リアルタイム閲覧者数:6人

 

この会社に入って挑戦したいこと【エントリーシート】

 この会社に入って挑戦したいことは、エントリーシートに頻出のお題です。 志望動機や自己PRと密接に関連しており、「学生時代頑張ったこと」「なぜこの会社を選んだのか」 とセットで出題されることも多いです。このページでは、この会社に入って挑戦したいこと書き方について解説します。

 また、「10年後の自分はどうなっていると思うか」も「この会社に入って挑戦したいこと」と同じことを問う質問ですので、 この記事を参考にしてください。



 

「この会社に入って挑戦したいこと」とは?

 「この会社に入って挑戦したいこと」とは、就活生の未来の理想像を問われる設問です。 「10年後の自分はどうなっていると思うか」と同様ですね。

 就活では、「将来の夢」(就職活動の軸)が重要であると述べてきました。 会社は就活生の「将来性」を判断するにあたって、「就活生の将来の夢に対する一貫した姿」をエントリーシートで評価するのです。 「ただなんとなく」入社する人より「将来の夢の実現のために」入社する人のほうがバリバリ活躍してくれるからです。

 「学生時代頑張ったこと」は、「将来の夢」に対して自分が今まで何をしてきたか(過去)、 「長所や短所」では、「将来の夢」の実現に対する今の自分の状況(現在)、 そして「この会社に入って挑戦したいこと」では、就活生の将来の夢(未来)を具体的に書くのです。

 もしまだ「将来の夢」をじっくり考えていない場合は、就職活動の軸を参照してください。 ※「就職活動の軸」とは、「将来の夢」を指す就活用語です。

 「この会社に入って挑戦したいこと」は難問のように見えますが、難しく考える必要はありません。 あなたが将来的に「こんな社会になったらいいな」と思うことを会社のビジネスと結び付ければいいのです。

 よくこの設問に「就職活動の軸」を絡めずに書いてしまう人がいます。 「経理部で活躍したい」「人事部で活躍したい」のようにあいまいなことを書き、 「配属希望」のように書いてしまう人もいます。

 しかしこれらは間違いで、会社のビジネスを通じて実現したい理想の社会を想像するのがメインです。

 一方で会社側は「この会社に入って挑戦したいこと」で何を評価しているのでしょうか。

 それは、「あなたの理念」と「会社の理念」が一致・類似しているかどうか、 つまりは「あなたと会社の気が合うかどうか」です。

 将来の夢そのものの面白さや有益性は関係ありません。 ここでは「どれだけ情熱的にビジネスに携わるか」をアピールします。

 

「この会社に入って挑戦したいこと」の例

 「この会社に入って挑戦したいこと」は、「就職活動の軸」と「会社のビジネス」を絡めて書かなければなりません。 まずは就職活動の軸から、実現したい社会を考えてみましょう。 会社のビジネスについては、MY企業研究でも解説しています。

 「就職活動の軸」が「お金持ちになりたい」な場合、もう少し掘り下げて考えてみましょう。 「お金持ちになる」のは何か目的があるはずです。例えば「楽な生活がしたい」などですね。 では、「楽な生活」とはなんでしょうか。

 「なんでも手に入ってなにもする必要がない生活がしたい」に行きつきますね。 これを会社のビジネスで実現する未来を考えてみましょう。

 「この会社に入って挑戦したいこと」の業界別の例はこうなります。

  • 自動車メーカー:眠ったまま目的地に連れて行ってくれる自動運転を実現する
  • 電機メーカー:脳波を読み取って家事をしてくれるロボットをつくる
  • 家電メーカー:食材を勝手に数えてアマゾンで注文してくれる冷蔵庫をつくる
  • 通信業界:これらを実現するIoTを各業界に広めていきたい

 「楽な生活」を実現する別の手段を考えてみましょう。 例えば「財布の小銭を出すのがめんどくさい」

  • クレジットカード業界:「iD」を広めてキャッシュレス社会を実現する
  • 銀行:タッチで決済できるデビットカードをつくる
  • 小売店:自動ドアで商品をスキャンしてレジのないお店をつくる

 ここでは実現可能性は考えません。法規制があるとか、技術的制約があるとか、あまり儲からなさそうとか、 そういったことは実際にビジネスとして本格化するときに考えることです。 「常識」を抜きにした柔軟な発想こそが社会にイノベーションを引き起こすのです。

