MY就活ネット
リアルタイム閲覧者数:8人
※本サイトはプロモーションが含まれています

なぜサービス残業があるのか?

 働いた分だけ給料をもらうのがサラリーマンの仕組みです。 1日8時間労働が基本であり、その時間分の給料は「基本給」と呼ばれます。 残業をすると残業をした分だけ給料が支払われ、これが「残業代」です。

 しかし、残業をしたのに残業代がもらえないサラリーマン、残業代をもらわずに残業をするサラリーマンは、 この世の中に無数に存在します。なぜ対価をもらえないのに働くのでしょうか。

 「社会ってそういうもんだ」などと変に納得せず、サービス残業について考えてみましょう。



おすすめ・人気記事

 

サービス残業とは

 サービス残業とは、1日8時間労働であるところ、 8時間を超えて働いた場合に会社から支給される時間外勤務手当もらわずに残業をすることを指す言葉です。

 残業代の支払いは労働法で義務付けられており、会社は、8時間以上働かせた場合は残業代を支払う必要があります。 しかしこの「残業代」を支払わずに残業をさせる会社が無数に存在します。

 残業代の不払いは違法行為ですから、完全にブラック企業です。 残業代の不払いは横行しており、サラリーマン側も半ばあきらめてしまっていたり、 納得してしまっていたりするのです。

 例えば定時間際に「これ、明日までにやっといて」と仕事を与え、 定時で帰らせなかった場合、「残業」が発生します。 残業をしたら通常なら残業代がもらえるのですが、この残業代をもらえない場合、サービス残業であると言えます。

 他にも休日出勤をして、休日出勤手当をもらわない場合、 有給休暇をとったのに働いている場合、みなし残業制度で40時間分の残業代をもらい、 40時間以上にわたって残業をした場合も、サービス残業に含まれます。

 要は「働いているのに正当な報酬を受け取っていない状態」をサービス残業というのです。

【関連記事】 残業なしはキツい!|実体験を元に残業時間の目安を解説  

サービス残業の例

 サービス残業はこのような単純なものばかりではありません。 以下のような例も、サービス残業です。

 

1.出張・外出

 出張に出て、そのまま直帰する場合、たいてい残業代はつきません。 しかし、出張も残業になる場合があります。 それは「その行程で会社に帰ったと仮定した際、到着時刻が定時を過ぎていた場合」です。

 よく「移動時間は働いていないから」という言い訳を聞きます。 しかし、働いているかどうかはパソコンで作業をしているかどうかではなく、 「会社の命令で動いているかどうか」です。

 出張はもちろん会社の命令ですから、会社に戻って退勤するまでは「働いている」のです。 定時を過ぎるからとそのまま直帰する場合でも、定時を超えている限り会社は残業代を支払う義務があります。

 出張に出ると、「日当」が付く場合があります。 日当には特に根拠となる法律はありませんが、この日当が残業代よりも少なければ、 「残業代-日当」分のサービス残業をしていることになります。

 

1.強制参加の飲み会やイベント

 「飲み会や社内イベントは仕事ではない」という認識が強いと思います。 どんなに不払い残業代について文句を言う人でも、飲み会やイベントの時間分の残業代を請求する人はいません。

 しかしこの飲み会やイベントが「強制参加」であれば、それは「働いている」時間に含まれるのです。

 というのも、「働いている」の判断基準は「会社の命令で動いているかどうか」だからです。 強制参加の時点でそれは「会社の命令」です。本来であればただお酒飲んでいるだけでも、 社内イベントでボウリングをしているだけでも残業代が発生するはずなのです。

 ちなみに「強制参加」を言うのがただ1人の部長だけであっても同じです。 部長1人の発言は会社の総意とは言えませんが、上司と部下は主従関係にあります。 上司の命令で部下が動いている以上は、「働いている」に含まれるのです。

ブラック企業に休日はない!|どんな風に奪われる?

 

なぜサービス残業があるのか?

