リアルタイム閲覧者数:10人
 

採用人数

 就活では、採用人数に注意しなければなりません。 いくら学歴が高くてTOEICでハイスコアを持っていても、採用人数が少なければやはり狭き門なのです。 

 東京大学の一学年の学生だけで3000人います。もちろん全員が就活をするわけではありませんが、 「採用人数20人」がいかに狭い門かわかりますね。

 会社によっては採用人数を「未定」とし、採用人数を公開しない会社もあります。 しかしこれはあまりいいことではありません。就活生にとって競争倍率を予想するのに必要な項目だからです。 採用人数が公表されていないなら仕方がありませんので、前年度の採用人数を見てみましょう。

 会社が採用人数を決めるにあたって参考にするのは、前例です。 採用人数「未定」でも、前年度並みの人数を採用するというパターンがほとんどです。 毎年5人しか採用していないのに、突然100人採用したりしないのです。

 希望する業界の採用実績が少なければ、それだけ競争倍率が高く、内定がもらえない可能性が高まります。 そんなときに「無い内定」になってしまわないように、他の業界にも目を向ける必要があります。

 逆に言えば、採用人数の多い業界は滑り止めに使えるかもしれません。

 採用人数多い会社では、同期が何十人、何百人といますので、 出世競争が厳しくなるというデメリットがあります。また、何割かが辞めることが前提で大量採用している可能性もあります。 大量採用の会社は生き残るのが大変な可能性が高いです。

 一方、採用人数少ない会社では、入社が難しいですが、 入社後は出世競争が楽です。同期が数人しかいなければ、みんな課長になれて、みんな部長になれる可能性もあるのです。 どちらも一長一短ですね。

 

採用人数ランキング

 出版/マスコミ

 電通:100~200名
 博報堂:90名
 朝日新聞(記者):50名
 日経新聞(記者):53名
 毎日新聞(記者):40名
 読売新聞社(記者):30名
 中日新聞社(記者):30名
 フジテレビジョン:24名
 TBSテレビ:20名
 日本テレビ放送網:20名
 テレビ東京:20名
 関西テレビ:20名
 毎日放送:17名
 テレビ朝日:15名
 講談社:11~15名
 朝日放送:10名
 読売テレビ:10名
 中国新聞社:10名
 医学書院:6~10名
 小学館・集英社:8名
 テレビ大阪:5名
 扶桑社:1~5名
 徳間書店:1~5名
 中央経済社:1~5名
 東洋経済新報社:1~5名

 テレビや出版社、マスコミは就活でも人気が高いですが、電通や博報堂を除いて採用人数は1~30名程度と、非常に少なくなっています。 テレビ、出版社、マスコミ業界を志望する就活生は、他の業界も見ておくべきでしょう。

 銀行・証券

 三井住友銀行:1300名
 三菱東京UFJ銀行:1500名
 みずほFG:730名
 りそな銀行:600名
 野村証券:600名
 大和証券:500名
 SMBC日興証券:300名
 三菱UFJ信託銀行:300名
 商工中金:210名
 日本政策金融公庫:100~200名
 三菱UFJモルガン・スタンレー証券:180名
 関西アーバン銀行:100名
 政策投資銀行:60名
 日本銀行:40名
 東京スター銀行:30名

 採用人数多いことで有名な銀行、証券会社は多数の就活生が集まります。 給料が高く、採用人数も多いことで門は広い一方、大量離職の業界でもあります。 昔ながらの伝統的な体育会系組織で、理不尽な説教等に耐えつつ働いていくのも大変な業界です。

 機械メーカー

 三菱電機:890名
 日立製作所:600名
 三菱重工業:285名
 IHI:222名
 ファナック:100名
 横河電機:61名
 安川電機:61名

 鉄鋼メーカー

 新日鐵住金:200名
 JFEスチール:120名
 大同特殊鋼:60名
 神戸製鋼:45名

 家電メーカー

 パナソニック:700名
 シャープ:300名
 ソニー:170名

 化学メーカー

 富士フイルム:150名
 住友化学:120名
 クラレ:51~100名
 信越化学工業:67名
 昭和電工:55名
 カネカ:45名
 三井化学:43名
 東レ:40名
 日本触媒:37名
 積水樹脂:20名
 帝人:16~20名
 三菱樹脂:16~20名
 エステー:11~15名
 旭化成:1~5名

 自動車メーカー

 トヨタ自動車:620名
 スズキ:445名
 本田技研:400名
 日産自動車:400名

 メーカーも採用人数の多い会社、少ない会社がありますが、そのうちのほとんどが技術系です。 技術系は多く採用する一方で、事務系は20名~50名という会社がほとんどです。 メーカーを志望する場合は、特定のメーカー群だけでなく、様々なメーカーを見て回るべきでしょう。

 

今から最短で内定をもらうには?

