リアルタイム閲覧者数:6人
 

著者について

名前いんもちゃん
学歴大阪大学法学部法学科 2013年3月卒業
職業メーカー事務系総合職 2013年4月入社 2018年5月末をもって退職
不動産賃貸 2016年9月~
web運営 2003年2月~
職種営業・法務・人事を経験
月収給料:額面32~36万円(当時)
事業収入:平均40万円
年収820万円(2017年度)
残業なし
休日年間120日強(当時)
飲み会1ヶ月に1回程度


 web運営および不動産経営を行っている、青色申告事業者兼会社員です。

 入社から4年間で読んだビジネス書は200冊を超え、そのうち40冊は不動産投資の本です。 とにかく本を読み、web運営と不動産経営で実践することで本質思考、マーケティング理論、 ビジネス戦略論を学習し、MY就活ネットの記事にも活かしています。

 不動産経営については、給料とボーナス、web運営の収益を550万円貯め、 そのうち500万円を自己資金として6700万円の融資を受けて開始しました。 自家用車を買うか迷い、辞めておくという決断をしたときが人生の岐路だったと思います。

 不動産経営についてはMY不動産投資というサイトを設立し、ノウハウを公開しています。

 もはや会社を辞めても十分な収入はありますが、収入源は多いほうが良い、 ビジネスに携わっていたいことからもうしばらくは続けるつもりです。

 

学生時代について

 現在はSurfaceとビジネス書を手に喫茶店で日々作業、読書をしているいわゆる「意識高い系」ですが、 大学時代はまったくそんなことはありませんでした。

 大学では学生寮に住み、夜9~12時から一日が始まり、午前5時くらいに終える、 すなわち酒を飲んでカラオケに行くという生活を週3~5日で行っていました。 定期試験の合間に友達とゲームをしたり、深夜にゲームを買いに行って朝までプレイし、 講義に出て、帰ってまた深夜までプレイするということもしました。

 コンビニ等でバイトをし、CB400SF2に乗り、法律の専門書を買いあさり、 2chやニコニコ動画、深夜アニメを視聴してビリヤードと、大学生活を謳歌しました。

 そんな生活をしつつ大学の期末試験対策はぬかることなく、 行政法の国家賠償法を落単した程度に収まりました。 (他にも試験内容がめんどくさいから放棄して別の教授の元で再履修したものはある)

 3回生の6月から就活を意識してインターンシップに参加しました。 しかしその後は何もすることなく、ビリヤードなどして遊んでいました。 そして2012年12月、就活を開始。

 就職活動は真面目に書いたエントリーシートはわりと通過し、リク面などに呼ばれてタダでコーヒーを飲む。 しかしリク面で落とされまくりました。エントリーシートの通過は、ブログを書いていたのと、法律という、もろ文章の学問をしていたためか、 文章力だけはあったからだと思います。

 就職した今だからこそ、就職活動を振り返って見ることができます。 間違いだらけの就職活動。このサイトが少しでも考えるきっかけになればと思います。

 内定を得たのは4月下旬。面接で笑いを取り、社長に「その言葉が聞きたかった!!」と言わしめて、 意気揚々として秋葉原でギャルゲー(限定版)を購入し、帰りの新幹線を降りる直前に内々定の電話がかかってきました。

 新幹線のデッキだったのとテンションが上がってしまったのもあってあまり耳に入ってこなかったけど

 内々定の瞬間というものは大変気持ちの良いものです。

 自身の就活では順風満帆だったわけではなく、情報収集に苦労し、特に周囲に就活をしていた先輩もいなかったことから、 世の中にたくさんの「先人の体験」が埋没しているという思いを強めました。

 本やwebサイト等情報伝達手段は豊富にある一方で、次世代に受け継がれることなく消滅していく「先人の体験」が無数にあります。 その中で自身の体験・知識を次世代に伝えたいという思いでMY就活ネットを設立しました。

