リアルタイム閲覧者数:5人
 

リクラブで恋愛も就活も成功させよう

 リクラブとは、リクルートラブの略であり、就職活動を通じて恋愛をすることを指します。 就活で、インターンシップや会社説明会、企業セミナーで出会った男女がカップル成立し、 またはカップル成立を目指して接近していくことをリクラブと呼びます。 

 

リクラブは恋愛も就活も成功する

 リクラブ就活中にナンパすることで始まります。ナンパは決して崇高な行為とはみなされません。 どちらかというと蔑まれ、批判されることが多いです。 しかし彼氏・彼女がほしいのであればリクラブを逃す手はありません。

 実は、リクラブ恋愛も就活も両方うまくいくという「一石二鳥」の恋愛です。 リクラブで恋人ができるというのはもちろんのこと、積極的にナンパをすることで、 初対面の人と会話をする能力がつきます、ナンパでコミュニケーション能力を鍛えることができるのです。

 リクラブによって自信がつき、コミュニケーション能力もつき、面接で余計な緊張をしなくなります。 恋人もでき、人見知りという短所を克服し、初対面の人とコミュニケーションが取れるようになるのです。

 よく「就活はイケメン・美人が有利」と言われます。しかし会社は顔採用を行っているのではなく、 自分に自信があって初対面の人とも明るくハキハキと話す力があるため、採用しているのです。 社会人がみんなイケメン・美人なわけではないことからもわかりますね。

 もちろんコミュニケーション能力はリクラブでなくても鍛えられます。 男同士、女同士の見知らぬ人との会話で訓練することも有効です。 しかし同性と話すより、異性と話す方がモチベーションにつながる場合も多いでしょう。

 リクラブで就職がうまくいくばかりか、カップルが成立して恋人ができたり、 そのまま結婚にまで至る例もあります。就活は出会いが多いですから、 リクラブに取り組めば成功することも多いでしょう。

 リクラブで就活と恋愛を楽しく成功させましょう。

 

リクラブ成功例

 リクラブ成功例を紹介します。 リクラブの成功例は意外とあります。

 リクラブ成功例1:インターンシップ

 インターンシップを通じてリクラブを成功させた人たちがいます。 とある超有名企業の夏のインターンシップでした。 複数人ずつのグループに分かれてグループワークを行うのですが、 そこで仲良くなった男女がいました。

 インターンシップ後も連絡を取り合うにとどまらず、恋人関係になり、 そのまま結婚していきました。

 2人ともその企業に就職し、夫婦で働いています。

 リクラブ成功例2:グループディスカッション

 グループディスカッションでリクラブを成功させる例もあります。 グループディスカッションは1次面接の代わりに行われることが多いですが、 そこで出会った男女がそのまま食事に行き、そのままカップル成立となりました。

 GDからのリクラブはインターンシップからのリクラブに比べると一瞬ですので難易度が高いですが、 リクラブができるほどにGDがうまくなれば、GD通過率も非常に高くなっているでしょう。

 リクラブ成功例3:会社説明会

 会社説明会でたまたま隣に座った女の子に話しかけ、そのまま一緒に喫茶店に行ったりする人もいます。 連絡先を交換し、別の会社説明会でも会ったりするうちに仲良くなり、カップル成立します。

 インターンシップやグループディスカッションに比べて会社説明会からのリクラブは難易度が高いですが、 数を打つことができますので成功する人はそれなりにいます。

 

リクラブはなぜ成功するのか

 リクラブはなぜ成功するのでしょうか。 リクラブは思っている以上に成功します。恋愛の土壌としては、 サークルや部活よりも良い環境だと思います。

 リクラブが成功する第一の理由は、就活の不安という共通の敵がいることです。 人間同士が仲良くなるのに、「共通の敵」は大きく貢献します。 共通の敵は先生だったり、講義だったり、バイトだったりいろいろありますが、 「就活の不安」も立派な共通の敵です。

 就活の不安という共通の敵がいると、不安の相談や愚痴を話すことで「共感」が生まれます。 「この人は私の話をわかってくれる!」という安心感ないし仲間意識につながるわけです。

 特に就活は1人でインターンシップ・会社説明会・グループディスカッションに参加しますから、 不安な上に心細いわけです。そういうときに、話を分かってくれる就活仲間が現れると、 とてもうれしいものです。

