リアルタイム閲覧者数:33人

 

【就活】文系がIT企業に就職する方法

 IT企業に就職する新卒は年々増えており、2019卒では文系・理系とも就職先1位がIT業界となりました。 IT業界は待遇の良いホワイト企業も多く、将来性や成長性の面でもメリットの多い業界です。

 IT業界は文系職種の募集が少なく、理系だけの就職先のように思われがちです。 そんなIT業界に文系が就職するにはどうすればよいか解説します。



 

プログラマーになろう

 「文系でIT業界に就職できるの?」という疑問がまず、あると思います。 結論から言えば文系でも可能です。しかも、営業マンではなくプログラマーとしての就職が可能です。

 IT業界は実は、採用選考において文系歓迎です。 というのもこの業界は万年人手不足で、理系で専門としてプログラミングを学んだ人だけでは、 まったく足りないからです。

 難しそうに聞こえる「プログラミング」ですが、その難易度は言語によって様々で、 一般ユーザーの使う「アプリ」や「WEBサイト」は、やる気さえあれば誰でも習得できる言語で作られています。 そのため、情報系の理系でなくてもプログラミングは実はできるのです。

 私も前職を退職する際に、ノリで転職サイトに登録して「趣味でホームページをつくっています」と書いたところ、 IT企業からの求人がボコボコ来ています。「未経験者歓迎」という会社も非常に多いですね。

 IT業界は「私服勤務」「多様な有給休暇」「おしゃれなオフィス」「年収500万円以上」はもちろんのこと、 「フリードリンク」「夜は会社併設のバーでアルコール飲み放題」なんて多様な福利厚生もあり、 旧態依然とした従来型の大企業に比べて魅力的な会社が多いですから、メリットも多いです。

 そこで文系でも、プログラマーとして就職しましょう。

 

プログラミングは難しくない

 実は、プログラミングはそれほど難しいものではありません。 プログラムは大きく分けて「機械語」と「プログラミング言語」の2種類があり、 多くのIT企業が扱うプログラムは「プログラミング言語」です。

 確かに「機械語」のほうは非常に難しく、それこそ専門的に学んだ理系でないと扱えない側面はあります。 ですが、「プログラミング言語」は「機械語」を簡単にして誰でも扱えるように作られたものです。

 スマホのアプリやWEBサイト等は「プログラミング言語」によってつくられており、 一般消費者や法人に向けたサービスでは「機械語」は取り扱いません。 そのため、やる気さえあれば誰でも、文系どころか中学生ですらプログラミングができます

 私は中1のころからパソコンを使うようになりましたが、中1の冬からホームページを作り始め、 Perl言語のCGIでゲームをつくったり、Flashでアニメーションをつくったり、 VisualBasicでアプリをつくったりしていました。

 本を買って勉強したわけでもなく、やりたいことをインターネットで検索して、 ソースコードをコピペしたり改造したりしているうちに学んでいったのです。

 この「MY就活ネット」もイチからメモ帳でつくったサイトですが、基本的にすべて中学生の時に学んだ技術で、 記事の内容が「日記」から「就活情報」に変わっただけです。 実はプログラミングはそんなに難しいものではないのです。

 

IT業界は万年人手不足

 IT業界は誕生してからまだ歴史が浅く、それでいて爆発的な成長をしている最中です。 次々に新しいサービスが生まれ、アイデアもどんどん出されます。 その一方で、サービスの作り手が不足している状況です。

 というのも、理系は高校で学んだ「物理」「化学」「生物」を基本にして学部を選ぶからです。 プログラミングを学ぶ学部学科に行く学生はまだまだ少数派で、 従来型の学部学科に偏りがちです。

 「機械語」やそれに近い「OS」、学術論文に依拠してつくられる「人工知能」など非常に複雑なものはさておき、 「プログラミング言語」で消費者や法人向けサービスを展開するのはアイデア次第で、 プログラミング自体は、多少勉強すれば誰でもできるものです。

 そこで、IT業界は「文系歓迎」「未経験者歓迎」で、イチからプログラミングを学ばせてくれるのです。 それも大した時間はかかりません。やる気さえあれば誰でもプログラマーになれるのです。

 いずれIT技術が高校生にも人気になれば、理系の専門の学生が増えてきます。 ですから、文系でIT業界に就職するのは人手不足の今がチャンスです。

 「プログラミング言語」を基礎にして「データサイエンティスト」や「AI技術者」になる道もありますし、 起業してITサービスを提供する未来すらありますから、技術者としてIT業界に就職するのは将来性が高いと言えます。

