リアルタイム閲覧者数:25人
同じ大学出身の先輩に話を聞けるOB/OG訪問ネットワーク「ビズリーチ・キャンパス」

 

社会人は時間がない?勉強時間を確保しよう

 社会人時間ないとよく言います。 勉強時間が取れないというのです。資格試験に落ちる社会人は、「勉強時間がない」と言います。 しかし、本当に時間はないのでしょうか。

 ことあるごとに「忙しい」と言い、仕事のために他に何もすることができないというのです。 その割には飲み会をする時間はあるようです。

 さて、社会人の「時間がない」とはいったいなんでしょうか。 時間を上手に使って勉強時間を確保できないものでしょうか。 

 

社会人の睡眠時間

 社会人睡眠時間5~6時間です。 夜8~9時まで残業し、帰宅して10時、食事や入浴を済ませ、1時ごろまでダラダラとテレビを観て就寝します。 そして5~6時間の睡眠時間を経て、6~7時ごろに起床して会社へ行くのです。

 睡眠時間は人によるとはいえ、社会人の睡眠時間は短いものです。 残業が多ければ多いほど睡眠時間は減りますし、 趣味があればあるほど睡眠時間は削られていきます。

 ショートスリーパーならともかく、ロングスリーパーには由々しき問題です。 私も元々1日9時間寝る習慣がありましたが、会社で働くようになってから6時間睡眠を強いられました。

 残業をすると睡眠時間が削られていき、0時ごろまで働いていると、 睡眠時間は自動的に5時間、4時間にまで削られていきました。

 今は会社の近くに引越したため8時間睡眠がとれるようになったのですが、 元の家に住み続けていたら仕事の能率も悪く、寝坊や遅刻も増えていたはずです。

 いつかは短い睡眠時間に慣れるのかもしれませんが、入社2~3年ではまだまだ慣れません。

 睡眠時間が削り取られる問題は、残業がある限りはどうしても解消しません。 会社の近くに住むなり、平日は趣味を諦めるなりして睡眠時間を確保するしかなさそうです。

 

社会人の勉強時間

 社会人勉強時間1日平均1時間です。 早くに帰れる日は多めに勉強時間を取りますが、やはり残業があると帰宅してから勉強という余力もありません。

 大学生のころはいくらでも勉強する時間がありました。 私も暇さえあれば専門書を開き、インターネットで判例を検索しながら勉強していましたが、 今はそんな余裕もありません。

 しかし社会人とはいっても勉強をしなくていいわけではありません。 資格を取らなければならないからです。

 資格は転職のためではなく、昇給や昇進の条件になっている場合もあれば、 仕事に必要な資格もあります。頭の柔らかいうちに勉強はしておかなければなりませんので、 若手社員である間に資格も取りそろえる必要があります。

 しかし、若手社員というものは残業が多いものです。課長以上になると残業代がつきませんし、 業務も手を動かすものではなくなるため早く帰れます。しかし、若手である間はどうしても手を動かす仕事が多く、 残業もやむを得ません。

 残業をして帰宅すると夜10時、11時ということもザラで、さらに会社の飲み会や接待などがあると帰宅時間は0時を回ります。 そういった社会人は睡眠時間も確保できませんので、当然ながら勉強時間も確保できません。

 社会人が勉強時間を確保しようと思うと、どうしても休日を使うしかないという人も多いです。 しかし休日だからといって、バリバリ勉強ができるわけでもありません。

 

休日は睡眠時間に使ってしまう

 時間のない社会人にありがちな話ですが、休日は睡眠時間に使ってしまうという話です。

 平日は帰宅が遅く、睡眠時間もあまり確保できないために、 休日に寝だめをする人が多いのです。朝は10時まで寝て、のそのそ起きてぼーっとテレビを観て、 なんとなく昼寝をし、夜までまたテレビを観て過ごすのです。

 夜になればお酒を飲み、また布団にもぐります。時間がもったいないですね。 しかし、平日が忙しすぎてはこうなるのも仕方がありません。

 平日の睡眠時間が確保できないばかりに、休日に睡眠時間を取るのです。 このため休日に勉強時間を取ろうと思っても、疲れてしまって勉強ができないのです。

 しかしそれでは一向に資格の勉強が進みません。 なんとかして休日の睡眠時間をもっと圧縮して勉強時間に変えたいものです。 そこで、時間を買うという発想が重要になってきます。