 よく悩みの相談から恋愛に発展することがありますが、就活でも同じです。 就活の不安や悩み、愚痴を話題にすることで共通の話題となり、 リクラブに発展していくわけです。

 リクラブが成功する第二の理由は、就活生にもスペック差があることです。 普段大学に通っていても皆同じ学歴ですが、就活では皆通っている大学が違うわけです。

 自分の大学の中では普通かもしれませんが、就活を始めてみると、 自分が意外と高学歴な場合だってあるのです。相対的に高学歴だったり、 相対的にコミュニケーション能力があったり、普段は気付かないハイスペックな自分がいるのです。

 女性は自分より優秀な男性を求める傾向にあります。国公立大学、 有名私立大学に通っている男性は、他大学の女性からみればかなりハイスペックな場合があります。 リクラブに有利になるのです。

 リクラブが成功する第三の理由は、声をかけても不自然じゃないということです。 普通、ナンパは嫌がられます。大学の教室で突然女の子に話しかけると驚かれ、引かれます。 しかし就活ではまったく逆なのです。

 というのも、就活では1人で黙っているのはよくないからです。 インターンシップでも、会社説明会でも、グループディスカッションでも、 とにかく積極的に話し、人事に明るい印象を与えなければなりません。

 会場について黙っているのは不安なわけです。 そんなとき、隣に座った人が話しかけてくれると「助かった!」と安心できるのです。 会話を続けるだけで人事にコミュニケーション能力をアピールすることができます。

 ナンパで一番ハードルの高い「警戒心」が就活なら取り払われているのです。 あとは会話を続け、仲良くなるだけです。

 

リクラブの方法

 リクラブ方法を解説します。 リクラブは、会話を発展させるのは意外と簡単です。 リクラブで自信をつけて就活も成功させましょう!

 リクラブの方法としてまず挙げられるのが、就活のイベントに参加することです。 長い期間ともに行動するインターンシップは特におすすめです。 会社説明会は1日2時間程度で終わってしまいますが、インターンシップは1日8時間が1週間続きます。

 もちろん数を打てる会社説明会も参加しまくることで、それだけリクラブのチャンスがあります。

 会社説明会はたいてい一人で参加し、時間が来るまでスマホをいじっているか、 配布されたパンフレットを読み続けるかしている人が圧倒的に多いです。 そんな中、率先して他の就活生に話しかけることで、相手も会話に応じてくれますし、 人事の目にもとまります。いいことづくしです。

 インターンシップでも、会社説明会でも、率先してためらくことなく話しかけることが重要です。 いくら就活の場とはいえ、ナンパを悟られてはいけません。 「誰とでも話すキャラなんだ」と思わせましょう。

   話しかける際の話題はやはり、「就活」の話題が鉄板でしょう。 挨拶や自己紹介や大学の話は二の次です。 まずは就活の話題を出し、いかにも「就活の相談がしたい」ように見せかけるのです。

 とはいえ、答えにくい難しい質問をしてはいけません。一瞬で答えてもらえそうな質問をしましょう。 例えば

  • 「金融業界を回ってるんですか?」
  • 「やっぱり倉庫業界も見てるんですか?」
  • 「説明会10時スタートなのに人少ないですね」
  • 「就活忙しいですね」
  • 「プレエントリーは何社くらいしました?」
といった具合です。

 話しかけるのさえ成功すれば、あとはなんとでもなります。 相手も人事にコミュニケーション能力をアピールしなければなりませんので、 あなたが一方的にしゃべり続ける必要はありません。

 皆が静かなところで雑談していると、他の就活生も気になって会話に参加してきたりします。 こうなればあなたは「空気を作り出せる人」です。人事からの評価も高くなりますし、自信もつきます。 次の会社説明会からリクラブに挑戦してみましょう。

 

今から最短で内定をもらうには?

