ブラック企業相談室
リアルタイム閲覧者数:1人
 

ブラック企業相談室

 ブラック企業を撲滅しよう! 当サイトは違法なブラック企業を撲滅し、ブラック企業対策をまとめているサイトです。 ブラック企業を回避し、ホワイト企業に入社しましょう。 

 →記事一覧へ

 

ブラック企業の定義

 ブラック企業定義は、労働者の人権、権利、利益を不当に侵害する企業です。 ブラック企業は労働者を酷使し、使い捨てにします。具体的には長時間の残業や度重なる休日出勤、パワハラ、セクハラ、残業代の不払い、 不当な減給、プライベートの拘束、大量解雇、労基法違反、過労死、派遣差別などを平然とやってのける企業が、ブラック企業意味です。

 ブラック企業の定義としては他に、暴力団とつながりがある企業を指すこともありますが、 当サイトでは、従業員の人権、権利、利益に特化して対策を考えていきます。

 残業や休日出勤については、常識の範囲内の残業時間、休日出勤であり、残業代、休日出勤手当がきちんと支払われている場合は、 ブラック企業の定義から外れます。しかし、残業時間や休日出勤があまりに多いと、それはブラック企業です

 パワハラやセクハラは間違いなくブラック企業ですし、残業代の不払い、不当な減給はブラック企業であると同時に契約違反です。 プライベートの拘束も本来は残業代を支払わなければなりません。大量解雇を繰り返している会社は、労働者を使い捨てにするブラック企業です。 過労死はブラック企業の成れの果てです。

 ブラック企業では労働者を、安い給料で過度に働かせようとします。転職が難しい日本では、 会社と労働者のパワーバランスは崩れており、会社の命令は受け入れざるを得ません。 要は労働者の足元を見て、不当な要求をしてくるのがブラック企業なのです。

 そしてブラック企業に耐え続け、ついに病気になってしまったり、怪我をしてしまうと、 ブラック企業は、用済みだ!と切り捨てるのです。

 終身雇用が当たり前だった日本では、会社の言うことを聞いていればクビになることはありませんでした。 年功序列で給料はだんだん上がっていき、ブラック企業でも耐える価値があったのです。 しかし今は違います。労働者を使い捨てにするブラック企業は、社会悪です。耐える価値もありません。

 ブラック企業の存在は労働者にとって悪であり、サラリーマンの敵です。終身雇用制度が根強い日本で、 ブラック企業は社員の帰属意識を悪用して労働者を酷使し、使い捨てにするのです。

 労働者とは正社員に限らず、非正規、派遣、アルバイト、パートなど、どのような雇用形態も含みます。 ブラック企業から不当な圧力を受けて、「派遣だから・・・」と諦めてしまうのは早いです。 従業員の権利は、雇用形態に関わらず守られます。

 ブラック企業が侵害する人権や権利、利益は多岐に渡ります。 特に精神時間給料に対し、ブラック企業は侵害を加えます。 パワハラやセクハラは精神を、多すぎる残業、休日出勤は時間を、残業代や手当の不払いは給料をそれぞれ侵害します。

 上で挙げたブラック企業の例を、一つでも満たすとそれはブラック企業です。

 

ブラック企業の特徴

 ブラック企業特徴を解説します。 ブラック企業の特徴はたくさんあります。特徴をつかんで、そもそもブラック企業に入社してしまわないように注意しましょう。

 

社員が辛そう

 社員辛そうなのは、ブラック企業の特徴の一つです。 たいていどの会社でも入社3年目は会社を辞めたいピークではあるのですが、表に出るほどのものではありません。 会社説明会や面接などで社員が辛そうにしていたら、ブラック企業である可能性大です。

 社員が暗い、目が死んでいる、声がとても小さいなどの特徴があれば、 会社でイジメに遭っているか、長時間の残業で疲れ切っているなど、ブラック企業ならではの事情があります。

 どんなに有名で給料の高い会社でも、40年間辛い生活を送りたくはないでしょう。 社員が辛そうに見えたら、その会社をブラック企業だと思って回避するのも、大事な選択です。

 

社員が無駄に明るく輝いている

 社員無駄明るいあるいは輝いている場合、 おそらくブラック企業に洗脳されています。ブラック企業で生き残れる人は、洗脳されてしまう人です。

 合同説明会で、ある経営コンサルタント会社の説明を受けました。 社員が無駄に明るく、無駄に輝いていました。お酒でも飲んだのかというくらいハイテンションで、 仕事が人生の全てだ!と叫んでしまいそうな勢いでした。

 帰宅してから検索してみると、ブラック企業で有名な会社だったようです。 おそらくその社員は不幸にも、ブラック企業に洗脳されてしまったのでしょう。

 楽しい会社はあっても、血沸き肉躍るようなところではありません。 給料とは、嫌なことをする代わりにもらうものです。給料をもらっている以上、 嫌なことをしているわけです。過度に明るく輝くのは、会社が楽しいからではありません。