 

IT業界で役立つ資格

 IT業界に就職するのに役立つ資格を紹介していきます。 もちろん文系歓迎ですから、「資格が必須」というわけではありません。 ですが、これらの資格を持っていると「IT向き」であることのアピールになります。

 とはいえITが好きでなければ毎日アルファベットだらけの画面とにらめっこするのはしんどいですから、 ここで紹介する資格を少しかじってみて、自分に向いていそうか考えてみましょう。

 主に国家資格のうち、文系でも取得ができるものを紹介します。

 

ITパスポート

 ITパスポートは国家資格ですが、難易度は非常に低く、1ヶ月も勉強すれば取れる資格です。 普段からパソコンを使っている人なら簡単に理解できますので、 この資格の勉強で多大な時間を費やすということはありません。

 逆にITパスポートを持っているからといって、何かができるわけではありません。 「パソコンの仕組み」「インターネットの仕組み」がわかっている程度に過ぎず、 これがあるから就職に有利に働くというわけではないのです。

 ですが、「ITに興味がある」「ある程度の基礎知識がある」ことの証拠になり、 またIT業界でなくても若手社員に取得を義務付けている会社も多いですから、 持っていて損はしない資格です。

 ITパスポートの試験は年間を通して行われていて、私は1ヶ月先の日程を予約してから本を1冊買い、 通勤電車で本を読むだけで合格しました。

 専門用語もありますので「ノー勉」で合格とはいきませんが、非常に簡単です。 合格率は40~50%ですが、会社の指示で仕方なく「ノー勉」で突撃している人も多いため、 普通に勉強した人に限っては80~90%ほどの合格率があるのではないかと思います。

 

基本情報技術者

 基本情報技術者はITパスポートの上位版の国家資格で、難易度は中程度です。 1日2時間の勉強で3ヶ月の勉強が必要で、勉強時間で言えば日商簿記2級くらいの難しさです。 まったくの未経験では少し難しいですが、ITパスポートを勉強済みであれば簡単になります。

 IT系の資格ではありますが、プログラミング的な知識を問う「テクノロジ系」の問題は全体の60%に過ぎず、 残りはマーケティングや財務諸表など経営に関係する「ストラテジ系」と、 システム開発の時間や資源の管理を問う「マネジメント系」が40%を占めます。

 5分の2を占めるこの2つは、むしろ文系のほうがとっつきやすいでしょう。 「テクノロジ系」も「プログラミングができるレベル」ほどではなく、 単に本に載っている知識を覚えていれば可能なレベルです。

 この資格があると公務員や自衛隊に技術者として応募できたり、 大学や大学院の入試で優遇される場合があるなどの特典もあります。

 IT業界でない会社では、文系には取得が義務化されないことが多く、 この資格を持っていると驚かれることも少なくないでしょう。

 基本情報技術者試験は、本を読んで覚えるだけでは足りません。「紙に書いて覚える」などの対策が必要です。 ですが、複雑な計算式を解いたり、プログラミングができる必要もないため、 文系には難しい資格というわけでもありません。

 合格率は20~30%とされていますが、「ノー勉突撃」の人たちを除けば、 30~40%ほどの合格率はあるのではないかと思います。

 

応用情報技術者

 応用情報技術者は、基本情報のさらに上位版の国家資格で難易度は高いです。 基本情報を習得した上でさらに1日2時間の勉強で3ヶ月、つまり合計で6ヶ月の勉強時間が必要です。 こちらは多少の実務経験がないと難しい試験です。

 実務経験がなくても試験勉強を頑張れば合格も可能です。 また数学やアルゴリズム・プログラミングといった理系要素満載の問題は、 選択式で回避することもできます。

 ITパスポートと基本情報技術者がマークシートの試験であるのに対して、 応用情報技術者は半分が記述式であるところに難しさがあります。

 この資格の特典は、自衛隊への応募で基本情報技術者より上の階級の門戸が開かれたり、 弁理士試験や中小企業診断士試験での科目免除、警察官のコンピュータ犯罪捜査官の応募が可能になるなどがあります。

 IT業界でない会社では、文系に取得させることはまずありません。 文系でこの資格を持っていると、昔ながらの大企業ではバケモノ扱いされるでしょう。

 基本情報技術者に比べて問題の難易度が格段に上がるというわけではありませんが、 半分が記述式の出題となるため勉強時間はかなり取られます。 持っていると輝く資格ですが、ここまで勉強する必要はないとも思います。

 プログラミングを始めて15年がたっている私ですが、応用情報技術者試験はさっぱりわかりません。 プログラマーとして就職するのに必須な資格ではないですね。

 

