リアルタイム閲覧者数:7人

 

就活ノートを買ってはいけない!

 就活ノートを買ってはいけません!就活ノートは自分で作ればいいのです。 就活ノートは、そんなに大した意味のあるノートではありません。 就活ノートは単に自分の就活記録をメモに書くだけのものです。 

 会社説明会などで感じたこと、会社のいいところ、悪いところ、どんな質問が出てこんな答えが返ってきたなど、 会社説明会の議事録を書きます。どんな学生をほしがっているか、どんな学生が向いているか、 社員はどんな感じの人かなど、企業研究を書き込んでいくのが就活ノートです。

 当然、ノートの取り方なんて人それぞれです。講義でも皆が皆同じやり方でノートを取っているわけではないと思います。 果たして「フル単○○君の講義ノート」なんて本が売られていて買うでしょうか? 就活のために誰かの作った就活ノートを使うなんてナンセンスです。

 就活ノートは自分で作りましょう。 それが最も内容が頭に入り、記憶に残り、志望度が高まるというものです。

 

就活ノートの作り方

 就活ノートの作り方を紹介します。まず、ファイルとルーズリーフを生協か何かで買います。 そして小さいメモ帳を1冊買います。会社説明会には小さいメモ帳を持っていき、メモを取ります。 書かなくても頭に入っているつもりでも、実は頭に入っていないなんてことはよくあります。

 直感で「いい!」と思った社員の発言、就活生の発言、返事をメモに取りましょう。 社員をよく観察して、どんな人がこれまで採用されてきたのかを探ります。

 会社説明会ではエントリーシートのヒントや面接のヒントがもらえたりします。 次の会社の説明会に出席すると、前の会社の説明会で聞いたヒントは忘れてしまいます。 必ず試験に出る箇所をメモするかのようにメモを取ります。

 そして自宅に帰ったら、ファイルとルーズリーフを取り出します。 ルーズリーフにメモを写し、読みやすくまとめます。これをファイルにとじれば、 あなたの就活ノートの出来上がりです。簡単ですね。

 ルーズリーフにする理由は、後で並べ替えができるからです。 業界ごとに分けていれて置いたり、会社別にいれて置いたりすることもあると思います。 しかし、選考が進むにつれて就活ノートが必要な会社と、必要なくなった会社が出てきます。

 そんなときに不要な就活ノートを取り外し、必要な就活ノートだけまとめてとじることもできるのです。 大学ノートや就活ノートを買うより、ルーズリーフにまとめているほうがよっぽど整理しやすいです。

 

就活ノートの書き方

 就活ノートはどのように書けばいいのでしょうか。ここでは就活ノートの書き方について紹介します。 就活ノートは自分用のメモです。就活日記とも言えます。後で読み返して、そのときの情景が思い浮かぶような就活ノートの書き方をしなければなりません。

 就活ノートの書き方として、最低限「会社名」「日付」「会社説明会か、リクルーター面接か、面接かの種別」 「就活生の参加人数」は書いておきましょう。後で読んだ時に、当時の情景が思い浮かびます。 その就活イベントのことを思い出しやすいということですね。

 その上で社員が話していたことエントリーシートや面接に関係することエントリーシートの締切日など、 会社説明会で得られた情報を箇条書きで記入していきます。

 就活は、将来の夢の実現のために行うことです。就職活動の軸(『将来の夢』を意味する就活用語) でも解説していますが、会社は就活生の「将来の夢」に投資するつもりで採用選考をします。 そして、内定後ギャップ、入社後ギャップに悩まされないためにも、就活は「将来の夢」を中心に行わなければなりません。

 ですから、エントリーシートは「将来の夢」を起点に書くことになります。 将来の夢のために学生時代は〇〇に取り組み(学生時代頑張ったこと)、 現状の自分には何が足りていて何が足りないのか(長所と短所)、 どうやって夢を実現するのか(なぜこの会社を選んだのかこの会社に入って挑戦したいこと) を書いていくのです。

