リアルタイム閲覧者数:13人

 

【就活】中小企業と大企業どちらを選ぶべきか?

 就活に関連して「大企業が最高」「中小企業は負け組」などと勝手なことをいう大人たちに惑わされて、 就活生の間でも「大企業至上主義」が横行しています。しかし、果たして本当に「大企業のほうが幸せ」なのでしょうか。

 この記事では大企業と中小企業の違い、メリットやデメリットなどを紹介し、 就活ではどちらを選ぶべきか判断する材料を提供しています。



 

中小企業と大企業の違い

 中小企業と大企業では、将来性が違います。 中小企業はごく一部の地域・顧客を相手にビジネスをしている場合が多く、顧客を広げて成長する余地があります。 大企業が売上高を2倍にするのは難しいですが、中小企業なら比較的簡単です。

 一方の大企業は、すでに顧客は開拓済みです。経費削減や新規事業に取り組むことになりますが、 経費削減はあまりに夢がなくつまらないことですが、新規事業は「本業の利益」という莫大な資産背景をもって取り組めるため、 セーフティネットつきで有利に戦えるというメリットもあります。

 中小企業と大企業では、担当できる業務の幅も違います。 中小企業に比べて、大企業では業務が細分化されており、「部署」の数が非常に多いです。 1つのプロジェクトを細切れにして、たった一部しか担当できません。

 中小企業ではプロジェクトまるごと自分で担当する場合も多く、 イチから最後まで担当することでプロジェクトへの愛着がわき、やりがいがあるのです。 やりがいの分、熱中していると顧客からの信頼も得られ、自身の成長にもつながります。

 中小企業と大企業では、待遇面は変わりません。 待遇は、「会社が生み出した付加価値を何人で分けるか」によります。 「生み出した付加価値」が多ければ待遇はよくなりますし、「社員」が少なければ1人当たりの待遇はよくなります。

 また、「頑張ったときの報酬」にも違いが現れます。

 例えば社員1000人の大企業で、ある社員が頑張って1000万円余分に稼いだとしましょう。 この場合、1000万円を1000人で分けることになり、1人1万円にしかなりません。

 一方で社員100人の中小企業なら、1000万円を100人で分けますから、1人10万円です。 つまり、待遇は企業規模ではなく、「頑張る人の割合」が高いほうが有利ということです。 こう考えると、中小企業のほうが待遇面で優れている場合すらあるということになります。

 

中小企業のメリット

 中小企業には煩雑な制度がないのがメリットの1つです。

 大企業の場合、仕事の細分化、分業化が進み、横の連絡を取らなければ自分が今何の仕事をしているのかわからない状態にすら陥ります。 しかし横の連絡を取ろうにも会社の規模が大きく、電話をかけなければならなかったり、 別の事業所へ赴いて会議をしなければならなかったり、煩雑な面が多いです。

 書類を回覧するにもまず、係長、課長補佐、課長、次長、部長と回覧し、本部長に転送され、 それがようやく他部署の部長に回ります。そして次長、課長、課長補佐、係長と転送され、 ようやく宛先に到達するのです。あまりにも手間と時間がかかりますし、効率が悪く、「スピード感のない処理」になってしまいます。

 また、新技術や高度な知識は上司に説明しなければなりませんし、 「頭の固い上司」が1人でもいたら、その案は通りません。

 しかし中小企業は、上司は社長だけ。連絡は一瞬で済み、 社長の了解さえ得られれば新技術や高度な知識を使うことができます。 そしてベンチャー企業を起業するくらいですから、「頭の柔らかい上司」なわけです。

 「ベンチャー企業はフットワークが軽く、大企業に先んじて新技術を試せる」 と言われるのはこのためです。

 中小企業のメリットはこれだけではありません。 大企業には福利厚生に「従業員持株会」がありますが、 中小企業も株式をくれたりストックオプションといって入社時の株価で購入する権利をもらえたりします。

 中小企業が成功して上場すると、株価が一気にあがります。 上がる前の株価で株を購入し、売ることで莫大な利益を獲得できるというものです。 頑張れば頑張るほど利益が大きくなりますので、ストックオプションはかなり合理的な制度ですね。

 一方で、大企業の場合はすでに株価は上がり切っていますから、 持株会のメリットは中小企業ほどではありません。

 そしてなんといっても、中小企業には「転勤がない」という大きなメリットがあります。 全国各地に拠点がある大企業なら避けられない転勤ですが、地元に本社があるだけの中小企業なら、転勤はありません。 「家を建てたら地方に飛ばされる…」なんて悩みも、中小企業ならありません。

 

