リアルタイム閲覧者数:26人

 

2018年9月の経団連の就活解禁時期のルール廃止とその影響

 2018年9月3日の経団連発表によると、2021卒の就活は解禁時期のルールがなくなります。 (時事通信記事) これが2020卒、2021卒以降の就活に与える影響、今後の就活のやり方について解説します。



 

2021卒から就活の解禁時期に関する経団連ルールが廃止

 2018年9月3日の経団連発表によると、2021卒の就活は解禁時期のルールがなくなります。 (時事通信記事

 これまでも経団連ルールは有名無実化していて、その傾向は2019卒でも顕著にみられました。 それが2021卒からはルールが廃止になるため、会社はいつでも採用選考をしてもいいということになります。 これは、大学2年生でも3年生でも面接を行い、内定を出してしまってもかまわないということを意味します。

 2020卒の就活は従来通りのルールが適用されますので、ルールが廃止になるわけではありません。 しかし、実質的には2020卒の就活にも、今回の「2021卒以降のルール廃止」の影響があると考えられます。

 というのも、2021卒からルールがなくなるということは、今ルールを破ってもおとがめなしになる可能性が高く、 そもそもルール破りが横行していたのにさらに廃止になるわけですから、もはやルールを守ろうという企業がありません。 2020卒もいつ採用選考が始まってもおかしくないと言えます。

 ですが、日本企業というものは「前例主義」が蔓延り、ただちに就活の時期がメチャクチャになってしまうわけではないと考えられます。 基本的には2020卒と同じスケジュールでインターンシップが始まり、就活生の動向次第で面接本番に進むという流れが予想されます。

 結局、大学3年生の6月、2020卒なら2018年6月に始まるインターンシップの募集が実質的な就活開始時期というのは、 2018卒、2019卒と変わらないということです。

 今後はインターンシップも堂々と採用選考に使えるようになりますので、 インターンシップに参加しないと内定が取れないという事態が想定できます。

 まだリクナビやマイナビに登録していない方は、ただちに登録して備えましょう。

 

経団連ルールはもともと無視されている

 就活の時期は、経団連が「採用選考に関する指針」を出すことでコントロールされてきました。 2020卒までは大学3年生の3月まで会社説明会やプレエントリーを行ってはならないことになっており、 そのため「就活解禁の時期は3月」と言われてきたのです。

 また、面接などの採用選考の解禁時期も同時に経団連が定めており、 これも大学4年生の6月まで行ってはならないことになっています。 さらに、内定の解禁時期も経団連が10月1日と定めていました。

 しかし、経団連の指針を守らない企業だらけで、経団連の就活ルールは無視されてきました。

 というのも、採用選考は大学4年生の6月まで行ってはならないと定められているのに、 採用選考に使ってはならないはずのインターンシップで、企業は指針を破って「評価シート」を書いています。 有望な学生が見つかれば、そのまま囲い込んで他の就活生より早期に内定を与えるということをしてきました。

 面接の時期のルールを破るためにインターンシップやリクルーター面接といった手段を講じ、 内定の時期のルールを破るために「内定の約束=内々定」というものも生み出してきました。

 もともと経団連ルールは無視されてきましたので、2020卒の就活への影響は軽微で、 2021卒の就活は、2020卒のスケジュール次第だということができます。

 こうなってしまったのも、経団連の非加盟企業は経団連ルールに関係がなく、 経団連加盟企業は国内の大企業だけですから、「外資系企業」や「中小企業」「ベンチャー企業」は経団連指針を守る必要がなかったためです。

 特に外資系企業は大学3年生の夏のインターンシップで堂々と選考をして内定を出してしまい、 2015年ごろから就職超氷河期時代を脱出すると、中小企業やベンチャー企業にまでどんどん優秀な学生を囲い込まれてしまいました。

 さらにはテレビ局や新聞社などのマスコミ、ファーストリテイリング(ユニクロ)やソフトバンクなどの新興の大企業、 果ては財閥系企業まで、経団連に加盟している企業すらルールを無視し始めました。 もはや有名無実と化していたルールがついに、2018年9月3日に廃止の意向が宣言されたのです。

 

経団連ルールの廃止は2020卒の就活にも影響する

 先ほども述べましたが、今回の経団連ルールの廃止は、2020卒の就活にも影響を与えます。 というのも、企業は「一応」ルールを守っている設定で採用選考をしてきたからです。

 夏から冬にかけて行われるインターンシップで実質的な採用選考をしておきながら、 いかにもルールを守っているというかのように、会社説明会は3月まで開きませんでしたし、 裏選考も「こっそり」行っていたからです。

 経団連の指針を信じた就活生のために、3月以降に就活を始めても間に合うようにエントリーの受付を行い、 インターンシップという裏選考ルートのほかに、通常選考ルートも設けてきました。

