リアルタイム閲覧者数:6人
 

就活とストレス解消法

 就活ではストレスがたまります。 様々な会社説明会に出席しなくてはなりませんし、就活には土日がありません。 あっちこっちに行かされる上にスケジュールも多忙で、講義と就活をこなすと遊ぶ時間も減ってしまいます。 

 エントリーシートを書かなければならないという、就活ならではのストレス、強迫じみたストレスがあります。 面接の対策もしなくてはなりませんし、就活のことを考えると不安で夜も眠れないなんてことは往々にしてあります。

 ストレスは就活の大敵です。 会社にとって、新入社員は「新しい風」なのです。フレッシュさが重要です。 くたびれた就活生など必要ないのです。

 ストレスに疲れ切った就活生は面接でも本来の力を発揮できず、 思ってもいないことを口走ってしまったり、余計なひと言が命取りになることもあります。 元気のない姿を見せようものならその場で不採用です。

 しかし、将来を決定する就活ですから、ストレスなしにというわけにはいきません。 緊張もしますし、就活を頑張れば頑張るほど疲れてしまいます。

 就活では、いつでも元気である必要があります。 それは、将来に希望を持ってキラキラするだけでなく、不満や苦痛を忘れる手段が必要であるということです。

 これは社会人になっても同様で、就活を機にストレス解消法を身に付けておかないと、 すぐに辞めたくなってしまいます。

 

就活はストレスがたまる

 就活ストレスたまるのです。 ストレスがたまる原因はさまざまです。

 まず、自由時間が減るということが挙げられます。就活はやることがいっぱいです。 就活サイトに登録し、プレエントリーをし、メールをチェックし、会社説明会の予約をし、 エントリーシートの準備をし・・・

 エントリーシートを手書きで提出しなくてはならない企業もたくさんあります。 手書きの上、郵送しなければなりませんし、証明写真も撮らなくてはなりません。 就活は手間がかかります。

 また良い会社に就職しなければならないという強迫に似たプレッシャーも、ストレスたまる原因です。 大卒だから、頑張ったから、良い会社に就職しないと示しがつかないというプレッシャーです。 ある種のプライドもストレスのたまる原因となっているのです。

 高学歴であれば高学歴であるほど、この傾向は強いです。 「内定がなかなか決まらず、変な会社に就職してしまったら親戚に笑われる」 なんて悩みを抱えている就活生は多いものです。

 良くも悪くも、日本人は他人の目を気にしがちです。 自分が納得できる会社なら、親戚に何を言われようが関係ないはずです。 それでもストレスになってしまうのですから、もったいないですね。

 特には、就活をしている子どもに期待を抱いてしまいます。 「○○大学に入学したんだから、就職先もいいところばかりだろう」と、 すでに時代は変わっているにも関わらず、超有名企業、大手企業への就職を勝手に期待されます。

 親の就活していた時代はバブル時代ですから、今とはまったく事情が異なります。 説明会に行けばお小遣いをもらえ、学歴だけで内定がもらえ、 内定が決まったら海外旅行に連れて行ってもらえる・・・なんて時代はとっくの昔に終わっています。

 しかし親は現在の就活を知りません。就活では、親がストレスのたまる原因にもなりうるのです。

 

就活のストレスの症状

 就活ストレスではどんな症状が出るのでしょうか。 就活のストレスは大学受験を超える強いストレスです。 なにしろ40年働く会社を決めなければならず、しかもチャンスは通常、一度きりだからです。

 就活のストレスは主ににやってきます。ストレスで眠れない、ストレスで食べすぎて太る、 ストレスで食事がのどを通らずに痩せた等の症状がみられます。

 お腹を壊して下痢をする場合もあります。説明会や面接会場に向かう電車で下痢を起こし、 駅のトイレに引きこもるなんて話もよく聞きます。吐き気をもよおすことも多いようです。

