リアルタイム閲覧者数:23人

 

会社説明会で見極める


 会社説明会で説明される内容は会社の自慢話です。 その内容自体はエントリーシートに「御社の社風が」「雰囲気が」の材料になるだけです。 ホワイト企業かどうかを見極めるのには役に立ちません。

 そこで注目すべきは説明している社員、質問を受けるために来ている社員です。 疲れてそう、ちょっと怒り気味、えらそう、等と感じたらブラック企業である可能性があります。 忙しくて休めない、ストレスのたまる仕事あるいは職場である可能性があります。 えらそうというのも、1つの会社でしか働いたことがないのに「社会人」などと名乗り、 まだ上司と部下の関係にもなっていないのに説教をする社員は、 入社後イヤな上司になりそうです。メモする等して複数内定をもらったときに比較する材料にしましょう。



 説明会では他のみんなが「残業はどれくらいありますか?」「休日出勤はどれくらいありますか?」 などの聞きにくい質問をしてくれます。そこで社員がどんな反応をするかも注目事項です。

・明るく「部署による」という

 まぁそうでしょう。実際入社してみても残業は部署によります。 私の部署ではさらに人によります。同じ課長補佐でも休日出勤する人、しない人。 同じ平社員でも残業多い人、少ない人。さらには新入社員でやることがないから定時で帰らされる人(私)もいます。 一概に「残業いっぱいあるよ!」「ないよ!」とは言えませんし、仮に「俺はあんまりないよ」 といったのを拡散されて残業のない会社という噂が広まり、 それを信頼して入社した人が猛烈な残業に見舞われたら何も言えません。 辞めてしまった場合、責任の所在は?という問題になります。

・怒りながら「部署による」という

 何度も同じ質問をされているでしょうから飽きるのはわかります。 しかし不機嫌になったり怒ったりするということは、少なくともその人は残業が多かったり、 休日が少なかったりするのでしょう。私の会社では残業も休日出勤もしている先輩がいますが、 特に不機嫌さを露出することはありません。 自分の裁量で残業、休日出勤をしているからです。 不機嫌になる社員は仕事でストレスがたまっているか、望まない残業や休日出勤に悩まされているのでしょう。

●残業代がちゃんと支払われるか聞いてみよう

 残業代が支払われるかはホワイト企業であるかの判断の重要な要素です。 しかし当然、そのまま聞いてはいけません。「払われるよ」あるいはキレられて終わりです。 このように聞いてみましょう。

 「御社の労働協約では残業は何時間まで認められていますか?」

 労働基準法によると残業は原則禁止で、労働協約を締結して初めて認められます。 だから労働協約には必ず残業可能な時間が定められています。 そして労働協約で定められた残業時間を決して超えてはなりません。 ということは、その残業時間に収まるようにタイムカードを調整される(させられる)可能性があります。 しかしながら、定められた上限が大きければそれだけ残業するということであるし、 少なければ本当にそれだけしか残業がないのかもしれません。 しかしあまりに極端な数字を伝えられた場合は考慮の対象としましょう。

 

今から最短で内定をもらうには?

 

多忙の中、どっしり「スカウト」を待つ

 従来型の就活では内定までの道のりがとても長くてめんどうですよね。説明会を受けて、エントリーシートを提出して、グループディスカッションを受けて… そんな手順をすっ飛ばして自分に合った会社が、向こうからアプローチしてくれる就活サイトがあります。

 それは「キミスカ 」です。

 キミスカでは自分から会社を探さなくても、SNSのようにプロフィールを書くだけで、 会社の人事が「こんな優秀な学生がほしかった!」とスカウトを、時にはいきなり最終面接の案内を送ってくれます。

 他社のインターンやES、GD、一次~最終面接など、従来は落ちると無駄になっていた頑張りを「スカウトされる材料」にできるのです。 スカウトがたくさん来れば、いちいちプレエントリーしたり、エントリーシートを書く手間が省けるので時間短縮になりますね。

 すでに2019年卒の就活生も約7万人が利用しているほどで、スカウトがどんどん来ます。

 

