リアルタイム閲覧者数:23人
同じ大学出身の先輩に話を聞けるOB/OG訪問ネットワーク「ビズリーチ・キャンパス」

 

正社員の解雇規制の緩和はあぶない?

 イタリアでは正社員解雇規制緩和が行われたそうです。 賠償金を払えば解雇できるという法律ができたのです。ご存知の通り日本では解雇がとても厳しく制限されています。 会社がつぶれかけているとき以外に正社員をクビにすることができません。

 しかし、イタリアではむしろお金さえ払えば正社員をクビにできるようにしたのです。 今日は解雇規制の緩和について少し考えてみましょう。 

 

イタリアではなぜ解雇規制の緩和が行われたか

 イタリアでは、なぜ正社員解雇規制緩和が行われたのでしょうか。 不景気にあえぎ、イタリアの失業率は12.4%と依然高い水準で推移しています。そんな状況のイタリアで、 正社員の解雇規制を緩和して大丈夫なのでしょうか。

 イタリアでは非正規雇用が大流行しており、なんとイタリアの正社員は労働人口の33.6%しかありませんでした。

 日本では非正規雇用が緩和されつつあるとはいえ、まだ正社員の割合は高く、男性で77.8%、女性で43%ですから、 イタリアの正社員がいかに少ないかがわかりますね。 そんな中でイタリアでは正社員の解雇規制を緩和したのです。

 「こんなことをすればクビになる正社員が増えてさらに非正規雇用が増えてしまうのでは?」と思うのも無理はありません。 しかし、イタリアも正社員を減らしたくてこの法律を作ったわけではありません。 むしろ「非正規雇用問題」を解決するため、正社員を増やそうとして解雇規制を緩和したのです

 そもそもなぜ正社員の雇用が減っているかというと、「クビにしにくい」からです。 一度正社員を雇ってしまうと、よっぽどのことがない限りはクビにできません。 会社が倒産するとか、社員が犯罪を犯したとか、無断欠勤を何日も連続で続けたとか、 そういった場合にしかクビにできません。

 会社の業績が傾いた程度では正社員をクビにできません。そのため業績が傾いても養える最低限の人数だけ正社員を雇い、 それ以外はすべてクビにしやすい非正規雇用で雇うようになります。 日本でも一時期、派遣切りが問題になりましたが、正社員をクビにできないので、不景気時のクビ要員として派遣社員を雇っていたからです。

 イタリアではこれを逆手に取り、クビにしやすくすれば非正規雇用をするメリットがなくなるから正社員が増えるんじゃね?と、 正社員の解雇規制をゆるくしたのです。

 イタリアが解雇規制を緩和したのは2015年の3月ですが、わずか数か月で正社員が33.6%から40%に大きく改善したようです。 非正規雇用が減り、正社員が増えているのです。解雇規制の緩和には一定の効果があったと言えます。

 

イタリアの解雇規制緩和は成功か?

 イタリアの正社員解雇規制緩和は、数字の上では成功したように思えます。 しかしまだ、成功したとも言い切れません。なぜならまだ規制緩和から6か月しか経っていないからです。

 ではなぜ成功したようにみえるかというと、理由は2つあります。 1つは「正社員をクビにしやすくなったことで、逆に正社員を採用しやすくなった」理由と、 もう1つは「アメリカ経済が好調なのでEU諸国もつられて復調傾向にある」ことです。

 正社員をクビにしやすくなるということは、不景気になったときにクビ切りができるため、 正社員をたくさん雇っても大丈夫ということです。これまでは正社員をクビにできませんでしたので、 好景気のときにも、いずれやってくる不景気に備えて正社員を増やさないようにしてきたのです。

 それが解雇規制の緩和で、不景気のときのことを考えずに正社員を採用できるようになったのです。 そのため非正規雇用をするメリットがなくなり、正社員の採用が増えたというわけです。

