MY就活ネット
リアルタイム閲覧者数:57人

 

【就活】自己分析のやり方!|簡単にできる人生設計で内定力を上げる

 簡単にできる自己分析のやり方は、「夢」に基づいた「人生設計」をすることです。 輝かしい経験は必要ありません。ただ好きなことを深堀りしてビジネスにつなげるだけなのです。

自己分析の館|登録不要のツールで簡単に!

 

この記事の要点

  1. 自己分析とは、あなたの経営理念(ビジョン)をつくること!
  2. ビジョンを持てば、説得力あるESが書ける!
  3. その本気度を証明するストーリーをつくろう!
  4. 自己分析が簡単にできるツールを紹介


おすすめ・人気記事

記事一覧へ

 

自己分析とは?

 自己分析とは、あなたの経営理念をつくること!

 大卒総合職で内定を得るには「あなたと会社の経営理念の一致」が前提です。 それをアピールするためには、まず「あなたの経営理念」を用意しておかなければなりません。

 ですが、ただ「一致している」というだけでは説得力がありませんよね。 そこで何がわかるの?で紹介している項目によって、経営理念に本気だという証拠を用意するのです。

 これは「内定をもらうため」はもちろんのこと、40年間を無駄にしないために非常に重要なことです。 就活を始めるとき、すべてに先だって最初にやりましょう

 

何のために行うの?

 貴社と私はビジョンが一致していますとアピールするため!

 実は、大卒総合職に最も必要な素質とは、「ビジョンがあること」です。 「どんな未来を実現したい」「こんな価値を社会にもたらしたい」という、言い換えれば将来の夢です。 地頭だのコミュニケーション能力だのは二の次、三の次、「オプション」に過ぎません。

事務系総合職とは?|仕事のキツさや将来性を解説!

 採用選考では「会社の経営理念」と「あなたの就職活動の軸」が一致していることをアピールできれば、晴れて内定です。

 ですが、単に「経営理念に共感しました」と言うだけでは、何の説得力もありませんよね。 社会ではとにかく「エビデンス」が求められます。つまりは証拠です。 そこで「ビジョンに対していかに本気か」を人生を振り返って証明することが必要です。

 そのため会社と接触するたびに「あなたの就活の軸はなんですか?」と聞かれます。 インターンシップ前(大学3年生の6月)に準備ができていれば、有望な学生としてあなたの存在をアピールできます。

 

何がわかるの?

 ビジョンに対する本気度がわかる!

 自己分析でわかることは、「ビジョンに対する本気度」です。 ビジョンに対する一貫した「ガクチカ」「長所・短所」「志望動機」という1セットのエントリーシートが書けるようになります。

 自己分析では、次の4つの項目を明らかにします。

就職活動の軸(将来の夢) 「あなたの経営理念」であり、就活で最もアピールするべき「ビジョン」です。 人生のすべてを「就活の軸」を理由にするのが、早期内定のコツです。
学生時代頑張ったこと 「やらされたこと」ではなく「夢の実現のために自分から取り組んだこと」です。 就活の軸に対して「人生をかけてきた」と説明することで、「ビジョンに対する本気度」を証明します。
長所 「夢の実現に役立つ長所」を述べて、現状把握ができていることをアピールします。 長所の証拠として「長所にまつわるエピソード」を用意し、説得力を高めます。
短所 「夢の実現に邪魔になる短所」を述べて、現状把握ができていることをアピールします。 「短所を克服しようとしている姿勢」は必須で、「向上心ある有望な新入社員」としての期待を高めます。

 自己分析では「人生を振り返って証明する」と言いました。 エントリーシートでは「就職活動の軸」というビジョンを中心に、 過去・現在・未来の3つの視点で、いかにビジョンに対して本気かを証明します。

 例えば自動車メーカーのスバルに応募するとします。 スバルは「交通事故をゼロにする」というビジョンをもった会社ですから、 「交通事故をゼロにしたい」というビジョンをもった就活生が内定をもらえます。

