リアルタイム閲覧者数:29人

 

受かるエントリーシート!書き方と回答例

 エントリーシートは何を書けば正解かわからない、「『わからない』ことがわからない」状態だと思います。 「受かるエントリーシート」を書くためには、「企業はどんな学生をほしがっているか」という視点に着目し、 その本質を追求することが重要です。

 ここでは、「受かるエントリーシート」の書き方と、その回答例を解説します。 

 

エントリーシートは「将来の夢」に対する「過去・現在・未来」

 エントリーシートとは、履歴書の就活版で、志望動機や自己PRを書く書類のことです。 しかし、「設問に答える」ことはエントリーシートの本質ではありません。 エントリーシートでは、「会社がほしがる人材である」ことをアピールしなければなりません。

 就活生は、ビジネスに携わったことがありません。せいぜいアルバイトとして店の手伝いをした程度です。 転職で求められる「即戦力」など持ち合わせていないことは前提です。 企業は新卒就活生の何に期待して採用するのでしょうか。

 それは、学生の将来性です。学生は将来の幹部候補生であり、 5年後、10年後にビジネスを成長させる戦力になることを期待されているのです。 エントリーシートでは、自分の将来性をアピールすることになります。

 エントリーシートでは、就職活動の軸が大事だと言われます。これは就活用語で「将来の夢」のことなのですが、 会社が就活生を評価する基準として、「将来の夢」があります。 「将来の夢」の実現に向かって「バリバリ活躍する」就活生を採用すべきとされています。

 これは人事部向けに書かれた書籍のほとんどに書かれています。 というのも、就活生は就業経験がないため「仕事ができるかどうか」の判断が難しく、 「就活生の熱い志」にかけるしかないという事情があるためです。

 つまり「将来の夢を実現するには、この会社でこのビジネスに携わらなければならない!」と伝えるのが就活の本質と言えます。 会社に対して「どれだけ将来の夢に本気で、その将来の夢の実現にはこの会社でなければならない」と熱く伝えることが、 就活生に求められることです。

 エントリーシートは「将来の夢」と、それに対する自分の「過去・現在・未来」をアピールすることが本質です。

 具体的には「将来の夢」に対して「学生時代頑張ったこと(過去)」、「長所と短所(現在)」、 「なぜこの会社を選んだのかこの会社に入って挑戦したいこと(未来)」の3本柱が、 エントリーシートには必ず書くように組み込まれています。

 

エントリーシートの回答例

 エントリーシート将来の夢それに対する「過去・現在・未来」を書き、 熱意を伝える「『将来の夢』実現ストーリー」でなければなりません。 エントリーシートの項目は、すべてつながっていて、ストーリー性が求められます。

 「将来の夢を実現するためにこれまでこういう努力をしてきて、今はここまで達成できた。 貴社の仕事は将来の夢の実現にぴったりであり、ぜひ入社したい」と述べるのがエントリーシートだと言えます。

 まずは就職活動の軸から見ていきましょう。

 

「就職活動の軸」の回答例

 就職活動の軸とは、あなたの経営理念です。

 会社には必ず「経営理念」や「ビジョン」「社風」があります。これらは「実現すべき理想像」を表したもので、 言い換えると「会社の将来の夢」です。逆に言えば、就職活動の軸は「あなたの経営理念」だと言うことができます。 「会社の経営理念」と「あなたの経営理念」が一致すれば内定というわけです。

 とはいっても、就職活動の軸でウソをついてはいけません。会社の経営理念にあわせてなんとなく「社会貢献」などと述べようものなら、 まず面接官に「説得力がない」と落とされ、運よく入社できても「やりたくもない仕事」ばかりに追われる日々が目に見えています。

 「でも将来の夢なんてないよ~

 大丈夫です。就職活動の軸を考えるには、真の願望を深堀りするするのが有用です。 いったん就活や世間体から離れて、真の願望を考えてみましょう。 「家から出たくない!」なんて願望がある方も多いのではないでしょうか。

 「家から出たくない!」なんて願望、とてもエントリーシートには書けなさそうな気がしますよね。 しかし、この願望を深堀りすると、あなたの願望の本質が見えてきます。

 さて、なぜ家から出たくないのでしょうか。「外で変な人に絡まれたくない」「交通事故に巻き込まれたくない」 「満員電車がイヤだ」「歩くと疲れる」・・・と、後ろ向きな理由がたくさん出てきます。 これを裏返して前向きにしてみましょう。「家は安全で快適ですばらしい