 また、アメリカ経済の好調につられてEU諸国も復調傾向にあります。

 EU諸国はギリシャ危機から脱していません。ギリシャはEUの求める緊縮財政に賛成する政権が誕生し、 デフォルトの危機は脱することができました。しかし、緊縮財政は経済問題を解決する魔法の薬ではありません。 そもそも不景気のときに緊縮財政をするのは間違いだからです。

 緊縮財政とは要するに「無駄遣いを減らして財政赤字を縮小する」ことですが、アメリカでも日本でも、 不景気のときに緊縮財政を行ったために景気がさらに悪化するという失敗を経験してきました。 日本では中曽根政権、小泉政権が緊縮財政を行ったために「失われた10年」は「失われた20年」になりました。 それでもなおギリシャに緊縮財政を押し付けるのですから、ギリシャ危機はまだまだ続くでしょう。

 それ以上にアメリカ経済は好調です。というのも、シェール革命によっていままで輸入に頼っていた石油や天然ガスを、 自前で用意できるようになったからです。もはやアメリカは資源輸入国ではありません。すでに資源大国になっています。 今まで中東に払っていたお金が、アメリカ国内で済ませられるようになったのです。

 さらに原油価格が暴落しているため、製造業では工場での製作コストが下がっています。 材料費、原料費が下がるということはその分、原価が削減されたことになります。 企業の利益は増えますし、お客さんにも安売りすることができます。

 こうして中東に払わなくてよくなったお金で買い物をすることができ、アメリカ経済が回復してきているのです。

 これにつられてEU諸国でも最悪の時期は脱した状況です。 イタリアの企業が雇用を拡大したいタイミングと、解雇規制緩和のタイミングが見事に一致したというわけです。

 

解雇規制の緩和、今はいいけど・・・?

 上で述べたように、イタリアで正社員解雇規制緩和が成功したように見えるのは、タイミングが良かっただけです。 不景気の最悪の時期は脱しているのですから、回復に向かって企業が雇用を拡大するのは当たり前であり、 さらに次の不景気のときには正社員をクビにできるのですから、今は正社員を採用したっていいというわけです。

 タイミングが良かったという点に注目しなければなりません。シェール革命と景気の回復がたまたまタイミングよく起きただけであり、 不景気のときはどうするの?というところまでは解決していません。

 正社員をクビにしやすくなったわけですから、当然不景気になれば正社員がクビになりますこれまで正社員の大きなメリットは、「雇用が安定している」ということでしたそのメリットが消えてなくなったのです

 正社員が増えたからと言って、正社員の方が給料が高いとは限りません。変わるのはボーナスくらいです。 それ以上に「正社員はクビにならない」という魅力が消え去ったのですから、労働者の不安は高まるはずです。

 結局のところ、不景気のときは正社員でもクビになりますので、年を取っている名ばかり管理職や、 年の割に出世できていない正社員総務や人事など花形部署以外の正社員が優先してクビになります。

 本来よく働く人ほど会社に置いておき、手厚い待遇がされるべきです。 工場労働者や営業マンなど、会社の継続に絶対に必要で今後も利益を出してくれる若者のほうが優遇されるべきです。 しかし、年を取ったらポイ捨てというのは、その若者たちにも不安を与えます。

 好景気のときでも何か失敗を犯すとクビになる可能性があるのです。 成績が悪かったからクビ、部署がなくなるからクビ、若い人を採用したからクビなど、 いろんな可能性が考えられます。

 「雇用の安定」のない正社員に果たしてどんなメリットが残っているでしょうか。

 社員の努力に関係なく不景気はやってきます。好景気の時と同じくらい頑張っていても、 不景気のときにはモノが売れないのです。そんなときに解雇規制が強ければ、少なくとも会社がつぶれない限りクビになることはありません。

 こういった問題は、シェール革命に湧くアメリカ経済に引っ張られている間はいいでしょう。 しかし、ギリシャ経済の低迷が続いた時、「正社員がクビになる恐怖」として噴出するでしょう。

 

解雇規制緩和は日本ではうまくいく!?