IT技術を学ぼう

 IT業界は「文系歓迎」「未経験者歓迎」の業界ではありますが、 プログラミングが「自分に向いているかどうか」だけはしっかり確認しておく必要があります。

 人と話したりあちこち出かけるのが好きな人は、営業マンになったほうが楽しい人生を送れる可能性があります。 一方でコミュニケーション能力はプログラマーにも必要なスキルですから、 営業マン向きだと自覚していても、意外とハマるかもしれません。

 先ほども述べましたが、プログラミングはアイデア次第です。 難しい計算式はいちいち覚えている必要がありません。いまや「やりたいこと」をグーグルで検索すれば、 そのサンプルコードが簡単に入手できます。

 そのコードの組み合わせてプログラムをつくっていきますので、 実はプログラミングは覚えることがそんなに多くないのです。

 

WEBサイトを作ってみよう

 手始めにWEBサイトを作ってみましょう。 インターネット開通の際に、プロバイダからホームページサービスが割り当てられていると思います。 無料のレンタルサーバを使ってもいいでしょう。

 私もこのサイトはすべて「メモ帳」で作っています。 難しいことをしているようで、実はコードはサンプルコードをグーグルで検索してひっぱってきて、 それを改造して組み合わせてつかっているだけです。

 そして私は高校では文系で、大学でも法学部という「ど文系」出身です。 就職先は建設業界で、会社ではプログラムを全く扱いませんでした。それでもプログラマーとしての求人がくるのです。 実は理系でなくてもプログラミングはできるのです。

 そしてIT業界は常に人手不足なので、未経験者を技術者として採用しています。 少し教えてもらえばあとはコピペと改造でプログラミングができてしまうのですから、 研修期間にがっつり教えてもらえば、それだけで済みます。

 IT業界に興味があって、就職まで時間のある方はメモ帳でホームページをつくるところから始めてみてはいかがでしょうか。

 

「GEEK JOB」を使おう

 万年人手不足の「WEBサービス」に特化した「GEEK JOB 」という就職サイトがあります。

 GEEK JOBは「WEBサービス」をつくるプログラミング言語を無料で学べて、 優良企業への就職実績が多数あり、エンジニアとしての就職成功率95.1%を誇ります。 しかもそのうち71.6%がパソコン初心者だというのですから驚きです。

 就職先もサイバーエージェントやモブキャスト、DMM.comといった超有名企業だけでなく、 500社もの特別採用枠を持っています。

 扱うプログラミング言語は「PHP」「Java」「Ruby」といったものですが、 この業界は人手不足が特に著しく、その分待遇や福利厚生が充実している特徴があります。 毎日私も求人案内を受け取るのですが、面白そうで楽しそうな会社だらけです。

 先ほどにも述べたようにプログラミング言語自体はそれほど難しいものではなく、 特にWEBサービス関連ならば、少し勉強すればすぐにできるようになります。

 私は長年趣味でやってきましたが、今から独学で始めるよりは、 GEEK JOBで無料学習したほうが効率的でしょう。

 GEEK JOBはなぜ無料なのかというと、国の認定を受けた事業者で、 その運営資金はIT企業からの支払いで成り立っているからです。 このためプログラミングスクールなどと違い、就活生は一切のお金が不要なのです。

 まずは説明会の参加や1日体験 をしてみて、そこでプログラミングが自分に向いているかどうかを判断するのもよいでしょう。

 

客先常駐のSEはヤバい!

 以上はIT業界で「プログラマー」として就職する場合の話です。 「客先常駐のSE」は非常にキツイ仕事ですので別でわけて考えるべきです。 以下では客先常駐のSEについて解説します。

 SEとはシステムエンジニアの略で、会社のシステムやサーバを管理する仕事です。 例えば営業マンが売上や契約書を登録するのに使う社内システム、経理部が使う入金システム、 設計部が使う設計図を工場設備に送るシステムなどの保守管理をします。

 また社内サーバや社内LANなどのメンテナンス、異動者のための新規登録などを行います。 この仕事が「社内」か「客先常駐」かで「キツさ」が大きく異なります。

 「社内」の場合は自社の就業規則に従って、他の社員と同じ待遇です。 定時退社がルールなら定時退社、残業代もつきますし、無理な命令をして労災が発生したら会社の責任です。 そのため上司がする指示にも限度があります。

