リアルタイム閲覧者数:8人

 

【就活】優良中小企業

 しかし、中小企業は中小であるがゆえに、知名度が低く、 就活生にとって「よくわからない」世界であることは間違いないです。 ここでは一流の技術を持っている、ビジネスの目の付け所がいい、フットワークが軽いなど、 優良中小企業を紹介していきます。

 

ミクロ発條

従業員数80名前後。精密スプリング(リモコン用電池バネ、ボールペンスプリングなど)で海外展開をしている。 製造は24時間無人であり、工場は持つが職人が不要なため従業員がかなり少ない。

 

竹井機器工業

従業員数95名。大学研究機器、運転適性検査機器、体力測定機器、医療機器など。国や大学、会社の研究所と連携して製品の開発に取り組んでいる。 製品は海外にも輸出しており、また開発分野も流行で廃れるようなものではない。



 

伸和コントロールズ

従業員数280名。電磁弁(燃料電池や人工透析器に使われる)などの機器、装置の製造。環太平洋に拠点を持ち海外展開をしている。 一流の技術を持ち、それを活かして成長していく産業。

 

サカタ製作所

従業員数127名。金属屋根を支える金具というニッチなメーカー。この部品のシェアは国内で50%を超えている。 海外展開もしている。普通に生活していると気付かないけど、必要な部品という面白い市場を開拓している。

 

弘進ゴム

従業員数316名。長靴(シェア日本一)、合羽、布靴、革靴、防水シート、ゴムホースなどの業務用ゴム、ビニル製品。 業務用に特化し、国内主要都市、中国大連に拠点を持つ。

 

中小企業に就職するメリット

 中小企業は不安定だとか、将来性がないだとか、偏見があります。 大企業のほうがネームバリューがあり、家族や友達に自慢しやすかったり、 中小企業と比べて福利厚生が充実しているということもあるでしょう。

 しかし、中小企業はどこも悪いというわけではありません。

 というのも、会社が儲かるかどうかに企業規模は関係がないからです。 1000人で1000億円稼ぐのと、100人で100億円を稼ぐのでは、1人あたりにすれば同じですよね。 むしろ少人数で効率的な企業活動を行っているとも言えます。

 「たくさんの従業員がいらない」だけの優良中小企業だってあります。 ソフトウェア会社、ゲーム制作会社などはその典型でしょう。特に今はIoTの時代ですから、 どんどん製造設備にITを導入して、少人数で儲ける仕組みが作りやすい時代です。

 さらに、中小企業は決裁システムが大企業に比べて簡単で、意思決定がすぐである、 つまり「フットワークが軽い」というメリットがあります。

 大規模な工場がいらない、株式を上場させたり大企業にするメリットがない、 もしくはこれ以上お金を集める必要がないなど、様々な事情があるでしょう。

 大企業でも倒産する時代です。会社の規模より会社の将来性を重視し、 優良中小企業も視野に検討することをおすすめします。

 実は、就職先が大企業がいいという根拠は何もありません。 従業員を増やせば大企業になれますし、事業を拡大するとその分、経費もかかるので利益が増加しているかというとそうでもありません。 大企業であることに価値があるのではなく、社員1人あたりいくらの利益を出しているかが優良企業の見分け方となります。

 これとは別にうれしい特典として、中小企業には転勤が少ないもしくは転勤がないというメリットもあります。 会社によるところはありますが、地元密着型の中小企業は当然、転勤がありません。

 知らないだけで、実はあなたの地元にも優良中小企業があるかもしれません。

 

優良中小企業の探し方

 優良中小企業はどのように探せばよいでしょうか。 優良中小企業はその多くが「隠れ優良企業」であり、「ニッチな業界のトップシェア」であり、「実は世界ブランドだけど日本では無名」 といった会社です。

 化学メーカーや機械メーカーが一般消費者にあまり知られていないのと同様に、 「目立たない」けど「優良企業」という会社は多数存在し、少数精鋭で、地元で、自分にあった会社もたくさんあるでしょう。 その数は大企業の比ではありません

 そんな優良中小企業を探すのは非常に困難です。そこで、優良中小企業に強い就活サイトを紹介します。 それは、就活オンラインです。

 就活オンラインでは「おなじみのものづくり企業」「ニッチな業界売上トップ」「小さな世界ブランド」のような、 優良企業を多数掲載しています。

 またうれしい特典として、就活オンラインから申し込んで採用が決まれば、お祝い金10万円がもらえるキャンペーンも行われています。 就活オンラインで、楽しく働けそうな会社を探してみましょう。



 

今から最短で内定をもらうには?

