リアルタイム閲覧者数:12人
 

社員のモチベーションが低い理由

 社員モチベーションが低い理由はなんでしょうか。 サラリーマンは概してモチベーションが低く、やる気がない、覇気がない、 仕事を楽しそうにしないと嘆く経営者、管理職は多いです。

 社員のモチベーションが低い理由を解明したいと思います。 初めに言っておくと、モチベーションを高めるのは非常に困難です。 

 

モチベーションとは何か

 モチベーションとは動機付けという意味の言葉です。 「社員のモチベーション」とは、一生懸命働く動機付けという意味です。

 モチベーションが低いということは、一生懸命働く動機がないということに他なりません。 それゆえモチベーションを高めるのは非常に困難なのです。

 モチベーションは勝手に湧いてくるものではなく、社員の気持ち次第で上がるものでもありません。 「モチベーションをあげろ」といってあがるのであれば、誰も苦労しないのです。 モチベーションを高めるには、一生懸命働いたリターンを用意しなくてはなりません。

 動機がなければ一生懸命働く理由もありません。 動機も用意せずに「社員のモチベーションが低い」と嘆くのは身勝手な話です。

 モチベーションを高めるには、まず報酬を準備しなくてはなりません。 しかしこの「報酬」には様々な意見があります。

 

モチベーションと給料

 「モチベーションに報酬が必要って、給料を払っているじゃないか!」というのは愚問です。 給料は働いた報酬ではありません。給料は時間を奪った慰謝料です。

 毎月の給料や毎年の昇給は、年功序列型の日本ではモチベーションにつながりません。 会社は社員に給料を支払うわけですが、なぜ社員は給料がモチベーションにつながらないのでしょうか。

 社員が会社に利益を出したところで、給料は次の昇給まで変わりません。 昇給したとしても数千円~1万円程度です。来年の数千円のために頑張れというのも酷な話です。 一生懸命働く理由としては弱すぎます。

 多くの会社には「賃金表」があります。年齢給が1年で2000円あがり、職能給は1号俸1500円で、年間1~5号俸上がるといった会社の制度です。 昇給が明確化されており、これを是とする人は多いです。 しかしこの賃金表がモチベーションを低める原因になってしまう場合があります

 通常、職能給の「何号俸上がるか」は、上限があります。昇給に上限があるのです。 どんなに頑張っても1万円までしか昇給しない、頑張らなくても6000円昇給するといったものです。

 一生懸命働いてどんなに莫大な利益を出そうとも、昇給に上限があるのでは、一生懸命働いてもしょうがないと思われてしまいます。 血反吐を吐きながら1万円の昇給をもらうより、ほどほどに働いて8000円の昇給を得たほうが精神的に楽ですし、 失うものを比べるとほどほどに働いたほうがオトクなのです。

 ここには、給料が安いというよりも、一生懸命働いたリターンに期待できないという思いが強いです。 終身雇用、年功序列の弊害です。いずれ課長や部長などの役職がつけば年収は増えるわけですが、 それまで低賃金で馬車馬のごとく働くというのは、あまりにも投資期間が長すぎます。

 それに頑張って結果を出せば将来必ず報われるというものでもありません。 企業は景気の良いときに大量採用しますから、バブル期や2000年代初期の人数が多いんですね。 彼らがポストを占領し、奪い合いますので下の世代は上の世代が退職するのを待たざるを得ません。

 会社に莫大な利益を出した社員も必ずしも役職について大幅な年収増があるというわけではないのです。 頑張っても大した昇給が期待できない上に、後で報酬が支払われるかどうかもわからないのです。 頑張るメリットが非常に薄いのです。

 人間はどうしても目先の利益を追ってしまうものです。 何十年も後の報酬よりも、「今どっちがオトクか」のほうが重視されます。

 「一生懸命働かなくてもある程度の給料はもらえるし、一生懸命働いてもたいした報酬はない。 ならば楽をして適当に働こう」というのが最も合理的なんですね。

 