 ですが、経団連のルールの廃止が宣言された以上、2020卒のルールはまだ生きているとはいえ、 ルールを破っても怒られなくなることが明白です。 そもそもルールなど実質的に無視してきたのですから、ルールがなくなるとなればもはや「守っているアピール」すらする必要がありません。

 2020卒の就活でも、企業は経団連の指針を無視して堂々とインターンシップで採用選考し、 大学3年生の間に内定を出してしまうことが予想されます。

 振り回される就活生にとっては不幸な話ですが、2020卒も経団連ルールはないと思って臨んだほうがよいでしょう。 (従前からMY就活ネットをご利用の方はすでにご存じかと思いますが…)

 

経団連ルールの廃止が2021卒以降の就活に与える影響

 経団連の指針が廃止されるということは、もはや会社を縛るルールがなくなり、 会社はいつでも採用選考をしていいということになります。 極端な話、大学1年生に内定を出してしまっても良いわけです。それも堂々と。

 就活が無法地帯になってしまうのではと危惧する方も多いでしょうが、心配する必要はまだありません。 日本企業は「前例主義」が蔓延していて、すぐには会社の方針を変えることができません。 他の企業の様子を見ながら、少しずつ変わっていきます。この傾向はこれまでもそうでした。

 2021卒の就活に与える影響はまだそれほど大きくないでしょう。 というのも、実質的な就活解禁時期はリクナビとマイナビが握っていて、 リクナビとマイナビが2021卒用の就活サイトを開設するまでは、インターンシップも行われないからです。

 つまり、就活の解禁時期はリクナビとマイナビ次第ということになります。

 2022卒以降では、リクナビとマイナビの開設に先んじて独自にインターンシップの募集を始める企業も出てくるでしょう。 大学1年生対象、大学2年生対象のインターンシップの募集の案内が、大学に届くようになると考えられます。 インターンシップ参加者にはこれまで通り、活躍すれば「内定」という特典が与えられます。

 この時期が徐々に早まっていき、いずれは大学2年生の間に、いつかは大学1年生の間に内定を取るのが当たり前になるかもしれません。 ですが、これはまだ先の話です。しばらくは大学3年生の6月が実質的な就活のスタート時期になるでしょう。

 

経団連ルールの廃止のメリットとデメリット

 経団連ルールの廃止のメリットは、学生が就職先を考える時間が長く取れることと、 会社の選考方法が自由になることの2点が挙げられます。

 就活の短期化は、就活生にとっても不幸な出来事でした。というのも、40年間も働く会社を選ぶのに、 数ヶ月しか考える時間がなかったのはあまりにも短すぎです。自然と知名度の高いBtoC企業へ応募が殺到して、 知名度の低いBtoB企業を見つけられないまま就活を終えざるを得なかったのです。

 また、会社にとっても選考が「エントリーシート」「面接」の2つの手段しか認められておらず、 インターンシップは「あくまでも選考ではない」という建前でしたので、 インターンシップで内定を出し切ってしまうのは不可能でした。

 インターンシップは、学生が実際に職場で働く様子をみて採否を決められるため、 会社にとっては「最高の面接」です。インターンシップによる採用選考が堂々とできるようになるのですから、 就活生も会社も「入社後のミスマッチ」に悩まされる可能性が下がるというメリットがあります。

 一方で、経団連ルールの廃止のデメリットは、学業に専念できなくなることです。 以前から「就活のせいで学業に専念できない」というのは識者が指摘してきたことですが、 これはあまり妥当な指摘ではないと思います。

 これは大学の学問と就職を切り離して別物だと考えている人特有の考え方です。 というのも、学業に取り組むのは「将来」のためであり、その「将来のため」の取り組みが就活であるならば、 学業と就活は矛盾しないからです。

 「短く濃密な就活」よりも「長くゆったりした就活」のほうが就活生にはゆとりが生まれますし、 数ヶ月の間まったく学問から離れてしまうより、1週間に1度くらいの頻度で会社説明会にいくのであれば、 学業への影響は軽微です。

 今回の経団連ルールの廃止は、良い決断なのではないかと思います。

 

今から最短で内定をもらうには?