 ならば、外でも家と同じような安全性と快適性が実現できれば、中でも外でも幸せになれるわけですよね。 これをビジネスを通じて実現しちゃいましょう

 「家と同じくらい安全で快適な移動手段を実現したい」ならば自動車メーカーに向いていますし、 「安全と快適を極めた住宅をつくりたい」なら住宅メーカーや建設業界に向いています。 「家よりもっと安全で快適な場所をつくりたい」ならホテル業界もアリですよね。

 このように、一見「後ろ向きな願望」であっても、それを裏返してビジネスで解決しようとすれば、 前向きな将来の夢に早変わりします。これがあなたの就職活動の軸です。

 就職活動の軸は就職活動の軸のページでも詳しく解説していますので、 そちらも参照してください。

 

「学生時代頑張ったこと」の回答例

 「学生時代頑張ったこと」は、「『将来の夢』実現ストーリー」の「過去」にあたります。 その将来の夢を実現するために、学生時代にやってきたことを書くものです。

 「学生時代頑張ったことなんてないよ~

 大丈夫です。「将来の夢」の実現のためにやってきたことですから、半ば趣味のようなものです。 自分では「頑張った」という自覚はないかもしれません。しかし、その「真の願望」のために、 やってきたことがあるはずです。

 先ほどの「家から出たくない!」という願望は、「安全と快適」と言い換えることができました。 この「安全と快適」のためにやってきたことを書きましょう。

 コンビニのアルバイトで、「雨の日に転ぶお客さんをゼロにする」ことを頑張りました。 「安全と快適」を極めたい私にとって、放っておける問題ではありませんでした。

 転ぶのは、「床がきれいすぎる」ことと「お客さんが早足で歩く」ことに原因がありました。 しかし、転倒注意の看板を立てても効果がありません。また、お客さんに気を遣わせている時点で、「安全と快適」とかけ離れています。 そもそも「転ばない仕組み」をつくらなければなりませんでした。

 コンビニではモップ掛けとポリッシャー掛けで掃除をします。 このポリッシャー掛けで床がツルツルになりすぎて、雨の日に滑って転ぶのです。 そこで、「雨の日はあえてポリッシャー掛けをしない」「モップ掛けを増やして水分をとる」という対策をとりました。

 また、店内を早足で歩けないように「買い物かごや補充用品の箱を配置する」という対策もとりました。 この結果、「雨の日に転ぶお客さんがゼロ」になりました。

 この活動で、「安全と快適」は原因他人論で注意を促すのではなく、 原因自分論で仕組みをつくる重要性を知ることができました。

 このように「学生時代頑張ったこと」は「将来の夢のために」「目標を立てて」「どんな手段で」「問題を解決した」かを書き、 最後に「活動で得た副産物」を書くものです。詳しくは学生時代頑張ったことでも解説していますので、 そちらも参照してください。

 

「長所」と「短所」の回答例

 「長所と短所」は、「『将来の夢』実現ストーリー」の「現在」にあたります。 なんとなくで書いてしまいがちですが、「将来の夢の実現に役立つ長所」と「将来の夢の実現に邪魔になる短所」 と読み替えて考えなければなりません。

 「家から出たくない!/安全と快適」という願望を実現する上で役立ちそうな長所は何があるでしょうか。 「臨機応変に動ける」なんてどうでしょうか。

 私の長所は「臨機応変に動ける」ことです。「学生時代頑張ったこと」では、 定型業務であるポリッシャー掛けやモップ掛けの回数を変え、本来は片づけておくべき「補充用品の箱」を配置するなど、 「目的の達成」のために手段を選ぶことができます。

 一方で短所はいくらでも思いつくと思います。しかし、単に短所を述べるだけでは足りません。 短所を短所のまま放っておくのでは向上心がありません。 「短所を克服しようとしている」ことを伝えなければなりません。

 例えば「ものぐさ(めんどくさがり)」という短所。 「家から出たくない!」からといって、本当にただ引きこもって家でゴロゴロしている生活習慣があります。 これでは「外での安全と快適」を実現できません。

 私の短所は「ものぐさ」であることです。私は家でゴロゴロする生活習慣があります。 これを克服するために、「めんどくさノート」をつけるようにしています。 何が面倒でゴロゴロしたくなったのかを研究し、その根本的な解決に取り組んでいます。

 長所と短所については、長所と短所の一覧と考え方でも詳しく解説していますので、 そちらも参照してください。

 

「なぜこの会社を選んだのか」の回答例

 「なぜこの会社を選んだのか」は、「『将来の夢』実現ストーリー」の「未来」にあたります。 実際に入社したら、ビジネスを通じてどのように「将来の夢」を実現するかを述べるのです。

