MY就活ネット
リアルタイム閲覧者数:39人

 

【例文】長所と短所の一覧|「おっ!」と思わせる回答例

 長所と短所の一覧に加え、エントリーシートへの書き方・選び方、そして面接での答え方を例文付きで解説します。 実はなんとなくで選んでいいものではなく、就活の軸と関連付けて答えなければなりません。



おすすめ・人気記事

記事一覧へ

 

長所と短所の一覧

 

長所の例一覧

 長所を52個、一覧にして紹介します。

  • 謙虚である
  • 協調性がある
  • 真面目
  • 誠実である
  • 集中力がある
  • きれい好き
  • 整理整頓ができる
  • 深く考える
  • 努力ができる
  • 文武両道
  • あきらめない
  • やりきる
  • フットワークが軽い
  • 友達が多い
  • 人見知りしない
  • 話をよく聞く
  • リーダーシップがある
  • 好奇心旺盛
  • 自分に厳しい
  • 思いやりがある
  • 器用である
  • 表情が豊か
  • 感情表現が豊か
  • 気が利く
  • 調和がとれる
  • コミュニケーション能力がある
  • 記憶力が良い
  • 切り替えが早い
  • 責任感がある
  • 我慢強い
  • 忍耐力がある
  • 明るい
  • 活発である
  • ゆとりがある
  • 社交的
  • 向上心がある
  • 体力がある
  • 趣味が多い
  • すぐに人と仲良くなれる
  • 計画的である
  • 臨機応変に動ける
  • 節約が上手
  • 人から頼られる
  • ポジティブ思考
  • こだわりがある
  • 創造力がある
  • 想像力がある
  • 正確である
  • 地道な努力ができる
  • 愛嬌がある
  • 最後まで投げ出さない
  • 主体性がある

 

短所の例一覧

 短所を44個、一覧にして紹介します。

  • 頑固
  • 人見知り
  • 負けず嫌い
  • 優柔不断
  • おっちょこちょい
  • 神経質
  • ものぐさ(めんどくさがり)
  • 自己主張が強い
  • 短気である
  • 不器用
  • 緊張しやすい
  • 心配性
  • フットワークが重い
  • 話を聞かない
  • 話下手
  • 滑舌が悪い
  • 潔癖症
  • 成績が悪い
  • 思いやりに欠ける
  • 他人に厳しい
  • 自分に甘い
  • 他人に頼る
  • 気が弱い
  • 遠慮がち
  • 行動が遅い
  • 体力がない
  • 人の真似ばかりしている
  • 感情表現が下手
  • 八方美人
  • うっかりミスが多い
  • 計算ミスが多い
  • 無駄遣いが多い
  • 軽率な部分がある
  • 人の頼みを断れない
  • ネガティブ思考
  • こだわりがない
  • 創造力がない
  • 想像力がない
  • 怒りっぽい
  • 冷めやすい
  • ムラがある
  • お人好し
  • 慎重すぎる
  • 考えすぎる


 

エントリーシートへの長所と短所の書き方

 会社にもよりますが、エントリーシートの長所・短所欄は小さいです。 小さい場合は長所と短所をそれぞれ1つだけ書きましょう。 長所のエピソードや短所を返上するような文章は、面接用に考えるだけにしておきましょう。

 ましてや長所に「空気が読める」と書きながら、小さい記入欄に大量の文字を書き込んでいたら、 空気が読めないことの証明になってしまいます。

 記入欄が大きい時は、長所に関するエピソードや、短所を返上する話を書きましょう。

 

短所の書き方

 エントリーシートへの短所の書き方・選び方は、必ず「克服しようとしている話」を用意しておくことです。 ですから「克服できる短所」を選んで書く必要があります。

 まず、短所は短所であると、認めなければなりません。 就活では恰好をつけたくなるもので、ついどうでもいい短所を書いたり、 「裏を返せば長所でもあります」というふうに短所であることを認めない人が見受けられます。

 しかし、これではコミュニケーションに難ありです。ミスをごまかす悪い新人を彷彿とさせてしまいます。 世の中に完璧な人間などいません。会社はそれぞれの短所を補い合って、ビジネスをする集合体です。 短所があること自体は悪いことではありません

 ですが、「短所を克服しようとしている話」は必須です。 長所は伸ばし、短所は短所のまま放っておかないことです。

 現状に満足せず、常に成長していく飽くなき向上心を、長所・短所で示すのです。

 重要なのは、短所を克服する気があることです。短所を改善、克服して、自己成長をしようとしているかが問われているのです。 短所を短所のまま放置しておく人が不採用になるのです。