 ところが「客先常駐」の場合、その常駐先の就業規則は関係ありません。 常駐先の社員が定時退社しても自分には関係がなく、残業代も自分の所属する会社次第です。 そして常駐先の偉い人はあなたの労働時間を管理する義務がありませんから、指示し放題です。

 年配の社会人は想像以上にパソコンが使えません。エクセルもワードもまともに使えませんし、 タイピングは人差し指1本で入力しているなんてことも珍しくなく、新しいことを学ぶより、 紙に印刷して仕事をしがちです。

 そんな人たちからどんどん質問がきます。「文字を大きくしたいんだけど…」「エクセルの計算式がわからなくてさあ」 「何もしてないのにパソコンが起動しなくなった!」…これらはSEの仕事ではありません。 ですが、「パソコンに詳しい人に聞こう!そういえばうちにSEが来てるんだったな!」と関係ない質問をされまくります。

 システムエンジニアではなく、いつの間にか「パソコンに詳しい人」として頼られまくる上に、 当然SEとしての仕事はちゃんとあります。パソコンができない人に時間を取られまくるため長時間労働になりがちです。 ですが、それをやめさせる義務が、客先にはありません。

 これが客先常駐のSEがブラック職場になりがちな原因です。

 他にも「自分の上司が近くにいない」というデメリットがあります。いくらパソコンが使えないお客さんの役に立っても、 それを評価してくれる上司がいないのでは、自分の昇給につながりません。 しかも「その会社のシステム」には詳しくなりますが、技術力がつくわけではないので「スキルアップにならない」デメリットもあります。

 SEになるなら社内SEを選ぶようにし、できればプログラマーとして就職するのが良いでしょう。

 

IT業界の志望動機

 IT業界の志望動機の例を挙げていきます。

  • 世界のスタンダードになりえる新しいものを作り出すこと
  • 世界で広く展開していること
  • 世界に驚きと感動を与える仕事
  • 幅広い技術によって社会の基盤作りに最も貢献できる会社
  • 非常に幅広く事業を展開しており、技術の応用に積極的であること
  • オーダーメイドであるため顧客の満足に応えられること
  • 安全技術の開発に取り組んでいること
  • 日本の技術を海外に輸出し現地生活の向上に貢献したい
  • 人々の生活になくてはならないものをシステム構築から支えたい
  • 社会の変化に適応できる会社であることに魅力を感じた
  • 社会の抱える問題の本質を理解し、高付加価値のソリューションを提供したい

 IT業界のビジネスの特徴は、自動化です。 従来、人の手で何時間もかけて行っていた作業を自動化し、人を楽にするところに本質があります。 AIやIoT技術では「職人技」すら再現し、「人災」をなくし、人間では不可能な速度・効率・正確さを実現します。

 志望動機も「サービス」にフォーカスするだけではいけません。 IT業界は変化が目まぐるしく、今あるサービスも明日には時代遅れになっている可能性もある業界です。 「検索サービス」「通販サービス」ではなく、その先にある「輝かしい未来」に注目した志望動機をつくりましょう。

 ですから、志望動機では「家事の面で『時間短縮』を実現する」「不良品率を下げるシステムで『損をしない』という価値を提供する」 「サービスを通じて驚きと感動を提供する」などがキーワードとして使えます。

 志望動機で最も良いのは「経営理念」と「就職活動の軸」が一致しているとアピールすることです。

 詳しくは「新卒採用」は「将来の夢採用」で解説していますが、 就活は、「将来の夢就職活動の軸)に沿って行わなければなりません。 志望動機も、「将来の夢を実現するため、貴社に入社しなければならない」という流れで書きます。

 ですから、ここにある志望動機もほんの一例にすぎず、実際にはあなたの将来の夢と、 会社の企業理念・ビジネスの目的とを結びつけて考えて、志望動機をつくるのです。

 →業界研究のやり方に戻る

 

今から最短で内定をもらうには?

 

「実はもう内定あるんだよね」内定直結の合同説明会

 就活では「内定が1つあるかないか」で心の状態が大きく変わります。 たった1つ内定があれば、心に余裕ができ、「不安で眠れない」「もう後がない」といった状況とおさらばできます。 さらに自信が持てるため、堂々とした態度が面接でもウケて次々に内定を獲得していけるのです。

 友達や家族などに「就活どう?」と聞かれたときに、「もう内定は1つ確保してるんだよね」と言えたら、 周りも安心させられます。「たった1つの内定」が好循環の起爆剤なのです。

 その1つ目の内定を簡単に確保できる就活イベントがあります。 それが「MeetsCompany 」です。

 他の説明会と異なり、採用権限をもった役員・部長クラスがやってきて、 その場で面接が始まり、その場で内定がもらえたりする内定直結型の合同説明会です。 さらに参加者内定率96%を誇るため、行けば内定がほぼ確定するイベントです。

