MY就活ネット
リアルタイム閲覧者数:19人
※本サイトはプロモーションが含まれています

社会人は時間がない?勉強時間を確保しよう

 社会人時間ないとよく言います。 勉強時間が取れないというのです。資格試験に落ちる社会人は、「勉強時間がない」と言います。 しかし、本当に時間はないのでしょうか。

 ことあるごとに「忙しい」と言い、仕事のために他に何もすることができないというのです。 その割には飲み会をする時間はあるようです。

 さて、社会人の「時間がない」とはいったいなんでしょうか。 時間を上手に使って勉強時間を確保できないものでしょうか。



おすすめ・人気記事

 

社会人の睡眠時間

 社会人睡眠時間5~6時間です。 夜8~9時まで残業し、帰宅して10時、食事や入浴を済ませ、1時ごろまでダラダラとテレビを観て就寝します。 そして5~6時間の睡眠時間を経て、6~7時ごろに起床して会社へ行くのです。

 睡眠時間は人によるとはいえ、社会人の睡眠時間は短いものです。 残業が多ければ多いほど睡眠時間は減りますし、 趣味があればあるほど睡眠時間は削られていきます。

 ショートスリーパーならともかく、ロングスリーパーには由々しき問題です。 私も元々1日9時間寝る習慣がありましたが、会社で働くようになってから6時間睡眠を強いられました。

 残業をすると睡眠時間が削られていき、0時ごろまで働いていると、 睡眠時間は自動的に5時間、4時間にまで削られていきました。

 今は会社の近くに引越したため8時間睡眠がとれるようになったのですが、 元の家に住み続けていたら仕事の能率も悪く、寝坊や遅刻も増えていたはずです。

 いつかは短い睡眠時間に慣れるのかもしれませんが、入社2~3年ではまだまだ慣れません。

 睡眠時間が削り取られる問題は、残業がある限りはどうしても解消しません。 会社の近くに住むなり、平日は趣味を諦めるなりして睡眠時間を確保するしかなさそうです。

 

社会人の勉強時間

 社会人勉強時間1日平均1時間です。 早くに帰れる日は多めに勉強時間を取りますが、やはり残業があると帰宅してから勉強という余力もありません。

 大学生のころはいくらでも勉強する時間がありました。 私も暇さえあれば専門書を開き、インターネットで判例を検索しながら勉強していましたが、 今はそんな余裕もありません。

 しかし社会人とはいっても勉強をしなくていいわけではありません。 資格を取らなければならないからです。

 資格は転職のためではなく、昇給や昇進の条件になっている場合もあれば、 仕事に必要な資格もあります。頭の柔らかいうちに勉強はしておかなければなりませんので、 若手社員である間に資格も取りそろえる必要があります。

 しかし、若手社員というものは残業が多いものです。課長以上になると残業代がつきませんし、 業務も手を動かすものではなくなるため早く帰れます。しかし、若手である間はどうしても手を動かす仕事が多く、 残業もやむを得ません。

 残業をして帰宅すると夜10時、11時ということもザラで、さらに会社の飲み会や接待などがあると帰宅時間は0時を回ります。 そういった社会人は睡眠時間も確保できませんので、当然ながら勉強時間も確保できません。

 社会人が勉強時間を確保しようと思うと、どうしても休日を使うしかないという人も多いです。 しかし休日だからといって、バリバリ勉強ができるわけでもありません。

 

休日は睡眠時間に使ってしまう

 時間のない社会人にありがちな話ですが、休日は睡眠時間に使ってしまうという話です。

 平日は帰宅が遅く、睡眠時間もあまり確保できないために、 休日に寝だめをする人が多いのです。朝は10時まで寝て、のそのそ起きてぼーっとテレビを観て、 なんとなく昼寝をし、夜までまたテレビを観て過ごすのです。

