リアルタイム閲覧者数:6人

 

【就活】「学生時代頑張ったこと」の書き方と例文

 学生時代頑張ったことは、就活でエントリーシートに自己PRとして書かされ、面接でも質問されます。 「学生時代に力を入れたこと」とも呼ばれ、略してガクチカと言われることもあります。 どの会社でも必ず問われますので、事前に準備しておきましょう。 ここではガクチカの書き方と考え方を紹介します。



 

学生時代頑張ったこととは?

 学生時代頑張ったことは、自分がどんな人間であるかを伝える自己PRです。 学生時代に何かを頑張った、打ち込んだということで、こだわりや熱意、集中力、 目標に向かってどれだけ頑張れる人間であるかをアピールするだけではありません。

 将来の夢を語り、そのために何をやってきたかを述べるのです。 就活の軸、学生時代頑張ったこと、志望動機はすべて一連の流れにならなければなりません。 こうすることで説得力のあるESが生まれます。

 学生時代頑張ったことは、大学時代頑張ったことです。高校時代頑張ったことは、就活には使えません。 というのも、大卒なのに高校の話をすると、「大学時代何をやっていたんだ?無駄に過ごしたって言うのか?」と思われてしまうためです。

 「高校時代頑張ったこと」は、あえて「高校」と言われたときにだけ答えます。 ですが書き方はここで解説している書き方と同じで大丈夫です。

 また個性をアピールする場でもあります。 皆と同じことを書いても採用順位のつけようがありません。 自分だけの経験、自分だけが頑張ったことなど、独自性を出していきましょう。

 注意しておかなければならないのは、完結してはいけないということです。 例えば資格取得を頑張った場合、「資格を取れました」で終わってはいけないのです。

 「学生時代頑張ったこと」は、将来の夢を実現するための手段であって、目的ではありません。 頑張った結果目標を達成して、その後どうするのかまで書かなければならないのです。

↑目次へ戻る↑

 

学生時代頑張ったことの例

 学生時代頑張ったことを紹介します。

  • 部活を頑張った
  • 学業を頑張った
  • 海外留学を頑張った
  • サークルの運営を頑張った
  • 学生団体の運営を頑張った
  • アルバイトを頑張った
  • ボランティアを頑張った
  • 研究を頑張った
  • ゼミを頑張った
  • 資格試験の勉強を頑張った
  • 大学の勉強を頑張った
  • インターンシップを頑張った
  • ナンパを頑張った
  • 飲み会を頑張った
  • webサイトの運営
  • SNSで「バズる」
  • 旅行
  • ホテル巡り
  • ビジネスの研究
  • AIや自動化の研究
  • プログラミング
  • 家電巡り

 「学生時代頑張ったこと」のネタはなんでもいいのです。 勉強でも、部活でも、サークルでもいいのです。 むしろ自分が好きで勝手にやっていたことを「学生時代頑張ったこと」であると言えば良いのです。

 よく「自己PRは学業やアルバイト、研究はダメで、ボランティアやサークルがよい」という人がいますが、そうではありません。 目的と結果がしっかりしていれば、ダーツでもビリヤードでもいいのです。

 「学生時代頑張ったこと」は、「なぜこの会社を選んだのか」や「この会社で挑戦したい仕事」とともに、就活の軸から考えるものです。 「将来の夢」のためにこれを「頑張った。」「この会社でこの仕事に挑戦」することで夢の実現を目指したいので「この会社を志望しました」 というのが筋の通ったエントリーシートになります。

 また、自己PRとして人柄を見るほかに、論理構成力もみられています。 「ボランティアを頑張った」・・・で終わってしまっては「心がきれいなんだね」で終わってしまいます。 なぜボランティアを頑張ったのか、ボランティアを通じて実現したい夢を、この会社で叶えられるのかなど考えていかなければなりません。

 状況に応じた回答例を掲載していますので、併せてご覧ください。

↑目次へ戻る↑

 

学生時代頑張ったことの書き方

 学生時代頑張ったことのESへの書き方を解説します。 この作文は、適当に作文すればいいというものではありません。 書き方に注意して説得力のある文章を作らなければなりません。

 将来の夢を実現するために学生時代頑張ったと言うのが説得力のある自己PRです。 エントリーシートは将来の夢を実現するにあたっての、過去・現在・未来の流れを意識して書きましょう。 「学生時代頑張ったこと」は「過去」にあたります。

