リアルタイム閲覧者数:1人

 

就活は顔採用じゃない!


 「就活は美人・可愛い・イケメンが有利」などと言われますが、果たして本当にそうでしょうか。 顔が良ければ恋人にも友達にも困らなくて、仕事すら簡単に見つかってしまう・・・ なんていうほどこの世は厳しくありませんし、顔に甘くもありません。 

 総合職で大事なことは、美人・イケメンであることよりも、仕事ができることです。 高い処理能力、コミュニケーション能力を持っていることのほうが大事です。

 ただのイケメンとただのブサイクを並べたら、確かにイケメンのほうが魅力的に映るでしょう。 しかしただのイケメンと、仕事ができるブサイクならば後者が採用されるでしょう。 会社は顔の良い人を集める団体ではないのです。お金稼ぎをする団体です。

 また一般職は顔採用だから美人じゃないと難しい・・・なんてよく言われますが、 一般職でも重要なのは、実は顔ではありません。

 

一般職は何が重視されるか

 一般職は何が重視されるのでしょうか。

 話しやすさです。一般職の仕事はだいたい総合職から頼まれて、発生します。 いくら美人でも話しかけにくいと仕事も頼めません。 愛想よく接することができる人ほど有利です。

 一般職は電話対応も主な仕事ですし、他部署に何かを依頼するのもたいてい一般職です。 つんつんした美人より、話しやすい女性が依頼したほうが、依頼される側も、 「え~嫌だなあ。でもしょうがないなあ。」みたいに承諾しやすいです。

 

ただの結婚要員を雇う余裕はない

 今どき単に総合職の結婚要員としてだけの目的で採用するほど、会社も余裕はありません。 結婚してすぐに辞められても困るのです。 私の会社も面接会場にいた可愛い女の子がすべて不合格になっていたので間違いありません。

 結局受かったのは、愛想がよくて、依頼を断らなさそうな女の子でした。 顔採用ではないのです。とはいえ愛想がいいとモテそうなんですが。

 

受付嬢が美人でも大したメリットはない

 受付嬢が美人だから契約をする、なんてあほな会社があったらとっくにつぶれてます。 社員旅行でバスを借りたのですが、バスガイドはおばちゃんでした。

 最初はみんな「うわあ・・・」という反応だったのですが、 いざバスが出発すると称賛の嵐になりました。

 というのも、気配りがすごくできるおばちゃんだったのです。 酒を渡して回ったり、乗客と雑談したりできるバスガイドはなかなかいません。

 旅行の終盤では、「もしもバスガイドが美人だったらあそこまでしてくれない」 「あのおばちゃんでよかった」と言っていました。

 

ではなぜ顔の良い人が採用されるのか

 顔の良い人は、顔が良いことで自分に自信を持っていることが多いです。 美人やイケメンは少なくとも自分の顔を苦にして夜に泣いたりしないでしょう。 自信があるからこそ、ハキハキと話せて、明るく楽しい雰囲気を作り出せるのです。 そのため就活もうまくいくのです。

 では顔が良くない人はダメかというと、全く違います。 顔以外に自信を持てる部分を見つける、作り出すことが大事です。 学問であったり、コミュニケーション能力であったり、 「自分は他人とここが違う!」という部分を見つけるのです。

 顔が悪いからダメだなんて思っていたら、顔以外もダメになってしまいます。 自分のいいところを探しましょう。

 

今から最短で内定をもらうには?

 

2019年6月でも間に合う!内定直結の合同説明会

 すぐ内定がほしい。それは、就活生なら誰もが願うことだと思います。

 実は2020卒の就活生もすでに内定を獲得し始めています。 インターンシップでの活躍により裏選考ルートに招待されるのも1つの方法ですが、 内定直結型の就活イベントを使う方法もあります。

 これは採用選考をその場で始めることが前提の合同説明会です。 年間を通して全国で開催されているので、地方の学生でも行きやすく、採用権限をもった部長・役員クラスが現れ、 その場で面接が始まったり、その場で内定がもらえたりするイベントがあります。

 それが「MeetsCompany 」です。 年間10万人が利用しているほどで、MeetsCompanyで内定を確保するのはもはや常識になりつつあります。

 2020卒もすでに大盛況です。MeetsCompanyは参加者内定率96%を誇っており、 最短1日で内定を取れますので、就活を終わらせることができます。 参加企業も東証一部上場企業から隠れ優良企業、ベンチャー企業までさまざまです。

