リアルタイム閲覧者数:22人
同じ大学出身の先輩に話を聞けるOB/OG訪問ネットワーク「ビズリーチ・キャンパス」

 

オシャレに「大人」を演出する

 オシャレに「大人」を演出するにはどうすればよいでしょうか。 大人になったらお金をかけるべきもの、オシャレアイテム、スマートな生活を演出する便利アイテムなどを紹介していきます。 まずは「お金をかけるべき」とされているものから見ていきましょう。 

 

社会人は「腕時計と財布と靴」にお金をかけろと言われる

 よく、社会人は「腕時計財布にお金をかけろ」と言われます。 これらは本来、特にお金をかけなくても、時間を確認する、お金を入れる、外を歩けるという機能さえ備えていれば問題のないものです。 要は「無駄」です。 しかし大人になると、「腕時計財布にお金をかけろ」と言われるのです。

 なぜ腕時計・財布・靴にお金をかけるのかというと、逆説的ですが「本来はお金をかけなくても大丈夫なもの」だからです。 日々の生活にはお金がかかりますし、余裕のない人は腕時計も、財布も、靴も最低限のものだけ持ちます。 わざわざブランド物を買ったり、まだ使えるのに買い換えたりしなくても生きていけます。

 逆に言えば、「お金をかけなくても大丈夫なもの」に「お金をかけられる余裕がある」という証拠になります。 この「無駄」こそがオシャレな大人の秘訣です。しかし腕時計・財布・靴に限っては、「相手に与える印象」を左右しますので、 特に気を遣うように言われるのです。

 極端な話、腕時計が1000円のものであっても、財布がマジックテープでも、靴に穴が開いていても誰かに迷惑がかかるわけではありません。 お金をかけなかったところで困る人はいないのです。しかし、腕時計・財布・靴をチェックして文句をつける人が必ずいます。 お客さんの中にも気にする人がいる以上、気を遣わざるを得ないのです。

腕時計と財布

 オシャレに見える財布といえば、やはり長財布です。長財布はお札が折れませんし、財布が太って見えません。 二つ折りの場合は、財布が太く厚くなります。まるまると太った財布はあまりおしゃれではありません。

 腕時計は、男性の場合は重量感のあるものを選びましょう。腕時計は靴の次によく見られるアイテムです。 機能性重視なら、1000円の腕時計こそコストパフォーマンスに優れていますが、どうしても安物感は否めません。 ごちゃごちゃ機能がたくさんついている腕時計も「おもちゃ感」が出てしまいます。

 そこでファッションブランド腕時計をおすすめします。本当の高級な腕時計は何十万円という値段がしますし、 上を見始めるとキリがありません。しかし、ファッションブランドの腕時計は、値段の割に高級に見えます

 この腕時計はエンポリオアルマーニの腕時計ですが、よく「高級そうな腕時計つけてるな!」と指摘されます。 しかし値段を伝えると「安っ!」という反応に変わります。しかし、高級そうに見えれば社会人として要求されるスペックは満たしますので、 特に怒られることはありません。

 この腕時計はロフトで3万7000円で購入したものです。安いと言われるくらいですから、 見た目にはもっと価値があるというわけですね。

 

机とイスにはお金を惜しまない!

 イスも、大人のオシャレアイテムです。お部屋のオシャレ感を演出するには、机とイスが重要です。 机とイスを買い替えることでお部屋のオシャレ感は劇的にアップします。

 ずっと同じ家に住んでいる場合、小学校に入学する際に買ってもらった勉強机を使い続けている方も多いと思います。 しかし、勉強机はあくまでも勉強机。本棚が載っていたり、面積が狭かったり、ごちゃごちゃしています。 机の上はすっきりしている方がいいですし、イスもくつろげるイスであるべきです。

 というのも、帰宅してどこで過ごすのかというとやはり、机とイスだからです。帰宅してベッドにダイブするわけではありませんし、 インターネットをするにしても、テレビを観るにしても、本を読むにしても、机とイスは必須です。 これだけ使用頻度が高いものですから、お金を惜しむべきではありません。

