就活 現在の閲覧者数 1人


 早起きの習慣

 新社会人になるにあたって、最難関は早起きの習慣です。 学生時代は睡眠時間は確保され、好きなだけ寝てても良い日が多かったと思います。 私は4回生になった時点で残り単位数が2で、前期の間に週1回学校に行くだけでよかったのですが、 おかげで怠惰な生活を覚えてしまいました。

 というか、前から怠惰だったのですが・・・。 大学の講義は寝ても怒られず、プレッシャーがありません。 それゆえ、朝までゲームしていようが、朝まで酒を飲んでいようが大丈夫でした。

 そんな生活ができないのが社会人です。 もう好きなだけ遊んで好きなだけ飲んで好きなだけ寝るということはできません。



 そんな生活の準備のため、内定後の過ごし方を少し変えてみます。 昼のバイトをするのです。

 できれば朝9時ごろから始まるバイトがいいです。 無駄に余った時間をバイトに費やしお金に換え、さらに早起きの習慣を身に付けるのです。 まさに一石二鳥。それどころか夜はあいているので酒をのみにいくこともできます。一石三鳥。 昼のバイトおそるべし。

 ところが、昼のバイトをしまくると今度は大学生のメリットである寝坊ができなくなります。 やり過ぎはよくないです。無駄に寝坊しまくる生活も、今のうちにしておかないと、 卒業後苦しみます。飽きるほどだらだらするべきです。 というわけで、週3~4日で働き、あとは寝坊するという生活をおすすめします。

 内定後の過ごし方で、早起きを修行しつつ、寝坊も楽しむのです。

 昼のバイトの中でも、工場のアルバイトを経験するのもいいと思います。 3か月、6か月と期間が決まっていることが多く、 「卒業間近だしなぁ」と断られることも、販売接客などサービス業よりは少ないと思います。 こんな経験も今後できないのです。やってみて損はないと思います。