 不景気の時の問題があまり考えられていない解雇規制の緩和ですが、意外と日本では好景気時も、不景気時もうまくいくかもしれません。 というのも、日本のサラリーマン経営者はクビにできる状況でもなかなかクビにしたがらないからです

 日本の企業は、特に大企業は、給料を下げてでも雇用を守る会社が多いです。 給料をいつでも下げられるように、ベースアップをせずにボーナスを増やすところに注目してみましょう。

 基本給は、原則減らせません。基本給は労働組合の同意がない限り変えることができません。 一方でボーナスはその都度、経営者が金額を決定することができ、労働組合の同意は不要です。 そのため好景気時にもベースアップはせず、ボーナスを増やす会社が多いのです。

 このようにして、ボーナスを減らして社員を減らさないという企業が多いのが日本の特徴です。

 本当に危機に瀕した家電メーカーを除いて、リーマンショック時にも派遣切りはそれほど行われませんでした。 私の会社でもボーナスこそ大きく減っていたのですが、正社員はもちろん、派遣社員もクビになっていません。

 考えても見れば、これまでずっと一緒にやってきた社員に「お前はクビだ!」などと言いにくいものです。 人となりも知っており、それぞれ家庭があり、クビになったあとのことを想像すると心苦しいですね。

 もっと言えば、経営陣も安定した雇用に守られて今まで生きてきたわけです。 自分はそういう環境にいたのに、社員に「景気が悪いからクビな!」などと言えるでしょうか。

 会社が本当に危機に瀕したときでも正社員をクビにできないため、 これまではなるべく既婚の女性を非正規で雇用し、不景気になっても路頭に迷う人が出ないようにしてきました。

 しかし解雇規制が緩和されれば、これまで非正規雇用だった女性を正社員として迎え入れることができるのです。 本当に危機に瀕したときはクビにできる保険をかけながら、多少の不景気ならボーナスの額で調整し、 なるべくクビにしなくて済むようにするわけです。

 解雇規制の緩和は、日本では意外と効果があるかもしれません。

 

就活のウラワザ!

 

キミスカ

 会社探しって大変ですよね。 無数にある会社から自分に合った会社を探すのは非常に難しく、 自分が合っていると思っても、会社が合っていないと判断したら落とされるわけです。

 しかし、自分に合った会社が、向こうからアプローチしてくれる就活サイトがあります。

 それは「キミスカ 」です。

 キミスカではインターン経験や他社の選考状況をシェアすることで、各企業の人事部がチェックしてスカウトを送ってくれます。 これまで就活で頑張ってきた内容を登録しておけば、 見落としていた企業から突然「最終面接」の案内が送られてくることもある就活サイトです。

 従来ですと、面接で落ちると無駄になっていたエントリーシート、グループディスカッションや面接での頑張りを、 「スカウトされる材料」として使うことができるのです。 スカウトがたくさん来れば、いちいちプレエントリーしたり、エントリーシートを書く手間が省けるので時間短縮になりますね。



 

Unistyle

 みなさんは就活の模範解答を持っていますか?就活の問題点は、模範解答を見られないことです。 できれば模範解答、つまりは実際に内定を取った見本をみてみたいものです。

 Unistyleでは、一流企業に内定したエントリーシートを無料ダウンロードできます。

 Unistyleでも三菱商事や三井物産、三菱東京UFJ銀行、トヨタ自動車、三菱地所、新日鐵住金、東京ガス、 マッキンゼー、P&Gなど、様々な超一流企業のエントリーシートがそろっており、その数は1万7000通を超えています。 省略なしのエントリーシートは他ではなかなか手に入りません

 商社や自動車メーカーをはじめとした企業研究同業他社比較、また「就職活動の軸」別のおすすめ業界など、 から志望動機の書き方まで非常に詳細に書かれた限定記事をすべて無料で読むことができます。