 とはいえ単に「交通事故をゼロにしたい」と言うだけでは本気なのかわかりませんよね。 そこで、「交通事故をゼロにするために警備員のアルバイトをした」「安全運転を促す動画をつくって投稿した」 などのエピソードがあればどうでしょう。かなり説得力が出ますよね。

 このように、自己分析をすれば「ビジョンの説得力を出すエントリーシート」が書けるようになります。

 

自己分析は人生設計だ

 自己分析で目指すゴールは「このビジョンのために生きてきた。ビジョンを実現するには、貴社で働くしかない!」と言い切ることです。

 自己分析が「人生設計」だと言われるのはこのためで、言い換えれば「『将来の夢』実現ストーリー」をつくるのです。 その証拠に、エントリーシートはどの会社も必ず次の三部作構成になっています。 

 「将来の夢」のための「過去編」「現在編」「未来編」になっており、 最終的に「将来の夢を実現するために、貴社のビジネスに携わらなければなりません。」と結論付けることで、 人事は喜んでGOサインを出してくれるというわけです。

 「人生設計」といわれると身構えてしまいますが、 「将来の夢をビジネスで実現する」というストーリーをつくり、会社にぶつけるだけのことです。

 ほとんどの就活生はESがストーリーになっていることに気が付かず、それぞれの項目に独立して答えて支離滅裂になってしまいます。 そこであなたが「ストーリー」を提出できれば、人事の目には輝いて見えるというわけです。

 これをやるだけで、内定力は爆上がりします。 就活が延びに延びて苦しんでようやく気付くことを、今のうちにやってしまいましょう

 

分析結果の例

 ここでまず、自己分析の結果の例を紹介します。

将来の夢家から出たくない
外でも家と同じくらいの安全と快適を実現したい
夢の実現に対して学生時代に取り組んできたことバイト先でお客さんが転ばないための対策
上記取り組みで成長したこと「原因自分論」を身につけた
夢の実現に役立つ長所臨機応変に動けるところ
長所にまつわるエピソードバイト先であえて床を磨かないことでお客さんが転ぶ問題を解決した
夢の実現に邪魔になる短所めんどくさがりなところ
短所を克服するために行っている取り組みめんどくさいと思ったことをノートに書き、自分に恥ずかしさを与えている

 これは「家から出たくない」という就活らしくない願望からスタートし、 外でも家と同じくらいの安全と快適を実現したいという将来の夢に対して、いかに本気で取り組んできたかをまとめたものです。

 上でも解説した通り、就活は「あなたのビジョン」と「会社のビジョン」がいかに一致しているかで内定が決まります。 ですが、ただ「ビジョンが一致している」といっても説得力がありませんから、 人生をかけてビジョンを追求してきたことを、この人生設計で証明するのです。

 ここまでは「過去編」「現在編」に相当しますが、「未来編」は志望動機で完成させます。 志望動機は「安全と快適を実現したいから」「実現のために貴社ビジネスに携わりたい」と答えます。

【例文】会社に入って挑戦したいこと|人事が喜ぶ書き方!

 次の項目で、もっと具体的に自己分析のやり方を解説していきます。

 

簡単!自己分析のやり方

 自己分析のやり方は、次の7項目への回答を用意することです。 実は「将来の夢がない」「学生時代頑張ったことがない」という方でも簡単にできます

  1. 将来の夢
  2. 夢に対して学生時代に取り組んできたこと
  3. 上記取り組みで成長したこと
  4. 夢の実現に役立つ長所
  5. 長所にまつわるエピソード
  6. 夢の実現に邪魔になる短所
  7. 短所を克服するために行っている取り組み

 ここでは誰でも当てはまりそうな、「家から出たくない」なんて将来の夢で、自己分析をしてみます。 実は難しく考える必要などまったくありません。なぜこんなものでいいのかも含めて解説していきます。

 

項目1:将来の夢

 将来の夢は、趣味から導こう!

