MY就活ネット
リアルタイム閲覧者数:6人
※本サイトはプロモーションが含まれています

【一覧】業界研究がわからない?代わりにやりました!

業界研究

 「業界研究のやり方がわからない」とお悩みですか?ビジネスオタクの私が、代わりにやっておきました! ここでは業界研究の目的・やり方、MY就活ネット独自の業界研究記事の一覧を紹介しています。



おすすめ・人気記事

 

業界研究の目的

 業界研究の目的は、次の4点です。

業界研究の目的

 就職活動では、応募先が「有名企業」や「最大手企業」に偏ってしまうことが多いです。 ですが、実は必ずしも知名度や企業規模が優良企業の指標とは限りません

 そこで、「個社」ではなく「業界単位」で「どんな事業に取り組んでいるのか」 「どの事業が好調なのか」「どの事業が問題を抱えているのか」などを知ることで、 自分にとっての最優良企業を絞り込んでいくことが業界研究の最終的な目的です。

 特に気を付けたいのは、企業の見落としを防ぐことです。 社会には無数の企業が存在しますが、就職先を決めてしまってから「他に優良企業を見つけてしまう」のは、 多くの新卒社会人が経験してきたことです。

 それを未然に防止するため、まずは全業界を調べ、それから個社の研究に入っていくという手順を踏みます。

注意点

 「自分にとっての最優良企業を絞り込む」と述べましたが、必ずしも志望する業界を減らす必要はありません。 あまり減らしすぎると業界ごと不合格となるリスクが高まり、「リスク分散」のためには、複数の業界から手広く選考を受けるべきです。

【関連記事】 【就活】志望業界はバラバラでもいい!|全落ちしない絞り方  

業界研究のやり方

 業界研究のやり方は、次の3つの手順で行います。

業界研究の手順

 この他に「業界団体のwebサイトを読む」「市場規模を調べる」等ありますが、 これらはその業界に携わっている人でないと「結局よくわからない」という結末を迎えます。

 「業界を理解する」ことが重要ですから、何より効果的なのが「ビジネスニュースを検索すること」です。 業界に関する最新のニュースを検索すると「好調・不調・将来性」などに関するニュース記事がたくさん出てきます。 例えば「半導体業界」で検索すると、次のような景気の良い記事がヒットします。

参考:“半導体業界”を支える企業…高い技術に「誇りを持って」製品を供給…“世界シェアトップ”を誇る分野のメーカーも|FNNプライムオンライン

参照:賞与300万円も…東京エレクトロン、時価総額3位の秘密、利益を社員に還元|ビジネスジャーナル

参照:夏季ボーナス366万円「ディスコ」は何の会社? 半導体関連商品で世界的なシェア|デイリー新潮

 調べた業界に興味が湧いたら、その業界に属する企業をリストアップしましょう。 必ずしも大手企業が良いとは限らず、売上規模数百億円~数千億円の企業にも、「独占商品を持っていて高い利益・待遇を実現している」企業がたくさんあります。 そのため、数十社はリストアップするのがよいでしょう。

 その中から企業をいくつかピックアップして事業内容を調べれば、ビジネスニュースの情報とあわせて 「その業界がどんな事業を行っているのか」「十分な利益が出ているのか」「将来性はビジネス界からどう評価されているのか」などがわかります。

 業界地図などの書籍は「いらない」とまでは言いませんが、ビジネスニュースを検索すれば十分な情報が手に入ります。

 

業界の一覧

 見落としを防ぐため、まずは業界の一覧を確認しましょう。 ここでは日本取引所グループの業種分類を参考にするのがよいでしょう。 同社は上場企業のすべてを分類していますから、業界を見落とすことがありません。