 そして会社が期待しているのは「新たなビジネスの発想」ではなく、「会社と気が合う就活生」であることにも注意が必要です。 あなたの考えたビジネスがもし幼稚であってもかまいません。それを実際にビジネス化するわけではなく、 「あなたが目指している社会」、またその考え方を見ているのです。

 また、設問が「10年後の自分はどうなっていると思うか」というお題であれば、 「10年後はこういったビジネスを実現し、社会に変革をもたらしている」という結論にもっていけばいいわけです。

 

「この会社に入って挑戦したいこと」の書き方

 「この会社に入って挑戦したいこと」のエントリーシートへの書き方を解説します。 この作文は、「学生時代頑張ったこと」「なぜこの会社を選んだのか」と同様、論理的に書いていかなければなりません。

 まず注意することは、「この会社に入って挑戦したいこと」で会社が重視しているのは、 あなたが「会社と気が合う就活生」かどうかという点です。 「会社と気が合うかどうか」は、志望する会社の「経営理念」で解決しましょう。

 つまりは、「貴社の経営理念と私の将来の夢は一致しています!」と主張するわけです。

 例えばソフトバンクでは「情報革命で人々を幸せに」という経営理念があります。 しかし上の例では「就職活動の軸」を「なんでも手に入ってなにもする必要がない生活がしたい」としました。 「情報革命で人々を幸せに」と「なんでも手に入ってなにもする必要がない生活がしたい」を絡めてしまいましょう。

 「なんでも手に入ってなにもする必要がない生活がしたい」をソフトバンクの「情報革命」で実現する方法を考えます。 ソフトバンクはもはやスマホには興味がなく、IoT産業を推し進めています。 「これらを実現するIoTを各業界に広めていきたい」が使えそうですね。

 ここまでで、「将来の夢」「経営理念」「やりたいビジネス」の3つが思いつきました。 以上をまとめると

 「私は、『なんでも手に入ってなにもする必要がない生活』を目指しています。 経営理念が『情報革命で人々を幸せに』である貴社でIoTに携わり、 『自動運転』や『家事ロボット』『スマート家電』など生活を楽にする製品を実現したいです。」

 これで大枠ができました。これを膨らませていきます。

 「なんでも手に入ってなにもする必要がない生活」をかっこよく言い換えたいですね。 この生活が実現していないのは、「めんどうなことに時間をとられすぎる」ことが原因です。 もっと有意義なことに時間を使いたいのに、「運転」「家事」「買い物」などに時間を奪われているんですね。

 時間は有限です。お金は稼げますし、食べ物も調達すればいいのですが、時間だけは絶対に増えません。 「なんでも手に入ってなにもする必要がない生活」の根底にある考えは、「時間を節約したい」ということです。 これで1文目を書き直してみましょう。

 「私は読書が趣味ですが、学生生活を通じて『通学』『家事』『買い物』に時間を取られすぎ、 読書の時間を削がれている思いをしました。そこで私は『興味のないことに費やす時間』を節約したいと考えました。 就職活動では、『時間短縮ができるビジネス』を軸に会社を探し、貴社を発見しました。」

 と、こんな感じですね。

 次に「やりたいビジネス」を膨らましましょう。

 実際に実現したいものは「自動運転」や「家事ロボット」「スマート家電」なわけですが、 「それってうちじゃなくてもできるんじゃない?トヨタとかパナソニックはどう?」 と問われるのは確実です。この対策を考えなければなりません。

 そもそも自動運転は自動車メーカー、家事ロボットやスマート家電は電機メーカーでできるかもしれません。 しかし、全部をトヨタ、全部をパナソニックでやるのはまず不可能でしょう。 「いろんな時間短縮アイテムを各業界に提案したい」という言い方がいいでしょう。 つまりは「IoTコンサルティング」です。

 IoTは「モノとモノのインターネット」と言われるように、モノ同士をインターネットで接続する技術が必要です。 これには携帯電話事業で電波をもっているソフトバンクの資産が使えますね。 ソフトバンクには通信技術という強みがあるのです。

 さらには携帯キャリア3社でいち早くIoTに乗り出し、IoTに使えるチップをつくれるARM社の買収もしたソフトバンクは、 ドコモやKDDIと比べて「IoT社会の実現に最も積極的な会社」ということができます。

 このように「会社の強み」を混ぜて書くことで「この会社に入って挑戦したいこと」が「志望動機」の役割も果たします。

 