 将来の夢は、あなたの経営理念・ビジョンです。 しかし、いきなり「将来の夢」と言われても思いつきませんよね。 実は、そんなにカッコイイものである必要はありません。力を抜いて、ラフに考えてみましょう。

 これは、趣味から導くのが簡単です。あなたはなぜ、その趣味にハマるのでしょうか。 趣味を掘り下げていくと、あなたの真の願望が見えてきます。

 例えば「ドライブ」なら、スピードの爽快感でしょうか。それとも車内が自分だけの空間だからでしょうか。 爽快感は「楽しい」と言い換えられ、自分だけの空間は「快適」だと言い換えられます。 つまり、「快適な空間で楽しいことがしたい」という真の願望があることがわかります。

 「快適な空間で楽しい」ならば、別にクルマでなくても良いわけですよね。 ですが、現状はクルマ以外に「快適な空間で楽しい」ものがないので、クルマだけで我慢しているわけです。 ならば、「快適な空間と娯楽を実現したい」が将来の夢だと言うことができます。

 では、趣味がない場合はどうしましょうか。例えば「家から出たくない」という場合。

 「家から出たくない」なんて願望は就職するのにまったく向いてなさそうですよね。 ですが、実は怠惰でドロドロな汚い欲望何の問題もありません。 なぜなら、ビジネスは往々にして「モテたい」「だらけたい」から始まるものだからです。

 では、「家から出たくない」をビジネスにつなげていきましょう。 「家から出たくないのはなぜだろう」と考えると、「家が安全で快適だからだ」という答えが浮かび上がってきます。 ならば「外でも家と同じくらいの安全と快適」を実現すればもっと幸せになれるわけですよね。

 そこで「外でも家と同じくらいの安全と快適を実現したい」を「将来の夢」として定義するのです。

 このように、趣味や願望から「将来の夢」を導き出すのが1つ目のステップです。

就活の軸の決め方と例文|「おっ」と思わせる答え方

 

項目2:夢の実現に対して学生時代に取り組んできたこと

 ガクチカは、夢のためにやったこと

 「就職活動の軸」を裏付けるためのエピソードとして、夢の実現に対して学生時代に取り組んできたことを考えます。 「学生時代頑張ったこと」「ガクチカ」と呼ばれるもので、 エントリーシートや面接で「自己PR」として必ず問われますので、必須の項目です。

 人事はここで「将来の夢」への本気度を確認します。 よく「ボランティア活動」「サークル活動」「アルバイト」と適当に書いてしまう学生が見受けられますが、 「夢の実現のため」であることに注意してください。

 逆に言えば、「将来の夢の実現のため」であればネタはなんでも構いません。 ボランティアでもアルバイトでも、果てはナンパですらネタにすることが可能です。

 例えば「家から出たくない」という願望の場合、たいして頑張ったことはないような気もします。 しかし、自分の願望のためにやったことは、得てして「頑張ったつもり」がないものです。 「頑張った」ではなく「やったこと」として考えてみましょう。

 例えばコンビニアルバイト。 コンビニアルバイトでも「安全と快適」のために何かやったことがあるのではないでしょうか。

 「よく思い出してみれば、雨の日にお客さんが転ぶのが見ていられなくて、なんとかしようとしたことがあったなあ…」

 「転ぶ人をゼロにするために、看板やカゴの置き方を工夫して歩きにくくして、わざと掃除をサボって、滑らない仕組みをつくった。 こうして転ぶ人がゼロになったんだったな!」

 ここまで考えられたら、準備としては十分です。詳しい書き方は次の記事で解説していますので、 実際にエントリーシートを書く段階になったら、そちらを参照してください。

【例文4選】学生時代頑張ったことの書き方|ネタがない人向け!

 

項目3:上記取り組みで成長したこと

 ついでに学んだことが人事の心に響く!

 社会人は「どんなことからでも学びを得る若者」が大好きです。 頑張ったのはもちろん夢のためですが、ついでに学んだこと・身についたことがあれば、 面接官はゾクゾクしながら話を聞いてくれます。

 会社の人事は常に「成長し続ける学生」を求めています。上記取り組みで得られた「ついでの学び・成長」を洗い出しましょう。 「成長しました」というだけでは説得力がありませんから、「どんな能力・知識・教訓」を身につけたのか、具体的に書きましょう。