 就活のストレスでニキビができるなんてこともあります。 ニキビができると余計にストレスがたまりますし、いいことはありません。

 このように就活ストレス体調が悪化すると、 説明会会場や面接会場に遅刻する、そもそも参加できない、病気になる等の不具合が発生します。 就職してからもそうですが、体調不良を起こすと評価が下がります。

 就活ストレス解消しておかなければなりません。 

 

就活ストレス解消法

 就活ストレス解消する方法を紹介します。 就活ストレス解消する方法として、 まずは友達と会話するという方法が挙げられます。

 就活は自分で多くの会社を選んで行うものです。友達と同じ会社を受けるわけではありませんから、 就活は孤独になりがちです。就活をする大学4年生は、講義もほとんどとらずに行うことがほとんどです。 学校に行かずに就活だけしていると、友達と会話をする機会もありません。

 たまには友達と集まって、就活の愚痴や就活が終わった後にする遊びの計画を立てるなど、 会話をする機会を設けてはいかがでしょうか。

 私も就活をしていたころ、就活をしている友達の他に、大学院に進学予定の友達など、 就活に関係のない人も集まって飲み会をしていました。 特に学生寮に住んでいたので、帰宅すれば友達がいるというのも精神的な支えになりました。

 寮の管理人のおばちゃんと話したり、ときどき寮に来ている寮のOBと話したり、 就活の愚痴や大学の愚痴などを言い合ったものです。

 就活ストレス解消法としては、 カラオケにいくという方法も挙げられます。

 ストレス解消にはカラオケが適しています。好きな歌を大声で歌い、 就活のストレスを発散します。就活の予定の入っていない日など、カラオケオールをしてのどが枯れるまで歌うと、 帰宅するころにはテンションが上がって楽しい気分になっているはずです。

 また就活では、親という存在がプレッシャーになり、ストレスを抱えることも珍しくありません。

 親の期待に応えようとして無理に大手企業ばかり狙ってしまったり、 親に良い結果を報告したくて、悪い結果を話せないなど、プライドの問題も邪魔をします。

 友達と飲み会やカラオケをすることで家にいる時間を極力短くし、 エントリーシートは大学の図書館で書き、説明会の予約も大学で行うなど、 親を気にせず自分のための就活ができるようにしたいものですね。

 究極的にストレスを解消する方法としては、悪いことをするという方法が挙げられます。

 ・・・とはいえ、本当に悪いことをしたら就職どころの騒ぎではありません。 罪に問われず、誰にも迷惑をかけない悪いことをするのです。 テレビゲームや携帯ゲームで暴れましょう

 例えばゾンビを倒すゲームだったり、車で暴走するゲームだったり、 ストレスを解消できるゲームは人によってさまざまだと思います。 私も就活の時はFPSで遊んでいました。

 就活のためにゲームを封印するだとか、アニメを観ないだとかは、かえって逆効果です。 なるべく普段の生活スタイルを壊さずに、適度に遊び、適度に就活するべきです。 時間の使い方を見直してみましょう。遊ぶ時間はけっこう残っているはずです。

 

今から最短で内定をもらうには?

 

多忙の中、どっしり「スカウト」を待つ

 従来型の就活では内定までの道のりがとても長くてめんどうですよね。説明会を受けて、エントリーシートを提出して、グループディスカッションを受けて… そんな手順をすっ飛ばして自分に合った会社が、向こうからアプローチしてくれる就活サイトがあります。

 それは「キミスカ 」です。

 キミスカでは自分から会社を探さなくても、SNSのようにプロフィールを書くだけで、 会社の人事が「こんな優秀な学生がほしかった!」とスカウトを、時にはいきなり最終面接の案内を送ってくれます。

 他社のインターンやES、GD、一次~最終面接など、従来は落ちると無駄になっていた頑張りを「スカウトされる材料」にできるのです。 スカウトがたくさん来れば、いちいちプレエントリーしたり、エントリーシートを書く手間が省けるので時間短縮になりますね。

