リアルタイム閲覧者数:10人

 

【就活】選考とは関係ありません

 就活をしているとよく聞く言葉が「選考とは関係ありません」 「選考とは一切関係ありません」・・・実は真っ赤なウソです 

 

選考と関係がないことをするのは時間とお金のムダ

 自社ビルで行う説明会やリク面だってタダではありません。 対応する社員の基本給が30万円ならば、1日出勤すると1万5000円になります。

 その社員の言うとおり、「選考とは関係ありません」ならば、1人1万5000円もかけて何の成果もなしということになります。 多少はそれでエントリーシートを提出して本選考に進もう!という人が現れるかもしれませんが、 最初から選考を受ける気でいる人には関係ありません。

 社員が時間をかけて会社説明会を行う以上、なんらかの成果を上げる必要があります。 建前上は「採用選考を行ってはいけない」時期であっても、「選考とは関係ありません」と言いながらしっかり就活生をみています。 会話をした社員は後で必ず人事部採用担当者に報告をしていると思っておいた方がよいでしょう。

 

会社説明会での「選考とは関係ありません」

 大規模な会社説明会で質問しても、たしかに選考とはあまり関係ありません。 名乗ったところで誰かが記録しているわけでもなし、覚えているわけでもなし。 参加票や参加記録によって、次の説明会やリク面、座談会等に呼ばれる条件になる程度です。

 しかし、小規模な説明会だと話は違います。 名札をつけたり、5人程度のグループに分けられて座談会、なんてときはほぼ選考です。 その出来具合でリクルーターがついたり、次の座談会に呼ばれたりします。

 少人数、座談会などと書かれていたら、ある程度準備してからいきましょう。

 

リク面での「選考とは関係ありません」

 完全にウソです。1対1(稀に集団でもリク面をしますが)で社員との質問会なんて、 選考をしないわけがありません。しかし、「選考とは関係ありません」と言わなければ経団連の倫理憲章に違反してしまいます。 そのため、とりあえず「選考とは関係ありません」と言います。

 建前ではただ社員対就活生が1対1で会社説明会をしているというわけです。 しかし、こんなことはありえないのです。たった1人のために社員1人を業務そっちのけで派遣するわけですから、 「単に就活生に会社のことを知ってほしい」というだけでやるわけがないのです。

 実際にはこの1対1の質問会、あるいは1対1の説明会は就活において重要な0次面接なのです。 ここで失敗すると先に進めません。なのに「選考とは関係ありません」だなんて、だまし討ちにも等しいです。

 「少人数」「1対1」は事実上の面接だと心得て、相応の準備をして臨む必要があります。

 

選考とは関係ありません、は建前

 社会人にとって本音と建前というものは空気のようなもので、当たり前すぎてあえて断りを入れるようなものではないのです。 そのため「選考とは関係ありません」というのも、リクルーターや説明会に現れる社員は、 とりあえず言っているだけなのです。

 もちろんそれで学生が勘違いするなどということも考えていません。 私もリク面で「わかってると思うけど、選考とは関係ありませんって言わなきゃだめだから言っておくわ」 と言われました。選考に関係大ありなのが前提なのです。

 

ざっくばらん、も半分ウソ

 就活で良く聞く「ざっくばらんに質問してください!」 これにも騙されてはいけません。普通の質問しか許されません。

 単にみんなが質問しやすいようにと言うだけで、 本当にざっくばらんに聞いてもいいという意味ではないのです。 社会は本音と建前であふれています。疑ってかかりましょう。

 相手が就活生だからといって建前で話すのをやめたりはしません。 「ざっくばらん」等と言っている本人が最も「ざっくばらん」でないのですから、笑うしかないですね。

 

今から最短で内定をもらうには?