 予め将来の夢である就活の軸を考え、それを基本に将来の夢を実現するために、何をやってきたのか、 何を頑張ってきたのかを考えていきます。就活の軸(将来の夢)については就職活動の軸で解説しています。

 「なぜ頑張ったのか」「どんな目標を立てたのか」「具体的にどういう手段で何をしたのか」 「何を得ることができたのか」の4つの要素を意識して書きましょう。

 説得力のある自己PRをつくるには、話のかたまりをつくってつなげるのがおすすめです。 まずは「学生時代頑張ったこと」を上の4つに分けてそれぞれ書いてみましょう。

 ここでは「英語の勉強」を例に「学生時代頑張ったこと」を書き上げていきます。

 

要素1:なぜ頑張ったのか

 「なぜ頑張ったのか」は就活の軸を理由にしましょう。

 英語の勉強であれば、「英語が必要だと思う理由」を書きます。

 ここで注意しておかなければならないのは、「誰かに言われたからやりました」ではいけないということです。 「テレビで英語を勉強しろと言っていたから」「新聞にそう書いてあったから」では説得力がなくなります。 自分で考えて、自分で思いついて行動したのでなければなりません。

 英語を習得したその先に見ている輝かしい未来。例えば「外国人の友達をたくさんつくる」「世界中を知り尽くしたい」 「発展途上国の生活水準を引き上げたい」といったものが良いでしょう。

 

要素2:どんな目標を立てたのか

 取り組んでいた当時に「目標」を立てていたのであれば楽ですが、 当時目標を特に考えていなかったのであれば、「目標」は今つくってしまいましょう。

 「英語力をつけるため」「英語で仕事をするため」などあいまいな目標ではいけません。説得力がなくなります。 英語力がついた、英語で仕事ができると判断する根拠を示さなければなりません。

 できれば数値目標が立てたいところですが、わかりやすければ必ずしも「数値」である必要はありません。

 例えば「海外旅行で外国人の友達を作った」「辞書なしで海外旅行を終えた」だとわかりやすい目標です。 ここでは後者を採用しましょう。

 

要素3:具体的にどういう手段で何をしたのか

 ここで「目的」に対して「手段」を考えて「実行する」という、「主体性」「実行力」「戦略思考」をアピールします。

 「主体性」は会社が抱える大きな課題の1つで、人事部では常に若手社員に「主体性」を持たせることに四苦八苦しています。 「上から降ってきた仕事をこなす」だけでなく、職場や仕事についての問題点を発見して、 どうやってそれを解決するかを考えて上司に提案してほしいのです。

 ですから、「ガクチカ」を「他人にやらされたこと」で書いてしまったらサイアクです。 逆に言えば、「自分で考えて取り組んだ」のであれば人事の喜ぶエピソードになります。

 毎日CNNのニュースを見続けた、英語のサイトを巡回した、単語を覚えた、歌詞カードを見ながら洋楽を聴いた等、手段は多れば多いほうがいいです。 どれだけ本気で英語の勉強をしたのかをここでは書きます。

 ガクチカが学問系ならば

  • 教授とアポイントをとって質問をした
  • 友人と自主ゼミを行った
  • 他大学と交流した
  • 留学をした
  • 資格を取得した
  • フィールドワークを行った

 などが具体的に頑張ったことと言えますね。

 

要素4:何を得ることができたのか

 当然、「目標を達成した」と言えるのがベストです。 「英語の勉強」では「辞書なしで海外旅行を終えた」と言えるのが一番良いですね。 しかし、目標未達でも、学びがあれば許されます

 毎年増収増益を重ねている会社であっても、目標未達の月はあります。 仕事には波があり、「いつでも必ず目標を達成できる」なんてミラクルは起きません。 そのことを会社の人事もよくわかっています。

 実際に就職すると、「目標」と「手段」を考えるのは課長クラスの仕事です。 新入社員になる予定の就活生が「確実に目標を達成できる」ことにはたいした意味はなく、 むしろ「活動から学んで次に役立てる」という「向上心」こそが重要なのです。

 ですから、活動の中で目標とは別に、「副次的な学び」があったと述べると、人事の心に響きます。

 「英語の勉強を通じてTOEICで○○点を取ることができた」 「勉強が習慣化して今では難なく英語のニュース記事が読めるようになった」 「Facebook等で外国人と英語でやりとりをしている」等、目標を達する過程で生まれた副産物を書きます。

 ここでもあいまいな表現ではなく数値化できるとなお良いです。 例えば英語のニュース記事なら、「最初は1つの記事を読むのに15分かかっていたが、今では5分で読めるようになった」 といった具合です。