「この会社に入って挑戦したいこと」の例文

 「この会社に入って挑戦したいこと」の例文は以下の通りです。

 「私は読書が趣味ですが、学生生活を通じて『通学』『家事』『買い物』に時間を取られすぎ、 読書の時間を削がれている思いをしました。そこで私は『興味のないことに費やす時間』を節約したいと考えました。 就職活動では、『時間短縮ができるビジネス』を軸に会社を探し、貴社を発見しました。」

 「貴社の代表挨拶、またARM社買収のニュースを見て、貴社がIoT産業に非常に積極的であることを知りました。 私もIoTについて調べ、「時間短縮ならIoTだ」と思い、貴社を志望するに至りました。

 「私は『眠っている間に目的地に連れて行ってくれる自動運転』『脳波を読み取って家事をしてくれるロボット』 『中身を数えて自動的に買い物を注文してくれる冷蔵庫』などさまざまな時間短縮アイテムを実現したいと思っています。 そこでは、電波とチップという資産をすでに持っている貴社が有利であると考えます。

 「メーカーではなく、通信産業の貴社で働くことによって電波とチップを活かし、 様々な業界に対して上記のような時間短縮アイテムという新製品を提案する 『IoTコンサルティング』のような仕事をしたいと思っています。」

 「貴社に入社し『IoTコンサルティング』によって、 さまざまな時間短縮アイテムを実現することで人々の趣味にあてられる時間を増やすことが、 私の貴社に入社して挑戦したいことです。」

 以上で、559文字です。エントリーシートの「この会社に入って挑戦したいこと」はだいたい300~500文字が要求されます。 あとは指定文字数に合わせて削るだけですね。

 「10年後の自分はどうなっていると思うか」というお題であれば

 「10年後の私は、『IoTコンサルタント』として、メーカー企業の頼れる参謀として活躍し、 実現したさまざまな新製品を通じて社会に変革をもたらしていると思います。」

 というように、10年後の理想像を描くのです。

 ここで問題は、志望する業界で実際どんなエントリーシートが合格しているのかわからないということです。 確かにMY就活ネットで公開している「書き方」は企業の要求する水準を満たしています。 しかし、実際に内定をもらった志望動機を見てみたいと思うのが人情だと思います。

 「Unistyle」では、 様々な業界の一流企業に内定した人の志望動機やエントリーシートを無料配布しています。 例えば伊藤忠商事、三菱東京UFJ銀行、三井住友銀行、みずほ銀行、野村證券、ANA、JALなど名だたる大企業のものがそろっています。

 このような企業に、内定まで獲得した志望動機やエントリーシートですので、 必ず就活生のみなさんの参考になると思います。利用してみてはいかがでしょうか。

 

エントリーシートを自分で添削する

 エントリーシートはどの会社も同じことを聞いてきます。 「学生時代頑張ったこと(自己PR)」「長所と短所」「なぜこの会社を選んだのか/この会社に入社して挑戦したいこと」 の3つは必ずと言っていいほど出題されます。

 実はこれは、「将来の夢(就職活動の軸)」に対するあなたの一貫性を見ているにほかなりません。

 ビジネスパートナーを選ぶにあたって大原則と言えるのが、「志を同じくしているかどうか」です。 中国の兵法書「孫子」に始まり、現代にいたるまであらゆる戦略書、ビジネス戦略書に書かれていることで、 「同じ目標に向かってともに戦っていく仲間」を見つけることが、採用担当者の使命だからです。

 これを就活に当てはめると、将来の夢(就職活動の軸)が、会社の経営理念やビジョンとどれくらい一致しているか、 またはどれくらい似ているかがエントリーシートで問われていることなのです。

 MY就活ネットではエントリーシートの添削チェックポイントを書きだしました。 エントリーシートを自分で添削する方法を参照し、客観的にエントリーシートを添削してみてください。

 →受かるエントリーシートの書き方と回答例に戻る

 

今から最短で内定をもらうには?