 そこで、就活ノートにはあなたの「将来の夢」と、それを実現できそうな会社かどうかを盛り込みましょう。

 他にもエントリーシートや面接に使えそうなネタがあれば、メモをとっておいて、 就活ノートにも書き込んでおきます。いざその会社にエントリーシートを提出しようと思った時に役立ちます。

 「就活ノートを何のために書くのか」という目的が大事です。 就活は自分の幸せのため、将来の夢の実現のためにするものです。 就活ノートも同様に、自分の幸せにつながるか、将来の夢の実現につながるかという観点で書かなければなりません。

 

就活ノートのテンプレート

 就活ノートのテンプレートを紹介します。 就活ノートに必ず書かなければならないこと、書いておいた方がいいことがあります。 以下を参考にして自分の就活ノートを作り上げましょう。

 MYストレングス株式会社 2/15(土)会社説明会
参加人数:50名程度
ES締切日:3/7(金)必着
WEBテスト締切日:3/14(金)

 ~会社の魅力~
社員の言葉「サービスを通じて社会貢献を実感できるところ。同業他社ではこんな喜びはない。」
○○の分野でシェアNo.1
社員の雰囲気がRMウィークネス株式会社より明るい

 ~会社の欠点~
昨年度は経常赤字
××の分野ではNMウィークポイント株式会社のほうがシェアが高い
リコール隠し問題が発覚した
独禁法違反で強制捜査が入った
脱税疑惑がテレビや新聞で報じられている

 ~エントリーシートのヒント~
「面白い人募集」
「バリバリ働く人募集」
「365日24時間働く人募集」

 ~考察~
社員が明るすぎて怖い。洗脳されているのだろうか。 「経営者目線を持て」と言っていた。残業代を払わないつもりだろうか。 倒産の危機といえるほど問題発覚が多すぎる。 ブラック企業ではないか。

 以上のように、就活ノートにはエントリーシートに使えるネタや、エントリーシートを提出するかどうか判断基準になることを書いていきます。 ブラック企業っぽいことを言っていたら必ずメモに残しておきましょう。 逆にホワイト企業っぽいことを言っていてもやはりメモに残しましょう。

 このテンプレートは、あくまでも一例にすぎません。テンプレート通りに就活ノートを作っても意味がありません。 自分の就活の判断基準にできる就活ノートを作っていきましょう。

 上記のようにMY就活ネットでは「独自の就活ノート」をつくることをおすすめしています。 しかし、多くの視点を取り入れることは大事なことです。 MY就活ネットに限らず様々な視点で説明会に臨みたいものです。

 そこで、キャリアパークを紹介します。 キャリアパークでも独自の就活ノートをつくっており、それが無料配布されています。 わざわざお金を出して買わなくても、キャリアパークなら就活ノートの例を無料でゲットできるのです。

 もちろんこの資料の通りにする必要はありません。資料にある項目をあなたの就活ノートに加えて、 完成度の高い「独自の就活ノート」をつくればよいのです。 ぜひ、ダウンロードしておきましょう。

 

今から最短で内定をもらうには?

 

志望企業の合格エントリーシートを見る(その1)

 エントリーシートは、何を書いたら正解かわからない、「『わからないこと』がわからない」状態だと思います。 私もそうでした。自分では完璧だと思っていたエントリーシートも、他の人のエントリーシートと比べたらボロボロだったのです。 そこで、志望企業で実際に内定をとったエントリーシートを参考にしたいですよね。

 「Unistyle」では、一流企業からベンチャー企業まで、内定したエントリーシートを無料ダウンロードできます。

 「Unistyle」では、三菱商事や三井物産、三菱東京UFJ銀行、トヨタ自動車、三菱地所、新日鐵住金、東京ガス、 マッキンゼー、P&Gなど、様々な超一流企業をはじめ、1万7000通を超えるエントリーシートが収録されています。 あなたの志望企業の合格エントリーシートも必ず見つかるサイトと言っていいでしょう