 先ほどのコンビニバイトの例では、最初のうちは「転倒注意」の看板を出していただけでした。 しかし、それでは効果がなかったため、「滑らない仕組み」をつくりました。 つまり、「お客さん任せにしないで自分が解決する」という姿勢を会得したわけです。

 ビジネス用語風に言えば、「原因他人論(お客さんのせい)」ではなく、「原因自分論(自分のせい)」で取り組むことの重要性がわかりました。 ここでは「原因自分論」を身につけたとしましょう。

 

項目4:夢の実現に役立つ長所

 長所は、夢の実現に役立つもの

 長所は、必ず「夢の実現に役立つもの」を選びましょう。 なぜなら面接では「その長所は何の役に立つの?」と聞かれることが非常に多いからです。 その答えはもちろん「夢の実現に役立ちます」です。

 長所と言われても、たくさんありすぎて困ってしまいますよね。 おすすめの選び方は、「学生時代頑張ったこと」のエピソードの中から導き出すことです。

 例えばコンビニアルバイトのエピソードでは、本来店内は歩きやすくして、床はピカピカに磨いておくべきです。 ですが、「雨の日にお客さんが転ぶ問題」を解決するために、わざと本来のルールを破りました。 ここで「臨機応変に動ける」という長所が導けますね。

 長所と短所の一覧と回答例も公開していますので、参照してください。

 

項目5:長所にまつわるエピソード

 それが長所である証拠が必要!

 長所にも説得力が求められます。そのため長所にまつわるエピソードを用意しておくことで、 正しく自分を把握できているという証明ができます。 加えて「ビジョンに対する本気度」をここでもアピールすることが可能です。

 「長所」が決まったら、長所にまつわるエピソードを洗い出しましょう。 「長所」を裏付けるための項目で、エントリーシートや面接でも問われることが多いです。

 「学生時代頑張ったこと」の中から長所のエピソードを抜き出すのが最良です。 先ほどの例ならば

 コンビニアルバイトでは、本来店内は歩きやすくして、床はピカピカに磨いておくべきです。 ですが、「雨の日にお客さんが転ぶ問題」を解決するために、わざと本来のルールを破りました。 このように臨機応変に動けます。

 という風に説明します。

 

項目6:夢の実現に邪魔になる短所

 短所を素直に認めよう

 短所は、恥ずかしいですよね。有能だと思われたいので、隠したいですよね。 なるべくダメージの少ない短所を選びたい・・・というのが本音だと思います。 ですが、夢の実現に邪魔になる短所素直に認めるのが真の有能な人材です。

 有能な人材にも短所くらいあります。実は、有能と無能をわける境目は、素直に認めるかどうかにあります。 何が悪いのかわかっていれば、研修や指導によって直すことができるからです。 一方で隠してしまっては、「ミスを隠す新人」「反省しない新人」を彷彿とさせて、むしろ悪印象です。

 そうではなく、「本当に困る短所」を「克服しようとしている姿勢」とセットでアピールすることで、 「先輩社員にとって理想的な新人」をイメージさせることができます。

 さて、上の例の「家から出たくない人」の短所はなんでしょうか。 「めんどくさがり」なところは将来の夢の実現に邪魔になりそうですよね。短所が決まったら、次はその克服です。

 

項目7:短所を克服するために行っている取り組み

 短所を克服する姿勢が必須!

 有能な人材は、短所を克服しようとします。 なぜならビジネスは「失敗→分析→再挑戦」の繰り返しであり、同じサイクルで自分を高めようとするからです。 あなたが「有能な人材」だとアピールするためには、「短所を克服しようとしている姿勢」が必須です。

 よく「短所は長所の裏返しです」とごまかしてしまう人がいますが、 それはまさに「ダメージ軽減のために短所を隠す」ことに他ならず、最悪の答え方です。 他人のやり方に惑わされず、正直に短所を選び、克服しようとする姿勢を見せましょう。

 もちろん短所も「就職活動の軸」と関連付けます。 「本気」で克服しようとしていることを証明するため、克服のやり方は具体的に書きましょう。

 「めんどくさがり」な短所を克服するために、「めんどくさノート」をつけています。 「めんどくさい」と思ったことと、その原因を分析してノートに書いているのですが、 あまりに自堕落な自分が恥ずかしくなって、「やらなければならないこと」の優先順位がつけられるようになってきました。

 こんなふうに、短所を短所のまま放っておかないことが重要です。

 

論理的思考を取り入れよう

 自分で圧迫面接しよう!