 ここでは最終的に「私の就職活動の軸が、貴社の経営理念(ビジョン・社風)と一致しているからです」と書ければ合格です。 あらかじめ企業研究で会社の経営理念・ビジョン・社風を調べておく必要がありますので、 この意味でも会社説明会に参加することが重要です。

 その会社の「実現すべき理想像」を見極め、いかに自分の「将来の夢」と一致しているかを熱弁します。 例えばパナソニックの志望動機を書いてみましょう。

 私は「面倒なことをなくしたい」という強い願望を持っています。私は料理も掃除もしませんし、 自動車の運転もしません。実は洗濯もしたくありませんし、家に鍵をかけるのすら面倒だと思っています。 しかしまだ、「面倒なことをなくす」には至っていません。

 私は、貴社のビジネスで「面倒なことをなくしたい」という理想を実現できると考えています。 これまで人類は「楽をするため」にテクノロジーを進歩させ、社会生活の改善と向上を実現してきました。 私のこの願望は、貴社の経営理念およびビジョンと一致していると感じました。

 「面倒くさがり」の私には、「面倒なことをなくす」という使命があり、 生活と仕事の両方において自動化、スマート化を行っている貴社に入社し、 このビジネスを進めていかなければならないと考え、貴社を志望するに至りました。

 もう一つ、「快適」に強いこだわりをもつ「レクサス」を販売するトヨタ自動車の志望動機を書いてみましょう。

 私は正直なところ、家から出たくありません。外に出ると疲れるからです。 人とぶつからないように気を遣い、電車では揺られて体力を消耗し、自動車は事故というストレスに常に悩まされます。 現在、消去法で自宅が最も快適なのです。

 貴社の製品であるレクサスは快適性に強いこだわりがあり、「静粛性」や「疲れないシート」を知った時、 私は「自宅より快適な場所」をつくれる可能性を感じました。

 就職活動という場でありながら「家から出たくない」と正直に言える私には、 「自宅より快適な場所」をつくる使命があると思っています。そこで貴社に入社し、 「快適性」を極め、消去法ではなく積極的に「選ばれる空間」を生み出したいと思い、志望するに至りました。

 また、志望動機の書き方は、なぜこの会社を選んだのか?も参考にしてください。

 

エントリーシートを自分で添削する

 エントリーシートは、推敲して内容の充実化を図ることが重要です。 一度に書いて満足してはいけません。何度も見直し、あらゆる質問を想定し、 それに対応できるストーリーを作るのです。

 エントリーシートの完成度を高めるためには、自分で自分のエントリーシートに質問をすることが大切です。 いったん書き終えた後に再度チェックするのです。学生時代頑張ったことや志望動機の矛盾、不要な文章、書くべき文章など、 様々な発見があることだと思います。

  • それってうちの会社じゃなくてもよくない?
  • なんで学生時代それをがんばろうと思ったの?
  • それって本当に会社で役に立つの?
  • 他社のほうがその点優れてると思うんだけど?
  • この業界の他の企業と比較検討した?
  • 他の業界のほうが向いてるんじゃない?
  • それってどっかからコピペしてきたものじゃない?
  • 学生時代頑張ったことがどう、志望動機につながったの?

 このように意地悪に自分で質問を考え出して、すべてに対応したエントリーシートの完成を目指してください。 けっこう会社の人も意地悪な質問をしてきます。世の中きれいごとでできていません。 総合職とはつまり将来の役員候補なので、社長になってやるくらいの意気込みでないと受かりません。 夢は大きく持ちましょう。

 エントリーシートの充実には、「なぜ?なぜ?」を続けて考えることが有用です。 例えば「社会に貢献したい。なぜならば社会のお世話になっているから。なぜお世話になったら貢献しないといけないの?しないといけないというより、そうしたいからだ。」 というようにです。

 エントリーシートを添削するチェックポイントも公開していますので、参考にしてください。

 

エントリーシートに書く資格

 エントリーシートには必ず資格を書く欄があります。 資格は物を言います。英語の例でいえば、どれだけ「英語の勉強を頑張った」といっても、 英語を使った実績がなければ何の説得力もありません。

 資格欄に「TOEICスコア800点」「英検二級」などが書ければかなり説得力のあるエントリーシートになります。 資格はわかりやすい指標であり、自分の努力を数値化、実績を数値化して示せるわけです。 採用担当者も「ああ、頑張ったんだな」と一目見てわかる優れものです。