ダラダラ長い就活よさらば!内定直結の合同説明会

 すぐ内定がほしい。それは、就活生なら誰もが願うことだと思います。

 2019年卒もますます内定が早期に出る人が増えていて、4月1日の時点で約20%、5月1日の時点で約42%が内定を持っています。「まだ内定がない」と焦る気持ちが強いと思います。 そんな中、まどろっこしくてめんどくさい従来型の就活をしていては余計にストレスが溜まってしまいます。

 余計なステップを究極的に省いたのが、内定直結型の就活イベントで、採用選考をその場で始めることが前提の合同説明会です。 あらかたの企業が採用選考を終えたあとでも頻繁に開催されており、採用権限をもった部長・役員クラスが現れ、 その場で面接が始まったり、その場で即日内定がもらえたりするイベントがあります。

 それが「MeetsCompany 」です。 年間10万人が利用しているほどで、MeetsCompanyで内定を確保するのはもはや常識になりつつあります。

 2019年卒の募集が始まっています。MeetsCompanyは参加者内定率96%を誇っており、 全国で開催されているので地方の学生でも行きやすいイベントです。 最短1日で内定を取れますので、就活を終わらせることができます。

 

志望企業の合格エントリーシートを見る(その1)

 エントリーシートは、何を書いたら正解かわからない、「『わからないこと』がわからない」状態だと思います。 私もそうでした。自分では完璧だと思っていたエントリーシートも、他の人のエントリーシートと比べたらボロボロだったのです。 そこで、志望企業で実際に内定をとったエントリーシートを参考にしたいですよね。

 「Unistyle」では、一流企業からベンチャー企業まで、内定したエントリーシートを無料ダウンロードできます。

 「Unistyle」では、三菱商事や三井物産、三菱東京UFJ銀行、トヨタ自動車、三菱地所、新日鐵住金、東京ガス、 マッキンゼー、P&Gなど、様々な超一流企業をはじめ、1万7000通を超えるエントリーシートが収録されています。 あなたの志望企業の合格エントリーシートも必ず見つかるサイトと言っていいでしょう

 商社や自動車メーカーをはじめとした企業研究同業他社比較、また「就職活動の軸」別のおすすめ業界、 志望動機の書き方まで非常に詳細に書かれた限定記事をすべて無料で読むことができます。

 また会員限定の特別イベントが多数開催され、過去には伊藤忠商事、日本政策投資銀行、日本ロレアル、キーエンス、日本たばこ産業(JT)、トヨタ自動車、旭硝子、デンソー、 三菱東京UFJ銀行、大日本印刷などのイベントが行われています。

 ぜひ自分のエントリーシートの見直しのために、または作成の参考のために手に入れておきたいですね。

 

志望企業の合格エントリーシートを見る(その2)

 「ワンキャリア」では50,000件を超える合格エントリーシート・就活体験談が掲載されており、 全日本空輸(ANA)、伊藤忠商事、花王、日本航空(JAL)、味の素、アサヒビール、オリエンタルランド等日本の一流企業に加え、 ゴールドマンサックス、ボストンコンサルティング、モルガン・スタンレーなどの外資系一流企業も多数そろっています。

 エントリーシートだけでなくインターンシップやその選考、WEBテスト、グループディスカッションの攻略情報、 さらに志望動機の書き方や業界研究を読むことができ、従来では手に入らなかった情報が満載です。

 「ワンランク上のキャリアを目指す」というキャッチフレーズの通り、業界をリードする大手企業の資料が多く、 また総合商社、JR東海、電通、キーエンス、日本郵船、三菱地所といった一流企業の出展する限定イベントも開催されます。

 「ワンキャリア」は月間60万人の就活生が利用しています。また内定後も謝礼付きのインタビュー等が行われ、 就活体験を翌年の就活生のために役立てることもできます。先輩の「知」を継承し、 あなたが発展させた「知」を後輩に継承する好循環を生み出しましょう。



×

どんな会社があなたを欲しがっているか気になりませんか?