 商社や自動車メーカーをはじめとした企業研究同業他社比較、また「就職活動の軸」別のおすすめ業界、 志望動機の書き方まで非常に詳細に書かれた限定記事をすべて無料で読むことができます。

 また会員限定の特別イベントが多数開催され、過去には伊藤忠商事、日本政策投資銀行、日本ロレアル、キーエンス、日本たばこ産業(JT)、トヨタ自動車、旭硝子、デンソー、 三菱東京UFJ銀行、大日本印刷などのイベントが行われています。

 ぜひ自分のエントリーシートの見直しのために、または作成の参考のために手に入れておきたいですね。

 

志望企業の合格エントリーシートを見る(その2)

 「ワンキャリア」では50,000件を超える合格エントリーシート・就活体験談が掲載されており、 全日本空輸(ANA)、伊藤忠商事、花王、日本航空(JAL)、味の素、アサヒビール、オリエンタルランド等日本の一流企業に加え、 ゴールドマンサックス、ボストンコンサルティング、モルガン・スタンレーなどの外資系一流企業も多数そろっています。

 エントリーシートだけでなくインターンシップやその選考、WEBテスト、グループディスカッションの攻略情報、 さらに志望動機の書き方や業界研究を読むことができ、従来では手に入らなかった情報が満載です。

 「ワンランク上のキャリアを目指す」というキャッチフレーズの通り、業界をリードする大手企業の資料が多く、 また総合商社、JR東海、電通、キーエンス、日本郵船、三菱地所といった一流企業の出展する限定イベントも開催されます。

 「ワンキャリア」は月間60万人の就活生が利用しています。また内定後も謝礼付きのインタビュー等が行われ、 就活体験を翌年の就活生のために役立てることもできます。先輩の「知」を継承し、 あなたが発展させた「知」を後輩に継承する好循環を生み出しましょう。

 

2018年10月でも間に合う!内定直結の合同説明会

 すぐ内定がほしい。それは、就活生なら誰もが願うことだと思います。

 2019年卒では8月1日の時点で就活生の88%が内定を持っています。「まだ内定がない」と焦る気持ちが強いと思います。 そんな中、まどろっこしくてめんどくさい従来型の就活をしていては余計にストレスが溜まってしまいます。

 余計なステップを究極的に省いたのが、内定直結型の就活イベントで、採用選考をその場で始めることが前提の合同説明会です。 あらかたの企業が採用選考を終えたあとでも頻繁に開催されており、採用権限をもった部長・役員クラスが現れ、 その場で面接が始まったり、その場で即日内定がもらえたりするイベントがあります。

 それが「MeetsCompany 」です。 年間10万人が利用しているほどで、MeetsCompanyで内定を確保するのはもはや常識になりつつあります。

 2019年卒の募集が始まっています。MeetsCompanyは参加者内定率96%を誇っており、 全国で開催されているので地方の学生でも行きやすいイベントです。 最短1日で内定を取れますので、就活を終わらせることができます。

 

多忙の中、どっしり「スカウト」を待つ

 従来型の就活では内定までの道のりがとても長くてめんどうですよね。説明会を受けて、エントリーシートを提出して、グループディスカッションを受けて… そんな手順をすっ飛ばして自分に合った会社が、向こうからアプローチしてくれる就活サイトがあります。

 それは「キミスカ 」 です。

 キミスカでは自分から会社を探さなくても、SNSのようにプロフィールを書くだけで、 会社の人事が「こんな優秀な学生がほしかった!」とスカウトを、時にはいきなり最終面接の案内を送ってくれます。

 他社のインターンやES、GD、一次~最終面接など、従来は落ちると無駄になっていた頑張りを「スカウトされる材料」にできるのです。 スカウトがたくさん来れば、いちいちプレエントリーしたり、エントリーシートを書く手間が省けるので時間短縮になりますね。

 すでに2019年卒の就活生も約7万人が利用しているほどで、スカウトがどんどん来ます。 また、実際の採用選考で行われる「適性検査」も体験できるので、ぜひやっておきたいですね。



×

待っているだけで隠れ優良企業からスカウトがもらえるサイト!