 

時間を買おう

 時間買うという発想は、社会人にはなかなかない発想です。 社会人は時間よりお金を重視しがちです。「遊ぶお金」を確保するために時間を軽視するのです。

 そのため勉強時間も確保できないばかりか睡眠時間すら確保できず、 人生の満足度が低い水準を保ったまま何十年を過ごすことになるのです。

 時間を買うという発想を取り入れましょう。

 例えば節約のために家で料理しているとしましょう。 それが栄養につながっていて、趣味でもあるならば良いのですが、 働きながら料理もするにはあまりにも時間がかかりすぎます。

 独身寮の食事やスーパーの惣菜に切り替えてみましょう。 確かに出費は増えますが、料理をしなくていい分、時間ができます。 お金で時間を買っているのに他なりません。

 例えば通勤時間が長いとしましょう。家賃を数万円抑えるために、 毎日往復2時間かけているとしたら、あまりにも時間を浪費しすぎです。

 もちろん通勤電車の中で勉強するという手段もありますが、 物を書くのは難しいですし、電車が揺れて目も疲れてしまいます。 ましてや満員電車なら本を読むことすら難しいですね。

 数万円を出して会社の近くに住みましょう。こうすれば毎日2時間がまるまる浮くわけです。 2時間もあれば勉強時間も確保できますし、睡眠時間も確保できます。 まさにお金で時間を買うですね。

 多くの社会人はこの真逆を行っています。ほとんどの場合、時間を安いお金で売り飛ばしているのです。 自炊をして浮くお金も、家賃も数万円です。欲しいものがある場合など、 お金を節約してお金を貯金しておきたいのも確かです。

 しかし、時間とお金はどちらが大切でしょうか

 お金は稼ぐことができます。お金は無限にあるのです。 昇給には上限がありますし、劇的に年収を増やそうと思ったら起業するか、 投資するか、転職するかしかありません。お金を稼ぐことは難しいです。

 一方で時間は有限です。いくら時間を売ってお金を稼いでも、 失われた時間は決して戻ってきません。人生は70年~80年程度です。 今まで過ごしてきた数十年は、決して帰ってこないのです。

 実は時間ほど価値のあるものは他にはないのです。 月に数時間の残業で取り戻せるお金を、月に数十時間もかけて節約する必要など全くないのです。

 睡眠時間や勉強時間を確保するのにお金を惜しんではいけません。

 

就活のウラワザ!

 

キミスカ

 会社探しって大変ですよね。 無数にある会社から自分に合った会社を探すのは非常に難しく、 自分が合っていると思っても、会社が合っていないと判断したら落とされるわけです。

 しかし、自分に合った会社が、向こうからアプローチしてくれる就活サイトがあります。

 それは「キミスカ 」です。

 キミスカではインターン経験や他社の選考状況をシェアすることで、各企業の人事部がチェックしてスカウトを送ってくれます。 これまで就活で頑張ってきた内容を登録しておけば、 見落としていた企業から突然「最終面接」の案内が送られてくることもある就活サイトです。

 従来ですと、面接で落ちると無駄になっていたエントリーシート、グループディスカッションや面接での頑張りを、 「スカウトされる材料」として使うことができるのです。 スカウトがたくさん来れば、いちいちプレエントリーしたり、エントリーシートを書く手間が省けるので時間短縮になりますね。



 

Unistyle

 みなさんは就活の模範解答を持っていますか?就活の問題点は、模範解答を見られないことです。 できれば模範解答、つまりは実際に内定を取った見本をみてみたいものです。

 Unistyleでは、一流企業に内定したエントリーシートを無料ダウンロードできます。

 Unistyleでも三菱商事や三井物産、三菱東京UFJ銀行、トヨタ自動車、三菱地所、新日鐵住金、東京ガス、 マッキンゼー、P&Gなど、様々な超一流企業のエントリーシートがそろっており、その数は1万7000通を超えています。 省略なしのエントリーシートは他ではなかなか手に入りません

