リアルタイム閲覧者数:1人

 

就活は顔採用じゃない!


 「就活は美人・可愛い・イケメンが有利」などと言われますが、果たして本当にそうでしょうか。 顔が良ければ恋人にも友達にも困らなくて、仕事すら簡単に見つかってしまう・・・ なんていうほどこの世は厳しくありませんし、顔に甘くもありません。 

 総合職で大事なことは、美人・イケメンであることよりも、仕事ができることです。 高い処理能力、コミュニケーション能力を持っていることのほうが大事です。

 ただのイケメンとただのブサイクを並べたら、確かにイケメンのほうが魅力的に映るでしょう。 しかしただのイケメンと、仕事ができるブサイクならば後者が採用されるでしょう。 会社は顔の良い人を集める団体ではないのです。お金稼ぎをする団体です。

 また一般職は顔採用だから美人じゃないと難しい・・・なんてよく言われますが、 一般職でも重要なのは、実は顔ではありません。

 

一般職は何が重視されるか

 一般職は何が重視されるのでしょうか。

 話しやすさです。一般職の仕事はだいたい総合職から頼まれて、発生します。 いくら美人でも話しかけにくいと仕事も頼めません。 愛想よく接することができる人ほど有利です。

 一般職は電話対応も主な仕事ですし、他部署に何かを依頼するのもたいてい一般職です。 つんつんした美人より、話しやすい女性が依頼したほうが、依頼される側も、 「え~嫌だなあ。でもしょうがないなあ。」みたいに承諾しやすいです。

 

ただの結婚要員を雇う余裕はない

 今どき単に総合職の結婚要員としてだけの目的で採用するほど、会社も余裕はありません。 結婚してすぐに辞められても困るのです。 私の会社も面接会場にいた可愛い女の子がすべて不合格になっていたので間違いありません。

 結局受かったのは、愛想がよくて、依頼を断らなさそうな女の子でした。 顔採用ではないのです。とはいえ愛想がいいとモテそうなんですが。

 

受付嬢が美人でも大したメリットはない

 受付嬢が美人だから契約をする、なんてあほな会社があったらとっくにつぶれてます。 社員旅行でバスを借りたのですが、バスガイドはおばちゃんでした。

 最初はみんな「うわあ・・・」という反応だったのですが、 いざバスが出発すると称賛の嵐になりました。

 というのも、気配りがすごくできるおばちゃんだったのです。 酒を渡して回ったり、乗客と雑談したりできるバスガイドはなかなかいません。

 旅行の終盤では、「もしもバスガイドが美人だったらあそこまでしてくれない」 「あのおばちゃんでよかった」と言っていました。

 

ではなぜ顔の良い人が採用されるのか

 顔の良い人は、顔が良いことで自分に自信を持っていることが多いです。 美人やイケメンは少なくとも自分の顔を苦にして夜に泣いたりしないでしょう。 自信があるからこそ、ハキハキと話せて、明るく楽しい雰囲気を作り出せるのです。 そのため就活もうまくいくのです。

 では顔が良くない人はダメかというと、全く違います。 顔以外に自信を持てる部分を見つける、作り出すことが大事です。 学問であったり、コミュニケーション能力であったり、 「自分は他人とここが違う!」という部分を見つけるのです。

 顔が悪いからダメだなんて思っていたら、顔以外もダメになってしまいます。 自分のいいところを探しましょう。

 

手っ取り早く内定をもらうには

 

キャリアパーク

 みなさんは就活の模範解答を持っていますか?就活の問題点は、模範解答を見られないことです。 できれば模範解答、つまりは実際に内定を取った見本をみてみたいものです。

 就活本や人事関連の書籍を購入する方法もありますが、ビジネス本の類は1800円~3000円と、就活生にとってはけっこう高額です。 しかし、一流企業内定者のエントリーシートを無料でダウンロードできる就活サイトがあります