 特にイスには気を遣うべきでしょう。家にいる時間の大半をイスに座って生活します。 硬いイスに座ってすぐ疲れるようでは読書も捗りません。長時間座っていても平気なイスを購入しましょう。

机とイス

 会社では木製の机、大きな背もたれや肘掛のついたイスはエライ人しか使えません。 私の会社だと肘掛は課長から、木製の机は部長からです。しかし自宅なら会社の役職は関係ありません。 良い机、良いイスを買ってお部屋のオシャレ感をアップし、さらにリラックスできる空間を作り出しましょう。

 そしてなるべく机の上はごちゃごちゃさせないことです。 私は今は会社の独身寮にいますので、備え付けの机があります。筆記具や書類、本などはすべて備え付けの机に置き、 メインの机にはほとんど物を置かないようにしています。

 写真の机には車輪がついていて移動のできる引き出しや本棚が付属していたのですが、 足の空間を広げるために机の下には置かないようにしています。 十分なスペースをとるのもオシャレ感の重要な要素の一つです。

 ちなみに机とイスはニトリで購入しました。それぞれ机は3万円、イスは2万円でした。 やはりオシャレな家具といえば、ニトリやイケアですね。

 

本を読んで教養を高めよう

 を読んで教養を高めることで、知的でスマートな大人を演出できます。

 雑学はよく「無駄知識」と言われ、必要のないものという扱いを受けます。 「学校の勉強は社会では役に立たない」と言ったり、「本は時代遅れ」と言われることもあります。 「インターネットでなんでも調べられる」というわけです。

 しかし現実的には、「インターネットで調べたらいい」というわけでもありません。 物事の名前を知らなければ、検索しようがないからです

 「知的でスマートな人」と思われるには、やはり知識です。 「減価償却ってなに?」と聞かれた時に、スマホで検索して説明する人より、 すぐに「大きな買い物をしたときに事業年度をまたいで分割して経費にできる制度だよ」と答えられる人の方が知的な印象を与えます。

 こういう知識はインターネットでまとめサイトなどをみていれば手に入ることもあります。 しかし、無料で手に入る情報には限界があります。 所詮は無料で提供されている程度の情報なのです。お金を払って買う情報とは価値が違います。

 ネットニュースより新聞に書かれている記事のほうが詳細に説明がされていますし、 投資家のブログに書かれている情報より、投資家が出版している本に書かれている情報のほうが詳細に書かれています。 法律などの専門になると、wikipediaに書かれている情報には間違いすらあります。

 本はお金を取る以上、それだけ本気になって執筆する必要があります。 「ブログ読んだ方がマシじゃん」と思われてしまわないように、詳しい説明を書いたり、 初学者にも体系的にわかりやすく解説してくれたりするのが、本なのです。

 さらに本はインテリアにもなるというメリットもあります。 テレビに出てくる「専門家」はたいてい背景に本がビッシリ詰まった本棚があります。 「いかにも専門家」という雰囲気を出すために、わざわざ本棚を背景にしているのです。

 部屋の本棚にゲームがビッシリ詰まっているよりも、本がビッシリ詰まっている方が知的な部屋を演出できます。 インテリアという観点では本は紙媒体の方がいいということも言えます。

 いろんな人の意見が反映されるインターネットの情報を否定するものではありません。 本も読んだ上で、インターネットの情報も収集することで知識の幅は広がります。

 

クレジットカードとモバイルSuicaで支払いもスマートに!

 オシャレに「大人」を演出するのに必須なアイテムは、 クレジットカードモバイルSuicaです。この2つがあれば、ほとんど現金を使うことがありません。 クレジットカードとモバイルSuicaを駆使してオシャレかつスマートに支払いを済ませましょう。

 まず、現金は汚いものであると意識しましょう。いろんな人の手を渡ってくるわけですから、 細菌やウイルスという意味でも汚いものではあります。誰が何を触った手で使ったお金かわかりません。 極端な話、トイレに落ちたお金かもしれませんし、排水溝から拾ったお金かもしれません。