 社会人に求められる力として「論理的思考力(ロジカルシンキング)」があります。 簡単に言えば、なんにでも理由や証拠が必要というわけです。 就活でも、これが足りないと質問攻めに遭って、泣かされるハメになります。

 例えば面接では、以下のような質問がされます。

  • なぜその夢を持ったの?
  • なぜそれを頑張ろうと思ったの?
  • その長所はうちで役立つの?
  • その短所、致命的じゃない?

 こんな質問を立て続けにされたら、キツいですよね。 とにかく「なぜ?それはなぜ?」と繰り返し問われる・・・これを圧迫面接と言います。 これがされる原因は、理由や証拠が足りないからです。

 ならば自分で圧迫面接して対策しておけばいいですよね。

 例えば「真の願望」が「家から出たくない」であれば、「なぜ家から出たくないのか」と原因を探ります。 「家が快適だからだ」という答えが出たら、また「なぜ家が快適なのか」と繰り返します。

 飲み物が手に届くところにある、他に誰もいない自分だけの空間だから、清掃が行き届いているから、 良いクッションがあるから、すぐ眠れるから・・・と深堀りしていくのです。

 すると「家から出たくない」という願望をもつに至った原因、理由がわかります。 そしてこれはたいていビジネスで解決が可能です。

 このようにして願望とビジネスをつなげ、 自己分析の項目もすべて「なぜ?それはなぜ?」と繰り返すことで合理的な説得力を獲得することができます。

 

「長所」から順番に見直そう

 自己分析を一通り書き終えたら、長所から論理的思考によって見直して「ストーリー」の完成度を高めましょう。

 まず「長所」に対して「なぜそれが長所だと言えるのか」と問います。 「長所にまつわるエピソード」がその答えになっているかどうか確認しましょう。

 次に、「なぜその長所が『将来の夢』に役立つのか」と問います。 ここは関連性が説明できたらOKです。

 「なぜその将来の夢を持つに至ったか」「なぜ将来の夢が本気だと言えるのか」 と問い、「学生時代頑張ったこと」がその根拠になっているかどうかを確認します。

 こうして「将来の夢」を基軸にしたストーリーができあがれば、自己分析は完了です。

 

自己分析が簡単にできる!おすすめ自己分析ツール

 自己分析が簡単にできるおすすめツールを3つ紹介します。

 これらはすべて無料で利用できます。 「正解」がわからない状態でやみくもにやっても不安が残りますから、ツールや模範解答を利用したいところです。

 

MY就活ネット独自の自己分析ツール

 MY就活ネットでは、独自の自己分析ツールを製作しました。 こちらは登録不要・ダウンロード不要ですぐに開始できるものです。 RPG形式で、ゲーム内の登場人物と会話することで、就活を簡単に学びましょう。

→自己分析の館|登録不要のツールで簡単に!

 

先輩が内定をとった自己分析を見る

 どんなレベルで自己分析をすれば合格するエントリーシートが書けるのか、基準がほしいですよね。 私もそうでしたが、エントリーシートは独りよがりになりがちです。 ここで、歴代就活生の合格エントリーシートを見ることで「合格の基準」を知りましょう。

 「Unistyle」 や、 「ワンキャリア」 では、会員登録するだけで一流企業からベンチャー企業まで、合格エントリーシートを無料で見放題できます。

 自己分析の結果はすべてエントリーシートに表れますから、合格エントリーシートを見れば、 合格自己分析をみたのと同じことになります。

 

OfferBoxの適性検査を利用する

 就活では書類選考の際に「適性検査」を受けることが多いですが、その結果は自分で見ることができません。 会社の人事だけがあなたのエントリーシートと適性検査の結果を照らし合わせて、 ウソをついていないかなどを確認します。