 

「実はもう内定あるんだよね」内定直結の合同説明会

 就活では「内定が1つあるかないか」で心の状態が大きく変わります。 たった1つ内定があれば、心に余裕ができ、「不安で眠れない」「もう後がない」といった状況とおさらばできます。 さらに自信が持てるため、堂々とした態度が面接でもウケて次々に内定を獲得していけるのです。

 友達や家族などに「就活どう?」と聞かれたときに、「もう内定は1つ確保してるんだよね」と言えたら、 周りも安心させられます。「たった1つの内定」が好循環の起爆剤なのです。

 その1つ目の内定を簡単に確保できる就活イベントがあります。 それが「MeetsCompany 」です。

 他の説明会と異なり、採用権限をもった役員・部長クラスがやってきて、 その場で面接が始まり、その場で内定がもらえたりする内定直結型の合同説明会です。 さらに参加者内定率96%を誇るため、行けば内定がほぼ確定するイベントです。

 すでに2020卒の募集が始まっていて、年間を通して全国で開催されており、地方の学生でも行きやすいメリットがあります。 参加企業も東証一部上場企業から隠れ優良企業、ベンチャー企業までさまざまです。 「とりあえず1つ目の内定を確保」と思ったらそれがあなたにピッタリの企業かもしれません。

 また、2019卒でも卒業ギリギリまで開催されており、2019年3月でもまだ間に合います。

 

志望企業の合格エントリーシートを見る(その1)

 エントリーシートは、何を書いたら正解かわからない、「『わからないこと』がわからない」状態だと思います。 私もそうでした。自分では完璧だと思っていたエントリーシートも、他の人のエントリーシートと比べたらボロボロだったのです。 そこで、志望企業で実際に内定をとったエントリーシートを参考にしたいですよね。

 「Unistyle」では、一流企業からベンチャー企業まで、内定したエントリーシートを無料ダウンロードできます。

 「Unistyle」では、三菱商事や三井物産、三菱東京UFJ銀行、トヨタ自動車、三菱地所、新日鐵住金、東京ガス、 マッキンゼー、P&Gなど、様々な超一流企業をはじめ、1万7000通を超えるエントリーシートが収録されています。 あなたの志望企業の合格エントリーシートも必ず見つかるサイトと言っていいでしょう

 商社や自動車メーカーをはじめとした企業研究同業他社比較、また「就職活動の軸」別のおすすめ業界、 志望動機の書き方まで非常に詳細に書かれた限定記事をすべて無料で読むことができます。

 また会員限定の特別イベントが多数開催され、過去には伊藤忠商事、日本政策投資銀行、日本ロレアル、キーエンス、日本たばこ産業(JT)、トヨタ自動車、旭硝子、デンソー、 三菱東京UFJ銀行、大日本印刷などのイベントが行われています。

 ぜひ自分のエントリーシートの見直しのために、または作成の参考のために手に入れておきたいですね。

 

めんどうな就活を時間短縮!

 従来型の就活では内定までの道のりがとても長くてめんどうですよね。説明会を受けて、エントリーシートを提出して、グループディスカッションを受けて… そんな手順をすっ飛ばして自分に合った会社が、向こうからアプローチしてくれる就活サイトがあります。

 それは「キミスカ 」 です。

 キミスカでは自分から会社を探さなくても、SNSのようにプロフィールを書くだけで、 会社の人事が「こんな優秀な学生がほしかった!」とスカウトを、時にはいきなり最終面接の案内を送ってくれます。

 他社のインターンやES、GD、一次~最終面接など、従来は落ちると無駄になっていた頑張りを「スカウトされる材料」にできるのです。 スカウトがたくさん来れば、いちいちプレエントリーしたり、エントリーシートを書く手間が省けるので時間短縮になりますね。

 すでに2020年卒の就活生も2019年3月時点で約6万人が登録済みで、一部上場企業から隠れ優良企業など、 「知らない優良企業」があなたを見つけてくれます。 また、実際の採用選考で行われる「適性検査」も体験できるので、ぜひやっておきたいですね。

 

志望企業の合格エントリーシートを見る(その2)

 「ワンキャリア」では50,000件を超える合格エントリーシート・就活体験談が掲載されており、 全日本空輸(ANA)、伊藤忠商事、花王、日本航空(JAL)、味の素、アサヒビール、オリエンタルランド等日本の一流企業に加え、 ゴールドマンサックス、ボストンコンサルティング、モルガン・スタンレーなどの外資系一流企業も多数そろっています。

 エントリーシートだけでなくインターンシップやその選考、WEBテスト、グループディスカッションの攻略情報、 さらに志望動機の書き方や業界研究を読むことができ、従来では手に入らなかった情報が満載です。

 「ワンランク上のキャリアを目指す」というキャッチフレーズの通り、業界をリードする大手企業の資料が多く、 また総合商社、JR東海、電通、キーエンス、日本郵船、三菱地所といった一流企業の出展する限定イベントも開催されます。

 ワンキャリアは月間60万人の就活生が利用しています。また内定後もES・体験談を投稿すると1件最大5000円の謝礼がもらえ、 就活体験を翌年の就活生のために役立てることもできます。先輩の「知」を継承し、 あなたが発展させた「知」を後輩に継承する好循環を生み出しましょう。




×

待っているだけで隠れ優良企業がスカウトしてくれる就活サイト