リアルタイム閲覧者数:6人

 

就活の悩みを根本から解決するページ

 就活をするとさまざまな悩みが発生します。 これを解決したいと思って調べても、「やる気が足りない」「気合が足りない」など精神論に終始していて役に立たない・・・ 就活の悩みを根本から解決する方法を解説しています。 

 

内定がもらえない

 就活の悩みでよくあるものを一挙に解決してしまいましょう。 まずは、内定がもらえるかどうか不安系です。

  • 内定がもらえない気がして不安
  • インターンシップに参加してないんだけど大丈夫かな
  • 語学のスキルをもってないんだけど大丈夫かな
  • 行きたい会社が見つからない
  • エントリーシートが通らない
  • みんな内定をもらっているけど自分はまだだ

 大丈夫です。就活生のうち、95%は内定をもらい、大学卒業と同時に就職していきます。 内定をもらう時期が人によって3年生の3月、4年生の4月・・・と異なるだけのことです。

 さて、なぜ人によって内定をもらう時期が異なるのでしょうか。 どこを調べてもこれは「友達のことなんか気にするな」としか載っていません。ですが、 気にならないならそもそも相談しません。この相談員は頭に花でも生えているんでしょうか。

 内定がもらえる時期が人によって異なるのは、就活のやり方を理解した時期が違うからです。 就活が難しいのは、「就活のやり方を知らないまま放り出されて、理解した人から順番に内定を獲得していく」ところにあります。 あなたもまだ、いまいち就活のやり方がわからないのではないでしょうか。

 従来ですと、何社も何社も選考を受けて、落とされて、そのたびにエントリーシートを修正したり、 WEBテストの対策を始めたりと「カイゼン」していくんですね。 そしてようやく20社くらいにエントリーしたときに、やっとうまくいく。

 しかし、20社で終わるとも限りませんし、50社出してもまだわからない場合だってあると思います。 「ハウツー」がわからないだけで損をするなんて非常にもったいないです。 MY就活ネットではこの「ハウツー」を網羅していますので、就活のやり方をさっさと学んでしまえば、 すぐにでも内定はもらえます

 具体的には、内定への勝利の方程式を参照してください。 たった一つ、将来の夢をとことん考えて、それを「ビジネスを通じて実現する」ことに結び付けるだけなんです。 それができればエントリーシートに説得力が生まれ、内定がもらえるのです。

 また、就活に失敗したらどうしよう・・・と悩む方には、就活に保険をかけておくことをおすすめします。 保険とは言っても生命保険のようにお金を払うことではありません。 内定がもらいやすい別の就活サイトに登録することです。

 例えばキミスカ

 従来型の就活は時間の無駄が多すぎます。  従来の就活はリクナビやマイナビに登録して各社にプレエントリー、説明会に参加、エントリーシートを提出して面接を受けて・・・落ちる。 どれだけ時間をかけてエントリーシートを書いても、内定がもらえなければ全くの無駄になってしまいます。

 しかし、就活のこの4つのステップを大幅に減らしてくれる就活サイトがあります。

 それは「キミスカ 」です。

 キミスカではインターン経験や他社の選考状況をシェアすることで、各企業の人事部がチェックしてスカウトを送ってくれます。 これまで就活で頑張ってきた内容を登録しておけば、 プレエントリーをしていない会社からいきなり「最終面接」の案内が送られてくることもある就活サイトです。

 従来ですと、面接で落ちると無駄になっていたエントリーシート、グループディスカッションや面接での頑張りを、 「スカウトされる材料」として使うことができるのです。 スカウトがたくさん来れば、いちいちプレエントリーしたり、エントリーシートを書く手間が省けるので時間短縮になりますね。

 例えばココリク

 就活ってまどろっこしくてめんどくさいですよね。それは、プレエントリー→会社説明会→エントリー→リクルーター面接→グループディスカッション→面接という、 「内定までの道のりが非常に長い」という理由があります。

 多くの会社は採用担当者が採用決定権限を持っておらず、 また採用決定権限を持つ役員による最終面接までに、いくつものステップを経て採用候補者を絞り込もうとします。 これが就活がまどろっこしくてめんどくさい理由です。

 その余計なステップを究極的に省いたのが、内定直結型の就活イベントで、採用選考をその場で始めることが前提の合同説明会です。 あらかたの企業が採用選考を終えたあとでも頻繁に開催されており、採用権限をもった部長・役員クラスが現れ、 その場で面接が始まったり、いきなり内定がもらえたりするイベントがあります。