 毎年卒業ギリギリまで開催されており、2019年6月でもまだ間に合います。

 

志望企業の合格エントリーシートを見る(その1)

 エントリーシートは、何を書いたら正解かわからない、「『わからないこと』がわからない」状態だと思います。 私もそうでした。自分では完璧だと思っていたエントリーシートも、他の人のエントリーシートと比べたらボロボロだったのです。 そこで、志望企業で実際に内定をとったエントリーシートを参考にしたいですよね。

 「Unistyle」では、一流企業からベンチャー企業まで、内定したエントリーシートを無料ダウンロードできます。

 「Unistyle」では、三菱商事や三井物産、三菱東京UFJ銀行、トヨタ自動車、三菱地所、新日鐵住金、東京ガス、 マッキンゼー、P&Gなど、様々な超一流企業をはじめ、1万7000通を超えるエントリーシートが収録されています。 あなたの志望企業の合格エントリーシートも必ず見つかるサイトと言っていいでしょう

 商社や自動車メーカーをはじめとした企業研究同業他社比較、また「就職活動の軸」別のおすすめ業界、 志望動機の書き方まで非常に詳細に書かれた限定記事をすべて無料で読むことができます。

 また会員限定の特別イベントが多数開催され、過去には伊藤忠商事、日本政策投資銀行、日本ロレアル、キーエンス、日本たばこ産業(JT)、トヨタ自動車、旭硝子、デンソー、 三菱東京UFJ銀行、大日本印刷などのイベントが行われています。

 ぜひ自分のエントリーシートの見直しのために、または作成の参考のために手に入れておきたいですね。

 

めんどうな就活を時間短縮!

 従来型の就活では内定までの道のりがとても長くてめんどうですよね。説明会を受けて、エントリーシートを提出して、グループディスカッションを受けて… そんな手順をすっ飛ばして自分に合った会社が、向こうからアプローチしてくれる就活サイトがあります。

 それは「キミスカ 」 です。

 キミスカでは自分から会社を探さなくても、SNSのようにプロフィールを書くだけで、 会社の人事が「こんな優秀な学生がほしかった!」とスカウトを、時にはいきなり最終面接の案内を送ってくれます。

 他社のインターンやES、GD、一次~最終面接など、従来は落ちると無駄になっていた頑張りを「スカウトされる材料」にできるのです。 スカウトがたくさん来れば、いちいちプレエントリーしたり、エントリーシートを書く手間が省けるので時間短縮になりますね。

 すでに2020年卒の就活生も2019年6月時点で約6万人が登録済みで、2021卒の募集も開始しています。 無料登録すれば一部上場企業から隠れ優良企業など、「知らない優良企業」があなたを見つけてくれます。 また、実際の採用選考で行われる「適性検査」も体験できるので、ぜひやっておきたいですね。

 

志望企業の合格エントリーシートを見る(その2)

 「ワンキャリア」では50,000件を超える合格エントリーシート・就活体験談が掲載されており、 全日本空輸(ANA)、伊藤忠商事、花王、日本航空(JAL)、味の素、アサヒビール、オリエンタルランド等日本の一流企業に加え、 ゴールドマンサックス、ボストンコンサルティング、モルガン・スタンレーなどの外資系一流企業も多数そろっています。

 エントリーシートだけでなくインターンシップやその選考、WEBテスト、グループディスカッションの攻略情報、 さらに志望動機の書き方や業界研究を読むことができ、従来では手に入らなかった情報が満載です。

 「ワンランク上のキャリアを目指す」というキャッチフレーズの通り、業界をリードする大手企業の資料が多く、 また総合商社、JR東海、電通、キーエンス、日本郵船、三菱地所といった一流企業の出展する限定イベントも開催されます。

 ワンキャリアは月間60万人の就活生が利用しています。また内定後もES・体験談を投稿すると1件最大5000円の謝礼がもらえ、 就活体験を翌年の就活生のために役立てることもできます。先輩の「知」を継承し、 あなたが発展させた「知」を後輩に継承する好循環を生み出しましょう。