 

志望企業の合格エントリーシートを見る(その1)

 エントリーシートは、何を書いたら正解かわからない、「『わからないこと』がわからない」状態だと思います。 私もそうでした。自分では完璧だと思っていたエントリーシートも、他の人のエントリーシートと比べたらボロボロだったのです。 そこで、志望企業で実際に内定をとったエントリーシートを参考にしたいですよね。

 「Unistyle」では、一流企業からベンチャー企業まで、内定したエントリーシートを無料ダウンロードできます。

 「Unistyle」では、三菱商事や三井物産、三菱東京UFJ銀行、トヨタ自動車、三菱地所、新日鐵住金、東京ガス、 マッキンゼー、P&Gなど、様々な超一流企業をはじめ、1万7000通を超えるエントリーシートが収録されています。 あなたの志望企業の合格エントリーシートも必ず見つかるサイトと言っていいでしょう

 商社や自動車メーカーをはじめとした企業研究同業他社比較、また「就職活動の軸」別のおすすめ業界、 志望動機の書き方まで非常に詳細に書かれた限定記事をすべて無料で読むことができます。

 また会員限定の特別イベントが多数開催され、過去には伊藤忠商事、日本政策投資銀行、日本ロレアル、キーエンス、日本たばこ産業(JT)、トヨタ自動車、旭硝子、デンソー、 三菱東京UFJ銀行、大日本印刷などのイベントが行われています。

 ぜひ自分のエントリーシートの見直しのために、または作成の参考のために手に入れておきたいですね。

 

志望企業の合格エントリーシートを見る(その2)

 「ワンキャリア」では50,000件を超える合格エントリーシート・就活体験談が掲載されており、 全日本空輸(ANA)、伊藤忠商事、花王、日本航空(JAL)、味の素、アサヒビール、オリエンタルランド等日本の一流企業に加え、 ゴールドマンサックス、ボストンコンサルティング、モルガン・スタンレーなどの外資系一流企業も多数そろっています。

 エントリーシートだけでなくインターンシップやその選考、WEBテスト、グループディスカッションの攻略情報、 さらに志望動機の書き方や業界研究を読むことができ、従来では手に入らなかった情報が満載です。

 「ワンランク上のキャリアを目指す」というキャッチフレーズの通り、業界をリードする大手企業の資料が多く、 また総合商社、JR東海、電通、キーエンス、日本郵船、三菱地所といった一流企業の出展する限定イベントも開催されます。

 「ワンキャリア」は月間60万人の就活生が利用しています。また内定後も謝礼付きのインタビュー等が行われ、 就活体験を翌年の就活生のために役立てることもできます。先輩の「知」を継承し、 あなたが発展させた「知」を後輩に継承する好循環を生み出しましょう。

 

2018年10月でも間に合う!内定直結の合同説明会

 すぐ内定がほしい。それは、就活生なら誰もが願うことだと思います。

 2019年卒では8月1日の時点で就活生の88%が内定を持っています。「まだ内定がない」と焦る気持ちが強いと思います。 そんな中、まどろっこしくてめんどくさい従来型の就活をしていては余計にストレスが溜まってしまいます。

 余計なステップを究極的に省いたのが、内定直結型の就活イベントで、採用選考をその場で始めることが前提の合同説明会です。 あらかたの企業が採用選考を終えたあとでも頻繁に開催されており、採用権限をもった部長・役員クラスが現れ、 その場で面接が始まったり、その場で即日内定がもらえたりするイベントがあります。

 それが「MeetsCompany 」です。 年間10万人が利用しているほどで、MeetsCompanyで内定を確保するのはもはや常識になりつつあります。

 2019年卒の募集が始まっています。MeetsCompanyは参加者内定率96%を誇っており、 全国で開催されているので地方の学生でも行きやすいイベントです。 最短1日で内定を取れますので、就活を終わらせることができます。

 

多忙の中、どっしり「スカウト」を待つ

 従来型の就活では内定までの道のりがとても長くてめんどうですよね。説明会を受けて、エントリーシートを提出して、グループディスカッションを受けて… そんな手順をすっ飛ばして自分に合った会社が、向こうからアプローチしてくれる就活サイトがあります。

 それは「キミスカ 」 です。

 キミスカでは自分から会社を探さなくても、SNSのようにプロフィールを書くだけで、 会社の人事が「こんな優秀な学生がほしかった!」とスカウトを、時にはいきなり最終面接の案内を送ってくれます。

 他社のインターンやES、GD、一次~最終面接など、従来は落ちると無駄になっていた頑張りを「スカウトされる材料」にできるのです。 スカウトがたくさん来れば、いちいちプレエントリーしたり、エントリーシートを書く手間が省けるので時間短縮になりますね。

 すでに2019年卒の就活生も約7万人が利用しているほどで、スカウトがどんどん来ます。 また、実際の採用選考で行われる「適性検査」も体験できるので、ぜひやっておきたいですね。




×

2018年10月の今からでも間に合う!即日内定の合同説明会