 

社員を経費としか思っていない

 「新入社員は経費だ」「本来は給料はもらえないはずだ」などと言う会社は、 それだけでブラック企業認定が下ります。会社のシステムを理解せず、単に経費だと言い放ち、 気分をへこませるようなことを言う人がいるような会社に入社してはいけません。

 理由は2点あります。まず、利益を出すことと給料は関係ありません。 利益を出さないと給料をもらえないのならば、総務部や法務部、経理部は給料をもらえないことになります。 また管理職は直接手を動かしません。利益を出していません。管理職は給料がもらえないのでしょうか。

 利益を出さなければ会社が存続できないのは確かです。しかし、新入社員に対して「利益を出せないやつ」などと言うのはおかしな話です。 利益を出せないのを前提に新卒採用しているのは会社です。数年間は新入社員に投資をするのです。 数年後には利益を出してくれる社員になっていることでしょう。

 それなのに「利益を出せない」と批判するのは、ひよこを買ってきて「お前は卵を産めない」と怒るようなものです

 もう一つの理由は、やる気をそいでしまうところにあります。 これから利益を出せるように成長していく途中で「利益が出せない」と批判する行為は、 やる気をなくさせます。

 頑張ろうとしている人にこのような言葉を浴びせるような会社は無能です。 余計に仕事の能率を悪化させてしまい、社員の成長にはつながりません。

 

過労死させている

 社員過労死させている会社は、間違いなくブラック企業です。 社員を過労死させ、労災の適用を拒否し、裁判でも「会社のせいじゃない」などと言い張る会社は、 ブラック企業以外の何物でもありません。

 社員を過労死させた会社には絶対に勤めるべきではありません。 会社に時間と労働力を売って、給料をもらうのが労働者であり、 人生を捧げるのが労働者のあり方ではありません。

 会社のために命を投げ出すなんて、ありえないことです。 どんなブラック加減なのかも、見当もつきません。

 

ブラック企業では良い人ほど損をする

 ブラック企業良い人の優しい心につけこみます。 先ほど例に挙げた「利益を出せない」などと批判すると、良い人は「自分は役立たずだ」と思い込みます。 卑屈になり、会社の命令に逆らえなくなります。

 そうなってしまうと、洗脳されたも同然です。残業代が出なくても「利益を出していないから」と諦め、 有給休暇が取れなくても「利益を出していないから仕方がない」と諦め、 イジメに遭っても「自分が悪い」と思い込むようになります。

 こういう会社では、利益を出したところであまり評価されません。 褒めると、給料を上げなければならなくなるからです。あくまでも「無能」扱いして、 安い給料でこき使うのがブラック企業なのです。

 「良い人」はなかなか文句を言いませんし、会社に逆らいません。 先輩社員や上司の言うことを鵜呑みにし、プライドを失っていきます。 いつの間にかブラック企業に染まってしまい、今度は自分が後輩に対してブラックを強制するようになってしまうのです。

 これでは会社の思うつぼです。ブラック企業でブラック企業に染まるように後輩を教育しても、 自分には何のリターンもありません。むしろ嫌われたり、恨まれることすらあるくらいです。 それなのに無報酬で憎まれ役を買って出るようになってしまいます。

 リスクとリターンの均衡が全く取れていません。そんなことをしても給料は上がりませんし、 儲かったりしません。ブラック企業の経営者と株主が得をするだけです。 給料は上がらないまま、リスクだけを背負い込むのです。

 良い人はブラック企業で損をします。もしブラック企業に入社してしまったら、 良い人になってはいけません。訴えて賠償を得るくらいの気持ちでいましょう。

 

今から最短で内定をもらうには?

 

「実はもう内定あるんだよね」内定直結の合同説明会

 就活では「内定が1つあるかないか」で心の状態が大きく変わります。 たった1つ内定があれば、心に余裕ができ、「不安で眠れない」「もう後がない」といった状況とおさらばできます。 さらに自信が持てるため、堂々とした態度が面接でもウケて次々に内定を獲得していけるのです。

 友達や家族などに「就活どう?」と聞かれたときに、「もう内定は1つ確保してるんだよね」と言えたら、 周りも安心させられます。「たった1つの内定」が好循環の起爆剤なのです。

 その1つ目の内定を簡単に確保できる就活イベントがあります。 それが「MeetsCompany 」です。

 他の説明会と異なり、採用権限をもった役員・部長クラスがやってきて、 その場で面接が始まり、その場で内定がもらえたりする内定直結型の合同説明会です。 さらに参加者内定率96%を誇るため、行けば内定がほぼ確定するイベントです。

 すでに21卒の募集が始まっていて、年間を通して全国で開催されており、地方の学生でも行きやすいメリットがあります。 参加企業も東証一部上場企業から隠れ優良企業、ベンチャー企業までさまざまです。 「とりあえず1つ目の内定を確保」と思ったらそれがあなたにピッタリの企業かもしれません。

 毎年卒業ギリギリまで開催されており、20卒も2020年1月でもまだ間に合います。 当サイトからも1日10人以上が参加申し込みをしており、かなりの人気イベントです。

 

就職後に知るような「隠れ優良企業」が向こうからやってくる!