 そんな便利なイベントを一覧表示にしてくれるサイトがあります。 それが「ココリク」 です。

 ココリクに登録するだけで何社もの「新卒就活エージェント」の内定直結合同説明会の予約が可能になります。 また、ココリクにいる新卒就活エージェントはイベントを主催するだけでなく、 特別の選考ルートを持ったアドバイザーがいて、面接対策やセミナーを通じてあなたの内定に本気で取り組んでくれます。

 

面接に受からない

 「エントリーシートはちょくちょく通るようになってきたけど、面接が受からない」 そんな悩みを一挙に解決してしまいましょう。面接が受からない系の悩みです。

  • グループディスカッションに受からない
  • 面接に受からない
  • コミュニケーション能力に自信がない
  • ものすごく緊張してしまう
  • エントリーシートが通らない
  • リクルーター面接で落とされる

 大丈夫です。そのうちコツがわかって受かります。・・・というのは無責任すぎやしませんか? 悩みを抱える就活生は、「そのうちわかる」ではなく今その「ツ」を知りたいんです。 MY就活ネットではもちろん、このコツを伝授します。

 まず、その受かったエントリーシート、会心の出来じゃないですよね? 「なんか知らんけど面接に呼ばれた」くらいの感覚だと思います。 だから面接で落とされてしまうのです。

 実は、会社には面接に呼ぶ人数、落とす人数が決まっていて、 エントリーシートの出来が悪くても面接に呼ばれることはあります。 エントリーシートの完成度がいまいちなのに、呼ばれるというラッキーな事態が起きるのです。

 簡単に言えば、落ちるレベルのエントリーシートがなぜか通ってしまっただけなのです。

 ですが、エントリーシートの完成度が低いため面接でアピールしきれず、 そのまま落ちてしまうのです。ですから、エントリーシートの完成度を高めるか、 提出済みならエントリーシートの中身を受かるようにうまく組み立て直すしかありません。

 ここで重要なのは、「エントリーシート」の本質を理解することです。 エントリーシートってどれも必ず以下のような構成になっていませんか?

 どこの会社もこうなっているのは偶然ではありません。このエントリーシートに込められた本質、 それは、あなたの「将来の夢」実現ストーリーです。

 「えっそうなの?!そんなの知らないよ!」

 そう。これが就活のおかしなところです。エントリーシートの設問にはただ「学生時代頑張ったことはなんですか?」 などと質問しか書かれていません。本当に聞きたいことについては、なんと隠れたメッセージにすぎないのです。 このことは誰も教えてくれませんし、今までは自分で気づくしかありませんでした。

 これ、おそらく採用担当者もいまいちわかっていません。人事向けの書籍に書いてあった通りに設問を置いているだけだと思われます。 人事向けの本もちゃんと読めば「将来の夢」実現ストーリーが大事だと書かれているのですが、 忙しくて斜め読みした採用担当者は、「どんな設問を置くか」しか気にしていません。

 あなたの「将来の夢」実現ストーリーが書ければ、エントリーシートにメチャクチャ説得力が出ます。 面接でも自信を持って話をすることができますので、面接官も驚いて「高評価」をつけます。

 ですから、就職活動の軸を読んで、まずは「将来の夢」についてきちんと考えます。 そしてそれに基づいて「将来の夢のために学生時代頑張ったこと」「将来の夢を実現するのに今、何が足りていて、何が足りないのか」 「将来の夢を実現するには、この会社でこのビジネスに携わらなければならない」と言えるように組み立て直すのです。

 コミュニケーション能力については、結局「コミュニケーション能力」って何?で解説しており、 グループディスカッションのコツも解説しています。

 これで、エントリーシート通過率も、面接合格率も跳ね上がるはずです。

 

就活がめんどくさい。ってか働きたくない。

 そして多くの就活生が抱える悩み「就活やる気出ねーーーー」という悩みです。 相談員()の方は「働かないとしょうがないんだからやる気だしてね」くらいしか言いません。 ほんと頭がお花畑ですね。「なぜやる気が出ないのか」まで踏み込めば、解決策はあります。

 「働きたくない」「やる気がでない」「だから就活がだるい、しんどい」というのは、 就活の目的がはっきりしていないか、「生活費のため」「世間体のため」のように、 クソみたいな理由で就活をしているからです。

 当然、生活費や世間体は気になるでしょう。しかし、働く目的をそこに置いてしまっては、 「懲役40年」と言われるくらいしんどいものです。「働く目的」を見直してみましょう。

