リアルタイム閲覧者数:60人

 

【就活】優良中小企業ってどうやって探せばいいの?

 就活では「中小企業にも目を向けろ」と言われますが、「どうやって中小企業を探せばいいかわからない」 という方が大半だと思います。そこで、優良中小企業を探し当てる方法について解説したいと思います。



 

 会社を探す際、どうやって探していますか? およそ「この会社聞いたことがある」という、知名度に頼ったやり方をしていると思います。 ですが、就活生が会社を探す場合、知名度はなんの意味もありません

 というのも、就活生の知る「知名度」とは「テレビCMを打っている企業」であり、 要は消費者向けのビジネスをするBtoC企業に限られたものだからです。 法人向けのビジネスをするBtoB企業は、BtoC企業の10倍もあり、それだけ優良中小企業も隠れています。

 そんな隠れた優良中小企業をどうやって探せばよいか、その方法を解説します。

 

方法1:Ulletで企業一覧を見る

 「知らない会社」を検索するのは無理ですから、「企業リスト」から探していくという方法です。

 1つは就職四季報です。

 就職四季報は全業界の優良企業をリストアップし、選考情報や待遇、ビジネス環境を解説している、 いわば会社辞典のような本です。名前を知らない会社はいくらでも掲載されており、 特に機械メーカーや化学メーカーなどBtoB企業はこれを使わずには見つけられないでしょう。

 しかし、就職四季報は「大企業」に偏っており、中小企業までは掲載されていません。 そこで「Ullet」というサイトを使いましょう。

 Ulletは中小企業も含めた企業データベースです。 各業界ごとに「売上高」で並べ替えができたり、「本社所在地」で並べ替えたりすることもできます。 大企業から中小企業まで網羅されており、会社探しにはうってつけです。

 例えば「機械メーカー」のリストを見て、上から順番にメモしていき、 会社自体を検索して「どんな会社か」を調べていけばよいのです。

 ただし、「損益計算書」や「平均年収」などの掲載されている「有価証券報告書」は、上場企業しか公開の義務がありません。 そのため、見つけた中小企業を「優良企業かどうか」の判断が重要になってきます。

 

方法2:中小企業の集まる合同説明会に行く

 多くの就活生は「消費者目線」で就活をしてしまいますので、知名度の低いBtoB企業は学生を集めるのに苦労しています。 そこで、「消費者に知名度の低い会社」が集まる合同説明会があります。

 それは「MeetsCompany 」です。

 MeetsCompanyは「BtoB企業」を中心とした合同説明会ですので、知らない会社を探すには最適です。 また 「内定直結」を売りにしており、採用権限を持った人事部長、取締役クラスが直々に会社説明にやってきて、 希望すればその場で面接が始まり、最短ならその場で内定が出るイベントです。

 通常の説明会は20~30代の若手社員が説明に来ますが、MeetsCompanyは部長級・取締役が来ます。 彼らはビジネスの中枢を担う方々ですから、その会社が「何を目指して」いて、「なぜ儲かるのか」、 実際にその人の部下になったときどうかということを、その場で知り、想像することができます。

 知らない会社を見つけ、優良企業かがその場でわかり、希望すればその場で内定までとれるというわけです。 これほど会社探しに役立つ説明会は他にないと思います。

 

方法3:スカウト型就活サイトを使う

 知らない会社を見つけるのに、スカウト型就活サイトを使うのは非常に効率が良いです。

 リクナビやマイナビでは「自分で」会社を探しますよね。 ですが、スカウト型の「キミスカ 」では逆です。 「会社が」あなたを探してくれるのです。

 会社が見つからないなら、会社に自分を探してもらおうという逆転の発想ですね。

 キミスカにプロフィールや他社での選考履歴などを書いておくと、 「あの会社の一次選考に通過したなら優秀な学生に違いない」とスカウトメールを送ってくれます。 プロフィールを見てある程度あなたのことがわかっていますので、書類選考免除いきなり最終面接といった恩恵もあります。

 スカウトメールを受け取ってからその会社のことを調べればいいのですから、 会社探しの手間が省けますよね。内定までのスケジュール感も速いですから、 就活の時間短縮になります。

 

方法4:新聞やビジネス誌を読む

 就活までに余裕があれば、日経新聞や日経ビジネスなどの「ビジネス誌」を読んで探す方法もあります。 ビジネス誌に紹介される中小企業は「今、勢いのある企業」ですから、優良企業であることが約束されたようなものです。 それでいてほとんどの就活生はビジネス誌を読んでいませんから、就活では穴場になるでしょう。

 会社探しだけでなくビジネス環境を知ったり、どんな会社がどんな動きをしているかなどがわかりますので、 経済の勉強になるという強みがあります。

 これらビジネス誌はわざわざ購入しなくても、大学の図書館に置いてあることが多いです。 購読するとけっこうな値段になりますから、図書館へ行ってみてはどうでしょうか。

 ただ、中小企業が紹介されることもあるものの、基本は大企業の動向を掲載するものです。 あまり時間がないときは、効率的な方法とは言えないでしょう。 上の1~3の方法で探すのが効率的ですね。