 就活生には無名でも、ビジネス界では有名な「隠れ優良企業」が無数に存在します。

 手遅れになってから見つけて「募集開始に気づかず出遅れてしまった…」と後悔する就活生や、 仕事中に見つけて「就活のときに知りたかった…」と後悔する社会人が続出しています。

 ですが、【digmee】 を使えばそんな悩みともオサラバできます。

 digmeeはそんな優良企業の宝庫で、プロフィールや自己分析を進めていくと、 あなたの性格とマッチした会社から選考情報が、時には「選考免除パス」が自動的に送られてきます。 「自分に適した隠れ優良企業」が向こうからやってくるのです。

 旧帝大やMARCHクラスの学生の利用が多く、それだけビジネス界の優良企業 (電通・JT・ゴールドマンサックス・P&G・Googleといった実績があります)があなたを待っています。 1日でも早く登録すれば、それだけ多くの選考開始・締め切り情報を見逃さずに済みます

 会員登録はLINEで友達登録するだけで、「選考免除パス」がもらえる限定選考会も、 もちろん気に入った会社のエントリーもワンタップでできるお手軽っぷりです。 もしあなたに「めんどくさがり」の自覚があったら、友達登録しておくのを強くおすすめします。

 

志望企業の内定者はどう書いた?内定エントリーシートを見よう!(その1)

 あなたのエントリーシートは100点満点ですか? …と言われても、わかりませんよね。自己採点するにしても、その基準となる模範解答がなければどうしようもありません。

 そこで先輩が実際に内定をとったエントリーシートを使いましょう。 それと比較して何が足りないのか、どう書けばいいのかがわかれば、自ずと完成度が高まっていきます。

 「Unistyle」では、歴代就活生の合格エントリーシートを無料ダウンロードできます。

 総合商社やインフラ企業、メーカー企業、外資系企業をはじめ、超一流企業からベンチャー企業まで3万7000通を超えるエントリーシートが収録されています。 あなたの志望企業の合格エントリーシートもほぼ必ず見つかるサイトと言っていいでしょう

 また、合格ESだけでなく「企業研究」「同業他社比較」「就職活動の軸別のおすすめ業界」 「志望動機の書き方」など就活に役立つ限定記事もすべて無料で読むことができます。

 ぜひ自分のエントリーシートの見直しのために、作成の参考のために手に入れておきたいですね。

 

志望企業の内定者はどう書いた?内定エントリーシートを見よう!(その2)

 「ワンキャリア」では50,000件を超える合格エントリーシート・就活体験談が掲載されており、 全日本空輸(ANA)、伊藤忠商事、花王、日本航空(JAL)、味の素、アサヒビール、オリエンタルランド等日本の一流企業に加え、 ゴールドマンサックス、ボストンコンサルティング、モルガン・スタンレーなどの外資系一流企業も多数そろっています。

 エントリーシートだけでなくインターンシップやその選考、WEBテスト、グループディスカッションの攻略情報、 さらに志望動機の書き方や業界研究を読むことができ、従来では手に入らなかった情報が満載です。

 「ワンランク上のキャリアを目指す」というキャッチフレーズの通り、業界をリードする大手企業の資料が多く、 また総合商社、JR東海、電通、キーエンス、日本郵船、三菱地所といった一流企業の出展する限定イベントも開催されます。

 ワンキャリアは月間60万人の就活生が利用しています。また内定後もES・体験談を投稿すると1件最大5000円の謝礼がもらえ、 就活体験を翌年の就活生のために役立てることもできます。先輩の「知」を継承し、 あなたが発展させた「知」を後輩に継承する好循環を生み出しましょう。

プロフィール写真

著者:村田 泰基(むらた やすき)
 合同会社レセンザ代表社員。1989年生まれ。大阪大学法学部卒。2013卒として就活をし、某上場企業(メーカー事務系総合職)に入社。 その後ビジネスの面白さに目覚め、2019年に法人設立。自身の失敗経験、300冊以上のビジネス書、日経ビジネスを元に学生の就職活動を支援している。



 就活コラム

 MY就活ネット独自の企業研究を公開中!
×

2020年01月の間に1つ目の内定を確保! 内定直結型就活イベント (20・21卒)




MENU