水産・農林業マルハニチロ・ニッスイなど別名:食品メーカー
鉱業INPEX、石油資源開発など
建設業鹿島建設、大和ハウス工業など別名:ゼネコン・ハウスメーカー
食料品JT、サントリーなど別名:食品メーカー
繊維製品東レ、帝人など一部に化学メーカーを含む
パルプ・紙王子製紙、日本製紙など
化学三菱ケミカル、住友化学など別名:化学メーカー
医薬品武田製薬、大塚HDなど別名:製薬業界
石油・石炭製品ENEOS、出光など
ゴム製品ブリヂストン、住友ゴムなど
ガラス・土石製品AGC、太平洋セメントなど
鉄鋼日本製鉄、JFEなど別名:鉄鋼メーカー
非鉄金属住友電工、三菱マテリアルなど別名:非鉄金属メーカー
金属製品LIXIL、日本発條など主に建設資材メーカー
機械三菱重工、ダイキンなど別名:機械メーカー
電気機器日立製作所、ソニーなど別名:電機メーカー
輸送用機器トヨタ、ホンダなど別名:自動車メーカー自動車部品メーカー
精密機器オリンパス、テルモなど別名:電機メーカー
その他製品TOPPAN、任天堂など印刷・ゲーム・楽器など
電気・ガス業東京電力、大阪ガスなど別名:インフラ業界
陸運業JR、日本通運など主に鉄道業界・運送業
海運業日本郵船、商船三井など
空運業ANA、JALなど
倉庫・運輸関連業三菱倉庫、上組など財閥倉庫を含む
情報・通信業NTT、ソフトバンクなど別名:通信業界
卸売業三菱商事、三井物産など総合商社専門商社
小売業セブンアイ、イオンなど
銀行業三菱UFJ銀行、三井住友銀行など銀行
証券業野村證券、大和証券など証券会社・外資系投資銀行
保険業第一生命、東京海上日動など
その他金融業オリックス、三菱HCキャピタルなど主にレンタル・リース・クレジットカード
不動産業三井不動産、大東建託など
サービス業日本郵政、電通など
※リンクをタップするとMY就活ネット独自の業界研究記事に遷移します。

 以上がすべての業界です。 ただし、これが「唯一の分類」ではありません。別の切り口から企業群をまとめ、次のように新たな分類が生み出されることがあります。

 

半導体業界

 半導体に関わる企業は、化学・電機・機械・非鉄金属など複数の業界にまたがります。 東京エレクトロンやディスコなどが含まれますが、昨今のIT化・生成AIの登場などで好況を呈しています。 ニュースなどではひとまとめに「半導体産業が凋落」などと報道されますが、実は製造装置・材料は非常に好調ですので必ず確認しておきたいですね。

【関連記事】 半導体業界はやめとけ?オワコンどころか今すぐ就職すべき理由  

素材メーカー

 素材メーカーは、鉄鋼・非鉄金属・化学など「製品の材料をつくるメーカー」を指す業界です。 製品は「原料・材料・部品・最終製品」という工程を経て製造されますが、そのうちの原料から材料をつくるのが素材メーカーの役割です。 この業界は経営が安定しており、また「売上規模」と「利益」が必ずしも比例しないという点で、大手から中堅企業まで優良企業がそろっています。

【関連記事】 素材メーカーとは?属する3業界の違い・年収・ランキング  

総合商社

 総合商社は、卸売業の中でも「あらゆる製品を扱う企業」をまとめた言葉です。 三菱商事や三井物産などが含まれますが、平均年収が1200~1900万円にも上るなど、年収の高い業界として有名です。 ゆえに就職活動においては採用倍率が非常に高く、就職難易度の高い業界です。

【関連記事】 【就活】総合商社への就職|8社の業界研究・志望動機・平均年収  

専門商社

 専門商社は、卸売業の中で「特定分野の製品のみ扱う企業」を指し、総合商社と対になる言葉です。 阪和興業や三谷商事などが含まれますが、総合商社に対して学生の知名度が低く採用倍率が非常に低い穴場の業界になっています。 待遇の割に就職難易度が低いため、ぜひ確認しておきたいですね。

