リアルタイム閲覧者数:4人

 

赤字企業はブラック企業か?

 赤字企業はブラック企業なのでしょうか。 2015年はシャープが200億円の赤字、ソニーは2300億円の赤字が予想されています。 特に家電業界の赤字企業は復活が困難と思われており、先行き不透明です。 

 就活生は赤字企業を嫌います。赤字は利益どころか損をしているということであり、 投資家は逃げ出し、就活生も逃げ出します。 しかしその企業は本当に立ち直れないのでしょうか?

 逆に言えば、黒字ならホワイト企業なのでしょうか?投資家にとっては優良企業です。 収益が出れば配当金がもらえるし、株価も上がります。 しかし会社員にとってはそうとも限りません。

 

赤字だからといって給料が減るわけではない

 赤字になったからといって、給料が減るわけではありません。 というのも、給料は「儲かったから払う」ものではなく「売上を出すのに必要な経費」だからです。 黒字であろうと、赤字であろうと、給料は払わなければなりません。

 実は、利益から給与や賞与が出ているのではありません。 従業員給与は損益計算書上、「費用」に計上されます。

 給与は「費用」として売上高から引かれ、余りがでるとそれが「利益」になります。

 究極的には給料を削れば利益が出るということになります。 どうしても黒字にしたければ給与を削ればいいのです。 しかし、赤字企業が赤字でいるのは、給料を無理やりカットしていないからというようにも取れます。

 考え方によっては、黒字企業は給料を削って役員報酬や株主への配当に使われていると言えます。 逆に赤字企業は給料を守っていると言える場合もあります。

 もちろん赤字になればボーナスは減ります。ボーナスは「儲かったから払う」という性格の強い給料です。 毎月の給料は減らしにくいのですが、ボーナスは法律上も簡単に減らすことができます。

 しかし、毎月の給料はなかなか減らすことができません。 労働組合が同意しなければ、毎月の給料を減らすことはできないからです。 赤字になって年収が下がるとしても、ボーナスの分くらいなものでしょう。

 

配当金の高い会社に注意

 就活において注意すべき会社は、配当金の高い会社です。

 黒字企業は、株主に対して「配当金」を支払います。黒字の利益は株主のものというのが原則であり、 利益は株主に還元するというのが資本主義の基本ルールです。

 しかし、上でも述べたように給料を減らして利益を多く見せ、 さらにその利益を株主に配当金として配るということが可能です。

 さて、配当金の高い会社は十分な給料を社員に支払っているのでしょうか。 それとも株主や投資家の機嫌を取るために、「本来給料になるはずだったお金」を配当金に回してしまってはいないでしょうか。

 例えば投資家からは大変人気のある「キヤノン」ですが、就活生からすると平均年収があまり高くなく、 それほど魅力的には映りません。さて、キヤノンの配当金はどれくらいでしょうか。

 2014年12月期の決算短信によると、キヤノンの1株当たり純利益157円、これに対して配当金は1株あたり150円と、 利益のほとんどを配当金に回しています。1750億円の利益が出ても、ほとんどが投資家や株主の手に渡るわけです。

 キヤノンがどうかはさておき、配当金が「1株当たり純利益」に肉薄している場合、 「株主を大切にしている企業」=「従業員給料は相対的に安い」と考えて間違いないでしょう。

 

なぜ赤字なのかに注目!

 赤字企業がブラック企業ホワイト企業かを判断するとき、 なぜ赤字なのかに注目しましょう。

 その赤字企業がずっと赤字のままでいるかどうかはわかりません。 赤字のままなら倒産しますが、その企業は倒産しそうでしょうか。 倒産しそうに思えないときは、なぜ赤字になったのかを考えてみましょう。

 シャープの大赤字は液晶テレビ事業の失敗でした。 これは液晶テレビ事業を縮小するなり撤退するなりすれば解決する話です。

 しかし、シャープは2015年、再度赤字に転落する見通しとなりました。 結局はまたしても液晶パネル事業の失敗です。 円安で家電事業が急減速しているのもありますが、液晶パネルの価格が下落し、競争に負けているわけです。