 例えば「ものぐさ(めんどくさがり)」という短所では、以下の例文のように「克服しようとしている」と述べましょう。

 私の短所は「ものぐさ」であることです。私は家でゴロゴロする生活習慣があります。 これを克服するために、「めんどくさノート」をつけるようにしています。 何が面倒でゴロゴロしたくなったのかを研究し、その根本的な解決に取り組んでいます。

 また、「人見知り」という短所では以下のように答えましょう。

 私の短所は「人見知り」であることです。これを克服するためにゼミ等に参加し、たくさんの知らない人と話す訓練をしています。 また、緊張しやすいので、頭が真っ白にならないように事前準備をするようにしています。

 「優柔不断」という短所では以下のようになります。

 私の短所は「優柔不断」であることです。大学の受講登録やイベントの参加の返事をギリギリまで先延ばしにしてしまいます。 迅速な意思決定力を鍛えるために、「10秒ルール」を設けて10秒以内に決められなかったら「Yes」と回答するようにしています。

 エントリーシートに短所の詳しい内容を書くスペースがなければ、面接で言えるように準備しておきましょう。

 

長所の書き方

 エントリーシートへの長所の書き方・選び方は、「就活の軸に関連したエピソードの中から選ぶ」ことです。 例えば「学生時代頑張ったこと」の中から、自分の長所を導き出して書くのがよいというわけです。

 長所に関するエピソードは面接でも聞かれますので、何か準備しておきましょう。 長所は、自分の良さをアピールする最大のチャンスです。将来の夢、つまりは就活の軸を実現するにあたって、 役立つ長所をアピールするのです。

 「長所は仕事の役に立つものがよい」と言われることが多いですが、仕事に役立つ長所が求められているのではありません求められているのは将来の夢を実現するストーリーです。そのストーリーの途中に、「この会社で働くこと」が入っていたら良いのです。

 長所をエントリーシートに書くとき、就職活動の軸と絡めて書きましょう。 就活の軸はつまりは将来の夢です。将来の夢を実現するのに、この長所が役立つと言えるような長所を履歴書に書く必要があります。 「入社したい」という意欲は抑えて、純粋に自分の長所を見直してみましょう。

 最も簡単で説得力があるのは、学生時代頑張ったことから導くやり方です。 例えばガクチカが以下だった場合。

 コンビニのアルバイトで、「雨の日に転ぶお客さんをゼロにする」ことを頑張りました。 「安全と快適」を極めたい私にとって、放っておける問題ではありませんでした。

 転ぶのは、「床がきれいすぎる」ことと「お客さんが早足で歩く」ことに原因がありました。 しかし、転倒注意の看板を立てても効果がありません。また、お客さんに気を遣わせている時点で、「安全と快適」とかけ離れています。 そもそも「転ばない仕組み」をつくらなければなりませんでした。

 コンビニではモップ掛けとポリッシャー掛けで掃除をします。 このポリッシャー掛けで床がツルツルになりすぎて、雨の日に滑って転ぶのです。 そこで、「雨の日はあえてポリッシャー掛けをしない」「モップ掛けを増やして水分をとる」という対策をとりました。

 また、店内を早足で歩けないように「買い物かごや補充用品の箱を配置する」という対策もとりました。 この結果、「雨の日に転ぶお客さんがゼロ」になりました。

 この活動で、「安全と快適」は原因他人論で注意を促すのではなく、 原因自分論で仕組みをつくる重要性を知ることができました。

 この場合、「臨機応変に動ける」「主体性がある」なんてどうでしょうか。

 私の長所は「臨機応変に動ける」ことです。「学生時代頑張ったこと」では、 定型業務であるポリッシャー掛けやモップ掛けの回数を変え、本来は片づけておくべき「補充用品の箱」を配置するなど、 「目的の達成」のために手段を選ぶことができます。

 私の長所は「主体性がある」ことです。「学生時代頑張ったこと」では、 与えられた定型業務をこなすだけでなく、自分で課題を発見して対策を考え、実行することができます。

 このように「就職活動の軸」「学生時代頑張ったこと」と連動した長所を書くと、説得力が生まれます。

 

志望企業の内定者はどう書いた?合格ESをもらおう

 あなたの志望企業の内定者が「長所と短所」についてどう書いたか、気になりますよね。 合格エントリーシートがあれば、すべての項目で自分の完成度、説得力、文章力などを比較することができます。 上手な言い回し、ネタ探しにも役立ちます。

 合格エントリーシートは、従来は大学の仲の良い先輩からもらうしかありませんでした。 志望企業に内定を取った先輩が身近にいないと、「模範解答」を読むことができなかったのです。 それゆえ就活では「コネ」が必要だと言われる時代がありました。