 

志望企業の合格エントリーシートを見る(その1)

 エントリーシートは、何を書いたら正解かわからない、「『わからないこと』がわからない」状態だと思います。 私もそうでした。自分では完璧だと思っていたエントリーシートも、他の人のエントリーシートと比べたらボロボロだったのです。 そこで、志望企業で実際に内定をとったエントリーシートを参考にしたいですよね。

 「Unistyle」では、一流企業からベンチャー企業まで、内定したエントリーシートを無料ダウンロードできます。

 「Unistyle」では、三菱商事や三井物産、三菱東京UFJ銀行、トヨタ自動車、三菱地所、新日鐵住金、東京ガス、 マッキンゼー、P&Gなど、様々な超一流企業をはじめ、1万7000通を超えるエントリーシートが収録されています。 あなたの志望企業の合格エントリーシートも必ず見つかるサイトと言っていいでしょう

 商社や自動車メーカーをはじめとした企業研究同業他社比較、また「就職活動の軸」別のおすすめ業界、 志望動機の書き方まで非常に詳細に書かれた限定記事をすべて無料で読むことができます。

 また会員限定の特別イベントが多数開催され、過去には伊藤忠商事、日本政策投資銀行、日本ロレアル、キーエンス、日本たばこ産業(JT)、トヨタ自動車、旭硝子、デンソー、 三菱東京UFJ銀行、大日本印刷などのイベントが行われています。

 ぜひ自分のエントリーシートの見直しのために、または作成の参考のために手に入れておきたいですね。

 

志望企業の合格エントリーシートを見る(その2)

 「ワンキャリア」では50,000件を超える合格エントリーシート・就活体験談が掲載されており、 全日本空輸(ANA)、伊藤忠商事、花王、日本航空(JAL)、味の素、アサヒビール、オリエンタルランド等日本の一流企業に加え、 ゴールドマンサックス、ボストンコンサルティング、モルガン・スタンレーなどの外資系一流企業も多数そろっています。

 エントリーシートだけでなくインターンシップやその選考、WEBテスト、グループディスカッションの攻略情報、 さらに志望動機の書き方や業界研究を読むことができ、従来では手に入らなかった情報が満載です。

 「ワンランク上のキャリアを目指す」というキャッチフレーズの通り、業界をリードする大手企業の資料が多く、 また総合商社、JR東海、電通、キーエンス、日本郵船、三菱地所といった一流企業の出展する限定イベントも開催されます。

 「ワンキャリア」は月間60万人の就活生が利用しています。また内定後も謝礼付きのインタビュー等が行われ、 就活体験を翌年の就活生のために役立てることもできます。先輩の「知」を継承し、 あなたが発展させた「知」を後輩に継承する好循環を生み出しましょう。

 

2018年9月でも間に合う!内定直結の合同説明会

 すぐ内定がほしい。それは、就活生なら誰もが願うことだと思います。

 2019年卒では8月1日の時点で就活生の88%が内定を持っています。「まだ内定がない」と焦る気持ちが強いと思います。 そんな中、まどろっこしくてめんどくさい従来型の就活をしていては余計にストレスが溜まってしまいます。

 余計なステップを究極的に省いたのが、内定直結型の就活イベントで、採用選考をその場で始めることが前提の合同説明会です。 あらかたの企業が採用選考を終えたあとでも頻繁に開催されており、採用権限をもった部長・役員クラスが現れ、 その場で面接が始まったり、その場で即日内定がもらえたりするイベントがあります。

 それが「MeetsCompany 」です。 年間10万人が利用しているほどで、MeetsCompanyで内定を確保するのはもはや常識になりつつあります。

 2019年卒の募集が始まっています。MeetsCompanyは参加者内定率96%を誇っており、 全国で開催されているので地方の学生でも行きやすいイベントです。 最短1日で内定を取れますので、就活を終わらせることができます。

 

多忙の中、どっしり「スカウト」を待つ

 従来型の就活では内定までの道のりがとても長くてめんどうですよね。説明会を受けて、エントリーシートを提出して、グループディスカッションを受けて… そんな手順をすっ飛ばして自分に合った会社が、向こうからアプローチしてくれる就活サイトがあります。

 それは「キミスカ 」 です。

 キミスカでは自分から会社を探さなくても、SNSのようにプロフィールを書くだけで、 会社の人事が「こんな優秀な学生がほしかった!」とスカウトを、時にはいきなり最終面接の案内を送ってくれます。

 他社のインターンやES、GD、一次~最終面接など、従来は落ちると無駄になっていた頑張りを「スカウトされる材料」にできるのです。 スカウトがたくさん来れば、いちいちプレエントリーしたり、エントリーシートを書く手間が省けるので時間短縮になりますね。

 すでに2019年卒の就活生も約7万人が利用しているほどで、スカウトがどんどん来ます。 また、実際の採用選考で行われる「適性検査」も体験できるので、ぜひやっておきたいですね。



×

2018年09月の今からでも間に合う!即日内定の合同説明会