 それでも液晶パネル事業から手を引くことができないため、 就活生としては考え直す必要があります。

 以前の東京電力の大赤字は原発が停止されたためでした。 原発が停止され電力供給がギリギリになり、代替として火力発電を行っていますが、 火力発電は原発に比べ発電原価が高いため赤字です。

 しかし電力会社がいつまでも赤字だと日本は大変なことになります。 くわしくは「なぜ太陽光発電が流行っているのか」 を参照してください。私はそのうち原発が再稼働され、業績は復活すると思います。

 赤字になった場合、有価証券報告書に必ず赤字の理由が書かれています。 これが「減価償却のため」と書かれていた場合、それほど大きな問題ではありません。 減価償却は会計上の処理の話であり、実際にお金が減っているわけではないからです。

 例えば1億円の機材を買った時、1年目に1億円が費用として計上されるのではありません。 何年かにわけて費用が計上されます。実際に買ったのは1年目でも、5年ほどかけて費用を計上するのです。 1億円を5年なら毎年2000万円が減価償却費として計上されます。

 この場合、毎年2000万円の経費を計上することになりますので、 実際には2000万円もうかっていても、会計上は減価償却費の2000万円を引いて利益ゼロとすることができるのです。

 以上より、赤字企業はブラックとは言い切れません。 今調子が悪いからと言って切り捨ててしまうのはもったいないことです。 逆にみんなが切り捨てている企業なので入社のチャンスかもしれません。

 

希望退職やリストラを行っていないか

 就職すると、今度はリストラに遭わないかどうかが心配になります。 リストラや希望退職を行っている会社では、赤字になるたびにリストラの心配をする必要が出てきます。 精神衛生上よくないですね。

 もちろん赤字を続けていると会社は倒産しますから、会社を守るためにリストラや希望退職はやむを得ない場合もあります。 しかし、社員の側から見ればリストラほど怖いものはありません。 就活の段階で、なるべくリストラのない会社に入社したいものです。

 ソニーは2015年度、国内で1500人、全社で5000人の退職を目標にしています。 国内だけで1500人に希望退職をさせ、海外で3500人を希望退職させるわけです。 ものすごい人数ですよね。

 これだけ削減して今後の事業をどうやって回していくのか疑問ではありますが、 ソニーにとっても苦渋の決断であり、社員にとっても恐怖の瞬間です。

 東京電力や関西電力など、東日本大震災以降、希望退職を募ることが珍しくありません。 景気の悪化とともに「終身雇用」など幻になりつつあります。

 就活の際は、「希望退職」「早期退職」「リストラ」+「会社名」をグーグルで検索し、 リストラや希望退職が行われていないかチェックするのも怠らないようにしましょう。

 

今から最短で内定をもらうには?

 

志望企業の合格エントリーシートを見る(その1)

 エントリーシートは、何を書いたら正解かわからない、「『わからないこと』がわからない」状態だと思います。 私もそうでした。自分では完璧だと思っていたエントリーシートも、他の人のエントリーシートと比べたらボロボロだったのです。 そこで、志望企業で実際に内定をとったエントリーシートを参考にしたいですよね。

 「Unistyle」では、一流企業からベンチャー企業まで、内定したエントリーシートを無料ダウンロードできます。

 「Unistyle」では、三菱商事や三井物産、三菱東京UFJ銀行、トヨタ自動車、三菱地所、新日鐵住金、東京ガス、 マッキンゼー、P&Gなど、様々な超一流企業をはじめ、1万7000通を超えるエントリーシートが収録されています。 あなたの志望企業の合格エントリーシートも必ず見つかるサイトと言っていいでしょう

 商社や自動車メーカーをはじめとした企業研究同業他社比較、また「就職活動の軸」別のおすすめ業界、 志望動機の書き方まで非常に詳細に書かれた限定記事をすべて無料で読むことができます。