 また、「学んだ」「実感した」といったものでも良いのです。 意識の変化は、自身の成長です。

↑目次へ戻る↑

 

論理的思考によって深堀りしよう

 「学生時代頑張ったこと」を書くコツは、論理的思考によってエピソードを深堀りしていくことです。

 社会人に求められる力として「論理的思考力(ロジカルシンキング)」があります。 「イヤだ」「好きだ」といった感情ではなく、合理的な理由に基づく判断力が必要とされるのです。

 論理的思考によって書くと説得力が生まれ、人事の心に響きます。

 論理的思考を取り入れないばっかりに面接官に「なぜ?それはなぜ?」と繰り返し問われることになり、 「圧迫面接だ」と感じてしまう就活生が多く見受けられますが、実はあらかじめ自分で圧迫面接のようなことをやっておけば、 面接本番で苦しむことはありません。

 論理的思考のコツは、「なぜ?それはなぜ?」と自問自答を繰り返すところにあります。

 「学生時代頑張ったこと」では「なぜそれを頑張ろうと思ったのか」と問い、その理由が「将来の夢」にあればOKです。

 そして頑張った過程では「なぜその目標を立てたのか(もっと高い目標でもよかったんじゃない? その目標に落ち着いたのはなぜ?)」、 「なぜその手段を取ろうと思ったのか(他の手段は試さなかったの?だとしたらそれはなぜ?)」という具合に、 自分で自分に圧迫面接をします。

 これ以上圧迫しようがないというところまできたら、ガクチカの完成です。

↑目次へ戻る↑

 

「自己PR」を書く際の注意点~「ガクチカ」との違い

 「自己PR」と「学生時代頑張ったこと」は似て非なるものです。

 エントリーシートの項目名が「学生時代頑張ったこと」ではなく「自己PR」であるときは注意が必要です。 「自己PR」にはそのまま「ガクチカ」を書いてはいけません。少し手を加える必要があります。

 「学生時代頑張ったこと」はその名の通り「過去の取り組み」について回答すればよいのですが、 「自己PR」は「自分の長所」や「自分のセールスポイント」を回答するものです。

 簡単に言えば、「自己PR」=「学生時代頑張ったこと」+「長所」です。

 ガクチカの取り組みの内容から「長所」など「自分の良いところ」を抜き出して、冒頭部分に持ってきます。 書き方としては「私の長所は〇〇であることです。学生時代は××を頑張りましたが~」という形になります。

 長所の欄もあって、自己PRの欄もある場合は、長所とは別の「良いところ」をガクチカから引っ張ってきましょう。

↑目次へ戻る↑

 

学生時代頑張ったことの例文

 学生時代頑張ったこと例文を複数用意しました。

 

「英語」の例文

 まずは、「学生時代は英語を頑張った」場合の例文です。

 私は地方出身で、東京に初めて出てきたとき、あまりにも広すぎる東京に驚きました。 自分の地元がどんなに狭く、未発達かを痛感しました。今となっては東京に飽き足らず、 世界中を知り尽くしたいと思うようになりました。

 しかし、東京に出る場合と異なり、世界に出ていくには言語の壁があります。 そこでまず、世界共通言語である英語を学び、日本を出ても日常会話ができるようになりたいと思いました。 そのため、辞書なしで海外旅行を終えるという目標を立て、英語の勉強を頑張りました。

 具体的には毎日CNNニュースを見続け、英語のサイトを巡回し、単語の暗記をし、歌詞カードを見ながら洋楽を聴いたりしました。 またブログ等で英語でコメントをする、英語で通話をするなど、英語のインプットとアウトプットを練習しました。

 そして海外旅行でイタリアへ行きました。ドバイの空港内でイギリス人と談笑しました。ホテルの予約で間違いを犯したのですが、 ホテルマンと交渉し部屋を変えてもらうこともできました。 他の観光客に道を尋ねられましたが、行き方を説明することもできました。目標であった、辞書なしで海外旅行を終えることができました。

 今回の旅行では様々な英語を聴くことができましたが、お世辞にも発音がうまいとは思えない外国人もたくさんいました。 私も発音には自信がなかったのですが、それでも会話は通じました。世界共通語としての英語の便利さを実感しただけでなく、 自信を持って話せば通じるということも学びました。

 以上で621字です。あとは字数制限に合わせて調整(400字を要求する会社が多かったです)したり、 自己PR「学生時代頑張ったこと」に対する質問を想定して回答を作る、すらすら言えるように練習するくらいです。

