなものなのでしょうか。 エントリーシートのサンプルをご覧ください。

エントリーシート例 エントリーシート例
(クリックで拡大)

 エントリーシートは上の画像のようなもので、氏名、生年月日、住所、学歴、ゼミ、サークルなどは、 WEB上で入力することが多いです。ある程度まで入力したエントリーシートを印刷し、学生時代頑張ったことや、 なぜこの会社を選んだのかなどを手書きで記入します。 

 エントリーシートはそのままWEB入力させてWEB提出させる企業も増えています。 今ではエントリーシートはWEB提出だという会社の方が多いかもしれません。

 上のエントリーシートのように、 ゼミや研究テーマ、趣味や特技、アルバイト、留学経験などの欄は小さいです。 一言ずつ書くのもよし、字数制限いっぱいに詰め込むのもよし。好きにしていいところです。

 一方でエントリーシートの右側の画像は、 エントリーシートのコアであり、メインであり、最重要な欄です。

 「学生時代頑張ったこと」や「なぜこの会社を選んだのか」といった定番の設問以外にも、 画像のような「あなたは周りからどう思われていますか?」 というようなイレギュラーな質問もたまにあります。

 エントリーシート作文の部分は400字から500字で書かされます。 エントリーシートの質問の例を知り、予めいくつか準備しておきましょう。

 エントリーシートで必ず出題されるのは自己PRです。 自己PRは、エントリーシート例でいう学生時代頑張ったことのことです。 ガクチカと呼ばれることもあります。

 またエントリーシートでは志望動機も問われます。 なぜこの会社を選んだのかということです。学生時代頑張ったことなぜこの会社を選んだのかについては、 リンク先に例を載せており、詳しく解説していますので参照してください。

 

エントリーシートの長所・短所欄の例

 エントリーシートには長所・短所の欄があります。 長所・短所の書き方の例を挙げます。

例.長所:何事にも情熱を捧げるところ

例.短所:周りが見えないほど集中してしまうところ

 長所・短所の例のように、エントリーシートには一言で書いてしまいましょう。 エントリーシートの長所・短所欄は小さいものです。エピソードや短所を返上するような話は、 面接で話すことにしてエントリーシート作成時にはひとまず、おいておきます。

 もちろん面接で話すことを前提に書かなければなりません。 エントリーシートには書きませんが、長所に関するエピソードや短所を返上する話は、 必ず考えておきましょう。

 長所と短所も面接で必ず問われます。短所の例、長所の例などは、 リンク先に一覧にして掲載しています。長所、短所のESへの書き方についても、 リンク先を参照してください。

 

エントリーシートの例題

 エントリーシート例題を挙げるげていきます。 エントリーシートの例題を知り、予め回答を準備しておけば、 いざエントリーが開始され、すぐにエントリーシートを提出しなければならないときに便利です。

 エントリーシートの例題は多数あります。会社によって出題するテーマが異なるからです。 しかし、1つだけ全ての会社に共通しているお題があります。 それは学生時代頑張ったことです。

 そして2番目に多いのがなぜこの会社を選んだのかです。この2つのセットはかなり出題頻度が高いです。 就活がまだ始まっていないなら、この2つの対策をしましょう。 自分で例文を作ってみて、自分でダメ出しして赤ペンを入れ、修正を重ねるのです。

 エントリーシート例題

  • 自己PR
  • 当社にエントリーした動機
  • 志望業界・企業とその理由
  • やってみたい仕事について
  • この企業に関心を持った理由
  • 学生時代に取り組んだことの今後への活かし方
  • あなたを自由に表現してください
  • あなたのセールスポイント
  • 最近興味を持った出来事
  • 学生時代に苦労したこと
  • あなたの好奇心について
  • 働くことで何を成し遂げたいか
  • どんな自分になりたいか
  • どんなふうに自分を変えていきたいか
  • あなたにとって仕事とは?
  • 挫折した経験とそれを乗り越えた経験
  • 総合職を選ぶ理由
  • 社会貢献度の高い企業とは?
  • 今までにしてきた中で最大の挑戦
  • チームを巻き込んで成果を出したエピソード
  • 自分の強み、弱み
  • 今の自分に不足していること
  • 短所を克服するために努力していること
  • 世の中にある「おもしろい」と感じるもの
  • あなたの喜怒哀楽について
  • なぜ働くのか

 エントリーシート例題は、私が実際にエントリーシートを提出した企業の出題例です。 これだけたくさんの例題があります。これらすべてに一つ一つ作文をするのは大変です。

 しかし、エントリーシートの例題のうち、自己PR志望動機長所と短所を予め準備しておけば、 あとはなんとかなるということがわかります。

 

