リアルタイム閲覧者数:31人
同じ大学出身の先輩に話を聞けるOB/OG訪問ネットワーク「ビズリーチ・キャンパス」

 

インフレとデフレ

 インフレデフレについて、お金持ちにしか関係ないと思っている方も多いと思います。 しかし実は、インフレデフレ庶民の生活に直結します

 ベアなしの場合、インフレ社会では減給も同然です。 インフレ率が2%を超えた場合、定期昇給だけでは減給です。

 庶民感覚ではあまりインフレ率にはなじみがないかもしれません。 テレビや新聞ではインフレ率についてよくニュースになります。 リーマンショック後の2009年から2012年まではインフレ率がマイナスとなり、デフレだと騒がれました。

 現実には生活は苦しいままで、インフレになった、デフレになったといっても物価が上がった、 物価が下がったというのは感じにくいものです。 むしろ「物価が下がったら生活が楽になる」という勘違いまで生み出しました。

 ここでは、インフレデフレについて解説します。 

 

インフレの庶民への影響

 インフレとは、物価が上がることを指します。 安定成長の国ではインフレはゆるやかに進行しますので、 なかなかインフレしていることに気が付きません。

 バブルの終わりごろはインフレ率が3%を超えていました。 3%のインフレはどれくらい生活に影響するのでしょうか。

 3%とは、つまり物価が3%上がるわけです。年間500万円の買い物をしていた場合、 物価が3%上がれば500万円が515万円になります。

 500万円で買えていた物が515万円出さないと買えなくなったということになります。

 同じ500万円でも、インフレ前の500万円ほどの価値はなくなっている=貯金の価値が下がるわけです。 インフレはゆるやかですが、いつの間にか貯金の価値が目減りします。

 昇給がなければ、給料も3%分価値が目減りします。 自動的に減給されているも同然です。

 特に1990年、1991年は2年連続で3%以上のインフレを記録しています。 1989年の500万円は1990年には3%減の485万円になっており、1991年にはさらに3%減の470万円になっているのです。 2年で30万円の損です。

 インフレってなかなか気づきませんが、実は貧乏の原因なのです。

 

デフレの庶民への影響

 デフレとは、物価が下がることを指します。 日本のデフレは1990年代から2012年ごろまで続きましたが、 物価が下がっていることにはお気づきだと思います。

 白物家電の値段は大幅に下がっていますし、100円ショップの登場、 激安スーパーの登場など、昔より物を安く買えるようになっています

 「物の値段が下がった」という点だけを見ていると、デフレはオトクだと思うかもしれません。 しかし、重要なことを忘れています。それは収入です。

 値段が安くなれば、それだけ会社の利益も減ります。 際限のない価格競争が始まり、原価を圧縮しなければなりませんし、 給料が下がります

 特に正社員が減らされ、派遣社員やパート・アルバイトなどのフリーターが増加している点にも注目しましょう。 企業はもともと全従業員に正社員の給料を支払っていましたが、 派遣社員やフリーターに入れ替えることで、支払う給料は減っているのです。

 正社員として就職した人でも、 バブル崩壊後にボーナスや給料が減った方は多いと思います。 物価が下がるのに連動して、収入が減っているのです

 物価が下がると給料も下がり、社会全体が貧乏になっていくのがデフレです。

 

インフレになると貯金は損

 アベノミクスの効果でインフレ率が上がっています。2014年は2%のインフレ率と言われており、 500万円あったら、2015年には490万円の価値しかないことになります。

 銀行預金の金利は0.02%です。銀行にお金を預けていても、0.02%しか利子はもらえません。 一方でインフレにより、2%もお金の価値が下がります。0.02%-2%で、銀行預金の価値は1.98%下がっていることになります。

 インフレになると貯金になるのです。

 インフレのときに得をするには、どうすれば良いのでしょうか。

 インフレのときは、株を買うなどしてインフレ率以上の利回りを確保しなければ、 貯金は損をする一方です。現金や預金を資産に変え、配当金や収益を上げて、 財産の目減りを防がなければなりません。

 また、2%もインフレする場合、ベアを実現しなければ給料すら目減りします。 月収50万円の場合、1万円の昇給があってはじめて2%の昇給になります。 これにインフレ率を考慮すると、実質的な昇給は0円です。

 月収50万円のとき、昇給が1万円未満であれば、実質的に減給と同じです。 2%のインフレの場合、去年の50万円は、今年は49万円の価値しかないのです。 しっかり昇給してもらわないと給料が減っているといえるのです。

 アベノミクスでは安倍総理が経団連に対し、賃上げをするように要求しています。 インフレしているなら賃上げをしなければ、庶民の生活は苦しくなる一方です。

 もしあなたがサラリーマンで、労働組合があるのなら、 積極的にベア要求を行うべきです。少なくとも2%のベアは要求するべきでしょう。

 

インフレとデフレはどっちが怖い?