中小企業のデメリット

 中小企業もいいことばかりではありません。中小企業に就職するデメリットもしっかり認識しておきましょう。

 まず、創業者一族のワンマン経営になりがちというデメリットがあります。

 こちらは賛否両論で、ビジネス熱心な経営者なら「新しい制度を採り入れる」「新規事業を始める」など様々な点でスピードが出ます。 サラリーマン経営者である大企業に比べて、環境の変化への対応がスピーディというメリットとして現れることもあります。

 中小企業ではありませんが、DMG森精機やディスコは創業家から社長を出しています。 これらの企業はM&Aにしても新しい人事制度にしても、同族企業ならではのスピード感を持って取り組んでいます。 そして社員への還元策が非常に充実していることでも有名な会社です。

 ですが、逆に大王製紙の御曹司のように、会社を私物として好き勝手やる経営者もいます。 中小企業に勤める人がよく「社長はベンツ、俺は軽」というように、利益をとにかく創業一族が吸い上げ、 社員への還元が少ない場合があるのです。

 待遇改善は経営者の一存によるものですから、中小企業に就職する場合は社長の人柄を重視するべきです。

 

ベンチャー企業のデメリット

 まず、中小企業の中でも比較的新しい「ベンチャー企業」のデメリットです。 大企業に比べてベンチャー企業は倒産する可能性が高いです。 創業した企業が生き残る確率は、5年存続で15%、10年存続で6%と、長生きする可能性はとても低いです。

 これが転職の容易なアメリカならいいのですが、日本は転職が難しい社会です。 せっかくの新卒カードをすぐつぶれる会社につかってしまってはもったいないです

 そして、ベンチャー企業は新人を育成している余裕がありません。 「スタートアップ」という言葉がもてはやされていますが、投資家から出資を受けて創業する以上、 ベンチャー企業は一刻も早く結果を出す必要があります。

 新入社員を教育している余裕はありません。まともな教育も受けずに実戦部隊に配置されるか、 雑務しかやらせてもらえないかのどちらかになる可能性が高いです。 そして「結果を出していないから」と給料も上がらないというコンボまで用意されています。

 大企業なら新人教育期間をおよそ3年~5年程度はみており、その間は出世に差がつかないなど、 教育が終わるまではめんどうを見てもらえます。悪い評価がされない特権的期間があり、 その間に勉強して一人前になればいいですし、昇給もちゃんとあります。

 そもそもベンチャー企業は創業者がかなりの株式を持っていることがほとんどで、 会社が社長の私物という側面があります。大企業なら社長もほとんど株式を持っておらず、 「ワンマン社長」のような無茶振りはされにくいです。

 以上より、ベンチャー企業に行くべき人というのは、すでに起業できるくらいの能力の持ち主だと言えます。 せっかく大企業が新卒を優遇してくれるのに、あえて大企業を選ばない手はないでしょう。

 

中小企業と大企業どちらが幸せ?

 中小企業と大企業では、どちらに就職するのが幸せなのでしょうか。

 幸せの要素として「仕事の面白さ」「人間関係」「待遇」の3つのポイントで比較していきましょう。

 まず、「仕事の面白さ」は就職するのに最重要視すべきポイントです。 40年間も会社で過ごすのに、それが「面白いと思える仕事」か「つまらない仕事」かでは全く異なります。 しかも昔と違ってテクノロジーの発展で仕事はどんどん高度化しています。

 「つまらなくてしんどい仕事」は精神に異常をきたします。 私は「仕事がしんどいのはどこも同じだろう」と大企業に就職しましたが、わずか4年でうつ病を発症し、6年には退職しました。 「仕事が面白い」ことは前提にしてください。

 さて、この「仕事の面白さ」は中小企業のほうに分があります。 というのも、中小企業では1つのプロジェクトをまるごと、もしくは大部分を担当させてもらえるからです。 イチから最後まで携わると愛着がわくもので、仕事が好きになります。

 大企業の場合は部署が細かく分かれていて、仕事も細切れです。 プロジェクトの一部分だけを機械的に処理していては、楽しいとはとても言えないでしょう。

 次に「人間関係」ですが、こちらは会社説明会などの雰囲気で判断するしかないポイントです。 ですが、中小企業の場合は会社説明会やインターンシップで感じた「人間関係」がそのまま通用します。 一方の大企業は部署ごとに文化が違いますので、後から悩むことは非常に多いです。

 長く勤める会社ですから、人間関係もやはり重視したいところです。 しかし、大企業の場合は就活段階でその見極めが難しく、就活が「運ゲー」になってしまいがちです。 それどころか「配属先ガチャ」にも当選しないといけないのですから大変です。