 商社や自動車メーカーをはじめとした企業研究同業他社比較、また「就職活動の軸」別のおすすめ業界など、 から志望動機の書き方まで非常に詳細に書かれた限定記事をすべて無料で読むことができます。

 また会員限定の特別イベントが多数開催され、過去には伊藤忠商事、日本政策投資銀行、日本ロレアル、キーエンス、日本たばこ産業(JT)、トヨタ自動車、旭硝子、デンソー、 三菱東京UFJ銀行、大日本印刷などのイベントが行われています。

 ぜひ自分のエントリーシートの見直しのために、または作成の参考のために手に入れておきたいですね。 就活ノート・Unistyleを併せて利用することでより多くのエントリーシートが手に入ります。



 

ワンキャリア

 ワンキャリアでは4万7000件を超える合格エントリーシート・就活体験談が掲載されており、 オリエンタルランド、キヤノン、NTT東日本、野村総合研究所、帝人、日本航空(JAL)などの日本の一流企業に加え、 ゴールドマンサックス、ボストンコンサルティング、ベインアンドカンパニーなどの外資系企業も多数そろっています。

 エントリーシートだけでなくインターンシップやその選考、WEBテスト、グループディスカッションの体験談などもまとめられているのが特徴で、 さらにその企業に関連する就活記事では志望動機の書き方や業界研究を読むことができ、 従来では手に入らなかった情報が満載です。

 「ワンランク上のキャリアを目指す」というキャッチフレーズの通り、業界をリードする大手企業の資料が多く、 また総合商社、JR東海、電通、キーエンス、日本郵船、三菱地所といった一流企業の出展する限定イベントも開催されます。

 志望する企業の選考ステップを詳しく知ることで不安を解消し、実際に合格したエントリーシートを参考に、 自分のエントリーシート作成・キャリア形成に役立てましょう。



 

就活ノート

 また、就活ノートでも通過エントリーシートや選考情報が見放題のサービスを行っています。 収録されている企業は1000社以上で、その数には圧倒されます。

 トヨタやホンダなどの自動車メーカー、三菱東京UFJ銀行、三井住友銀行などの銀行、日本総研、NTTデータ、 日立製作所、JX、JRなど一流企業の合格エントリーシートが多数そろっています。

 うまくいく就活生は、大学の先輩に就活のやり方を教えてもらって質の良いエントリーシートを書きます。 従来ですと先輩とのコネがないと就活のことがわからないという問題がありました。 しかし、就活ノートにはその「先輩」が無数にいます。

 企業の選考情報(体験談)や口コミが見られるのも特徴で、多数の先輩就活生の情報が蓄積されています。 志望企業の「面接は何回行われるか」「エントリーシートはどんなお題が出るのか」「どんな受け答えをすると面接官に喜ばれるのか」など、 就活ノートを利用して研究しましょう。



 

MeetsCompany

 すぐ内定がほしい。それは、就活生なら誰もが願うことだと思います。

 2018年卒は7月1日の時点で79.1%が内定を獲得していて、「まだ内定がない」と焦る気持ちが強いと思います。 そんな中、まどろっこしくてめんどくさい従来型の就活をしていては余計にストレスが溜まってしまいます。

 余計なステップを究極的に省いたのが、内定直結型の就活イベントで、採用選考をその場で始めることが前提の合同説明会です。 あらかたの企業が採用選考を終えたあとでも頻繁に開催されており、採用権限をもった部長・役員クラスが現れ、 その場で面接が始まったり、その場で即日内定がもらえたりするイベントがあります。

 それが「MeetsCompany 」です。

 2018年卒もまだ間に合います。MeetsCompanyは参加者内定率96%を誇っており、 最短1日で内定を取れますので、就活を終わらせることができます。



 どの選択肢を取るにしても、就活を続行するには「就職活動の軸」の見直しが重要です。 書類選考や面接に通らないのは、就職活動の軸がしっかりつくられていない場合が多いです。

 「就職活動の軸=将来の夢」を確定し、スジの通ったエントリーシート・面接対策をし、就活に再挑戦しましょう。

同じ大学出身の先輩に話を聞けるOB/OG訪問ネットワーク「ビズリーチ・キャンパス」