社員のモチベーションが低い理由

 社員モチベーションが低い理由は、頑張ったときに得られる報酬が少ないからです。

 昇給には上限があり、どんなに一生懸命働いてもそれ以上、給料が上がることはありません。 ある程度の成果を出して、あとはのほほんと気ままに働いたほうがオトクなのです。 「頑張っても報われない社会」を体現していると思います。

 原因はやはり賃金表です。昇給に夢がないと思わせてしまったら、 もうその社員は頑張りません。賃金表という、思わぬところで社員のモチベーションの低下を招いているのです。

 逆に一生懸命働かなくてもある程度の給料が保障されているということもモチベーションの低下を招く要因です。 働かなくても給料がもらえるのなら、働かないほうがオトクに決まっています。 このように会社に給料だけもらう社員を「ぶら下がり社員」と呼びます。

 一生懸命働かなければクビになる、あるいは給料が下がるという制度であれば、 こういった「ぶら下がり社員」は存在しないでしょう。しかし、終身雇用、年功序列が当たり前になってしまった日本社会では、 いきなりこのような制度に変えるのは困難でしょう。

 しかし、終身雇用年功序列が社員のモチベーションの低下を招いているのは間違いありません。

 ボーナスもモチベーション低下の原因です。 おかしな話ですね。ボーナスは、儲かったから得られるものなはずです。 会社に利益が出れば利益が出るほどボーナスが上がるはずです。

 「ボーナスがあるんだからモチベーションが高くならないのはおかしい」と思う方もいるかもしれません。 しかしそれは本当にボーナスが利益に応じて支払われていたらの話です。

 ボーナスは基本給に倍率をかけて支給されます。基本給の2倍~3倍程度で支給されるのです。 結局のところ、ボーナスは利益に応じて支払われると言いながら実質的には年功序列なのです。 頑張ったところでボーナスが跳ね上がるわけではなく、出した利益は全社員に、年齢に応じて支給されるのです。

 自分の頑張りは自分のボーナスにはほとんど反映されません。 それどころか、頑張らない年上の社員に吸収されてしまうのです。 こんなことではモチベーションが高まるどころの話ではないですね。

 みんなが利益を出せば、自分が突出して利益を出さなくてもボーナスは支給されます。 これも社員のモチベーションを低下させるのです。

 また、支給が当たり前になり、それどころか安定支給をしている会社が多いですから、 「多少サボってもボーナスにほとんど影響しない」という状態を作り出してしまいます。

 まさか賃金表どころか給料ボーナス終身雇用年功序列も、 社員のモチベーションの低下に一役買っているだなんて驚きですね。

 

社員のモチベーションを高める方法

 社員モチベーション高めるには、 やはり賃金表、給料、ボーナス、終身雇用、年功序列を見直さなくてはなりません。

 とはいえ、いきなり終身雇用や年功序列を廃止して、クビにするだとか、 減給するといった不利益を課してモチベーションを高めようとするやり方はうまくいきません。 「ブラック企業」だと思われて就職希望者が寄り付かなくなります。

 報酬が増えずに負担だけが増えるのであればやはり、モチベーションにはつながりません。 あるのはただの脅迫観念だけです。どんどん退職していくことが予想されます。

 まずはボーナスと基本給を無関係にするのが一つの手でしょう。 その年の人事査定にのみ従ってボーナスを支給するのです。 年齢が上がれば上がるほどボーナスが増えるという制度は合理的ではありません。

 ボーナスと基本給を無関係にすれば、毎年頑張らないとボーナスは減る可能性も出てきますし、 逆に若くても頑張れば多額のボーナスを得られる可能性もありますので、 社員のモチベーションを高めるのに有効だと思います。

 特にボーナスは給料と違い、ボーナスが下がっても労基署や裁判所に怒られることはありません。 会社が一番触りやすいのはボーナスなのです。

 次に、昇給の上限を撤廃することでしょう。 グレーなやり方ですが、別に無限に昇給させる必要はありません。

 数千円~1万円といった昇給の範囲を定めず、「ものすごく昇給する可能性もある」と期待を持たせることで、 社員のモチベーションを高めるのです。

 このように、年功序列や終身雇用の弊害をなくしていき、 社員のモチベーションが高まる制度ができていくといいですね。