 インフレデフレではどちらが怖いのでしょうか。

 なんとなくインフレのほうが怖いと思うのではないでしょうか。 デフレの場合は収入が下がりますが、物価も下がります。 一方でインフレの場合は、物価が上がってさらに収入が増えるかどうかはわかりません。

 物価が下がるデフレのほうが恩恵がありそうに思えるのも仕方がありません。

 しかし、デフレのほうが怖いのが真実です。

 インフレでは持っている現金や預金の価値が目減りします。 給料も、昇給がなければ目減りしていきます。インフレが続けば貯金はどんどん価値がなくなっていき、 給料もどんどん価値がなくなっていきます。

 しかし、会社が儲かれば社員に還元する可能性はあります。 社員が生活苦で破産したり、もっと給料の良い会社に転職されても困ります。 まともな会社であれば、インフレのときは昇給やベアを実施して社員の年収を増やそうとします

 一方でデフレの場合、会社が儲からなくなります。 物が売れないので物価は下がり、物価が下がれば同じ給料を支払い続けることもできません。 デフレの場合、給料は確実に下がります

 給料が下がれば消費を抑えます。さらに物が売れなくなります。 そしてさらに給料が下がるのです。この負のサイクルを、デフレスパイラルといいます。 デフレが続くとどんどん会社が儲からなくなり、サラリーマンの年収もどんどん下がっていきます。

 インフレの場合、会社がしっかり給料を上げれば社員も消費を増やすことができます。 車を買ったり、家を買ったり、旅行へ行ったり、遊びに使ったりと、 儲かる企業が増えます

 儲かった企業は社員の給料を上げるので、さらに消費を増やす人が多くなります。 どんどん買い物をして、どんどん儲かって、どんどん給料が上がるのです。

 デフレの場合はその逆です。儲からないので給料が下がり、 給料が下がるので消費を抑えます。消費が少なくなると物が売れなくなり、 ますます会社は儲からなくなります。

 2%程度のインフレでは皆がハッピーになる可能性がある一方で、 デフレでは皆が苦しみ、苦しみの連鎖がつながっていきます。 デフレでは倒産が増え、破産が増え、生活苦そのものです。

 アベノミクスや日銀の目指す「インフレ率2%」とは、物価が上がって庶民の生活を苦しめるための政策ではありません。 同時に賃上げを実現し、給料を増やし、どんどん消費をしてもらい、どんどん企業が儲かるようにするという、 好景気を実現するための最低条件なのです

 

就活のウラワザ!

 

キミスカ

 会社探しって大変ですよね。 無数にある会社から自分に合った会社を探すのは非常に難しく、 自分が合っていると思っても、会社が合っていないと判断したら落とされるわけです。

 しかし、自分に合った会社が、向こうからアプローチしてくれる就活サイトがあります。

 それは「キミスカ 」です。

 キミスカではインターン経験や他社の選考状況をシェアすることで、各企業の人事部がチェックしてスカウトを送ってくれます。 これまで就活で頑張ってきた内容を登録しておけば、 見落としていた企業から突然「最終面接」の案内が送られてくることもある就活サイトです。

 従来ですと、面接で落ちると無駄になっていたエントリーシート、グループディスカッションや面接での頑張りを、 「スカウトされる材料」として使うことができるのです。 スカウトがたくさん来れば、いちいちプレエントリーしたり、エントリーシートを書く手間が省けるので時間短縮になりますね。



 

Unistyle

 みなさんは就活の模範解答を持っていますか?就活の問題点は、模範解答を見られないことです。 できれば模範解答、つまりは実際に内定を取った見本をみてみたいものです。

 Unistyleでは、一流企業に内定したエントリーシートを無料ダウンロードできます。

 Unistyleでも三菱商事や三井物産、三菱東京UFJ銀行、トヨタ自動車、三菱地所、新日鐵住金、東京ガス、 マッキンゼー、P&Gなど、様々な超一流企業のエントリーシートがそろっており、その数は1万7000通を超えています。 省略なしのエントリーシートは他ではなかなか手に入りません