 夜になればお酒を飲み、また布団にもぐります。時間がもったいないですね。 しかし、平日が忙しすぎてはこうなるのも仕方がありません。

 平日の睡眠時間が確保できないばかりに、休日に睡眠時間を取るのです。 このため休日に勉強時間を取ろうと思っても、疲れてしまって勉強ができないのです。

 しかしそれでは一向に資格の勉強が進みません。 なんとかして休日の睡眠時間をもっと圧縮して勉強時間に変えたいものです。 そこで、時間を買うという発想が重要になってきます。

 

時間を買おう

 時間買うという発想は、社会人にはなかなかない発想です。 社会人は時間よりお金を重視しがちです。「遊ぶお金」を確保するために時間を軽視するのです。

 そのため勉強時間も確保できないばかりか睡眠時間すら確保できず、 人生の満足度が低い水準を保ったまま何十年を過ごすことになるのです。

 時間を買うという発想を取り入れましょう。

 例えば節約のために家で料理しているとしましょう。 それが栄養につながっていて、趣味でもあるならば良いのですが、 働きながら料理もするにはあまりにも時間がかかりすぎます。

 独身寮の食事やスーパーの惣菜に切り替えてみましょう。 確かに出費は増えますが、料理をしなくていい分、時間ができます。 お金で時間を買っているのに他なりません。

 例えば通勤時間が長いとしましょう。家賃を数万円抑えるために、 毎日往復2時間かけているとしたら、あまりにも時間を浪費しすぎです。

 もちろん通勤電車の中で勉強するという手段もありますが、 物を書くのは難しいですし、電車が揺れて目も疲れてしまいます。 ましてや満員電車なら本を読むことすら難しいですね。

 数万円を出して会社の近くに住みましょう。こうすれば毎日2時間がまるまる浮くわけです。 2時間もあれば勉強時間も確保できますし、睡眠時間も確保できます。 まさにお金で時間を買うですね。

 多くの社会人はこの真逆を行っています。ほとんどの場合、時間を安いお金で売り飛ばしているのです。 自炊をして浮くお金も、家賃も数万円です。欲しいものがある場合など、 お金を節約してお金を貯金しておきたいのも確かです。

 しかし、時間とお金はどちらが大切でしょうか

 お金は稼ぐことができます。お金は無限にあるのです。 昇給には上限がありますし、劇的に年収を増やそうと思ったら起業するか、 投資するか、転職するかしかありません。お金を稼ぐことは難しいです。

 一方で時間は有限です。いくら時間を売ってお金を稼いでも、 失われた時間は決して戻ってきません。人生は70年~80年程度です。 今まで過ごしてきた数十年は、決して帰ってこないのです。

 実は時間ほど価値のあるものは他にはないのです。 月に数時間の残業で取り戻せるお金を、月に数十時間もかけて節約する必要など全くないのです。

 睡眠時間や勉強時間を確保するのにお金を惜しんではいけません。

コラム記事の一覧に戻る

7月の今から最短で内定をもらうには?

 

大企業を狙うならスカウト型!

 大企業の半分以上がスカウト型を利用!

 実は、大企業への就職を狙うならスカウト型を使うべき時代が来ています。 意外かもしれませんが、大企業ほどスカウト型での採用が増えており、 特に従業員5,000人以上の規模では、51.2%がその採用方法をとると回答しています(※データは[PDF]就職白書2024|就職みらい研究所)。

 MY就活ネットのおすすめは「OfferBox」です。 なぜなら、就活生24万人(OfferBox 2024年卒利用実績データ)、企業17,000社以上と盛り上がりを見せており、大手は実績あるスカウトサイトを選ぶからです。

 実際に私も体験してみましたが、適性検査入力するプロフィールが書類選考以上の内容になっており、 企業が採用で重視する「人柄」「熱意」「将来性」をアピールできる仕組みになっています。 さらに企業が冷やかしの宣伝メールを送れない仕様で、本気のスカウトしか来ません

 もちろん学生は完全無料ですべての機能を使えます。 今すぐプロフィールを設定して、人事に見つけてもらう準備を始めましょう。

→「OfferBox」の公式サイト

 

自分にぴったりのインターンシップを見つけよう

 インターンから内定まで口コミが満載!