 現金が汚い理由はそれだけではありません。 お金にはしっかり「1,000」「10,000」「500」「50」など、お金の金額が書かれています。 まさに今、その人がどれだけの決済能力を持っているのかまるわかりです。

 万札1枚しか持っていなければ、その人の決済能力は1万円です。 デート中にもし財布の中身を見られてしまったら、相手に気を遣わせることになります。 同時に「1万円しか持っていない人」と思われてしまいます。

 現金には他にもデメリットがあります。現金は支払いに時間がかかってしまうというデメリットです。 レジでお札を取り出し、端数を調整するために小銭を探し、50円玉、10円玉、5円玉、1円玉と1枚1枚出していくのです。 手間はかかりますし、時間はかかりますし、後ろに並んでいるお客さんにも迷惑がかかります。 スマートじゃないですね。

 そこでクレジットカードの出番です。スーパーのレジなどでは、クレジットカードでの支払いにサインは不要です。 財布から現金を探すことなく、カードを1枚出すだけで支払いが終わるのです。スピーディで手間もかからず、 スマートな決済が可能です。

 レストランでの食事の後も、現金を探してモタモタする必要はありません。 カードを出して、サインするだけで支払いが終わります。現金をたくさん持ち歩かなくても、 クレジットカードで決済しているのであればデート相手に気を遣わせることもありません。

 モバイルSuicaは、自動券売機で購入していたSuicaをスマホのアプリにしたものです。 何が便利なのかというと、タッチするだけで支払いが終わるのでクレジットカードよりもさらに高速ということです。 コンビニなどの少額決済には非常に便利です。

 コンビニに入店し、目当てのものを見つけたらレジへ直行し、スマホを機械にタッチして颯爽と店を去ります。 現金派の人たちが財布の中から小銭を探している間にはとっくに店を出て次の目的地へ向かっているのです。 この時間短縮の積み重ねははかりしれません。

 また、従来のカード式のSuicaは駅の自動券売機でチャージしなければなりませんでした。 電車に乗っていて残高不足に気付き、改札を出る前に精算機に並んだ経験はだれしもあると思います。 列に並んでいる時間はかなり無駄です。

 しかしモバイルSuicaなら、自動券売機にも精算機にも並ぶ必要がありません。 スマホでいつでも電波の届く限りどこでもチャージできるからです。 大きな時間短縮が可能ですね。

 支払いはカードで、電車はスマホでスマートにオシャレに利用しましょう。

 

就活のウラワザ!

 

キミスカ

 会社探しって大変ですよね。 無数にある会社から自分に合った会社を探すのは非常に難しく、 自分が合っていると思っても、会社が合っていないと判断したら落とされるわけです。

 しかし、自分に合った会社が、向こうからアプローチしてくれる就活サイトがあります。

 それは「キミスカ 」です。

 キミスカではインターン経験や他社の選考状況をシェアすることで、各企業の人事部がチェックしてスカウトを送ってくれます。 これまで就活で頑張ってきた内容を登録しておけば、 見落としていた企業から突然「最終面接」の案内が送られてくることもある就活サイトです。

 従来ですと、面接で落ちると無駄になっていたエントリーシート、グループディスカッションや面接での頑張りを、 「スカウトされる材料」として使うことができるのです。 スカウトがたくさん来れば、いちいちプレエントリーしたり、エントリーシートを書く手間が省けるので時間短縮になりますね。



 

Unistyle

 みなさんは就活の模範解答を持っていますか?就活の問題点は、模範解答を見られないことです。 できれば模範解答、つまりは実際に内定を取った見本をみてみたいものです。

 Unistyleでは、一流企業に内定したエントリーシートを無料ダウンロードできます。

 Unistyleでも三菱商事や三井物産、三菱東京UFJ銀行、トヨタ自動車、三菱地所、新日鐵住金、東京ガス、 マッキンゼー、P&Gなど、様々な超一流企業のエントリーシートがそろっており、その数は1万7000通を超えています。 省略なしのエントリーシートは他ではなかなか手に入りません

 商社や自動車メーカーをはじめとした企業研究同業他社比較、また「就職活動の軸」別のおすすめ業界など、 から志望動機の書き方まで非常に詳細に書かれた限定記事をすべて無料で読むことができます。