 

「学業」の例文

 ネタとして弱いと言われがちな「学業」ですが、「主体性」「向上心」をアピールできる形で例文を作成しました。

 私は「一流の経営者になる」という夢を実現するために、 学生時代は経済学と法学の両方を学ぼうと、学業に力を入れました。

 経済学部に在籍しているため法学部の講義の情報が入って来ず、 また2つの学問を修めるには時間がまったく足りませんでした。

 そこで法学部の友達と勉強会を開催して知識を共有すると同時に、講義の情報も仕入れました。 法学部で受講するのは会社法と民法に絞り、 それでも講義のコマが被ってしまった場合は「教授に直接教えを請う」「独学で勉強する」という対策を取りました。

 その結果、コーポレートガバナンスやマーケティング理論、会計学、統計学など 法律と経済を両立した人物になることができました。 このためビジネス書籍やビジネス雑誌の理解度が大幅に向上しました。

 また、「法学は会社法と民法に集中する」という経済理論でいう「選択と集中」を実践することができました。

 次は貴社で様々な事業を経験することで、実務の経験を積みたいと思っています。

 この回答例は、学生時代頑張ったことは「学業」でもいい!で詳しく解説しています。

 

「アルバイト」の例文

 「アルバイト」ネタの場合も、バイトリーダーという肩書がなくても「主体性」をアピールすることができます。

 コンビニのアルバイトで、「雨の日に転ぶお客さんをゼロにする」ことを頑張りました。 「安全と快適」を極めたい私にとって、放っておける問題ではありませんでした。

 転ぶのは、「床がきれいすぎる」ことと「お客さんが早足で歩く」ことに原因がありました。 しかし、転倒注意の看板を立てても効果がありません。また、お客さんに気を遣わせている時点で、「安全と快適」とかけ離れています。 そもそも「転ばない仕組み」をつくらなければなりませんでした。

 コンビニではモップ掛けとポリッシャー掛けで掃除をします。 このポリッシャー掛けで床がツルツルになりすぎて、雨の日に滑って転ぶのです。 そこで、「雨の日はあえてポリッシャー掛けをしない」「モップ掛けを増やして水分をとる」という対策をとりました。

 また、店内を早足で歩けないように「買い物かごや補充用品の箱を配置する」という対策もとりました。 この結果、「雨の日に転ぶお客さんがゼロ」になりました。

 この活動で、「安全と快適」は原因他人論で注意を促すのではなく、 原因自分論で仕組みをつくる重要性を知ることができました。

 この回答例は、学生時代頑張ったこと「アルバイト」の回答例で詳しく解説しています。

 

「学生時代頑張ったことがない」場合の対策

 「学生時代頑張ったこと」がないという就活生は多いです。 しかし、「学生時代頑張ったことがない」と不安になる必要はありません。 どうすればいいかを解説します。

 「学生時代頑張ったことがない」というのは思い込みに過ぎません。 「頑張ったことがない」のではなく「頑張ったことがないつもり」になっているだけではないでしょうか。

 

「書けるような立派なネタがない…」は間違い

 「海外留学をしていない」「部活もアルバイトもサークルもやっていない(ノンバイサー)」 「だからガクチカに書けるネタがない」と、悩んでいる方も多いと思います。

 ですが、「学生時代頑張ったこと」は「立派なエピソード」を書くものではありません

 会社が求めているのは華々しい留学経験や、部長やサークルリーダーやバイトリーダーの話ではありません。 ましてや起業経験や店舗運営、NPO法人の立ち上げなどの即戦力を求めているわけでもありません。 もちろんボランティアのような苦労話が聞きたいわけでもありません。

 アピールすべきは「主体性」と「向上心」であり、その活動が「将来の夢」と一貫していて、 「夢を実現するために貴社に入社しなければならない」という熱意をみせることです。

 実際、私は部活・サークル経験なしでアルバイトしかしていませんでしたが、 アルバイトもネタには使わず、「知らない人に話しかける」という活動をネタに就活しました。

 イチローやライトノベル作家の松智洋氏(『迷い猫オーバーラン』や『パパのいうことを聞きなさい』等)は、 野球が好きすぎて猛練習を「努力」だと思っていない、執筆が好きすぎて執筆の気晴らしに執筆するといった人物で、 「頑張ったことは?」と聞いても「仕事」とは返ってこないでしょう。

 でも一般人からしたら明らかに「頑張ったこと」ですよね。 あなたも同じです。「好きでやっていたこと」で構わないのです。

 大学生が頑張るのは勉強だけではありません。 大学に入学したら「友達作り」を頑張り、毎朝遅刻しないように「早起き」を頑張り、 飲み会の幹事を頑張り、飲み会続きで太ってしまったら「ダイエット」を頑張り・・・

 ネタはいくらでもあり、もっともらしい理由をつければ説得力のあるガクチカになるのです。

 

学業や趣味はネタとして弱い?