 

優良企業の見分ける3つのポイント

 次に、見つけた中小企業が「優良企業かどうか」を見分ける方法を解説します。 「ビジネス」「社風」「財務」の3つのポイントで見分けていきましょう。

 

Point1:ビジネスで見分ける

 多くの就活生は「ビジネス」そのものではなく「知名度」に頼って会社を選んでしまいます。 ですが、会社選びで最も重要なのは「会社名」ではなく「なぜ儲かるのか」という、 その会社が今後も繁栄する根拠です。

 日本の家電メーカーが高度成長期から1990年代に至るまで世界を席巻していたのは、 「安かったから」です。昔は日本の人件費が安く、人件費が上がってきたころには、 海外工場を新設して「安くつくる」ことにこだわってきました。

 「高品質」とはいってももはや家電に必要な機能はすでにそろってしまい、 品質では強みにならなかったことが、2000年代以降の凋落の原因です。

 このように「なぜ儲かるのか」を研究することで、その会社の先行きが見えてきます。 上記のように「安い」だけではいけませんし、「品質」も他社にマネされたときどうなるかを考えなければなりません。 「新規事業への取り組み姿勢」なども考慮にいれたいですね。

 言い換えれば「他社に対する強みと弱み」の研究です。

 

Point2:社風で見分ける

 会社選びに当たっては「社風」も重要な要素です。 というのも、老舗企業などでは大企業ですら「官僚化」してしまい、 「目の前の仕事をこなす」「社内政治」「ご機嫌取り」がメインの仕事になってしまいがちだからです。

 会社にはそもそも、「社会にこういう価値を提供したい」というビジョンがあり、 全社的にそのビジョンの実現に向けて試行錯誤する風土があったはずです。 それを忘れてしまった会社では、将来性があるとは言えません。

 「商品を売る」ことではなく「ビジョンを実現する」会社こそ、 非常事態が起きたときも対応策を考えることができ、最適な手段を取れるものです。 逆に、ビジョンのない会社はただ縮小していく売上を嘆きながら、沈んでいくだけです。

 これは会社説明会パンフレットから読み取りましょう。 特に「MeetsCompany 」 のような説明会では部長級・役員クラスといったビジネスの中枢を担う社員が来てくれますので、 ビジョンの話があるはずです。

 逆に、ビジョンの話がなく各部署の仕事を紹介するだけのような会社では、 優良企業とは言えないでしょう。

 

Point3:財務で見分ける

 中小企業を選ぶ際に特に注意したいのが「財務」です。 残念ながら中小企業には財務面に難のある会社も少なくなく、大企業に比べると倒産する可能性があります。 財務面をしっかりチェックしておくことで、倒産リスクを回避しましょう。

 中小企業でも「JASDAQ」に上場できる制度があり、上場企業であれば「有価証券報告書」があります。 「会社名+有価証券報告書」で検索して、中身を読んでみましょう。 特に重要な数値は2ページ目に掲載されています。

 「自己資本比率」や「営業活動によるキャッシュフロー」は必ず確認しておきましょう。

 自己資本比率とは「資産」に占める「資本金+利益」と「債務」の割合ですが、 要は「資産を築くのに自分のお金を使ったか、他人のお金を使ったか」の比率です。 30%以上あるのが望ましく、50%を超えていると「優良企業」と言われます。

 また、営業活動によるキャッシュフローとは「本業1年間で増やした現金」を意味します。 売上高が伸びていても、「売掛金」の状態ではまだ現金が入ってきたわけではありません。

 「売掛金」を不正に積み上げて売上高を粉飾する企業すらありますが、営業活動によるキャッシュフローだけはごまかしようがなく、 これが黒字なら健全な会社だということができます。逆に、これが赤字だと「本業赤字」ということですから、要注意です。

 一方でJASDAQに上場していない中小企業の場合、有価証券報告書がありません。 代わりに「決算公告」がありますので、それを検索してみてみましょう。

 決算公告で公表されているのは「貸借対照表」だけです。

決算公告の例

 決算公告では「営業活動によるキャッシュフロー」はわかりませんが、「自己資本比率」はわかります。 上記の画像の「株主資本」を「負債・純資産合計」で割った値が自己資本比率です。 この例では「8,548÷15,633」で約54%ですから、優良企業の部類です。

 もう1つ、「流動資産」と「流動負債」の額も見ておきましょう、 流動負債とは1年以内に支払いをしなければならないお金のことで、 流動資産はすぐに現金化できる資産のことを言います。つまり、「流動資産」が「流動負債」より多ければ、 ただちに倒産することはないということができます。

 

今から最短で内定をもらうには?