 なぜサービス残業があるのでしょうか。

 理由の1つは会社の経費削減のためです。 売上高から経費を差し引いたものが会社の利益となります。 利益拡大のためには売上高をあげることも重要ですが、経費削減も重要です。

 部品などの材料費を削減するには限界があります。 調達先の企業との関係もありますし、そもそも物自体の値段は簡単に下げられるものではありません。

 一方で、社員の給料は比較的削減しやすい項目です。 「残業代」を払わないことで経費を圧縮し、利益を出すことができるのです。 (もちろん違法ですが)

 これを行ってもバレにくいという状態が、サービス残業に拍車をかけています。 社員の生活は会社に依存しており、会社から解雇されると生活難に陥ります。 会社に嫌われたくないのです。

 そのため会社から残業代の不払いがあっても、「しかたがない」と諦めてしまうサラリーマンが多いのです。 特に出世を期待する総合職はその傾向が顕著で、会社のためなら自分が損をすることをいとわないのです。

 このパワーバランスの悪さを悪用し、会社は人件費を削減し、利益を出し、株主配当金を出すのです。

 もう1つの理由は「時間」を軽視していることです。 時間を軽視しているのは会社も社員もどちらもです。 「奪われたもしくは奪った時間」ではなく「働いている」を評価するためにサービス残業が発生するのです。

 サラリーマンも経営者もよくしている勘違いなのですが、 「働いたから給料がもらえる」という言葉は間違いであり、大嘘です。

 もちろん働かなければ給料はもらえません。しかし、給料がもらえるのは「働いたから」だけではないのです。 もし「働いたから」というだけで給料がもらえるのであれば、ノルマを達成すれば遅刻しようが早退しようが、 出勤しなくても給料がもらえるはずです。

 しかし現実にはノルマを達成しても、出勤しなくてはなりません。 なぜなら、会社はサラリーマンの「時間」と「労働力」の両方を買っているからです。

 時間を売っているからこそ、サラリーマンは毎日出勤しなくてはならないのです。 ノルマを達成しても休暇を与えられるどころか次の仕事を与えられるのはそのためです。

 しかし、日本人は「時間」に対する意識が低く、サービス残業を許容してしまいます。

 

日本人は時間意識が低い

 なぜ日本人は「時間を売っている」という意識が低いのでしょうか。

 原因はやはり、農耕民族だからです。

 狩猟民族であれば獲物をしとめればその日の仕事は終わりです。 持ち帰って料理し、食べるだけです。狩りが早く終われば早く終わるほど自由時間が増えます。

 一方で農耕民族は、春先の種まきから秋の収穫までが仕事です。 「1日どこまでやれば終わり」というものがないのです。 日が昇り、日が沈むまで働き秋の収穫を待つのです。

 「仕事に終わりがない」ことに慣れてしまっているために、 会社に入っても同じく仕事を終わらせようとしません。 今の仕事が終われば、次の仕事をはじめるのです。

 そのため「早く終わって自由時間をつくろう」という意識が希薄です。 ノルマ達成後にいくら大量の仕事を押し付けられても受け入れてしまう土壌があるのです。 「時間を売っている」よりも「仕事をしている」という意識の方が強くなってしまうのです。

 

サービス残業根絶は意識改革から

 サービス残業を根絶するには、意識改革が必要です。

 まず、「働いたから給料がもらえる」ではなく「時間と労働力を売っている」ことを自覚しましょう。 もちろんサービス残業の根絶には自分がそう思っているだけでは足りず、 あらゆる人が同じように思わなければならないのですが。

 無限にあるお金で、有限である時間を安値で買いたたかれている現状を直視し、 時間を大切にするように心がけましょう。

 そして、サービス残業は大事で有限な「時間」を無料で会社に捧げる行為です。 報酬すらないのですから奴隷以下です。 この異常な事態を「会社ってそういうものだから」と納得してはいけません。

 そもそも時間を売る行為自体、褒められたことではありません。 お金は無限に存在しますが、時間は有限なのです。 1億円積もうが、過去には二度と戻ることができません。

 それだけ価値のある時間を1時間1000円~数千円で売り飛ばしてしまっているのです。 ましてやサービス残業など時間を無償提供しているのですから、 ありえないことです

 このように考える人が増えればサービス残業はなくなっていくはずですし、 それを強要する上司や経営者もいなくなっていくでしょう。

コラム記事の一覧に戻る

7月の今から最短で内定をもらうには?

 

大企業を狙うならスカウト型!

 大企業の半分以上がスカウト型を利用!

 実は、大企業への就職を狙うならスカウト型を使うべき時代が来ています。 意外かもしれませんが、大企業ほどスカウト型での採用が増えており、 特に従業員5,000人以上の規模では、51.2%がその採用方法をとると回答しています(※データは[PDF]就職白書2024|就職みらい研究所)。

 MY就活ネットのおすすめは「OfferBox」です。 なぜなら、就活生24万人(OfferBox 2024年卒利用実績データ)、企業17,000社以上と盛り上がりを見せており、大手は実績あるスカウトサイトを選ぶからです。

 実際に私も体験してみましたが、適性検査入力するプロフィールが書類選考以上の内容になっており、 企業が採用で重視する「人柄」「熱意」「将来性」をアピールできる仕組みになっています。 さらに企業が冷やかしの宣伝メールを送れない仕様で、本気のスカウトしか来ません

 もちろん学生は完全無料ですべての機能を使えます。 今すぐプロフィールを設定して、人事に見つけてもらう準備を始めましょう。

→「OfferBox」の公式サイト

 

自分にぴったりのインターンシップを見つけよう

 インターンから内定まで口コミが満載!