 「学業」や「趣味」はネタとして弱いとよく言われますが、学業や趣味がダメなわけではありません。 ダメだと言われるのは、「なぜ頑張ったのか」をうまく言えなかった人たちが失敗してきたからです。

 「単位が取れるように」「その道の専門家になれるように」「学生時代は学業を頑張った」 というのでは確かに、大学生なら当然のことであり、面接官もあきれてしまうでしょう。 それは「大学にやらされていること」だからです。

 学業であれば、「講義とは別に興味のあったことを徹底研究した」 趣味であれば、「仲間を増やすために面白さの伝え方を徹底研究した」など、 「主体的に」取り組んだ経験であればまったく問題ありません。

 特に「趣味」をネタにできるのはむしろエントリーシート全体の説得力が増します。 「趣味」は「就職活動の軸」とつなげやすく、 志望動機にも絡めたら「心の底からこのビジネスがやりたいんだな」と人事に思ってもらえます。

 あくまでもガクチカは将来の夢を実現するための通過点に過ぎません。 「大会で優勝した」「起業して大儲けした」などの超人的なエピソードは必要ないのです。 ただ、将来の夢の実現に一歩でも近づいたことが重要なのです。

 

決して嘘をついてはいけない!

 ネタがないからといって、学生時代頑張ったことで「嘘をつく」のは決してやってはいけません。

 そもそも会社の人事は「人のプロ」です。「嘘をつく人」のことも何度も何度も見ています。 「エントリーシートではこう書いていたけど、入社したら嘘だと発覚したなあ」という事件が、 大昔から積みあがっています。

 たいていの嘘は見抜かれます。そこで、エピソードの「根拠」を求めてきます。 もし「海外留学しました!」と嘘をつけば「じゃあ英語で卒論の概要を話して」などと言われますし、 「部活の部長をやりました!」と嘘をつけばインターネットで調べられます。

 嘘がばれたら絶対に落とされます。嘘をつくのはリスクが高すぎます。 自分を良く見せたい気持ちは当然あると思いますが、会社にとって必要な人材は、 「自分が未熟である」と認めて「これから頑張る」人材です。

 嘘をつきたくなる局面でも、正直に未熟さを認めることのほうが、 「将来性」という観点では大いに評価されます。

 

「学生時代頑張ったことがない」場合の例文

 ネタは「真の願望」を実現するためにやったことを書きましょう。大したエピソードである必要はありません。 ここでは「なにもしたくない」という一見後ろ向きな願望を、「大学の図書館で勉強する」ことで実現しようとする例文を書いています。

 私は「何もしたくない」という理想を実現するために、経営学を究めることに没頭しました。 具体的には大学の図書館にあるビジネス書300冊を読み尽くすことを頑張りました。

 最初はすぐに疲れてしまい、1冊を読み終えるのに1ヶ月もかかるということもありました。 そこで集中力をコントロールするため、ビジネス書と交互に経営者のエピソード本を読むことにしました。 エピソード本は小説のようにまとめられていてリラックスして読むことができます。

 精神力のいるビジネス書とリラックスできるエピソード本を組み合わせることで 「集中する時間」と「リラックスする時間」を意識的にコントロールし、効率よく本が読めるようになりました。 その結果、これまでに300冊すべてを読み終えることができました。

 この活動で得た知識をもとにストックビジネスを行い、安定着実な収益を確保し、 「稼げる仕組み」をつくっていきたいと思っています。

 この回答例は、学生時代頑張ったことが「ない」場合の回答例で詳しく解説しています。

↑目次へ戻る↑

 

今から最短で内定をもらうには?