 しかし今は、合格エントリーシートが無料でもらい放題できるサイトがあります。

 それが「Unistyle」 と「ワンキャリア」 です。

 この2つのサイトでは歴代就活生の合格エントリーシートを大量に集めており、 就活生は無料登録するだけですべて読み放題です。 2つ登録すればほとんどの企業を網羅できるでしょう。

 エントリーシートだけでなくインターンシップや面接などの選考情報、就活テクニックの他、 特別選考枠のある合同説明会など様々なお役立ち情報が満載ですので、ぜひ利用してみましょう。

 

OfferBoxの適性検査を利用する

 長所と短所を選ぶ際、適性検査と矛盾しないことが重要です。

 就活では書類選考の際に「適性検査」を受けることが多いですが、その結果は自分で見ることができません。 会社の人事だけがあなたのエントリーシートと適性検査の結果を照らし合わせて、 ウソをついていないかなどを確認します。

 そこで、「OfferBox」 の適性検査ツールを利用しましょう。

 本番さながらの適性検査を受検でき、結果を見ることができます。 10万人のデータを活用した本気の検査ですので、その精度はぴか一です。

 つまり、これを利用して出た結果をもとに自己PRをつくれば、 自己PRと性格検査が矛盾しないというわけです。


 私の検査結果ですが、このように100万人のデータと比較して、各「ビジネス力」がどれくらい高いのかわかります。 この中から特に高い項目低い項目を自己PRや長所・短所に利用すればよいわけです。

 私の場合、「計画力」と「規律性」が低く出ています。 しかし、低いところを高めようとして本番で調整したり嘘をついてはいけません。 本番では「矛盾した回答」も測定されます。それに、なんでも完璧だとむしろ不自然ですよね。

 「結果を良く見せる」のではなく、悪い結果を克服しようとしている姿勢をアピールするのが重要です。


 便利なことに強み弱みを自動でまとめてくれます。

 何が長所で短所なのか、本番では社員が同じ結果の資料をもって面接をします。 あらかじめ結果がわかっていれば、面接で有利になりますよね。

 ぜひ「OfferBox」 で検査を受けておきましょう。

 

「長所と短所」を聞く意味

 長所と短所を聞く意味は、次の2つです。

  • 就活の軸に対する「現状認識」ができているか確認するため
  • 「反省と克服」からなる向上心を確認するため

 長所と短所をエントリーシートに書く上で、「なぜ長所と短所が聞かれるのか」という本質をとらえておきましょう。

 

人事は何を重視するの?

 会社は新卒採用においては、学生の将来性にかけます。学生は将来の幹部候補生であり、 5年後、10年後にビジネスを成長させる戦力になることを期待されているのです。 そのため、エントリーシートでは、自分の将来性をアピールすることになります。

 エントリーシートでは、就職活動の軸が大事だと言われます。これは就活用語で「将来の夢」のことなのですが、 会社が就活生を評価する基準として、「将来の夢」があります。 「将来の夢」の実現に向かって「バリバリ活躍する」就活生を採用すべきとされています。

 そこでエントリーシートでは、「『将来の夢』実現ストーリー」を求められます。 このストーリーの「過去編」にあたるのが「学生時代頑張ったこと」で、「未来編」にあたるのが「志望動機」です。

 長所と短所は「現在編」であり、「将来の夢の実現」に対して「今の自分に何が足りていて、何が足りないのか」 という現状認識ができているかどうかという点を見られます。

 長所は「将来の夢」に資する長所、短所は「将来の夢」に邪魔になる短所をそれぞれ正直に書きましょう。

 自分を良く見せようとウソをつく人も少なからずいるのですが、 就職活動の軸と関係のない長所や短所を書いてしまうとエントリーシートの一貫性が保てなくなりますし、 相手は人事のプロですから、ウソはバレます。

 

「短所」で向上心を見せつける

 会社は就活生の「将来性」にかけるわけですから、向上心があることを求められます。

 長所と短所を考える際に重視しなければならないのが長所は伸ばす短所は克服するという姿勢です。 面接では長所はそれほどつっこまれません。しかし、短所については「克服しようとしている」かどうかを問われます。

 エントリーシートの長所と短所欄は小さいですが、適当に選んで書けばいいというわけではありません。 ここで紹介した「『将来の夢』に対する現状認識」「向上心」という2つの視点で考え、 一貫性のあるエントリーシートにしたうえで、長所と短所に関するエピソードを面接用に準備しておかなければなりません。