 すでに2019年卒の就活生も約7万人が利用しているほどで、スカウトがどんどん来ます。

 

ダラダラ長い就活よさらば!内定直結の合同説明会

 すぐ内定がほしい。それは、就活生なら誰もが願うことだと思います。

 2019年卒もますます内定が早期に出る人が増えていて、4月1日の時点で約20%、5月1日の時点で約42%が内定を持っています。「まだ内定がない」と焦る気持ちが強いと思います。 そんな中、まどろっこしくてめんどくさい従来型の就活をしていては余計にストレスが溜まってしまいます。

 余計なステップを究極的に省いたのが、内定直結型の就活イベントで、採用選考をその場で始めることが前提の合同説明会です。 あらかたの企業が採用選考を終えたあとでも頻繁に開催されており、採用権限をもった部長・役員クラスが現れ、 その場で面接が始まったり、その場で即日内定がもらえたりするイベントがあります。

 それが「MeetsCompany 」です。 年間10万人が利用しているほどで、MeetsCompanyで内定を確保するのはもはや常識になりつつあります。

 2019年卒の募集が始まっています。MeetsCompanyは参加者内定率96%を誇っており、 全国で開催されているので地方の学生でも行きやすいイベントです。 最短1日で内定を取れますので、就活を終わらせることができます。

 

志望企業の合格エントリーシートを見る(その1)

 エントリーシートは、何を書いたら正解かわからない、「『わからないこと』がわからない」状態だと思います。 私もそうでした。自分では完璧だと思っていたエントリーシートも、他の人のエントリーシートと比べたらボロボロだったのです。 そこで、志望企業で実際に内定をとったエントリーシートを参考にしたいですよね。

 「Unistyle」では、一流企業からベンチャー企業まで、内定したエントリーシートを無料ダウンロードできます。

 「Unistyle」では、三菱商事や三井物産、三菱東京UFJ銀行、トヨタ自動車、三菱地所、新日鐵住金、東京ガス、 マッキンゼー、P&Gなど、様々な超一流企業をはじめ、1万7000通を超えるエントリーシートが収録されています。 あなたの志望企業の合格エントリーシートも必ず見つかるサイトと言っていいでしょう

 商社や自動車メーカーをはじめとした企業研究同業他社比較、また「就職活動の軸」別のおすすめ業界、 志望動機の書き方まで非常に詳細に書かれた限定記事をすべて無料で読むことができます。

 また会員限定の特別イベントが多数開催され、過去には伊藤忠商事、日本政策投資銀行、日本ロレアル、キーエンス、日本たばこ産業(JT)、トヨタ自動車、旭硝子、デンソー、 三菱東京UFJ銀行、大日本印刷などのイベントが行われています。

 ぜひ自分のエントリーシートの見直しのために、または作成の参考のために手に入れておきたいですね。

 

志望企業の合格エントリーシートを見る(その2)

 「ワンキャリア」では4万7000件を超える合格エントリーシート・就活体験談が掲載されており、 オリエンタルランド、キヤノン、NTT東日本、野村総合研究所、帝人、日本航空(JAL)などの日本の一流企業に加え、 ゴールドマンサックス、ボストンコンサルティング、ベインアンドカンパニーなどの外資系企業も多数そろっています。

 エントリーシートだけでなくインターンシップやその選考、WEBテスト、グループディスカッションの体験談などもまとめられているのが特徴で、 さらにその企業に関連する就活記事では志望動機の書き方や業界研究を読むことができ、 従来では手に入らなかった情報が満載です。

 「ワンランク上のキャリアを目指す」というキャッチフレーズの通り、業界をリードする大手企業の資料が多く、 また総合商社、JR東海、電通、キーエンス、日本郵船、三菱地所といった一流企業の出展する限定イベントも開催されます。

 志望する企業の選考ステップを詳しく知ることで不安を解消し、実際に合格したエントリーシートを参考に、 自分のエントリーシート作成・キャリア形成に役立てましょう。