【関連記事】 穴場!専門商社への就職|100社の業界研究・志望動機・平均年収  

準大手ゼネコン

 準大手ゼネコンは、建設業の中で「売上高3000億円から1兆円程度の大手ゼネコン」を指す言葉です。 スーパーゼネコン上位5社が高い就職人気を誇る一方で、準大手ゼネコンは採用倍率が非常に低い穴場の業界になっています。 業界特有の事情によりスーパーゼネコンと比較して遜色ない待遇がありますので、見落とすのはもったいない業界です。

【関連記事】 穴場!準大手ゼネコン10社の比較|年収も将来性も高い理由  

財閥倉庫

 財閥倉庫は、倉庫業の中で「三菱倉庫・三井倉庫・住友倉庫・安田倉庫・澁澤倉庫」の5社を指す言葉で、業界上位を占める存在です。 事業内容がわかりにくいため「倉庫」というイメージが先行し、仕事が楽そうな印象を持ってしまいます。 しかし、実際はまったくの逆ですのでしっかり確認しておくことが必要です。

【関連記事】 財閥倉庫はホワイト?5社の業界研究・志望動機・平均年収  

鉄道業界

 鉄道業界は陸運業に含まれますが、「物流」とはビジネスモデルが異なるため別の分類にするのが適切です。 そのビジネスモデルとは、鉄道資産を活かした沿線開発です。 特に文系の場合、ビジネスモデルの理解なしに内定を取得することは極めて困難なので、研究を深めておきましょう。

【関連記事】 鉄道業界の就職は難しい?|20社の業界研究・ランキング!  

高速道路

 高速道路は鉄道業界と同様、「道路資産を活かした沿線開発」というビジネスが可能な業界なのですが、 「高速道路の新設・維持管理」で手一杯で、まだ次のビジネスに本腰を入れられていないのが現実です。 つまり、「資産を活かした新規事業」のチャンスが多く眠っているということです。

【関連記事】 高速道路9社への就職!|選考・志望動機・ランキングを解説  

メーカーの業界研究

 メーカーとは、工場で製品を製造する業界を指し、非常に広範な概念です。 この業界は数多くの企業を含んでいますが、一般に「残業が少ない」「年間休日数が多い」業界として知られています。 「メーカー」に属する業界には、次のものがあります。

【関連記事】 文系のメーカー就職!どこがいい?おすすめ企業48社  

1.化学メーカー

 化学メーカーは、製品の製造工程で化学反応を利用する企業の総称ですが、簡単に言い換えると「金属以外の何かの材料をつくるメーカー」です。 樹脂やフィルムなど新素材を発明し、特許権を取得して独占販売を行うビジネスモデルのため、 「売上規模」よりも「独占商品をどれだけ持っているか」が重要で、また大手企業から中堅企業までホワイト企業がそろっていることでも有名な業界です。

【関連記事】 超優良!化学メーカーへの就職は難しい?63社の業界研究  

2.鉄鋼メーカー

 鉄鋼メーカーも、化学メーカーと同様のビジネスモデルです。 中でも「高炉メーカー」と呼ばれる日本製鉄・JFEスチール・神戸製鋼所は非常に高い就職人気を誇り、それに見合った待遇が用意されています。 こちらも同様に「素材の新開発」が利益を大きく左右しますから、ビジネスモデルを理解した上で応募しましょう。

【関連記事】 鉄鋼業界とは?|就職難易度や将来性など19社の業界研究  

3.非鉄金属メーカー

 非鉄金属メーカーは、銅・スズ・ニッケルといった「鉄以外の金属」を製造するメーカーで、同様に「素材の新開発」をビジネスモデルとする業界です。 特に光ファイバーケーブル自動車用ワイヤ―ハーネスなど「素材」にとどまらず「半導体部品」「自動車部品」まで製造し、 それらで大きなシェアを有しています。こちらは就職難易度の低い穴場ですので、ぜひ確認しておきましょう。