 それは、キャリアパークです。 実際に内定した人が提出したエントリーシートを無料配布しています。例えばパナソニック、NHK、リクルート、花王、森ビル、シティバンク、 サントリー、モルガンスタンレー、ゴールドマンサックスなど超一流企業のものがそろっています。

 このほかにも業界研究のまとめ女子就活生向けのマニュアル面接官が使う評価シートの例など、 様々な内定に直結する資料が無料配布されています。2017年卒では就活生の約30%に当たる13万人が利用したほどで、これを読まない手はないと思います。



Unistyle

 また、Unistyleでも一流企業に内定したエントリーシートを無料ダウンロードできます。

 Unistyleでも三菱商事や三井物産、三菱東京UFJ銀行、トヨタ自動車、三菱地所、新日鐵住金、東京ガス、 マッキンゼー、P&Gなど、様々な超一流企業のエントリーシートがそろっています。

 ぜひ自分のエントリーシートの見直しのために、または作成の参考のために手に入れておきたいですね。 キャリアパークとUnistyleを併せて利用することでより多くのエントリーシートが手に入ります。



 

MeetsCompany

 すぐ内定がほしい。それは、就活生なら誰もが願うことだと思います。

 2018年卒は7月1日の時点で79.1%が内定を獲得していて、「まだ内定がない」と焦る気持ちが強いと思います。 そんな中、まどろっこしくてめんどくさい従来型の就活をしていては余計にストレスが溜まってしまいます。

 余計なステップを究極的に省いたのが、内定直結型の就活イベントで、採用選考をその場で始めることが前提の合同説明会です。 あらかたの企業が採用選考を終えたあとでも頻繁に開催されており、採用権限をもった部長・役員クラスが現れ、 その場で面接が始まったり、その場で即日内定がもらえたりするイベントがあります。

 それが「MeetsCompany 」です。

 2018年卒もまだ間に合います。MeetsCompanyは参加者内定率96%を誇っており、 最短1日で内定を取れますので、就活を手っ取り早く終わらせることができます。



 

キミスカ

 会社探しって大変ですよね。 無数にある会社から自分に合った会社を探すのは非常に難しく、 自分が合っていると思っても、会社が合っていないと判断したら落とされるわけです。

 しかし、自分に合った会社が、向こうからアプローチしてくれる就活サイトがあります。

 それは「キミスカ 」です。

 キミスカではインターン経験や他社の選考状況をシェアすることで、各企業の人事部がチェックしてスカウトを送ってくれます。 これまで就活で頑張ってきた内容を登録しておけば、 見落としていた企業から突然「最終面接」の案内が送られてくることもある就活サイトです。

 従来ですと、面接で落ちると無駄になっていたエントリーシート、グループディスカッションや面接での頑張りを、 「スカウトされる材料」として使うことができるのです。 スカウトがたくさん来れば、いちいちプレエントリーしたり、エントリーシートを書く手間が省けるので時間短縮になりますね。



 

Start就活

 就活ってなにから始めたらいいかわからないという方は多いと思います。 そこで、「就活で最初にやること」がつまった就活サイトがあります。

 それは「Start就活」です。 Start就活では50社以上の就活サイトにチェックを入れるだけで一括登録できます。 自分に合った就活サイトに簡単に登録することができます。

 またStart就活には、無料でWEBテスト対策ができ、正答率も表示される便利機能まで提供されています。 WEBテストは「筆記試験」をWEB上で行うものを指しますが、ほとんどすべての企業が入社試験にWEBテストを課しています。 私もWEBテストをまったく対策せずに本番に挑んで失敗した経験があります。

 ぜひStart就活で就活の良いスタートを切りましょう。



 どの選択肢を取るにしても、就活を続行するには「就職活動の軸」の見直しが重要です。 書類選考や面接に通らないのは、就職活動の軸がしっかりつくられていない場合が多いです。

 「就職活動の軸=将来の夢」を確定し、スジの通ったエントリーシート・面接対策をし、就活に再挑戦しましょう。

同じ大学出身の先輩に話を聞けるOB/OG訪問ネットワーク「ビズリーチ・キャンパス」