 

多忙の中、どっしり「スカウト」を待つ

 従来型の就活では内定までの道のりがとても長くてめんどうですよね。説明会を受けて、エントリーシートを提出して、グループディスカッションを受けて… そんな手順をすっ飛ばして自分に合った会社が、向こうからアプローチしてくれる就活サイトがあります。

 それは「キミスカ 」です。

 キミスカでは自分から会社を探さなくても、SNSのようにプロフィールを書くだけで、 会社の人事が「こんな優秀な学生がほしかった!」とスカウトを、時にはいきなり最終面接の案内を送ってくれます。

 他社のインターンやES、GD、一次~最終面接など、従来は落ちると無駄になっていた頑張りを「スカウトされる材料」にできるのです。 スカウトがたくさん来れば、いちいちプレエントリーしたり、エントリーシートを書く手間が省けるので時間短縮になりますね。

 すでに2019年卒の就活生も約7万人が利用しているほどで、スカウトがどんどん来ます。

 

ダラダラ長い就活よさらば!内定直結の合同説明会

 すぐ内定がほしい。それは、就活生なら誰もが願うことだと思います。

 2019年卒もますます内定が早期に出る人が増えていて、4月1日の時点で約20%、5月1日の時点で約42%が内定を持っています。「まだ内定がない」と焦る気持ちが強いと思います。 そんな中、まどろっこしくてめんどくさい従来型の就活をしていては余計にストレスが溜まってしまいます。

 余計なステップを究極的に省いたのが、内定直結型の就活イベントで、採用選考をその場で始めることが前提の合同説明会です。 あらかたの企業が採用選考を終えたあとでも頻繁に開催されており、採用権限をもった部長・役員クラスが現れ、 その場で面接が始まったり、その場で即日内定がもらえたりするイベントがあります。

 それが「MeetsCompany 」です。 年間10万人が利用しているほどで、MeetsCompanyで内定を確保するのはもはや常識になりつつあります。

 2019年卒の募集が始まっています。MeetsCompanyは参加者内定率96%を誇っており、 全国で開催されているので地方の学生でも行きやすいイベントです。 最短1日で内定を取れますので、就活を終わらせることができます。

 

志望企業の合格エントリーシートを見る(その1)

 エントリーシートは、何を書いたら正解かわからない、「『わからないこと』がわからない」状態だと思います。 私もそうでした。自分では完璧だと思っていたエントリーシートも、他の人のエントリーシートと比べたらボロボロだったのです。 そこで、志望企業で実際に内定をとったエントリーシートを参考にしたいですよね。

 「Unistyle」では、一流企業からベンチャー企業まで、内定したエントリーシートを無料ダウンロードできます。

 「Unistyle」では、三菱商事や三井物産、三菱東京UFJ銀行、トヨタ自動車、三菱地所、新日鐵住金、東京ガス、 マッキンゼー、P&Gなど、様々な超一流企業をはじめ、1万7000通を超えるエントリーシートが収録されています。 あなたの志望企業の合格エントリーシートも必ず見つかるサイトと言っていいでしょう

 商社や自動車メーカーをはじめとした企業研究同業他社比較、また「就職活動の軸」別のおすすめ業界、 志望動機の書き方まで非常に詳細に書かれた限定記事をすべて無料で読むことができます。

 また会員限定の特別イベントが多数開催され、過去には伊藤忠商事、日本政策投資銀行、日本ロレアル、キーエンス、日本たばこ産業(JT)、トヨタ自動車、旭硝子、デンソー、 三菱東京UFJ銀行、大日本印刷などのイベントが行われています。

 ぜひ自分のエントリーシートの見直しのために、または作成の参考のために手に入れておきたいですね。

 

志望企業の合格エントリーシートを見る(その2)

 「ワンキャリア」では4万7000件を超える合格エントリーシート・就活体験談が掲載されており、 オリエンタルランド、キヤノン、NTT東日本、野村総合研究所、帝人、日本航空(JAL)などの日本の一流企業に加え、 ゴールドマンサックス、ボストンコンサルティング、ベインアンドカンパニーなどの外資系企業も多数そろっています。

 エントリーシートだけでなくインターンシップやその選考、WEBテスト、グループディスカッションの体験談などもまとめられているのが特徴で、 さらにその企業に関連する就活記事では志望動機の書き方や業界研究を読むことができ、 従来では手に入らなかった情報が満載です。

 「ワンランク上のキャリアを目指す」というキャッチフレーズの通り、業界をリードする大手企業の資料が多く、 また総合商社、JR東海、電通、キーエンス、日本郵船、三菱地所といった一流企業の出展する限定イベントも開催されます。

 志望する企業の選考ステップを詳しく知ることで不安を解消し、実際に合格したエントリーシートを参考に、 自分のエントリーシート作成・キャリア形成に役立てましょう。