【関連記事】 非鉄金属メーカー15社!業界研究・ランキング・ホワイトな理由  

4.機械メーカー

 機械メーカーは主に工場設備を製造するメーカーで、 素材メーカーから仕入れた素材を「切削研磨」「切断」「溶接」といった作業を行う装置を、顧客工場に納品します。 実は日本企業が非常に得意としている分野で、ビジネス界では世界的に有名な企業がそろっています。待遇も申し分ないため、ぜひ確認しておきたいですね。

【関連記事】 機械メーカーがすごすぎる!49社の業界研究・志望動機・平均年収  

5.電機メーカー

 電機メーカーのうち、BtoBビジネスに取り組む企業は機械メーカーと同様のビジネスを行っています。 三菱電機や安川電機など比較的有名な企業もありますが、名前を知らない企業こそ就職難易度の低い穴場です。 製造装置や部品は「替えの効かない企業」が強く、中堅企業でも申し分ない待遇が用意されています。

【関連記事】 電機メーカー76社!将来性あるおすすめ企業!  

6.食品メーカー

 食品メーカーは就職難易度が極めて高い業界ですが、ここで身につくスキルは文系にとって最高峰です。 この業界では、単に「品質の良いものをつくる」のではなく「売れる仕組みづくり(マーケティング)」をします。 「消費者に対する深い理解」が必要になりますが、このスキルはヘッドハンティングの対象で将来性が高いです。

【関連記事】 食品メーカーの就職は難しい?|44社の業界研究!

【関連記事】 飲料メーカーの就職は難しい?|10社の志望動機・平均年収  

7.自動車メーカー

 自動車メーカーも就職難易度が極めて高い業界ですが、 待遇はもちろんのことマーケティングのスキルも身につけることが可能です。 環境意識の高まり・EV化で激動の時代がやってきますが、そんな時代も生き抜くスキルを身につけたいですね。

【関連記事】 自動車メーカーへの就職|9社の業界研究・志望動機・平均年収

【関連記事】 自動車部品メーカー35社!業界研究・志望動機・平均年収

 また、この業界ではトヨタ自動車が絶好調ですが、 就職先として本当にトヨタ一択なのか、他の企業の魅力について次の関連記事で解説しています。

自動車メーカーは本当にトヨタ一択なのか?

 

8.製薬業界

 製薬業界は、すでに激動の時代を迎えています。 医薬品メーカーの高い利益を守っていた「薬価制度」は次々に改正され、また莫大な収入源であった「特許権」も次々に失効を迎えています。 研究開発費を確保するため業界再編が著しい速度で進行し、急激に企業数を減らしています。

 非常にリスクの高い業界ですので、安易におすすめできません

【関連記事】 実はヤバイ!製薬業界21社の業界研究・平均年収・志望動機  

その他の切り口で業界を探す

 各業界を研究しても、どうしても大手企業に目が行ってしまうという問題があります。 筆者の私の場合、大手企業ばかりに応募して「すべて不合格になった」という苦い経験がありますが、 問題はそれ以上に「社会に出てから優良企業をたくさん見つけてしまったこと」です。

 「売上規模のランキングではなく、将来性やホワイト企業でまとめた一覧がほしかった」という思いから、 次のようなまとめ方をした記事を用意しています。

 

1.隠れ優良企業

 就職活動では、大手企業の影に隠れた「学生が見落としがちな優良企業」が多数存在しています。 年収や休日など待遇面はもちろんのこと、高い利益を実現できる理由ビジネス誌で賞賛されているなど、 社会人目線で「ここに入社したかった」と思う企業を、「何がすごいのか」の解説つきで次の記事でまとめています。

【関連記事】 就活おすすめ【隠れ優良企業】65社|無名の大手BtoB企業  

2.厚生労働省認定のホワイト企業

 筆者の私は、「インフラ企業はホワイトだろう」という思い込みで多数応募した経験がありますが、後によく調べてみると、現実は真逆でした。 「ブラック企業」が話題になってから厚生労働省が「働き方改革」の推進とともに、優良企業と認定した企業を多数公表してます。 次の記事ではそんな「厚生労働省認定のホワイト企業」を60社まとめています。

【関連記事】 【優良】ホワイト企業リスト60社|国家認定の特徴を詳しく解説!  