 

短所は長所の裏返しという書き方

 短所は長所の裏返しという書き方が流行っていますが、これはNGです。

 例えば「私の長所はリーダーシップがあることですが、その裏返しでリーダーシップがあることは短所でもあります。 他人に介入しすぎることがあるためです。」という短所の言い方が流行っているようです。 私も就活中に何度も聞きました。

 長所でもあり、短所でもあるなんて言い方は少し哲学っぽくて頭が良さそうで、 冷静に自分を客観的に見ることができていると思われそうです。

 しかしそれはあまりおすすめしません。 長所と短所が同じだと言ってしまうと、長所の良い部分が縮んでしまいます。 それにこの言い方は流行っていると書きました。みんながこの方法で長所と短所を述べているのです。 同じ言い方をしても目立ちません。

 長所は長所、短所は短所で見ていることはまったく悪くありません。 本当に長所と短所が同じなら、そう言ってもいいと思いますが、そうでないなら無理して長所の悪口を言う必要はありません。

 そもそも、「長所を聞かれているのに短所を答えてしまう」ということになりますので、 「質問の意図を正しく理解できない」つまり、「コミュニケーション能力不足」と判断される可能性すらあります。

 

趣味と特技も同様に考えよう

 趣味と特技も、できれば就職活動の軸とからめて考えたいところです。 しかし、趣味と特技については、長所と短所ほど厳密ではありません。 たいてい面接の話のネタになるだけで、大きな意味は持たないことが多いです。

 ところで、特技がない!とお悩みの方は多いのではないでしょうか。 次のページで「特技がない」場合のための解決策を用意しています。ぜひご覧ください。

【例文】エントリーシートの書き方|「おっ」と思わせる!

 

5月の今から最短で内定をもらうには?

 

あなたの価値を認めてくれる会社に見つけてもらおう

 あなたは社会にとって価値のある人材です。ですが就活生は40万人もいて、存在のアピールをしないと埋もれてしまいます。 一方で優良企業の宝庫であるBtoB企業は、知名度が低いために学生に見つけてもらえません。 「消費者向けに広告を打たない」というだけの理由でスルーして、就職してからBtoBビジネスを知って後悔するなんて、絶対にしたくありませんよね。

 実は、価値あるあなたと優良企業をつなげてくれるプラットフォームがあります。それは「OfferBox」です。

 SNSの要領でプロフィールを登録すると、あなたの価値を認めてくれる会社が「スカウト」を送ってくれます。 本気のスカウトしか来ないのが特徴で、宣伝メールに悩まされることはなく、その企業を「逆選考」して応募するか決めればいいだけです。 すでにあなたを気に入った会社ですから「書類選考が免除」「いきなり最終面接に呼ばれる」などかなりの時間短縮になります。

 加えてOfferBoxでは、あなたの価値の「アピールの仕方」までサポートしてもらえます。 100万人の診断結果を元にした「適性検査」を受検すれば、自己分析も簡単に終わります。これらすべてが完全無料で使えるのです。

 すでに23卒の登録受付を開始しています。 早期に登録すれば隠れ優良企業や資生堂・マイクロソフトのような大企業の採用枠がたくさん空いていますから、他の学生より早くに満足な内定がもらえる可能性が高いです。

 

志望企業の内定者はどう書いた?内定エントリーシートを見よう!(その1)

 あなたのエントリーシートは100点満点ですか? …と言われても、わかりませんよね。自己採点するにしても、その基準となる模範解答がなければどうしようもありません。

 もしこのまま提出して、果たして大丈夫でしょうか。

 そこで先輩が実際に内定をとったエントリーシートを使いましょう。 それと比較して何が足りないのか、どう書けばいいのかがわかれば、自ずと完成度が高まっていきます。

 「Unistyle」では、歴代就活生の合格エントリーシートを無料閲覧できます。

 総合商社やインフラ企業、メーカー企業、外資系企業をはじめ、超一流企業からベンチャー企業まで3万7000通を超えるエントリーシートが収録されています。 あなたの志望企業の合格エントリーシートもほぼ必ず見つかるサイトと言っていいでしょう

 また、合格ESだけでなく「企業研究」「同業他社比較」「就職活動の軸別のおすすめ業界」 「志望動機の書き方」など就活に役立つ限定記事もすべて無料で読むことができます。

 ぜひ自分のエントリーシートの見直しのために、作成の参考のために手に入れておきたいですね。

 

志望企業の内定者はどう書いた?内定エントリーシートを見よう!(その2)