 

web運営について

 webサイトを初めて作ったのは中学1年生の冬でした。 当時流行していたブラウザゲームを自分でも設置したいと思い、 つまりは「管理人」になりたいと思ったのが始まりです。

 htmlの勉強そっちのけでperl言語のCGIにのめり込み、 設置したCGIゲームを改造する日々を送りました。 MY就活ネットはPHPで作っていますが、これはperl言語の経験の賜物です。

 プログラム熱もどんどん上がっていき、 中学3年生のころにはフラッシュゲームを自動操作するチートツールを作ったりしていました。 マウスの自動操作プログラムを作ったり、自分で掲示板プログラムを組んでホームページに設置したりしていました。

 しかしながら、私は理系への道は歩みませんでした。 というのも、高校の化学で行き詰ってしまった(と思い込んでいた)からです。

 高校1年生のときに化学Iを履修していたのですが、センター試験を超えるレベルの実力テストがありました。 100点満点で平均点は24点。私は28点でした。そんな中、一人だけ98点という高得点をたたき出した友達がいたのです。 しかも彼は、「符号をつけろと書いたのに『+』をつけなかった」という理由で2点減点されただけでした。

 「こいつには勝てない」と思い、理系の道を断念したわけです。 今思えば比べる相手が悪かっただけでした。彼は東大の理3に合格していったのです。

 そんな経緯で文系の道を進み、法学部を出て、現在サラリーマンをやっているわけです。

 

退職について

 入社4年目でうつ病を発症し、1年半の間、休職と復帰を繰り返しましたが、 最終的に「退職」という選択を取りました。

 私はそもそも就活をまじめにやらず、失敗した側の人間です。 入社1ヶ月で「絶対に辞めてやる!」と決意して不動産投資やweb運営を勉強し、 自己資金を貯めて新築アパートを建てるところまでやりました。

 自分では精神病になるなどまったく思っていなかったのですが、 終わりの見えない残業祭りや休日出勤、他部署のミスのための客先への謝罪行脚などが重なり、 なんとも表現しがたい病気におかされてしまいました。

 入社6年目になる2018年4月から職場に戻り、復職訓練中だったのですが、 結局その翌月の休職期間満了をもって退職を決意するに至りました。

 原因はなんといっても「目的なき就職」にあったと思っています。 自己分析をせず、「実現したい理想像」もなく就職して、ただ40年先の定年退職を夢見ていました。 みなさんには、こんな就職は絶対にしてほしくありません。

 不動産投資等の勉強中にビジネス本やビジネス雑誌を読みまくったために、 途中からは仕事に面白さを見出し熱意をもって仕事をしていたのですが、 それまでに蓄積されたストレスの解消には間に合わず、あえなくダウン。

 しかし不労所得をつくっていたため、退職の意思決定はスムーズにできました。 これは本当に勉強しておいてよかったと思います。

 今後は個人事業と不動産投資でやっていくつもりで、転職や再就職は考えていません。 就活サイトを運営しながら言うのもなんですが、人生は「雇われる」だけではないのです。

 そこで、みなさんには「夢ある就職」と「複数の収入源によるリスク分散」を伝えていきたいと思います。 夢と希望にあふれ、万一の際の「B案」というセーフティネットもある「楽しい人生」をすすめたいと思っています。

 これが私の今後の「将来の夢」であり、「実現すべき理想像」です。

 

今から最短で内定をもらうには?

 

志望企業の合格エントリーシートを見る(その1)

 エントリーシートは、何を書いたら正解かわからない、「『わからないこと』がわからない」状態だと思います。 私もそうでした。自分では完璧だと思っていたエントリーシートも、他の人のエントリーシートと比べたらボロボロだったのです。 そこで、志望企業で実際に内定をとったエントリーシートを参考にしたいですよね。

 「Unistyle」では、一流企業からベンチャー企業まで、内定したエントリーシートを無料ダウンロードできます。

 「Unistyle」では、三菱商事や三井物産、三菱東京UFJ銀行、トヨタ自動車、三菱地所、新日鐵住金、東京ガス、 マッキンゼー、P&Gなど、様々な超一流企業をはじめ、1万7000通を超えるエントリーシートが収録されています。 あなたの志望企業の合格エントリーシートも必ず見つかるサイトと言っていいでしょう