 「どこのインターンに行けばいいかわからない」と悩んでいませんか? 就活の主戦場はインターンであり、大学3年生の6月には就活が始まります。 ですが、こんな早期に志望先を決められている人なんて、あまりいないと思います。

 そこで、ワンキャリアのサマーインターン特集を見てみましょう。 締め切り前のインターンが一覧で表示されていて、詳細ページに進むとそのインターンの口コミを読むことができます。 また、会員登録すると「自分の大学での人気企業」が見れたり、「内定・選考直結型インターン」への参加申し込みもできます。

 他にも企業ごとに「実際に内定を取ったエントリーシート」、一次面接・二次面接など「選考の体験談」が計52万件が読めるなど、 インターンから内定まで必要な情報がそろっています。大学生・院生なら完全無料どころか、内定後に選考体験談を投稿すると謝礼があるので、 就活を始めるならぜひ利用しておきたいですね。

ワンキャリアの公式サイト

 

早期選考にまだ間に合う!

 就活まだ何もしていない人が勝ち組になる方法!

 「就活、まだ何もしていない」というその不安、実は正解です。 そして何より「選考がどんなものかわからない」のが最大の不安ではないでしょうか。

 それを解決するには早期選考に行くのが一番です。「選考に慣れる」ことができる上に、 通常選考よりライバルが少なく受かりやすいため、「実はもう内定がある」という余裕を持つことすら可能なのです。

 そんな早期選考に招待されるために「インターンシップに行く」のが通常なのですが、 まだ何もしていない人でも「インターンなし」で、今から同じ条件に立てる方法があります。 それが「「ジョブトラ」に参加する」という方法です。

 ジョブトラは「合同説明会」に加えて「グループワーク」が実施されるのが特徴の就活イベントで、 事前準備なし最大6社の早期選考が一度に受けられるというものです。 「エントリーシート・自己分析」は不要で、「学部3年生(修士1年生)」なら就活完全初心者でOKです。

 もちろん学生は完全無料ですから、早期選考を受けて「まだ何もしていない」状態を解消し、 「選考には慣れている」あわよくば「実はもう内定がある」という状態に持って行ってしまいましょう。 イベントは「たった半日」です。通常選考で泥沼に浸かるくらいなら、ジョブトラへ行きましょう。

「ジョブトラ」に参加する

 

志望企業の内定者はどう書いた?内定エントリーシートを見よう!(その1)

 模範解答があれば憂いなし!

 あなたのエントリーシートは100点満点ですか? …と言われても、わかりませんよね。自己採点するにしても、その基準となる模範解答がなければどうしようもありません。

 もしこのまま提出して、果たして大丈夫でしょうか。

 そこで先輩が実際に内定をとったエントリーシートを使いましょう。 それと比較して何が足りないのか、どう書けばいいのかがわかれば、自ずと完成度が高まっていきます。

 「Unistyle」では、歴代就活生の合格エントリーシートを無料閲覧できます。

 総合商社やインフラ企業、メーカー企業、外資系企業をはじめ、超一流企業からベンチャー企業まで71,000通を超えるエントリーシートが収録されています(2023年5月時点)。 あなたの志望企業の合格エントリーシートもほぼ見つかるサイトと言っていいでしょう。

 また、合格ESだけでなく「企業研究」「同業他社比較」「就職活動の軸別のおすすめ業界」 「志望動機の書き方」など就活に役立つ限定記事もすべて無料で読むことができます。

 ぜひ自分のエントリーシートの見直しのために、作成の参考のために手に入れておきたいですね。

内定エントリーシートを読む


著者:村田 泰基(むらた やすき)
 合同会社レセンザ代表社員。1989年生まれ。大阪大学法学部卒。2013卒として就活をし、某上場企業(メーカー事務系総合職)に入社。 その後ビジネスの面白さに目覚め、2019年に法人設立。会社経営者としての経験や建設業経理士2級の知識、自身の失敗経験、300冊以上のビジネス書・日経ビジネスを元に、11年間に渡り学生の就職活動を支援している。 →Xのアカウントページ




×