 

多忙の中、どっしり「スカウト」を待つ

 従来型の就活では内定までの道のりがとても長くてめんどうですよね。説明会を受けて、エントリーシートを提出して、グループディスカッションを受けて… そんな手順をすっ飛ばして自分に合った会社が、向こうからアプローチしてくれる就活サイトがあります。

 それは「キミスカ 」です。

 キミスカでは自分から会社を探さなくても、SNSのようにプロフィールを書くだけで、 会社の人事が「こんな優秀な学生がほしかった!」とスカウトを、時にはいきなり最終面接の案内を送ってくれます。

 他社のインターンやES、GD、一次~最終面接など、従来は落ちると無駄になっていた頑張りを「スカウトされる材料」にできるのです。 スカウトがたくさん来れば、いちいちプレエントリーしたり、エントリーシートを書く手間が省けるので時間短縮になりますね。

 すでに2019年卒の就活生も約7万人が利用しているほどで、スカウトがどんどん来ます。

 

ダラダラ長い就活よさらば!内定直結の合同説明会

 すぐ内定がほしい。それは、就活生なら誰もが願うことだと思います。

 2019年卒もますます内定が早期に出る人が増えていて、4月1日の時点で約20%、5月1日の時点で約42%が内定を持っています。「まだ内定がない」と焦る気持ちが強いと思います。 そんな中、まどろっこしくてめんどくさい従来型の就活をしていては余計にストレスが溜まってしまいます。

 余計なステップを究極的に省いたのが、内定直結型の就活イベントで、採用選考をその場で始めることが前提の合同説明会です。 あらかたの企業が採用選考を終えたあとでも頻繁に開催されており、採用権限をもった部長・役員クラスが現れ、 その場で面接が始まったり、その場で即日内定がもらえたりするイベントがあります。

 それが「MeetsCompany 」です。 年間10万人が利用しているほどで、MeetsCompanyで内定を確保するのはもはや常識になりつつあります。

 2019年卒の募集が始まっています。MeetsCompanyは参加者内定率96%を誇っており、 全国で開催されているので地方の学生でも行きやすいイベントです。 最短1日で内定を取れますので、就活を終わらせることができます。

 

志望企業の合格エントリーシートを見る(その1)

 エントリーシートは、何を書いたら正解かわからない、「『わからないこと』がわからない」状態だと思います。 私もそうでした。自分では完璧だと思っていたエントリーシートも、他の人のエントリーシートと比べたらボロボロだったのです。 そこで、志望企業で実際に内定をとったエントリーシートを参考にしたいですよね。

 「Unistyle」では、一流企業からベンチャー企業まで、内定したエントリーシートを無料ダウンロードできます。

 「Unistyle」では、三菱商事や三井物産、三菱東京UFJ銀行、トヨタ自動車、三菱地所、新日鐵住金、東京ガス、 マッキンゼー、P&Gなど、様々な超一流企業をはじめ、1万7000通を超えるエントリーシートが収録されています。 あなたの志望企業の合格エントリーシートも必ず見つかるサイトと言っていいでしょう

 商社や自動車メーカーをはじめとした企業研究同業他社比較、また「就職活動の軸」別のおすすめ業界、 志望動機の書き方まで非常に詳細に書かれた限定記事をすべて無料で読むことができます。

 また会員限定の特別イベントが多数開催され、過去には伊藤忠商事、日本政策投資銀行、日本ロレアル、キーエンス、日本たばこ産業(JT)、トヨタ自動車、旭硝子、デンソー、 三菱東京UFJ銀行、大日本印刷などのイベントが行われています。

 ぜひ自分のエントリーシートの見直しのために、または作成の参考のために手に入れておきたいですね。

 

志望企業の合格エントリーシートを見る(その2)

 「ワンキャリア」では4万7000件を超える合格エントリーシート・就活体験談が掲載されており、 オリエンタルランド、キヤノン、NTT東日本、野村総合研究所、帝人、日本航空(JAL)などの日本の一流企業に加え、 ゴールドマンサックス、ボストンコンサルティング、ベインアンドカンパニーなどの外資系企業も多数そろっています。

 エントリーシートだけでなくインターンシップやその選考、WEBテスト、グループディスカッションの体験談などもまとめられているのが特徴で、 さらにその企業に関連する就活記事では志望動機の書き方や業界研究を読むことができ、 従来では手に入らなかった情報が満載です。

 「ワンランク上のキャリアを目指す」というキャッチフレーズの通り、業界をリードする大手企業の資料が多く、 また総合商社、JR東海、電通、キーエンス、日本郵船、三菱地所といった一流企業の出展する限定イベントも開催されます。

 志望する企業の選考ステップを詳しく知ることで不安を解消し、実際に合格したエントリーシートを参考に、 自分のエントリーシート作成・キャリア形成に役立てましょう。