 最後に「待遇」ですが、これは大企業に分があります。 待遇を決定するのは経営者次第なのですが、大企業には「労働組合」という社員の味方がいます。 労働組合が待遇改善を要求してくれるので、大企業のほうが待遇が有利になるシステムがあると言えます。

 しかし、その前提として会社が儲かっている必要があり、「1人当たりの生み出す付加価値」では大企業と中小企業で優劣はありません。 むしろ経営者がしっかりした人なら、中小企業のほうが待遇でも有利になる場合があります。

 中小企業の会社説明会では、社長がどういう人物かをしっかり見ておきたいですね。

 結論としては、中小企業のほうが幸せな可能性が高いです。 唯一「待遇」が劣る可能性があるのですが、こちらは経営者の人柄をよくみて判断しましょう。

 

中小企業への就活

 就活中小企業を目指すなら、 テクノロジー系のニュースが欠かせません。 日常的にベンチャー企業についての知識を蓄えていく必要があります。

 大企業に入社するより投資的で、リスクがあるものです。 うまくいくであろうベンチャー企業を見極め、就活をすることが大切です。

 今ではインターネットもとても便利になり、好みのニュース記事が自動で配信されるサービスがあります。 それはNewsPicksです。

 NewsPicksは「もっと自由な経済紙を」をテーマにした、ニュース共有サービスです。 ツイッターやフェイスブックのように、他人をフォローすることによって、 その人が配信を受けているニュースをタイムラインに表示できるのです。

 例えばホリエモンが見ているニュースが気になったらホリエモンをフォローすることで、 ホリエモンと同じニュースが配信されるという仕組みです。

 ベンチャー企業のニュースがほしければ、ベンチャー企業の社長をフォローしたり、 投資家をフォローして、ニュースをかき集めることができるのです。

 私もYahooニュースや日経新聞のサイトを読んだりしていましたが、 NewsPicksはNewsPicksを開くだけで気になるニュース記事が集まっていますから、 非常に便利です。

 もちろん運営はベンチャー企業です。ユーザーベースという、高い技術力を誇るエンジニア、 多数の業界専門アナリスト、多様な編集部、創造性あふれるビジネスチームを有する会社です。 革新的な経済情報サービスは注目に値します。

 ベンチャー企業に限らず、さまざまな情報を集めて就活に役立てましょう。

あなたの就活偏差値を測定しませんか?目指せSランク!

 

今から最短で内定をもらうには?

 

「実はもう内定あるんだよね」内定直結の合同説明会

 就活では「内定が1つあるかないか」で心の状態が大きく変わります。 たった1つ内定があれば、心に余裕ができ、「不安で眠れない」「もう後がない」といった状況とおさらばできます。 さらに自信が持てるため、堂々とした態度が面接でもウケて次々に内定を獲得していけるのです。

 友達や家族などに「就活どう?」と聞かれたときに、「もう内定は1つ確保してるんだよね」と言えたら、 周りも安心させられます。「たった1つの内定」が好循環の起爆剤なのです。

 その1つ目の内定を簡単に確保できる就活イベントがあります。 それが「MeetsCompany 」です。

 他の説明会と異なり、採用権限をもった役員・部長クラスがやってきて、 その場で面接が始まり、その場で内定がもらえたりする内定直結型の合同説明会です。 さらに参加者内定率96%を誇るため、行けば内定がほぼ確定するイベントです。

 すでに2020卒の募集が始まっていて、年間を通して全国で開催されており、地方の学生でも行きやすいメリットがあります。 参加企業も東証一部上場企業から隠れ優良企業、ベンチャー企業までさまざまです。 「とりあえず1つ目の内定を確保」と思ったらそれがあなたにピッタリの企業かもしれません。

 また、2019卒でも卒業ギリギリまで開催されており、2019年1月でもまだ間に合います。

 

志望企業の合格エントリーシートを見る(その1)

 エントリーシートは、何を書いたら正解かわからない、「『わからないこと』がわからない」状態だと思います。 私もそうでした。自分では完璧だと思っていたエントリーシートも、他の人のエントリーシートと比べたらボロボロだったのです。 そこで、志望企業で実際に内定をとったエントリーシートを参考にしたいですよね。

 「Unistyle」では、一流企業からベンチャー企業まで、内定したエントリーシートを無料ダウンロードできます。

 「Unistyle」では、三菱商事や三井物産、三菱東京UFJ銀行、トヨタ自動車、三菱地所、新日鐵住金、東京ガス、 マッキンゼー、P&Gなど、様々な超一流企業をはじめ、1万7000通を超えるエントリーシートが収録されています。 あなたの志望企業の合格エントリーシートも必ず見つかるサイトと言っていいでしょう