 商社や自動車メーカーをはじめとした企業研究同業他社比較、また「就職活動の軸」別のおすすめ業界など、 から志望動機の書き方まで非常に詳細に書かれた限定記事をすべて無料で読むことができます。

 また会員限定の特別イベントが多数開催され、過去には伊藤忠商事、日本政策投資銀行、日本ロレアル、キーエンス、日本たばこ産業(JT)、トヨタ自動車、旭硝子、デンソー、 三菱東京UFJ銀行、大日本印刷などのイベントが行われています。

 ぜひ自分のエントリーシートの見直しのために、または作成の参考のために手に入れておきたいですね。 就活ノート・Unistyleを併せて利用することでより多くのエントリーシートが手に入ります。



 

ワンキャリア

 ワンキャリアでは4万7000件を超える合格エントリーシート・就活体験談が掲載されており、 オリエンタルランド、キヤノン、NTT東日本、野村総合研究所、帝人、日本航空(JAL)などの日本の一流企業に加え、 ゴールドマンサックス、ボストンコンサルティング、ベインアンドカンパニーなどの外資系企業も多数そろっています。

 エントリーシートだけでなくインターンシップやその選考、WEBテスト、グループディスカッションの体験談などもまとめられているのが特徴で、 さらにその企業に関連する就活記事では志望動機の書き方や業界研究を読むことができ、 従来では手に入らなかった情報が満載です。

 「ワンランク上のキャリアを目指す」というキャッチフレーズの通り、業界をリードする大手企業の資料が多く、 また総合商社、JR東海、電通、キーエンス、日本郵船、三菱地所といった一流企業の出展する限定イベントも開催されます。

 志望する企業の選考ステップを詳しく知ることで不安を解消し、実際に合格したエントリーシートを参考に、 自分のエントリーシート作成・キャリア形成に役立てましょう。



 

就活ノート

 また、就活ノートでも通過エントリーシートや選考情報が見放題のサービスを行っています。 収録されている企業は1000社以上で、その数には圧倒されます。

 トヨタやホンダなどの自動車メーカー、三菱東京UFJ銀行、三井住友銀行などの銀行、日本総研、NTTデータ、 日立製作所、JX、JRなど一流企業の合格エントリーシートが多数そろっています。

 うまくいく就活生は、大学の先輩に就活のやり方を教えてもらって質の良いエントリーシートを書きます。 従来ですと先輩とのコネがないと就活のことがわからないという問題がありました。 しかし、就活ノートにはその「先輩」が無数にいます。

 企業の選考情報(体験談)や口コミが見られるのも特徴で、多数の先輩就活生の情報が蓄積されています。 志望企業の「面接は何回行われるか」「エントリーシートはどんなお題が出るのか」「どんな受け答えをすると面接官に喜ばれるのか」など、 就活ノートを利用して研究しましょう。



 

MeetsCompany

 すぐ内定がほしい。それは、就活生なら誰もが願うことだと思います。

 2018年卒は7月1日の時点で79.1%が内定を獲得していて、「まだ内定がない」と焦る気持ちが強いと思います。 そんな中、まどろっこしくてめんどくさい従来型の就活をしていては余計にストレスが溜まってしまいます。

 余計なステップを究極的に省いたのが、内定直結型の就活イベントで、採用選考をその場で始めることが前提の合同説明会です。 あらかたの企業が採用選考を終えたあとでも頻繁に開催されており、採用権限をもった部長・役員クラスが現れ、 その場で面接が始まったり、その場で即日内定がもらえたりするイベントがあります。

 それが「MeetsCompany 」です。

 2018年卒もまだ間に合います。MeetsCompanyは参加者内定率96%を誇っており、 最短1日で内定を取れますので、就活を終わらせることができます。



 どの選択肢を取るにしても、就活を続行するには「就職活動の軸」の見直しが重要です。 書類選考や面接に通らないのは、就職活動の軸がしっかりつくられていない場合が多いです。

 「就職活動の軸=将来の夢」を確定し、スジの通ったエントリーシート・面接対策をし、就活に再挑戦しましょう。

同じ大学出身の先輩に話を聞けるOB/OG訪問ネットワーク「ビズリーチ・キャンパス」