エントリーシートのアルバイト欄の例

 エントリーシートアルバイトの欄はどのような書き方をするのでしょうか。 エントリーシートのアルバイト欄のを挙げます。

例.アルバイト:コンビニアルバイト

例.アルバイト:塾講師、家庭教師、図書館アルバイト等

 エントリーシートのアルバイト欄は、1つに絞る必要はありません。 長所や短所と違ってアルバイトは「一貫した自分」を表現するものではありません。

 また、アルバイト経験は面接でもあまり問われません。 しかしエントリーシートでアルバイト経験を空欄にしていると圧迫面接の材料になってしまいます

 アルバイトは大学生のお小遣い稼ぎとして定番であり、アルバイトをしていない大学生は親のすねかじりだと、 非難するご老人も多数います。大学の学費が安かった数十年前とは違い、今はアルバイトで学費と生活費を工面するのは、 ほぼ不可能です。

 しかし社会人はそれを知りません。エントリーシートは社会人に見せるものですので、 アルバイト経験も何か書いておかなければなりません。

 エントリーシートのアルバイト欄には、就活の軸やその他の項目に対応するために、 1つだけ書くのもいいですし、複数書くのも良いでしょう。

 

手っ取り早く内定をもらうには

 

キャリアパーク

 みなさんは就活の模範解答を持っていますか?就活の問題点は、模範解答を見られないことです。 できれば模範解答、つまりは実際に内定を取った見本をみてみたいものです。

 就活本や人事関連の書籍を購入する方法もありますが、ビジネス本の類は1800円~3000円と、就活生にとってはけっこう高額です。 しかし、一流企業内定者のエントリーシートを無料でダウンロードできる就活サイトがあります

 それは、キャリアパークです。 実際に内定した人が提出したエントリーシートを無料配布しています。例えばパナソニック、NHK、リクルート、花王、森ビル、シティバンク、 サントリー、モルガンスタンレー、ゴールドマンサックスなど超一流企業のものがそろっています。

 このほかにも業界研究のまとめ女子就活生向けのマニュアル面接官が使う評価シートの例など、 様々な内定に直結する資料が無料配布されています。2017年卒では就活生の約30%に当たる13万人が利用したほどで、これを読まない手はないと思います。



 

MeetsCompany

 すぐ内定がほしい。それは、就活生なら誰もが願うことだと思います。

 2018年卒は7月1日の時点で79.1%が内定を獲得していて、「まだ内定がない」と焦る気持ちが強いと思います。 そんな中、まどろっこしくてめんどくさい従来型の就活をしていては余計にストレスが溜まってしまいます。

 余計なステップを究極的に省いたのが、内定直結型の就活イベントで、採用選考をその場で始めることが前提の合同説明会です。 あらかたの企業が採用選考を終えたあとでも頻繁に開催されており、採用権限をもった部長・役員クラスが現れ、 その場で面接が始まったり、その場で即日内定がもらえたりするイベントがあります。

 それが「MeetsCompany 」です。

 2018年卒もまだ間に合います。MeetsCompanyは参加者内定率96%を誇っており、 最短1日で内定を取れますので、就活を手っ取り早く終わらせることができます。



 

ハタラクティブ

 「やりたい仕事がない」と悩んでいる就活生は多いと思います。 会社説明会では実際に働いているイメージがつかみにくいのは確かです。

 いくら1日インターンが解禁されたとはいっても、世の中に無数にある企業すべてをまわることは不可能です。 そこで、新卒向けハタラクティブを使ってみましょう。

 新卒、第二新卒だけでなく20代なら既卒、フリーターでも東京近郊の正社員の求人を紹介してもらえます。 自己PRや面接対策もばっちりサポートしてもらえて、利用者の内定率は80%を超えています。

 他の就活サイトにはない非公開求人が多数あり、特別の選考ルートで内定が獲れます。 ぜひハタラクティブで好条件の求人を紹介してもらいましょう。



 

Start就活

 就活ってなにから始めたらいいかわからないという方は多いと思います。 そこで、「就活で最初にやること」がつまった就活サイトがあります。

 それは「Start就活」です。 Start就活では50社以上の就活サイトにチェックを入れるだけで一括登録できます。 自分に合った就活サイトに簡単に登録することができます。

 またStart就活には、無料でWEBテスト対策ができ、正答率も表示される便利機能まで提供されています。 WEBテストは「筆記試験」をWEB上で行うものを指しますが、ほとんどすべての企業が入社試験にWEBテストを課しています。 私もWEBテストをまったく対策せずに本番に挑んで失敗した経験があります。

 ぜひStart就活で就活の良いスタートを切りましょう。



 どの選択肢を取るにしても、就活を続行するには「就職活動の軸」の見直しが重要です。 書類選考や面接に通らないのは、就職活動の軸がしっかりつくられていない場合が多いです。

 「就職活動の軸=将来の夢」を確定し、スジの通ったエントリーシート・面接対策をし、就活に再挑戦しましょう。

同じ大学出身の先輩に話を聞けるOB/OG訪問ネットワーク「ビズリーチ・キャンパス」