 商社や自動車メーカーをはじめとした企業研究同業他社比較、また「就職活動の軸」別のおすすめ業界、 志望動機の書き方まで非常に詳細に書かれた限定記事をすべて無料で読むことができます。

 また会員限定の特別イベントが多数開催され、過去には伊藤忠商事、日本政策投資銀行、日本ロレアル、キーエンス、日本たばこ産業(JT)、トヨタ自動車、旭硝子、デンソー、 三菱東京UFJ銀行、大日本印刷などのイベントが行われています。

 ぜひ自分のエントリーシートの見直しのために、または作成の参考のために手に入れておきたいですね。

 

多忙の中、どっしり「スカウト」を待つ

 従来型の就活では内定までの道のりがとても長くてめんどうですよね。説明会を受けて、エントリーシートを提出して、グループディスカッションを受けて… そんな手順をすっ飛ばして自分に合った会社が、向こうからアプローチしてくれる就活サイトがあります。

 それは「キミスカ 」 です。

 キミスカでは自分から会社を探さなくても、SNSのようにプロフィールを書くだけで、 会社の人事が「こんな優秀な学生がほしかった!」とスカウトを、時にはいきなり最終面接の案内を送ってくれます。

 他社のインターンやES、GD、一次~最終面接など、従来は落ちると無駄になっていた頑張りを「スカウトされる材料」にできるのです。 スカウトがたくさん来れば、いちいちプレエントリーしたり、エントリーシートを書く手間が省けるので時間短縮になりますね。

 すでに2020年卒の就活生も2019年1月時点で約5万人が登録済みで、NTTデータや一条工務店のような大企業から隠れ優良企業、 ベンチャー企業までスカウトがどんどん来ます。 また、実際の採用選考で行われる「適性検査」も体験できるので、ぜひやっておきたいですね。

 

「SPI、対策しといてよかった!」

 SPIやエントリーシートは、厳しい大学受験に比べたらとても簡単なものです。 とはいえ慣れが必要で、毎年多くの就活生が一発目の第一志望で失敗する事態に陥りがちです。 慣れてきたころには第二志望どころか第三志望の募集も終わっていて、志望度の低い企業にだけ最高のパフォーマンスを発揮するのです。

 一発目から最高のパフォーマンスを発揮するには、SPI、エントリーシート対策が欠かせません。 ですが就活本は値段が高いですし、対策といっても何をすればいいかわかりませんよね。

 そこで、キャリアパークのSPI対策資料を使いましょう。 無料登録するだけでSPIの対策資料がもらえます。出題される問題の傾向や時間配分、解法をつかんで、 就活一発目から高得点をたたき出しましょう。

 他にも一流企業の先輩方の内定エントリーシート自己PR作成マニュアル面接官が実際に使う評価シートなどが無料で手に入り、 内定直結イベントに加えて一流企業の特別選考枠もあるなど、 第一志望に内定をもらうには、キャリアパークを使わない手はありませんね。

 もちろん就活生はすべてのサービスが完全無料ですから、コスパは無限大です。 まずは就活偏差値の測定からはじめて、 今足りないものから確認するのもよいでしょう。

 

志望企業の合格エントリーシートを見る(その2)

 「ワンキャリア」では50,000件を超える合格エントリーシート・就活体験談が掲載されており、 全日本空輸(ANA)、伊藤忠商事、花王、日本航空(JAL)、味の素、アサヒビール、オリエンタルランド等日本の一流企業に加え、 ゴールドマンサックス、ボストンコンサルティング、モルガン・スタンレーなどの外資系一流企業も多数そろっています。

 エントリーシートだけでなくインターンシップやその選考、WEBテスト、グループディスカッションの攻略情報、 さらに志望動機の書き方や業界研究を読むことができ、従来では手に入らなかった情報が満載です。

 「ワンランク上のキャリアを目指す」というキャッチフレーズの通り、業界をリードする大手企業の資料が多く、 また総合商社、JR東海、電通、キーエンス、日本郵船、三菱地所といった一流企業の出展する限定イベントも開催されます。

 ワンキャリアは月間60万人の就活生が利用しています。また内定後もES・体験談を投稿すると1件最大5000円の謝礼がもらえ、 就活体験を翌年の就活生のために役立てることもできます。先輩の「知」を継承し、 あなたが発展させた「知」を後輩に継承する好循環を生み出しましょう。

 キャリアパークでは以下のような資料が無料登録するだけで「すべて」もらえます。 これだけあれば就活を恐れることはありません。好きな資料を選んでダウンロードしよう!



×

2019年01月の今からでも間に合う! 即日内定の合同説明会(19卒&20卒)