 そこで、「OfferBox」の適性検査ツールを利用しましょう。

 本番さながらの適性検査を受検でき、結果を見ることができます。 10万人のデータを活用した本気の検査ですので、その精度はぴか一です。

 つまり、これを利用して出た結果をもとに自己PRをつくれば、 自己PRと性格検査が矛盾しないというわけです。


 私の検査結果ですが、このように100万人のデータと比較して、各「ビジネス力」がどれくらい高いのかわかります。 この中から特に高い項目低い項目を自己PRや長所・短所に利用すればよいわけです。

 私の場合、「計画力」と「規律性」が低く出ています。 しかし、低いところを高めようとして本番で調整したり嘘をついてはいけません。 本番では「矛盾した回答」も測定されます。それに、なんでも完璧だとむしろ不自然ですよね。

 「結果を良く見せる」のではなく、悪い結果を克服しようとしている姿勢をアピールするのが重要です。


 便利なことに強み弱みを自動でまとめてくれます。

 何が長所で短所なのか、本番では社員が同じ結果の資料をもって面接をします。 あらかじめ結果がわかっていれば、面接で有利になりますよね。

 ぜひ「OfferBox」で検査を受けておきましょう。

 

2月の今から最短で内定をもらうには?

 

全滅リスクにセーフティネットを貼っておこう

 内定確度の高い応募先を持っておこう!

 平均的な就活生は30社に応募して、10社の面接に進みます。 ですが、これはあくまで平均。応募先が有名企業ばかりだと、運悪く全落ちの可能性すらあります。 その対策に、知名度の低い「隠れ優良企業」を志望先に加えたいのですが、名前も知らない会社は検索すらできません

 そこで利用したいのが「OfferBox」です。

 SNSの要領でプロフィールを設定し、本番さながらの適性検査を受けると会社の人事がそれを読みます。 「あなたがほしい!」と思われれば、ときには書類選考が免除いきなり最終面接などの特典付きで選考に呼ばれます。 つまり、内定確度の高い応募先を確保できるというわけです。

 OfferBoxでは応募者の少なさに悩む「隠れ優良企業」が待ち受けていて、 そういった会社の人事に響く「アピールの仕方」も書いてあります。 加えて本番さながらの適性検査も受けられるので、結果を見れば自己分析も簡単に終わります。

 学生なら完全無料で利用できますから、損をすることは何もありません。 今のうちに有望な会社と接触して、全落ちリスクを減らしておきましょう。

→「OfferBox」の公式サイト

 

「実はもう内定あるんだよね」内定直結の就活講座

 内定確保の最速手段!

 就活では「内定が1つあるかないか」で心の状態が大きく変わります。 たった1つ内定があれば、心に余裕ができ、「不安で眠れない」「もう後がない」といった状況とおさらばできます。 さらに自信が持てるため、堂々とした態度が面接でもウケて次々に内定を獲得していけるのです。

 友達や家族などに「就活どう?」と聞かれたときに、「もう内定は1つ確保してるんだよね」と言えたら、 周りも安心させられます。「たった1つの内定」が好循環の起爆剤なのです。

 その1つ目の内定を簡単に確保できる就活サービスが、「irodasSALON」です。

 同サービスでは「自己分析・ES・面接対策」をオンライン講座で学んだ後、「就活の軸」に合った優良企業を教えてもらえます。 優遇選考ルートが用意されており、自力の就活より有利に戦えます。

 irodasSALONの特徴は、選考フェーズに進むまでに、自己分析や選考対策にかける時間が長めで、 「複数の内定を取ってから悩んでもいい」など、後悔しないための仕組みが揃っていることです。 そのため年間20,000人が利用していて、その満足度は95%に上ります。

 もちろん学生は完全無料で、面談も講座もオンラインですから、自宅で就活が可能です。 まずは面談を予約して、「自己分析を教えてほしい」と相談するところから始めましょう。

24卒の予約ページ→面談を予約する【24卒】

 

もし「明日が面接」でも準備は大丈夫?

 「自己分析」をよくわからないまま、放置していませんか?