 すでに2020卒の募集が始まっていて、年間を通して全国で開催されており、地方の学生でも行きやすいメリットがあります。 参加企業も東証一部上場企業から隠れ優良企業、ベンチャー企業までさまざまです。 「とりあえず1つ目の内定を確保」と思ったらそれがあなたにピッタリの企業かもしれません。

 毎年卒業ギリギリまで開催されており、2019年4月でもまだ間に合います。

 

志望企業の合格エントリーシートを見る(その1)

 エントリーシートは、何を書いたら正解かわからない、「『わからないこと』がわからない」状態だと思います。 私もそうでした。自分では完璧だと思っていたエントリーシートも、他の人のエントリーシートと比べたらボロボロだったのです。 そこで、志望企業で実際に内定をとったエントリーシートを参考にしたいですよね。

 「Unistyle」では、一流企業からベンチャー企業まで、内定したエントリーシートを無料ダウンロードできます。

 「Unistyle」では、三菱商事や三井物産、三菱東京UFJ銀行、トヨタ自動車、三菱地所、新日鐵住金、東京ガス、 マッキンゼー、P&Gなど、様々な超一流企業をはじめ、1万7000通を超えるエントリーシートが収録されています。 あなたの志望企業の合格エントリーシートも必ず見つかるサイトと言っていいでしょう

 商社や自動車メーカーをはじめとした企業研究同業他社比較、また「就職活動の軸」別のおすすめ業界、 志望動機の書き方まで非常に詳細に書かれた限定記事をすべて無料で読むことができます。

 また会員限定の特別イベントが多数開催され、過去には伊藤忠商事、日本政策投資銀行、日本ロレアル、キーエンス、日本たばこ産業(JT)、トヨタ自動車、旭硝子、デンソー、 三菱東京UFJ銀行、大日本印刷などのイベントが行われています。

 ぜひ自分のエントリーシートの見直しのために、または作成の参考のために手に入れておきたいですね。

 

めんどうな就活を時間短縮!

 従来型の就活では内定までの道のりがとても長くてめんどうですよね。説明会を受けて、エントリーシートを提出して、グループディスカッションを受けて… そんな手順をすっ飛ばして自分に合った会社が、向こうからアプローチしてくれる就活サイトがあります。

 それは「キミスカ 」 です。

 キミスカでは自分から会社を探さなくても、SNSのようにプロフィールを書くだけで、 会社の人事が「こんな優秀な学生がほしかった!」とスカウトを、時にはいきなり最終面接の案内を送ってくれます。

 他社のインターンやES、GD、一次~最終面接など、従来は落ちると無駄になっていた頑張りを「スカウトされる材料」にできるのです。 スカウトがたくさん来れば、いちいちプレエントリーしたり、エントリーシートを書く手間が省けるので時間短縮になりますね。

 すでに2020年卒の就活生も2019年4月時点で約6万人が登録済みで、一部上場企業から隠れ優良企業など、 「知らない優良企業」があなたを見つけてくれます。 また、実際の採用選考で行われる「適性検査」も体験できるので、ぜひやっておきたいですね。

 

志望企業の合格エントリーシートを見る(その2)

 「ワンキャリア」では50,000件を超える合格エントリーシート・就活体験談が掲載されており、 全日本空輸(ANA)、伊藤忠商事、花王、日本航空(JAL)、味の素、アサヒビール、オリエンタルランド等日本の一流企業に加え、 ゴールドマンサックス、ボストンコンサルティング、モルガン・スタンレーなどの外資系一流企業も多数そろっています。

 エントリーシートだけでなくインターンシップやその選考、WEBテスト、グループディスカッションの攻略情報、 さらに志望動機の書き方や業界研究を読むことができ、従来では手に入らなかった情報が満載です。

 「ワンランク上のキャリアを目指す」というキャッチフレーズの通り、業界をリードする大手企業の資料が多く、 また総合商社、JR東海、電通、キーエンス、日本郵船、三菱地所といった一流企業の出展する限定イベントも開催されます。

 ワンキャリアは月間60万人の就活生が利用しています。また内定後もES・体験談を投稿すると1件最大5000円の謝礼がもらえ、 就活体験を翌年の就活生のために役立てることもできます。先輩の「知」を継承し、 あなたが発展させた「知」を後輩に継承する好循環を生み出しましょう。



×

IT業界に実際に合格したESを見れるサイト