 「ワンキャリア」では50,000件を超える合格エントリーシート・就活体験談が掲載されており、 全日本空輸(ANA)、伊藤忠商事、花王、日本航空(JAL)、味の素、アサヒビール、オリエンタルランド等日本の一流企業に加え、 ゴールドマンサックス、ボストンコンサルティング、モルガン・スタンレーなどの外資系一流企業も多数そろっています。

 エントリーシートだけでなくインターンシップやその選考、WEBテスト、グループディスカッションの攻略情報、 さらに志望動機の書き方や業界研究を読むことができ、従来では手に入らなかった情報が満載です。

 「ワンランク上のキャリアを目指す」というキャッチフレーズの通り、業界をリードする大手企業の資料が多く、 また総合商社、JR東海、電通、キーエンス、日本郵船、三菱地所といった一流企業の出展する限定イベントも開催されます。

 ワンキャリアは月間60万人の就活生が利用しています。また内定後もES・体験談を投稿すると1件最大5000円の謝礼がもらえ、 就活体験を翌年の就活生のために役立てることもできます。先輩の「知」を継承し、 あなたが発展させた「知」を後輩に継承する好循環を生み出しましょう。

 

「実はもう内定あるんだよね」内定直結の就活サービス

 就活では「内定が1つあるかないか」で心の状態が大きく変わります。 たった1つ内定があれば、心に余裕ができ、「不安で眠れない」「もう後がない」といった状況とおさらばできます。 さらに自信が持てるため、堂々とした態度が面接でもウケて次々に内定を獲得していけるのです。

 友達や家族などに「就活どう?」と聞かれたときに、「もう内定は1つ確保してるんだよね」と言えたら、 周りも安心させられます。「たった1つの内定」が好循環の起爆剤なのです。

 その1つ目の内定を簡単に確保できる就活サービスが、「irodasSALON」です。

 同サービスでは「自己分析・ES・面接対策」をオンライン講座で学んだ後、「就活の軸」に合った優良企業を教えてもらえます。 優遇選考ルートが用意されており、自力の就活より有利に戦えます。

 irodasSALONの特徴は、選考フェーズに進むまでに、自己分析や選考対策にかける時間が「23卒なら3ヶ月」と長めで、 「複数の内定を取ってから悩んでもいい」など、後悔しないための仕組みが揃っていることです。 そのため年間13,000人が利用していて、その満足度は95%に上ります。

 もちろん学生は完全無料で、面談も講座もオンラインですから、自宅で就活が可能です。 まずは面談を予約して、「自己分析を教えてほしい」と相談するところから始めましょう。

 

先どり!気楽に動画で会社説明会

 通常、会社説明会はプレエントリーをしないと参加することができません。 ゆえに3年生の3月まで待った挙句、各社に登録して予約するというめんどうな手間がかかります。 ですが、「JOBTV」を使えば2・3年生でも今すぐ会社説明会を視聴できます。

 JOBTVは「動画で会社説明会が見放題」の就活サイトです。 「オンライン説明会」とは異なり録画されたものなので、時間の縛りも質問タイムもありません。 登録はJOBTVに1回するだけで、いちいち個別にプレエントリーする必要もありません。

 一方で、説明会を視聴して気に入ったらその場でエントリーできますので、参加実績をつけることができます。 会社に自分の存在を知ってもらえて、「早期選考」や「優遇選考」に呼ばれるきっかけを作れるのです。

 視聴のデメリットがないので「知らない会社」も「なんとなく」で観れて、「見落としていた優良企業」を発掘できるというわけです。 Amazon・KIRIN・ソフトバンク・電通・三井住友銀行など、業界トップ企業の動画も豊富に用意されていますから、ぜひ見ておきたいですね。

 現在23卒・24卒向けの動画がすでに投稿されていて、学生は完全無料で視聴できます。 動画は各社2種類用意されていて、「ショート版」を観まくって、その中から気に入った会社の「ロング版」を観る使い方がおすすめです。

【JOBTV】に登録して説明会を視聴する


プロフィール写真

著者:村田 泰基(むらた やすき)
 合同会社レセンザ代表社員。1989年生まれ。大阪大学法学部卒。2013卒として就活をし、某上場企業(メーカー事務系総合職)に入社。 その後ビジネスの面白さに目覚め、2019年に法人設立。会社経営者としての経験や建設業経理士2級の知識、自身の失敗経験、300冊以上のビジネス書・日経ビジネスを元に、8年間に渡り学生の就職活動を支援している。



 就活コラム

 MY就活ネット独自の企業研究を公開中!

×

2022年5月でも間に合う内定直結の就活講座!irodasSALON【23卒】(完全無料)