 就活には順番があり、会社探しや応募の前にやっておかなければならないことがあります。 それが「自己分析」と「ESの事前準備」なのですが、順番を間違えると説得力のない「やみくも就活」になってしまいます。

 そこで「キャリアチケットスカウト」という就活アプリを利用しましょう。

 このアプリは「最初に何を」「次に何を」すべきかを順番に示してくれる羅針盤となります。 そしてそれら「やるべきこと」を質問に答えるだけで用意ができるようにプログラムされており、 効率よく就活を進めるのにぴったりなアプリです。

 また、作成した「就活の軸」や「自己PR」などを元に企業から特別選考に招待される機能もあります。 もちろん辞退してもいいのですが、その会社は「あなたとビジョンの一致した会社」ですから、内定確度は高いです。 オファーをもらってから検索してみたら、実はそれがあなたの天職かもしれません。

 まずはアプリをインストールして、自己分析から始めてみましょう。もちろん完全無料です。

キャリアチケットスカウトをダウンロードしてみる

 

志望企業の内定者はどう書いた?内定エントリーシートを見よう!(その1)

 模範解答があれば憂いなし!

 あなたのエントリーシートは100点満点ですか? …と言われても、わかりませんよね。自己採点するにしても、その基準となる模範解答がなければどうしようもありません。

 もしこのまま提出して、果たして大丈夫でしょうか。

 そこで先輩が実際に内定をとったエントリーシートを使いましょう。 それと比較して何が足りないのか、どう書けばいいのかがわかれば、自ずと完成度が高まっていきます。

 「Unistyle」では、歴代就活生の合格エントリーシートを無料閲覧できます。

 総合商社やインフラ企業、メーカー企業、外資系企業をはじめ、超一流企業からベンチャー企業まで3万7000通を超えるエントリーシートが収録されています。 あなたの志望企業の合格エントリーシートもほぼ必ず見つかるサイトと言っていいでしょう

 また、合格ESだけでなく「企業研究」「同業他社比較」「就職活動の軸別のおすすめ業界」 「志望動機の書き方」など就活に役立つ限定記事もすべて無料で読むことができます。

 ぜひ自分のエントリーシートの見直しのために、作成の参考のために手に入れておきたいですね。

内定エントリーシートを読む

 

志望企業の内定者はどう書いた?内定エントリーシートを見よう!(その2)

 選考体験談が詳しすぎる!

 「ワンキャリア」では50,000件を超える合格エントリーシート・就活体験談が掲載されており、 全日本空輸(ANA)、伊藤忠商事、花王、日本航空(JAL)、味の素、アサヒビール、オリエンタルランド等日本の一流企業に加え、 ゴールドマンサックス、ボストンコンサルティング、モルガン・スタンレーなどの外資系一流企業も多数そろっています。

 エントリーシートだけでなくインターンシップやその選考、WEBテスト、グループディスカッションの攻略情報、 さらに志望動機の書き方や業界研究を読むことができ、従来では手に入らなかった情報が満載です。

 「ワンランク上のキャリアを目指す」というキャッチフレーズの通り、業界をリードする大手企業の資料が多く、 また総合商社、JR東海、電通、キーエンス、日本郵船、三菱地所といった一流企業の出展する限定イベントも開催されます。

 ワンキャリアは月間60万人の就活生が利用しています。また内定後もES・体験談を投稿すると1件最大5000円の謝礼がもらえ、 就活体験を翌年の就活生のために役立てることもできます。先輩の「知」を継承し、 あなたが発展させた「知」を後輩に継承する好循環を生み出しましょう。

内定ES・選考情報を読む


プロフィール写真

著者:村田 泰基(むらた やすき)
 合同会社レセンザ代表社員。1989年生まれ。大阪大学法学部卒。2013卒として就活をし、某上場企業(メーカー事務系総合職)に入社。 その後ビジネスの面白さに目覚め、2019年に法人設立。会社経営者としての経験や建設業経理士2級の知識、自身の失敗経験、300冊以上のビジネス書・日経ビジネスを元に、8年間に渡り学生の就職活動を支援している。



 就活コラム

 MY就活ネット独自の企業研究を公開中!

×

2023年2月でも間に合う内定直結の就活講座!irodasSALON【24卒】(完全無料)