 そうです。働く目的を「将来の夢」にすればいいのです。

 「やりたくないことのために就活をする」のではなく「やりたいことをやるために就活をする」のです。 例えば「家でゴロゴロしていたい」なんて就職とはまったく縁のなさそうな夢があるとしますよね。 現状では家でゴロゴロできない。その理由はなんでしょうか。

 ならば、働かなくていい社会、なんでもロボットがやってくれる社会を目指せばいいのです。

 つまり、「ロボット」「自動化」「簡便化」があなたのキーワードになります。 それを実現できるビジネスを探し、その会社に就職すれば夢を叶えられる可能性がありますよね。 すると、就活も楽しくなってくるはずです。

 このことは就活がしんどい!~理由と対策で詳しく解説しています。 ぜひ読んでみてください。

 

内定先が自慢できない

 内定をもらってもなお、悩みが存在します。それは、内定先が自慢できないという悩みです。

  • 就職偏差値ランキングに載っていない
  • 年収ランキングに載っていない
  • この学歴でこの内定先だと「負け組」だ

 一言で解決できます。「そのランキング、間違ってるから気にするだけ無駄だよ

 そもそも上場企業だけで何千社もあるのに、ランキングにはせいぜい数十社から100社くらいしか載っていません。 さらに、ランキングの根拠が明示されていません。見た感じ、「株式人気ランキング」のような気がします。 あと、就職偏差値なんてものがそもそも存在しません。どうやって計算するんですかね?

 無意味なランキングに惑わされても仕方がありません。 就職の目的は「誰がつくったかもわからない謎ランキングに入ること」ではなく、 「将来の夢の実現」であるはずです。ビジネスのことを何も知らないバカが作った謎ランキングなんて放っておきましょう

 いかに就職偏差値ランキングが間違っているかは、就職偏差値ランキングに惑わされてはいけない!で、 就活ごときで人生は決まらない話は「勝ち組」「負け組」に惑わされてはいけない!で解説しています。

 もし友達に自慢されるのが嫌なら、むしろあなたが選んだ会社をどうやって発展させていくか考えて、 「この会社はこんなに将来性がある!」と自慢したほうがよっぽどかっこいいですし頭も良さそうです。 「は?テレビ局とかそんな斜陽産業でイキってんじゃねえぞ?こっちはなあ!」という具合に。

 

進学か就職かで悩んでいる

 内定はもらったけど、進学したほうがいいか就職したほうがいいか悩んでいる。そんな学生も多いようです。 簡単に言えば「やりたいほうをやればいい」ということです。

 「世間体のために」「親がそういうから」などで決めてしまってはいけません。 あなたの人生は、世間のものでもなければ親のものでもありません。 ひとえにあなたの「将来の夢」の実現のため、あなただけの判断基準で決めることです。

 なぜ進学したいのでしょうか。もし、研究をしたいという明確な理由があるなら、そうしたほうがいいでしょう。 企業も「目的のある人物」は大好きです。院卒で就活をするときも、「研究を頑張った」とアピールできます。

 逆に「院卒の肩書がほしいから」「満足な内定がもらえなかったから」で大学院に行くのは間違っています。 それは「目的のない進学」です。無駄な時間を過ごすことになります。 だったら、「将来の夢」のために副業をしたり勉強したほうが有意義ではないでしょうか。

 もし「満足な内定がもらえなかった」のが「将来の夢」に基づくものであれば、 就職留年してでも志望企業に自分をアピールしなおすべきでしょう。 しかし、学歴に対して内定先がショボイみたいなアホみたいな考えでいるなら、そのまま就職しましょう。

 内定先がショボイかどうかは、いま判断することではありません。 入社して、ほんとうにショボければあなたが超一流企業に育てればいいのです。 そして、たいていの場合「ショボイ」は勘違いです。テレビCMなどで見かけない無名企業だから不安なだけです。

 有名じゃないからだめだなんてことはまったくありません。 有名企業は、単にお客さんが一般消費者だから露出が多いだけで、 優良企業ならどこでも有名になるというわけではありません。

 自慢するための就活ではまったく幸せにつながりませんので、 即刻将来の夢のための就活に切り替えていきましょう。 誰かを喜ばすのではなく、自分の欲望のために働くのです。

 

今から最短で内定をもらうには?