 しかし一方で、資格がなければ夢を実現できないというわけではありません。 アメリカ人はTOEICスコアも持っていなければ、英検二級も持っていませんが、 日常的に英語で会話をし、英語で仕事をしています。

 TOEICスコアが何点だとか、英検が何級だとかよりも、 「辞書なしで海外旅行をし、お土産屋さんで値下げ交渉をした」などと言ったほうが、 よっぽど面白く、よっぽど使える実績です。

 就活のためだけに資格を取得するくらいなら、実績を作りましょう。

 しかしせっかく資格を持っているなら、エントリーシートに書くに越したことはありません。 少なくとも「勉強を頑張った」というアピールにはなります。 TOEICや英検、宅建や行政書士、簿記などですね。

 「天気予報士」などの特殊な資格を持っていてエントリーシートに書くと、 会話のネタにもなります。持っている資格はすべて記入しましょう。

 一方で公認会計士、司法書士など、就職するより独立するのが当たり前な資格を持っていると、 会社は「本当にうちに来てくれるの?」と疑問を持ちます。 これらの資格を書く場合は、資格や独立以上に「この会社でなければ絶対にダメだ!」といえるほどの熱意が必要になってしまいます。

 学生時代頑張ったことが勉強しかない場合以外では、なるべく「独立が当たり前の資格」は書かないようにしましょう。

 また車の免許やバイクの免許も持っているなら書いておきましょう。 忘れがちなのですが、車の免許は就活に必須の資格です。 誰でも持っているからアピールにならないというより、会社によっては免許がなくては仕事ができません。

 会社に入って一番使う資格は免許証です。レンタカーを借りて上司を乗せて移動したりします。 車の免許は就活でも必須です。

 

エントリーシートの得意科目、苦手科目の書き方

 エントリーシート得意科目苦手科目書き方ですが、 得意科目や苦手科目は面接のネタになるだけで、たいした意味はありません。 数学が苦手だからといって「経理には使えないな」とはなりません。

 法学部だから法務部、経済学部だから経理部というわけではありません。 法学部を出た友達も経理部に配属されていますし、経済学部を出た友達は法務部にいます。 得意科目や苦手科目で配属が決まるなんてことはありません。

 趣味特技以上に、得意科目、苦手科目は素直に書いて大丈夫です。 得意科目や苦手科目は誰にでもあるもので、恥ずかしいことでもないのです。

 ただし苦手科目については、面接でつっこまれます。 「苦手科目は数学とのことですが、会社は数字をよく使います。経理部に配属されたときに働いていけますか?」 と聞かれた時に、単に数学を苦手科目なまま終わらせていては、次の面接はありません。

 その苦手を克服した、乗り越えたというエピソードも考えておきましょう。

 「苦手科目ではありますが、嫌いな科目ではありません。数字を使って考えることは好きです。 また学生時代は根気よく計算ミスがないかチェックをすることで苦手をカバーしていました。 経理部に配属となっても、不都合があるとは思っていません。」

 のように、「苦手って言ったけど実は好き」という言い方で、 苦手科目を克服したアピールをしましょう。

 

エントリーシート書き方のコツ

 エントリーシート書き方コツは、 将来の夢を実現するために、大学時代からずっと向上心をもって活動してきたとアピールをすることです。

 夢に向かって努力し、サークルやゼミ、部活などで活動し、夢を実現するにはどうすればいいか考え、 長所は伸ばし、短所は改善する。得意科目は伸ばし、苦手科目は克服する。常に自分を磨き続けて夢の実現に尽力する姿を、 面接官にイメージさせればよいのです。

 こうすることでエントリーシートは将来の夢と、その実現可能性をアピールし、それが会社の役に立つことを採用担当者に納得させることができます。 このためには業界研究会社選びの軸が必須であり、 将来の夢を実現するのに最適なビジネスモデル、最適な会社を見つけ、「どうしても貴社でなければならない」と言えなければなりません。

 エントリーシートは紙やwebで提出するものですから、コミュニケーション能力よりも、 まずは熱い人間であるということをアピールするのが、エントリーシート書き方コツです。

 これをいうためには様々な業界、様々な会社を知っておく必要があり、 その意味ではやはり会社説明会にどれだけ参加し、どれだけ会社を研究したかが就活の成否の分かれ道となります。

→さっそく就職活動の軸をつくる!

 

今から最短で内定をもらうには?