3.将来性の高い業界

 業界研究、企業研究を進めるにあたって「将来性を調べる」と教えられることが多いです。 ですが、学生にとっては「将来性の調べ方がわからない」という問題があります。 そこでMY就活ネットでは主にビジネス誌や株式市場の動向をもとに、将来性の高い業界を理由つきでまとめていますので、ぜひ参考にしてください。

【関連記事】 【就活】将来性のある業界8選!|これから伸びる有望な就職先  

4.文系におすすめの業界

 「文系にメーカーは無理」「活躍できるスキルがない」と悩んではいませんか? 実は、どんな業界も文系が活躍できる場面があります。 MY就活ネットでは「文系にはどんな業界がおすすめなのか」「具体的にどんな活躍ができるのか」について解説しています。

【関連記事】 文系にオススメの業界|勝ち組ホワイト業界・就職の穴場など!  

5.スキルが身につく業界

 「人生100年時代」「生成AIで仕事がなくなる」と言われる昨今、「何か一生モノのスキルがほしい」と思う学生も多いでしょう。 そこで「特別なスキルが身につく業界」を紹介する記事を作成しました。 「スキル」はビジネス誌等で話題になったものを厳選しており、貴重な人材になることができるでしょう。

【関連記事】 【就活】スキルが身につく業界5選!|社会に必要な人材になれる  

6.参入障壁の高い業界

 就職活動をする上で心配なのが、企業の安定性です。 その安定性を担保する理由の1つが「参入障壁」で、これらの企業に入社すれば「一生安泰だ」と思う方も多いでしょう。 ですが、その参入障壁は必ずしも永遠のものではありません。情報を整理して、どんな企業なら安泰なのかまとめました。

【関連記事】 【就活】参入障壁の高い業界9選!|安定ホワイトって本当?  

7.「やめとけ」シリーズ

 私が学生当時「良い業界・企業だ」と思っていたものの、ビジネスに携わり知見を深めていくにつれて、 「入社しなくてよかった」「選ばなくてよかった」と思った業界、企業、またはその選び方について、 「やめとけシリーズ」として記事を作成しています。次の関連記事から、ぜひ参照してください。

関連記事

7月の今から最短で内定をもらうには?

 

大企業を狙うならスカウト型!

 大企業の半分以上がスカウト型を利用!

 実は、大企業への就職を狙うならスカウト型を使うべき時代が来ています。 意外かもしれませんが、大企業ほどスカウト型での採用が増えており、 特に従業員5,000人以上の規模では、51.2%がその採用方法をとると回答しています(※データは[PDF]就職白書2024|就職みらい研究所)。

 MY就活ネットのおすすめは「OfferBox」です。 なぜなら、就活生24万人(OfferBox 2024年卒利用実績データ)、企業17,000社以上と盛り上がりを見せており、大手は実績あるスカウトサイトを選ぶからです。

 実際に私も体験してみましたが、適性検査入力するプロフィールが書類選考以上の内容になっており、 企業が採用で重視する「人柄」「熱意」「将来性」をアピールできる仕組みになっています。 さらに企業が冷やかしの宣伝メールを送れない仕様で、本気のスカウトしか来ません

 もちろん学生は完全無料ですべての機能を使えます。 今すぐプロフィールを設定して、人事に見つけてもらう準備を始めましょう。

→「OfferBox」の公式サイト

 

自分にぴったりのインターンシップを見つけよう

 インターンから内定まで口コミが満載!