 

志望企業の合格エントリーシートを見る(その1)

 エントリーシートは、何を書いたら正解かわからない、「『わからないこと』がわからない」状態だと思います。 私もそうでした。自分では完璧だと思っていたエントリーシートも、他の人のエントリーシートと比べたらボロボロだったのです。 そこで、志望企業で実際に内定をとったエントリーシートを参考にしたいですよね。

 「Unistyle」では、一流企業からベンチャー企業まで、内定したエントリーシートを無料ダウンロードできます。

 「Unistyle」では、三菱商事や三井物産、三菱東京UFJ銀行、トヨタ自動車、三菱地所、新日鐵住金、東京ガス、 マッキンゼー、P&Gなど、様々な超一流企業をはじめ、1万7000通を超えるエントリーシートが収録されています。 あなたの志望企業の合格エントリーシートも必ず見つかるサイトと言っていいでしょう

 商社や自動車メーカーをはじめとした企業研究同業他社比較、また「就職活動の軸」別のおすすめ業界、 志望動機の書き方まで非常に詳細に書かれた限定記事をすべて無料で読むことができます。

 また会員限定の特別イベントが多数開催され、過去には伊藤忠商事、日本政策投資銀行、日本ロレアル、キーエンス、日本たばこ産業(JT)、トヨタ自動車、旭硝子、デンソー、 三菱東京UFJ銀行、大日本印刷などのイベントが行われています。

 ぜひ自分のエントリーシートの見直しのために、または作成の参考のために手に入れておきたいですね。

 

志望企業の合格エントリーシートを見る(その2)

 「ワンキャリア」では50,000件を超える合格エントリーシート・就活体験談が掲載されており、 全日本空輸(ANA)、伊藤忠商事、花王、日本航空(JAL)、味の素、アサヒビール、オリエンタルランド等日本の一流企業に加え、 ゴールドマンサックス、ボストンコンサルティング、モルガン・スタンレーなどの外資系一流企業も多数そろっています。

 エントリーシートだけでなくインターンシップやその選考、WEBテスト、グループディスカッションの攻略情報、 さらに志望動機の書き方や業界研究を読むことができ、従来では手に入らなかった情報が満載です。

 「ワンランク上のキャリアを目指す」というキャッチフレーズの通り、業界をリードする大手企業の資料が多く、 また総合商社、JR東海、電通、キーエンス、日本郵船、三菱地所といった一流企業の出展する限定イベントも開催されます。

 「ワンキャリア」は月間60万人の就活生が利用しています。また内定後も謝礼付きのインタビュー等が行われ、 就活体験を翌年の就活生のために役立てることもできます。先輩の「知」を継承し、 あなたが発展させた「知」を後輩に継承する好循環を生み出しましょう。

 

2018年9月でも間に合う!内定直結の合同説明会

 すぐ内定がほしい。それは、就活生なら誰もが願うことだと思います。

 2019年卒では8月1日の時点で就活生の88%が内定を持っています。「まだ内定がない」と焦る気持ちが強いと思います。 そんな中、まどろっこしくてめんどくさい従来型の就活をしていては余計にストレスが溜まってしまいます。

 余計なステップを究極的に省いたのが、内定直結型の就活イベントで、採用選考をその場で始めることが前提の合同説明会です。 あらかたの企業が採用選考を終えたあとでも頻繁に開催されており、採用権限をもった部長・役員クラスが現れ、 その場で面接が始まったり、その場で即日内定がもらえたりするイベントがあります。

 それが「MeetsCompany 」です。 年間10万人が利用しているほどで、MeetsCompanyで内定を確保するのはもはや常識になりつつあります。

 2019年卒の募集が始まっています。MeetsCompanyは参加者内定率96%を誇っており、 全国で開催されているので地方の学生でも行きやすいイベントです。 最短1日で内定を取れますので、就活を終わらせることができます。

 

多忙の中、どっしり「スカウト」を待つ

 従来型の就活では内定までの道のりがとても長くてめんどうですよね。説明会を受けて、エントリーシートを提出して、グループディスカッションを受けて… そんな手順をすっ飛ばして自分に合った会社が、向こうからアプローチしてくれる就活サイトがあります。

 それは「キミスカ 」 です。

 キミスカでは自分から会社を探さなくても、SNSのようにプロフィールを書くだけで、 会社の人事が「こんな優秀な学生がほしかった!」とスカウトを、時にはいきなり最終面接の案内を送ってくれます。

 他社のインターンやES、GD、一次~最終面接など、従来は落ちると無駄になっていた頑張りを「スカウトされる材料」にできるのです。 スカウトがたくさん来れば、いちいちプレエントリーしたり、エントリーシートを書く手間が省けるので時間短縮になりますね。

 すでに2019年卒の就活生も約7万人が利用しているほどで、スカウトがどんどん来ます。 また、実際の採用選考で行われる「適性検査」も体験できるので、ぜひやっておきたいですね。




×

2018年09月の今からでも間に合う!即日内定の合同説明会