 

多忙の中、どっしり「スカウト」を待つ

 従来型の就活では内定までの道のりがとても長くてめんどうですよね。説明会を受けて、エントリーシートを提出して、グループディスカッションを受けて… そんな手順をすっ飛ばして自分に合った会社が、向こうからアプローチしてくれる就活サイトがあります。

 それは「キミスカ 」です。

 キミスカでは自分から会社を探さなくても、SNSのようにプロフィールを書くだけで、 会社の人事が「こんな優秀な学生がほしかった!」とスカウトを、時にはいきなり最終面接の案内を送ってくれます。

 他社のインターンやES、GD、一次~最終面接など、従来は落ちると無駄になっていた頑張りを「スカウトされる材料」にできるのです。 スカウトがたくさん来れば、いちいちプレエントリーしたり、エントリーシートを書く手間が省けるので時間短縮になりますね。

 すでに2019年卒の就活生も約7万人が利用しているほどで、スカウトがどんどん来ます。

 

ダラダラ長い就活よさらば!内定直結の合同説明会

 すぐ内定がほしい。それは、就活生なら誰もが願うことだと思います。

 2019年卒もますます内定が早期に出る人が増えていて、4月1日の時点で約20%、5月1日の時点で約42%が内定を持っています。「まだ内定がない」と焦る気持ちが強いと思います。 そんな中、まどろっこしくてめんどくさい従来型の就活をしていては余計にストレスが溜まってしまいます。

 余計なステップを究極的に省いたのが、内定直結型の就活イベントで、採用選考をその場で始めることが前提の合同説明会です。 あらかたの企業が採用選考を終えたあとでも頻繁に開催されており、採用権限をもった部長・役員クラスが現れ、 その場で面接が始まったり、その場で即日内定がもらえたりするイベントがあります。

 それが「MeetsCompany 」です。 年間10万人が利用しているほどで、MeetsCompanyで内定を確保するのはもはや常識になりつつあります。

 2019年卒の募集が始まっています。MeetsCompanyは参加者内定率96%を誇っており、 全国で開催されているので地方の学生でも行きやすいイベントです。 最短1日で内定を取れますので、就活を終わらせることができます。

 

志望企業の合格エントリーシートを見る(その1)

 エントリーシートは、何を書いたら正解かわからない、「『わからないこと』がわからない」状態だと思います。 私もそうでした。自分では完璧だと思っていたエントリーシートも、他の人のエントリーシートと比べたらボロボロだったのです。 そこで、志望企業で実際に内定をとったエントリーシートを参考にしたいですよね。

 「Unistyle」では、一流企業からベンチャー企業まで、内定したエントリーシートを無料ダウンロードできます。

 「Unistyle」では、三菱商事や三井物産、三菱東京UFJ銀行、トヨタ自動車、三菱地所、新日鐵住金、東京ガス、 マッキンゼー、P&Gなど、様々な超一流企業をはじめ、1万7000通を超えるエントリーシートが収録されています。 あなたの志望企業の合格エントリーシートも必ず見つかるサイトと言っていいでしょう

 商社や自動車メーカーをはじめとした企業研究同業他社比較、また「就職活動の軸」別のおすすめ業界、 志望動機の書き方まで非常に詳細に書かれた限定記事をすべて無料で読むことができます。

 また会員限定の特別イベントが多数開催され、過去には伊藤忠商事、日本政策投資銀行、日本ロレアル、キーエンス、日本たばこ産業(JT)、トヨタ自動車、旭硝子、デンソー、 三菱東京UFJ銀行、大日本印刷などのイベントが行われています。

 ぜひ自分のエントリーシートの見直しのために、または作成の参考のために手に入れておきたいですね。

 

志望企業の合格エントリーシートを見る(その2)

 「ワンキャリア」では4万7000件を超える合格エントリーシート・就活体験談が掲載されており、 オリエンタルランド、キヤノン、NTT東日本、野村総合研究所、帝人、日本航空(JAL)などの日本の一流企業に加え、 ゴールドマンサックス、ボストンコンサルティング、ベインアンドカンパニーなどの外資系企業も多数そろっています。

 エントリーシートだけでなくインターンシップやその選考、WEBテスト、グループディスカッションの体験談などもまとめられているのが特徴で、 さらにその企業に関連する就活記事では志望動機の書き方や業界研究を読むことができ、 従来では手に入らなかった情報が満載です。

 「ワンランク上のキャリアを目指す」というキャッチフレーズの通り、業界をリードする大手企業の資料が多く、 また総合商社、JR東海、電通、キーエンス、日本郵船、三菱地所といった一流企業の出展する限定イベントも開催されます。

 志望する企業の選考ステップを詳しく知ることで不安を解消し、実際に合格したエントリーシートを参考に、 自分のエントリーシート作成・キャリア形成に役立てましょう。