 「どこのインターンに行けばいいかわからない」と悩んでいませんか? 就活の主戦場はインターンであり、大学3年生の6月には就活が始まります。 ですが、こんな早期に志望先を決められている人なんて、あまりいないと思います。

 そこで、ワンキャリアのサマーインターン特集を見てみましょう。 締め切り前のインターンが一覧で表示されていて、詳細ページに進むとそのインターンの口コミを読むことができます。 また、会員登録すると「自分の大学での人気企業」が見れたり、「内定・選考直結型インターン」への参加申し込みもできます。

 他にも企業ごとに「実際に内定を取ったエントリーシート」、一次面接・二次面接など「選考の体験談」が計52万件が読めるなど、 インターンから内定まで必要な情報がそろっています。大学生・院生なら完全無料どころか、内定後に選考体験談を投稿すると謝礼があるので、 就活を始めるならぜひ利用しておきたいですね。

ワンキャリアの公式サイト

 

早期選考にまだ間に合う!

 就活まだ何もしていない人が勝ち組になる方法!

 「就活、まだ何もしていない」というその不安、実は正解です。 そして何より「選考がどんなものかわからない」のが最大の不安ではないでしょうか。

 それを解決するには早期選考に行くのが一番です。「選考に慣れる」ことができる上に、 通常選考よりライバルが少なく受かりやすいため、「実はもう内定がある」という余裕を持つことすら可能なのです。

 そんな早期選考に招待されるために「インターンシップに行く」のが通常なのですが、 まだ何もしていない人でも「インターンなし」で、今から同じ条件に立てる方法があります。 それが「「ジョブトラ」に参加する」という方法です。

 ジョブトラは「合同説明会」に加えて「グループワーク」が実施されるのが特徴の就活イベントで、 事前準備なし最大6社の早期選考が一度に受けられるというものです。 「エントリーシート・自己分析」は不要で、「学部3年生(修士1年生)」なら就活完全初心者でOKです。

 もちろん学生は完全無料ですから、早期選考を受けて「まだ何もしていない」状態を解消し、 「選考には慣れている」あわよくば「実はもう内定がある」という状態に持って行ってしまいましょう。 イベントは「たった半日」です。通常選考で泥沼に浸かるくらいなら、ジョブトラへ行きましょう。

「ジョブトラ」に参加する

 

志望企業の内定者はどう書いた?内定エントリーシートを見よう!(その1)

 模範解答があれば憂いなし!

 あなたのエントリーシートは100点満点ですか? …と言われても、わかりませんよね。自己採点するにしても、その基準となる模範解答がなければどうしようもありません。

 もしこのまま提出して、果たして大丈夫でしょうか。

 そこで先輩が実際に内定をとったエントリーシートを使いましょう。 それと比較して何が足りないのか、どう書けばいいのかがわかれば、自ずと完成度が高まっていきます。

 「Unistyle」では、歴代就活生の合格エントリーシートを無料閲覧できます。

 総合商社やインフラ企業、メーカー企業、外資系企業をはじめ、超一流企業からベンチャー企業まで71,000通を超えるエントリーシートが収録されています(2023年5月時点)。 あなたの志望企業の合格エントリーシートもほぼ見つかるサイトと言っていいでしょう。

 また、合格ESだけでなく「企業研究」「同業他社比較」「就職活動の軸別のおすすめ業界」 「志望動機の書き方」など就活に役立つ限定記事もすべて無料で読むことができます。

 ぜひ自分のエントリーシートの見直しのために、作成の参考のために手に入れておきたいですね。

内定エントリーシートを読む


著者:村田 泰基(むらた やすき)
 合同会社レセンザ代表社員。1989年生まれ。大阪大学法学部卒。2013卒として就活をし、某上場企業(メーカー事務系総合職)に入社。 その後ビジネスの面白さに目覚め、2019年に法人設立。会社経営者としての経験や建設業経理士2級の知識、自身の失敗経験、300冊以上のビジネス書・日経ビジネスを元に、11年間に渡り学生の就職活動を支援している。 →Xのアカウントページ




×