 また会員限定の特別イベントが多数開催され、過去には伊藤忠商事、日本政策投資銀行、日本ロレアル、キーエンス、日本たばこ産業(JT)、トヨタ自動車、旭硝子、デンソー、 三菱東京UFJ銀行、大日本印刷などのイベントが行われています。

 ぜひ自分のエントリーシートの見直しのために、または作成の参考のために手に入れておきたいですね。 就活ノート・Unistyleを併せて利用することでより多くのエントリーシートが手に入ります。



 

ワンキャリア

 ワンキャリアでは4万7000件を超える合格エントリーシート・就活体験談が掲載されており、 オリエンタルランド、キヤノン、NTT東日本、野村総合研究所、帝人、日本航空(JAL)などの日本の一流企業に加え、 ゴールドマンサックス、ボストンコンサルティング、ベインアンドカンパニーなどの外資系企業も多数そろっています。

 エントリーシートだけでなくインターンシップやその選考、WEBテスト、グループディスカッションの体験談などもまとめられているのが特徴で、 さらにその企業に関連する就活記事では志望動機の書き方や業界研究を読むことができ、 従来では手に入らなかった情報が満載です。

 「ワンランク上のキャリアを目指す」というキャッチフレーズの通り、業界をリードする大手企業の資料が多く、 また総合商社、JR東海、電通、キーエンス、日本郵船、三菱地所といった一流企業の出展する限定イベントも開催されます。

 志望する企業の選考ステップを詳しく知ることで不安を解消し、実際に合格したエントリーシートを参考に、 自分のエントリーシート作成・キャリア形成に役立てましょう。



 

就活ノート

 また、就活ノートでも通過エントリーシートや選考情報が見放題のサービスを行っています。 収録されている企業は1000社以上で、その数には圧倒されます。

 トヨタやホンダなどの自動車メーカー、三菱東京UFJ銀行、三井住友銀行などの銀行、日本総研、NTTデータ、 日立製作所、JX、JRなど一流企業の合格エントリーシートが多数そろっています。

 うまくいく就活生は、大学の先輩に就活のやり方を教えてもらって質の良いエントリーシートを書きます。 従来ですと先輩とのコネがないと就活のことがわからないという問題がありました。 しかし、就活ノートにはその「先輩」が無数にいます。

 企業の選考情報(体験談)や口コミが見られるのも特徴で、多数の先輩就活生の情報が蓄積されています。 志望企業の「面接は何回行われるか」「エントリーシートはどんなお題が出るのか」「どんな受け答えをすると面接官に喜ばれるのか」など、 就活ノートを利用して研究しましょう。



 

MeetsCompany

 すぐ内定がほしい。それは、就活生なら誰もが願うことだと思います。

 2018年卒は7月1日の時点で79.1%が内定を獲得していて、「まだ内定がない」と焦る気持ちが強いと思います。 そんな中、まどろっこしくてめんどくさい従来型の就活をしていては余計にストレスが溜まってしまいます。

 余計なステップを究極的に省いたのが、内定直結型の就活イベントで、採用選考をその場で始めることが前提の合同説明会です。 あらかたの企業が採用選考を終えたあとでも頻繁に開催されており、採用権限をもった部長・役員クラスが現れ、 その場で面接が始まったり、その場で即日内定がもらえたりするイベントがあります。

 それが「MeetsCompany 」です。

 2018年卒もまだ間に合います。MeetsCompanyは参加者内定率96%を誇っており、 最短1日で内定を取れますので、就活を終わらせることができます。



 どの選択肢を取るにしても、就活を続行するには「就職活動の軸」の見直しが重要です。 書類選考や面接に通らないのは、就職活動の軸がしっかりつくられていない場合が多いです。

 「就職活動の軸=将来の夢」を確定し、スジの通ったエントリーシート・面接対策をし、就活に再挑戦しましょう。

同じ大学出身の先輩に話を聞けるOB/OG訪問ネットワーク「ビズリーチ・キャンパス」