 

志望企業の合格エントリーシートを見る(その1)

 エントリーシートは、何を書いたら正解かわからない、「『わからないこと』がわからない」状態だと思います。 私もそうでした。自分では完璧だと思っていたエントリーシートも、他の人のエントリーシートと比べたらボロボロだったのです。 そこで、志望企業で実際に内定をとったエントリーシートを参考にしたいですよね。

 「Unistyle」では、一流企業からベンチャー企業まで、内定したエントリーシートを無料ダウンロードできます。

 「Unistyle」では、三菱商事や三井物産、三菱東京UFJ銀行、トヨタ自動車、三菱地所、新日鐵住金、東京ガス、 マッキンゼー、P&Gなど、様々な超一流企業をはじめ、1万7000通を超えるエントリーシートが収録されています。 あなたの志望企業の合格エントリーシートも必ず見つかるサイトと言っていいでしょう

 商社や自動車メーカーをはじめとした企業研究同業他社比較、また「就職活動の軸」別のおすすめ業界、 志望動機の書き方まで非常に詳細に書かれた限定記事をすべて無料で読むことができます。

 また会員限定の特別イベントが多数開催され、過去には伊藤忠商事、日本政策投資銀行、日本ロレアル、キーエンス、日本たばこ産業(JT)、トヨタ自動車、旭硝子、デンソー、 三菱東京UFJ銀行、大日本印刷などのイベントが行われています。

 ぜひ自分のエントリーシートの見直しのために、または作成の参考のために手に入れておきたいですね。

 

志望企業の合格エントリーシートを見る(その2)

 「ワンキャリア」では50,000件を超える合格エントリーシート・就活体験談が掲載されており、 全日本空輸(ANA)、伊藤忠商事、花王、日本航空(JAL)、味の素、アサヒビール、オリエンタルランド等日本の一流企業に加え、 ゴールドマンサックス、ボストンコンサルティング、モルガン・スタンレーなどの外資系一流企業も多数そろっています。

 エントリーシートだけでなくインターンシップやその選考、WEBテスト、グループディスカッションの攻略情報、 さらに志望動機の書き方や業界研究を読むことができ、従来では手に入らなかった情報が満載です。

 「ワンランク上のキャリアを目指す」というキャッチフレーズの通り、業界をリードする大手企業の資料が多く、 また総合商社、JR東海、電通、キーエンス、日本郵船、三菱地所といった一流企業の出展する限定イベントも開催されます。

 「ワンキャリア」は月間60万人の就活生が利用しています。また内定後も謝礼付きのインタビュー等が行われ、 就活体験を翌年の就活生のために役立てることもできます。先輩の「知」を継承し、 あなたが発展させた「知」を後輩に継承する好循環を生み出しましょう。

 

2018年9月でも間に合う!内定直結の合同説明会

 すぐ内定がほしい。それは、就活生なら誰もが願うことだと思います。

 2019年卒では8月1日の時点で就活生の88%が内定を持っています。「まだ内定がない」と焦る気持ちが強いと思います。 そんな中、まどろっこしくてめんどくさい従来型の就活をしていては余計にストレスが溜まってしまいます。

 余計なステップを究極的に省いたのが、内定直結型の就活イベントで、採用選考をその場で始めることが前提の合同説明会です。 あらかたの企業が採用選考を終えたあとでも頻繁に開催されており、採用権限をもった部長・役員クラスが現れ、 その場で面接が始まったり、その場で即日内定がもらえたりするイベントがあります。

 それが「MeetsCompany 」です。 年間10万人が利用しているほどで、MeetsCompanyで内定を確保するのはもはや常識になりつつあります。

 2019年卒の募集が始まっています。MeetsCompanyは参加者内定率96%を誇っており、 全国で開催されているので地方の学生でも行きやすいイベントです。 最短1日で内定を取れますので、就活を終わらせることができます。

 

多忙の中、どっしり「スカウト」を待つ

 従来型の就活では内定までの道のりがとても長くてめんどうですよね。説明会を受けて、エントリーシートを提出して、グループディスカッションを受けて… そんな手順をすっ飛ばして自分に合った会社が、向こうからアプローチしてくれる就活サイトがあります。

 それは「キミスカ 」 です。

 キミスカでは自分から会社を探さなくても、SNSのようにプロフィールを書くだけで、 会社の人事が「こんな優秀な学生がほしかった!」とスカウトを、時にはいきなり最終面接の案内を送ってくれます。

 他社のインターンやES、GD、一次~最終面接など、従来は落ちると無駄になっていた頑張りを「スカウトされる材料」にできるのです。 スカウトがたくさん来れば、いちいちプレエントリーしたり、エントリーシートを書く手間が省けるので時間短縮になりますね。

 すでに2019年卒の就活生も約7万人が利用しているほどで、スカウトがどんどん来ます。 また、実際の採用選考で行われる「適性検査」も体験できるので、ぜひやっておきたいですね。



×

17,000通を超える合格ESが無料で見れるサイト!