 また会員限定の特別イベントが多数開催され、過去には伊藤忠商事、日本政策投資銀行、日本ロレアル、キーエンス、日本たばこ産業(JT)、トヨタ自動車、旭硝子、デンソー、 三菱東京UFJ銀行、大日本印刷などのイベントが行われています。

 ぜひ自分のエントリーシートの見直しのために、または作成の参考のために手に入れておきたいですね。 就活ノート・Unistyleを併せて利用することでより多くのエントリーシートが手に入ります。



 

ワンキャリア

 ワンキャリアでは4万7000件を超える合格エントリーシート・就活体験談が掲載されており、 オリエンタルランド、キヤノン、NTT東日本、野村総合研究所、帝人、日本航空(JAL)などの日本の一流企業に加え、 ゴールドマンサックス、ボストンコンサルティング、ベインアンドカンパニーなどの外資系企業も多数そろっています。

 エントリーシートだけでなくインターンシップやその選考、WEBテスト、グループディスカッションの体験談などもまとめられているのが特徴で、 さらにその企業に関連する就活記事では志望動機の書き方や業界研究を読むことができ、 従来では手に入らなかった情報が満載です。

 「ワンランク上のキャリアを目指す」というキャッチフレーズの通り、業界をリードする大手企業の資料が多く、 また総合商社、JR東海、電通、キーエンス、日本郵船、三菱地所といった一流企業の出展する限定イベントも開催されます。

 志望する企業の選考ステップを詳しく知ることで不安を解消し、実際に合格したエントリーシートを参考に、 自分のエントリーシート作成・キャリア形成に役立てましょう。



 

就活ノート

 また、就活ノートでも通過エントリーシートや選考情報が見放題のサービスを行っています。 収録されている企業は1000社以上で、その数には圧倒されます。

 トヨタやホンダなどの自動車メーカー、三菱東京UFJ銀行、三井住友銀行などの銀行、日本総研、NTTデータ、 日立製作所、JX、JRなど一流企業の合格エントリーシートが多数そろっています。

 うまくいく就活生は、大学の先輩に就活のやり方を教えてもらって質の良いエントリーシートを書きます。 従来ですと先輩とのコネがないと就活のことがわからないという問題がありました。 しかし、就活ノートにはその「先輩」が無数にいます。

 企業の選考情報(体験談)や口コミが見られるのも特徴で、多数の先輩就活生の情報が蓄積されています。 志望企業の「面接は何回行われるか」「エントリーシートはどんなお題が出るのか」「どんな受け答えをすると面接官に喜ばれるのか」など、 就活ノートを利用して研究しましょう。



 

MeetsCompany

 すぐ内定がほしい。それは、就活生なら誰もが願うことだと思います。

 2018年卒は7月1日の時点で79.1%が内定を獲得していて、「まだ内定がない」と焦る気持ちが強いと思います。 そんな中、まどろっこしくてめんどくさい従来型の就活をしていては余計にストレスが溜まってしまいます。

 余計なステップを究極的に省いたのが、内定直結型の就活イベントで、採用選考をその場で始めることが前提の合同説明会です。 あらかたの企業が採用選考を終えたあとでも頻繁に開催されており、採用権限をもった部長・役員クラスが現れ、 その場で面接が始まったり、その場で即日内定がもらえたりするイベントがあります。

 それが「MeetsCompany 」です。

 2018年卒もまだ間に合います。MeetsCompanyは参加者内定率96%を誇っており、 最短1日で内定を取れますので、就活を終わらせることができます。



 どの選択肢を取るにしても、就活を続行するには「就職活動の軸」の見直しが重要です。 書類選考や面接に通らないのは、就職活動の軸がしっかりつくられていない場合が多いです。

 「就職活動の軸=将来の夢」を確定し、スジの通ったエントリーシート・面接対策をし、就活に再挑戦しましょう。

同じ大学出身の先輩に話を聞けるOB/OG訪問ネットワーク「ビズリーチ・キャンパス」