 「どこのインターンに行けばいいかわからない」と悩んでいませんか? 就活の主戦場はインターンであり、大学3年生の6月には就活が始まります。 ですが、こんな早期に志望先を決められている人なんて、あまりいないと思います。

 そこで、ワンキャリアのサマーインターン特集を見てみましょう。 締め切り前のインターンが一覧で表示されていて、詳細ページに進むとそのインターンの口コミを読むことができます。 また、会員登録すると「自分の大学での人気企業」が見れたり、「内定・選考直結型インターン」への参加申し込みもできます。

 他にも企業ごとに「実際に内定を取ったエントリーシート」、一次面接・二次面接など「選考の体験談」が計52万件が読めるなど、 インターンから内定まで必要な情報がそろっています。大学生・院生なら完全無料どころか、内定後に選考体験談を投稿すると謝礼があるので、 就活を始めるならぜひ利用しておきたいですね。

ワンキャリアの公式サイト

 

早期選考にまだ間に合う!

 就活まだ何もしていない人が勝ち組になる方法!

 「就活、まだ何もしていない」というその不安、実は正解です。 そして何より「選考がどんなものかわからない」のが最大の不安ではないでしょうか。

 それを解決するには早期選考に行くのが一番です。「選考に慣れる」ことができる上に、 通常選考よりライバルが少なく受かりやすいため、「実はもう内定がある」という余裕を持つことすら可能なのです。

 そんな早期選考に招待されるために「インターンシップに行く」のが通常なのですが、 まだ何もしていない人でも「インターンなし」で、今から同じ条件に立てる方法があります。 それが「「ジョブトラ」に参加する」という方法です。

 ジョブトラは「合同説明会」に加えて「グループワーク」が実施されるのが特徴の就活イベントで、 事前準備なし最大6社の早期選考が一度に受けられるというものです。 「エントリーシート・自己分析」は不要で、「学部3年生(修士1年生)」なら就活完全初心者でOKです。

 もちろん学生は完全無料ですから、早期選考を受けて「まだ何もしていない」状態を解消し、 「選考には慣れている」あわよくば「実はもう内定がある」という状態に持って行ってしまいましょう。 イベントは「たった半日」です。通常選考で泥沼に浸かるくらいなら、ジョブトラへ行きましょう。

「ジョブトラ」に参加する

 

志望企業の内定者はどう書いた?内定エントリーシートを見よう!(その1)

 模範解答があれば憂いなし!

 あなたのエントリーシートは100点満点ですか? …と言われても、わかりませんよね。自己採点するにしても、その基準となる模範解答がなければどうしようもありません。

 もしこのまま提出して、果たして大丈夫でしょうか。

 そこで先輩が実際に内定をとったエントリーシートを使いましょう。 それと比較して何が足りないのか、どう書けばいいのかがわかれば、自ずと完成度が高まっていきます。

 「Unistyle」では、歴代就活生の合格エントリーシートを無料閲覧できます。

 総合商社やインフラ企業、メーカー企業、外資系企業をはじめ、超一流企業からベンチャー企業まで71,000通を超えるエントリーシートが収録されています(2023年5月時点)。 あなたの志望企業の合格エントリーシートもほぼ見つかるサイトと言っていいでしょう。

 また、合格ESだけでなく「企業研究」「同業他社比較」「就職活動の軸別のおすすめ業界」 「志望動機の書き方」など就活に役立つ限定記事もすべて無料で読むことができます。

 ぜひ自分のエントリーシートの見直しのために、作成の参考のために手に入れておきたいですね。

内定エントリーシートを読む


著者:村田 泰基(むらた やすき)
 合同会社レセンザ代表社員。1989年生まれ。大阪大学法学部卒。2013卒として就活をし、某上場企業(メーカー事務系総合職)に入社。 その後ビジネスの面白さに目覚め、2019年に法人設立。会社経営者としての経験や建設業経理士2級の知識、自身の失敗経験、300冊以上のビジネス書・日経ビジネスを元に、11年間に渡り学生の就職活動を支援している。 →Xのアカウントページ




×