 

「実はもう内定あるんだよね」内定直結の合同説明会

 就活では「内定が1つあるかないか」で心の状態が大きく変わります。 たった1つ内定があれば、心に余裕ができ、「不安で眠れない」「もう後がない」といった状況とおさらばできます。 さらに自信が持てるため、堂々とした態度が面接でもウケて次々に内定を獲得していけるのです。

 友達や家族などに「就活どう?」と聞かれたときに、「もう内定は1つ確保してるんだよね」と言えたら、 周りも安心させられます。「たった1つの内定」が好循環の起爆剤なのです。

 その1つ目の内定を簡単に確保できる就活イベントがあります。 それが「MeetsCompany 」です。

 他の説明会と異なり、採用権限をもった役員・部長クラスがやってきて、 その場で面接が始まり、その場で内定がもらえたりする内定直結型の合同説明会です。 さらに参加者内定率96%を誇るため、行けば内定がほぼ確定するイベントです。

 すでに21卒の募集が始まっていて、年間を通して全国で開催されており、地方の学生でも行きやすいメリットがあります。 参加企業も東証一部上場企業から隠れ優良企業、ベンチャー企業までさまざまです。 「とりあえず1つ目の内定を確保」と思ったらそれがあなたにピッタリの企業かもしれません。

 毎年卒業ギリギリまで開催されており、20卒も2019年12月でもまだ間に合います。 当サイトからも1日10人以上が参加申し込みをしており、かなりの人気イベントです。

 

早期に隠れ優良企業と接触する!

 就活のスケジュール管理って思ったより大変です。 インターンシップや選考の募集開始に気づかず、出遅れてしまった…なんてことになっては悲惨です。

 見つけきれていなかった会社や、よく知らなかった業界に手遅れになってから気付いて後悔する…というのは、歴代就活生が味わいまくってきた苦痛です。 そんな悲しい就活、絶対に繰り返してはいけませんよね。

 ですが、【digmee】 を使えばそんな悩みともオサラバできます。

 digmeeはLINEで友達登録するだけで登録が完了し、プロフィールや自己分析を進めていくと、 それを見た企業の人事から「選考免除パス」が獲得できるなど、選考フローを大幅短縮できる就活サービスです。 すでに21卒の募集を開始しています。

 友達登録すれば就活に必須な知識などが自動的に送られてきますので、 一生懸命検索する手間が省けてダラダラ過ごしていても強制的に自分を就活モードにするという、まるで起爆装置のようなシステムです。

 GD・面接の模擬練習のイベントや、最大7社から「選考免除パス」がもらえる特別選考会もあり、 もちろんワンタップで参加申し込みが完了するというお手軽っぷりです。 それでいて電通やJT、外資系のゴールドマンサックス、P&G、Googleといった合格実績もあります。

 こういった実績から旧帝大や関関同立クラスの学生の利用が多いのも特徴的です。 もしあなたに「めんどくさがり」の自覚があったら、友達登録しておくのを強くおすすめします。

 

志望企業の内定者はどう書いた?内定エントリーシートを見よう!(その1)

 あなたのエントリーシートは100点満点ですか? …と言われても、わかりませんよね。自己採点するにしても、その基準となる模範解答がなければどうしようもありません。

 そこで先輩が実際に内定をとったエントリーシートを使いましょう。 それと比較して何が足りないのか、どう書けばいいのかがわかれば、自ずと完成度が高まっていきます。

 「Unistyle」では、歴代就活生の合格エントリーシートを無料ダウンロードできます。

 総合商社やインフラ企業、メーカー企業、外資系企業をはじめ、超一流企業からベンチャー企業まで1万7000通を超えるエントリーシートが収録されています。 あなたの志望企業の合格エントリーシートもほぼ必ず見つかるサイトと言っていいでしょう

 また、合格ESだけでなく「企業研究」「同業他社比較」「就職活動の軸別のおすすめ業界」 「志望動機の書き方」など就活に役立つ限定記事もすべて無料で読むことができます。

 ぜひ自分のエントリーシートの見直しのために、作成の参考のために手に入れておきたいですね。

 

志望企業の内定者はどう書いた?内定エントリーシートを見よう!(その2)

 「ワンキャリア」では50,000件を超える合格エントリーシート・就活体験談が掲載されており、 全日本空輸(ANA)、伊藤忠商事、花王、日本航空(JAL)、味の素、アサヒビール、オリエンタルランド等日本の一流企業に加え、 ゴールドマンサックス、ボストンコンサルティング、モルガン・スタンレーなどの外資系一流企業も多数そろっています。

 エントリーシートだけでなくインターンシップやその選考、WEBテスト、グループディスカッションの攻略情報、 さらに志望動機の書き方や業界研究を読むことができ、従来では手に入らなかった情報が満載です。

 「ワンランク上のキャリアを目指す」というキャッチフレーズの通り、業界をリードする大手企業の資料が多く、 また総合商社、JR東海、電通、キーエンス、日本郵船、三菱地所といった一流企業の出展する限定イベントも開催されます。

 ワンキャリアは月間60万人の就活生が利用しています。また内定後もES・体験談を投稿すると1件最大5000円の謝礼がもらえ、 就活体験を翌年の就活生のために役立てることもできます。先輩の「知」を継承し、 あなたが発展させた「知」を後輩に継承する好循環を生み出しましょう。

→記事トップに戻る


×

2019年12月の今から早期内定! 内定直結型就活イベント (20・21卒)