 商社や自動車メーカーをはじめとした企業研究同業他社比較、また「就職活動の軸」別のおすすめ業界、 志望動機の書き方まで非常に詳細に書かれた限定記事をすべて無料で読むことができます。

 また会員限定の特別イベントが多数開催され、過去には伊藤忠商事、日本政策投資銀行、日本ロレアル、キーエンス、日本たばこ産業(JT)、トヨタ自動車、旭硝子、デンソー、 三菱東京UFJ銀行、大日本印刷などのイベントが行われています。

 ぜひ自分のエントリーシートの見直しのために、または作成の参考のために手に入れておきたいですね。

 

志望企業の合格エントリーシートを見る(その2)

 「ワンキャリア」では50,000件を超える合格エントリーシート・就活体験談が掲載されており、 全日本空輸(ANA)、伊藤忠商事、花王、日本航空(JAL)、味の素、アサヒビール、オリエンタルランド等日本の一流企業に加え、 ゴールドマンサックス、ボストンコンサルティング、モルガン・スタンレーなどの外資系一流企業も多数そろっています。

 エントリーシートだけでなくインターンシップやその選考、WEBテスト、グループディスカッションの攻略情報、 さらに志望動機の書き方や業界研究を読むことができ、従来では手に入らなかった情報が満載です。

 「ワンランク上のキャリアを目指す」というキャッチフレーズの通り、業界をリードする大手企業の資料が多く、 また総合商社、JR東海、電通、キーエンス、日本郵船、三菱地所といった一流企業の出展する限定イベントも開催されます。

 「ワンキャリア」は月間60万人の就活生が利用しています。また内定後も謝礼付きのインタビュー等が行われ、 就活体験を翌年の就活生のために役立てることもできます。先輩の「知」を継承し、 あなたが発展させた「知」を後輩に継承する好循環を生み出しましょう。

 

2018年9月でも間に合う!内定直結の合同説明会

 すぐ内定がほしい。それは、就活生なら誰もが願うことだと思います。

 2019年卒では8月1日の時点で就活生の88%が内定を持っています。「まだ内定がない」と焦る気持ちが強いと思います。 そんな中、まどろっこしくてめんどくさい従来型の就活をしていては余計にストレスが溜まってしまいます。

 余計なステップを究極的に省いたのが、内定直結型の就活イベントで、採用選考をその場で始めることが前提の合同説明会です。 あらかたの企業が採用選考を終えたあとでも頻繁に開催されており、採用権限をもった部長・役員クラスが現れ、 その場で面接が始まったり、その場で即日内定がもらえたりするイベントがあります。

 それが「MeetsCompany 」です。 年間10万人が利用しているほどで、MeetsCompanyで内定を確保するのはもはや常識になりつつあります。

 2019年卒の募集が始まっています。MeetsCompanyは参加者内定率96%を誇っており、 全国で開催されているので地方の学生でも行きやすいイベントです。 最短1日で内定を取れますので、就活を終わらせることができます。

 

多忙の中、どっしり「スカウト」を待つ

 従来型の就活では内定までの道のりがとても長くてめんどうですよね。説明会を受けて、エントリーシートを提出して、グループディスカッションを受けて… そんな手順をすっ飛ばして自分に合った会社が、向こうからアプローチしてくれる就活サイトがあります。

 それは「キミスカ 」 です。

 キミスカでは自分から会社を探さなくても、SNSのようにプロフィールを書くだけで、 会社の人事が「こんな優秀な学生がほしかった!」とスカウトを、時にはいきなり最終面接の案内を送ってくれます。

 他社のインターンやES、GD、一次~最終面接など、従来は落ちると無駄になっていた頑張りを「スカウトされる材料」にできるのです。 スカウトがたくさん来れば、いちいちプレエントリーしたり、エントリーシートを書く手間が省けるので時間短縮になりますね。

 すでに2019年卒の就活生も約7万人が利用しているほどで、スカウトがどんどん来ます。 また、実際の採用選考で行われる「適性検査」も体験できるので、ぜひやっておきたいですね。




×

隠れ優良企業からスカウトがもらえるサイト!