 また会員限定の特別イベントが多数開催され、過去には伊藤忠商事、日本政策投資銀行、日本ロレアル、キーエンス、日本たばこ産業(JT)、トヨタ自動車、旭硝子、デンソー、 三菱東京UFJ銀行、大日本印刷などのイベントが行われています。

 ぜひ自分のエントリーシートの見直しのために、または作成の参考のために手に入れておきたいですね。

 

志望企業の合格エントリーシートを見る(その2)

 「ワンキャリア」では50,000件を超える合格エントリーシート・就活体験談が掲載されており、 全日本空輸(ANA)、伊藤忠商事、花王、日本航空(JAL)、味の素、アサヒビール、オリエンタルランド等日本の一流企業に加え、 ゴールドマンサックス、ボストンコンサルティング、モルガン・スタンレーなどの外資系一流企業も多数そろっています。

 エントリーシートだけでなくインターンシップやその選考、WEBテスト、グループディスカッションの攻略情報、 さらに志望動機の書き方や業界研究を読むことができ、従来では手に入らなかった情報が満載です。

 「ワンランク上のキャリアを目指す」というキャッチフレーズの通り、業界をリードする大手企業の資料が多く、 また総合商社、JR東海、電通、キーエンス、日本郵船、三菱地所といった一流企業の出展する限定イベントも開催されます。

 「ワンキャリア」は月間60万人の就活生が利用しています。また内定後も謝礼付きのインタビュー等が行われ、 就活体験を翌年の就活生のために役立てることもできます。先輩の「知」を継承し、 あなたが発展させた「知」を後輩に継承する好循環を生み出しましょう。

 

2018年10月でも間に合う!内定直結の合同説明会

 すぐ内定がほしい。それは、就活生なら誰もが願うことだと思います。

 2019年卒では8月1日の時点で就活生の88%が内定を持っています。「まだ内定がない」と焦る気持ちが強いと思います。 そんな中、まどろっこしくてめんどくさい従来型の就活をしていては余計にストレスが溜まってしまいます。

 余計なステップを究極的に省いたのが、内定直結型の就活イベントで、採用選考をその場で始めることが前提の合同説明会です。 あらかたの企業が採用選考を終えたあとでも頻繁に開催されており、採用権限をもった部長・役員クラスが現れ、 その場で面接が始まったり、その場で即日内定がもらえたりするイベントがあります。

 それが「MeetsCompany 」です。 年間10万人が利用しているほどで、MeetsCompanyで内定を確保するのはもはや常識になりつつあります。

 2019年卒の募集が始まっています。MeetsCompanyは参加者内定率96%を誇っており、 全国で開催されているので地方の学生でも行きやすいイベントです。 最短1日で内定を取れますので、就活を終わらせることができます。

 

多忙の中、どっしり「スカウト」を待つ

 従来型の就活では内定までの道のりがとても長くてめんどうですよね。説明会を受けて、エントリーシートを提出して、グループディスカッションを受けて… そんな手順をすっ飛ばして自分に合った会社が、向こうからアプローチしてくれる就活サイトがあります。

 それは「キミスカ 」 です。

 キミスカでは自分から会社を探さなくても、SNSのようにプロフィールを書くだけで、 会社の人事が「こんな優秀な学生がほしかった!」とスカウトを、時にはいきなり最終面接の案内を送ってくれます。

 他社のインターンやES、GD、一次~最終面接など、従来は落ちると無駄になっていた頑張りを「スカウトされる材料」にできるのです。 スカウトがたくさん来れば、いちいちプレエントリーしたり、エントリーシートを書く手間が省けるので時間短縮になりますね。

 すでに2019年卒の就活生も約7万人が利用しているほどで、スカウトがどんどん来ます。 また、実際の採用選考で行われる「適性検査」も体験できるので、ぜひやっておきたいですね。



×

17,000通を超える合格ESが無料で見れるサイト!