現在の閲覧者数 1人


 帰省

 内定後の過ごし方として、帰省するのもいいと思います。 実家が近い人は、帰省しまくって家庭の料理を楽しみましょう。

 というのも、気軽に実家に帰れるのもこれが最後だからです。 なんとなく実家に帰って、なんとなく過ごしてなんとなく自宅に戻る、 という生活はできなくなります。

 今のうちに好きなだけ実家に帰り、車の運転でもしながら新社会人アイテムをそろえましょう。



<住民票について>

 また住民票に注意を払わなければなりません。 平日の休みはなくなります。住民票をうつせるのは平日だけです。 独身寮だと管理人さんに委任状を書けば転入届を出してもらうこともできます。

 しかし一方で、家を借りて住む場合、転入届などの処理は自分ですることになります。 自宅をひきあげて実家に戻る前に、転出届を出しておきましょう。 転出届は最長で2週間後の日付で発行できます。

 就職先への引越しは少し前倒しにして、転入届を出し、警察署や免許試験場で運転免許証の住所を変えておきましょう。 また、入社直前に給与振込口座の申し込みをさせられることがあります。 その場合、住民票の住所で申し込むことになります。 そうなるとけっこう面倒なもので、銀行の通帳やキャッシュカードは転送不可の郵便で送られてくるので、 学生時代の住所に送られ、銀行に戻ってしまいます。

 この場合、給与が出ても受け取れないという事態に陥ります。それを回避するため、 内定後しばらくの間に実家に住民票を戻すということも有効です。 帰省しまくるのですから、住民票がどっちにあっても問題ないはずです。

 住民票を実家に移しておくと、仮に通帳やキャッシュカードの申し込みを実家の住所で出しても、 親から送ってもらう、帰省するなどすればいいのですから給与が受け取れない問題は発生しません。