 

志望企業の合格エントリーシートを見る(その1)

 エントリーシートは、何を書いたら正解かわからない、「『わからないこと』がわからない」状態だと思います。 私もそうでした。自分では完璧だと思っていたエントリーシートも、他の人のエントリーシートと比べたらボロボロだったのです。 そこで、志望企業で実際に内定をとったエントリーシートを参考にしたいですよね。

 「Unistyle」では、一流企業からベンチャー企業まで、内定したエントリーシートを無料ダウンロードできます。

 「Unistyle」では、三菱商事や三井物産、三菱東京UFJ銀行、トヨタ自動車、三菱地所、新日鐵住金、東京ガス、 マッキンゼー、P&Gなど、様々な超一流企業をはじめ、1万7000通を超えるエントリーシートが収録されています。 あなたの志望企業の合格エントリーシートも必ず見つかるサイトと言っていいでしょう

 商社や自動車メーカーをはじめとした企業研究同業他社比較、また「就職活動の軸」別のおすすめ業界、 志望動機の書き方まで非常に詳細に書かれた限定記事をすべて無料で読むことができます。

 また会員限定の特別イベントが多数開催され、過去には伊藤忠商事、日本政策投資銀行、日本ロレアル、キーエンス、日本たばこ産業(JT)、トヨタ自動車、旭硝子、デンソー、 三菱東京UFJ銀行、大日本印刷などのイベントが行われています。

 ぜひ自分のエントリーシートの見直しのために、または作成の参考のために手に入れておきたいですね。

 

志望企業の合格エントリーシートを見る(その2)

 「ワンキャリア」では50,000件を超える合格エントリーシート・就活体験談が掲載されており、 全日本空輸(ANA)、伊藤忠商事、花王、日本航空(JAL)、味の素、アサヒビール、オリエンタルランド等日本の一流企業に加え、 ゴールドマンサックス、ボストンコンサルティング、モルガン・スタンレーなどの外資系一流企業も多数そろっています。

 エントリーシートだけでなくインターンシップやその選考、WEBテスト、グループディスカッションの攻略情報、 さらに志望動機の書き方や業界研究を読むことができ、従来では手に入らなかった情報が満載です。

 「ワンランク上のキャリアを目指す」というキャッチフレーズの通り、業界をリードする大手企業の資料が多く、 また総合商社、JR東海、電通、キーエンス、日本郵船、三菱地所といった一流企業の出展する限定イベントも開催されます。

 「ワンキャリア」は月間60万人の就活生が利用しています。また内定後も謝礼付きのインタビュー等が行われ、 就活体験を翌年の就活生のために役立てることもできます。先輩の「知」を継承し、 あなたが発展させた「知」を後輩に継承する好循環を生み出しましょう。

 

2018年9月でも間に合う!内定直結の合同説明会

 すぐ内定がほしい。それは、就活生なら誰もが願うことだと思います。

 2019年卒では8月1日の時点で就活生の88%が内定を持っています。「まだ内定がない」と焦る気持ちが強いと思います。 そんな中、まどろっこしくてめんどくさい従来型の就活をしていては余計にストレスが溜まってしまいます。

 余計なステップを究極的に省いたのが、内定直結型の就活イベントで、採用選考をその場で始めることが前提の合同説明会です。 あらかたの企業が採用選考を終えたあとでも頻繁に開催されており、採用権限をもった部長・役員クラスが現れ、 その場で面接が始まったり、その場で即日内定がもらえたりするイベントがあります。

 それが「MeetsCompany 」です。 年間10万人が利用しているほどで、MeetsCompanyで内定を確保するのはもはや常識になりつつあります。

 2019年卒の募集が始まっています。MeetsCompanyは参加者内定率96%を誇っており、 全国で開催されているので地方の学生でも行きやすいイベントです。 最短1日で内定を取れますので、就活を終わらせることができます。

 

多忙の中、どっしり「スカウト」を待つ

 従来型の就活では内定までの道のりがとても長くてめんどうですよね。説明会を受けて、エントリーシートを提出して、グループディスカッションを受けて… そんな手順をすっ飛ばして自分に合った会社が、向こうからアプローチしてくれる就活サイトがあります。

 それは「キミスカ 」 です。

 キミスカでは自分から会社を探さなくても、SNSのようにプロフィールを書くだけで、 会社の人事が「こんな優秀な学生がほしかった!」とスカウトを、時にはいきなり最終面接の案内を送ってくれます。

 他社のインターンやES、GD、一次~最終面接など、従来は落ちると無駄になっていた頑張りを「スカウトされる材料」にできるのです。 スカウトがたくさん来れば、いちいちプレエントリーしたり、エントリーシートを書く手間が省けるので時間短縮になりますね。

 すでに2019年卒の就活生も約7万人が利用しているほどで、スカウトがどんどん来ます。 また、実際の採用選考で行われる「適性検査」も体験できるので、ぜひやっておきたいですね。



×

17,000通を超える合格ESが無料で見れるサイト!