MY就活ネット
リアルタイム閲覧者数:13人
※本サイトはプロモーションが含まれています

「経費で落とせる」ってどういう意味?|それ横領だから!

 自営業者や会社役員、サラリーマンがよく「経費で落とせる」と言いながら買い物をします。 この「経費」とはいったい何なのでしょうか。

 「経費で落とせる」は、まるでお金をかけずに物が買える魔法の言葉のようです。 もちろん、タダで買えるわけではありません。誰かがお金を払うわけですが、それは買った本人ではありません。 お金を払うのは会社です

 ではそもそも、経費とはなんでしょうか。



おすすめ・人気記事

 

経費とは?

 経費とは、売上をあげるためにかかった費用のことです

 経費の中には「原価」があります。例えばスマホメーカーなら部品の購入代、研究開発費、宣伝広告費、工場の職人の給料、 設計技術者の給料など、製品の製造にかかったコストですね。

 売上高がすべて利益なわけではありません。売上高から製造・販売にかかったコストを差し引いたものが利益です。 このコストのことを「経費」と呼びます。

 利益には法人税がかかりますが、経費には法人税がかかりません。 そのため売上高が多ければ、従業員ボーナス(経費)を増やして利益を減らし、 法人税を安くするなどの節税が行われます。

 「税金を払うよりは給料を払ったほうがいい」という経営者ならば、 給料を上げて経費を増やし、課税対象である利益を減らすわけです。

 ところで「経費で落とせる」とは、買い物をしても「経費」として計上できるという意味です。

 ではなぜ買い物が「経費」になるのでしょうか。

 それは、原価に「販管費」が含まれることに理由があります。

 販管費とは「販売費及び一般管理費」の略で、材料や給料の他に営業活動にかかった費用や、営業部員の給料経理部や法務部など管理部門の給料本社の電気代や事務用品代など、 販売にかかったコスト会社を維持するのに必要なコストをいいます。

 この「販管費」を使って私的な買い物をするときに、「経費で落とせるから大丈夫!」などと言うわけです。

 

「経費で落とせる」とは?

 「経費で落とせる」とはどういう意味なのでしょうか。

 テレビや映画などでは、会社役員やサラリーマンがキャバ嬢にプレゼントをねだられ、 「経費で落ちるから大丈夫だ」と自分に言い聞かせて高級バッグや高級財布を購入し、 領収書を書いてもらいます。

 仮にプレゼント代が経費で落とせる場合、「会社の立替払」として、 いったんは自分でプレゼント代をお店に支払います。後日会社で「会社の経費を立て替えた分を請求します」と、 会社に請求書を書くのです。

 買い物を「経費で落とす」というのは、買い物をして領収書をもらって会社に提出し、 「会社を維持するのに必要なコストだ」「営業活動に必要なコストだ」と言って、 会社にお金を請求するという意味なのです。

 さて、キャバ嬢へのプレゼント代は経費といえるでしょうか。 キャバ嬢にプレゼントをしなくても製品の売れ行きには関係がありません。 もちろん会社の存続にも関係ありませんし、経費にはなりません。

 しかし、ある程度の権限を持っているサラリーマンや会社役員の場合、 領収書に「お土産代として」などと書いてもらい、 いかにもお客さんへのお土産を購入したかのように見せかけて会社にお金を請求するという、詐欺まがいの行為が行われる場合があるのです。

 出張でタクシーを使うからと、会社からタクシーチケットを受け取っているにも関わらず、 「電車で帰るのがしんどいから」とタクシーチケットを使ってタクシーで自宅に帰るなど、 会社の経費を不正に使っていることが、多々あります。

 テレビや映画で言われる「経費で落とせるから!」は不正行為である場合がほとんどです。

 自分のために買ったもの、支払ったものを、「会社の立替払だ」と嘘をつくというものです。 もちろん「横領罪」という犯罪なのですが、金額が小さければバレにくいという事情もあり、 私的な買い物を「経費で落とす」行為は横行しています。

 例えばコンビニで自分のためにコーヒーを買って、「お土産代」として代金を会社に請求したり、 社内で飲み会を行って特に仕事の話もしていないのに「会議用食事代」として代金を会社に請求したりするのです。

 会社での階級が高ければ高いほど、「この領収書は本物か?」と聞かれなくなります。 課長、部長、役員の順にだんだん会社の経費を使い放題になってくるのです。

会社の役職|どれが偉くて何歳で就任するの?

 

「経費で落とせる」もの

 特に自営業者会社役員経費で落とせる範囲が広いです。

 課長や部長クラスではまだ、経理部の部長から「この領収書はなんだ?」と問いただされる可能性があり、 請求を却下されてしまう場合もあります。しかし、会社役員に文句を言える人はいませんし、 自営業者ならそもそも誰にも文句を言われません。

 税務署の審査にさえ引っかからなければいいわけですから、一人でキャバクラへ行ったにも関わらず、 「交際費だ」と言って代金を会社に請求したり、キャバ嬢へのプレゼントを購入したときも、 「お土産代だ」と言って代金を会社に請求したりするのです。

 特に自営業者の場合は、友達と食事に行って「会議用食事代」として領収書をとっておき、 確定申告の際に「経費がこれだけかかったから利益はこれだけしかありませんでした」と、 利益をごまかし、支払う税金を安く抑える手法が取られます。

 会議用食事代に限らず、仕事とは関係のない文房具を買ったときに「消耗品費」、 友達に手紙を送る際に「郵送費」などと、会社と関係ないのに会社のために行ったかのように見せかけて、 税金を支払わないという手法が使われます。

 この詐欺まがいの行為はもちろん犯罪です。「バレなきゃいい」と安易に考えている人が多く、 なんでもかんでも「経費」扱いにして買い物をすればいいと思っている場合があります。

 もちろん、なんでもかんでも許されるわけではありません。 そもそも交際費は経費に含むことができない法律になっており、 会社に請求はできるものの、会社は交際費の分も税金を支払わなければなりません。

 そのため会社は交際費について厳しく監視しています。

 他にも会議用食事代があまりにも多ければ税務署からつっこまれますし、 「買ったものを本当に仕事専用で使っているか」を確認されたりします。 テレビや映画ほど自由のきくものでもないのです。

 

経費で落とせば会社が損をする

 「経費で落とす」とはつまり、自分の買い物の代金を会社に支払わせるわけですから、 会社の経費が増えれば会社の利益が減ります。 つまり、会社が損をするというわけです。

 「自分の財布が痛まないからいいや」と思っている人が多いですが、 回りまわって自分の不都合になっていることに気づかないのが滑稽なところです。

 本来、利益がたくさん出れば社員の給料が上がっていたかもしれません。 しかし、余計なものを買って経費に計上することで利益が減るわけですから、 社員の給料を上げる余裕がなくなっている場合も考えられますね。

 「あの部署の課長もやってるからいいだろう」と他の部署の課長が「会議用食事代」を連発して飲み会を開きまくると、 経費競争になって会社の利益はどんどん減っていきます。 最終的に会社からこう言われます。

 「儲かっていないから給料を減らします」と。

 経費はお金が湧いて出てくる魔法の言葉ではありません。 使った分だけ会社が損をして、回りまわって自分の損になっているのです。 あまり「経費」に夢を持たないようにしましょう。

コラム記事の一覧に戻る

7月の今から最短で内定をもらうには?

 

大企業を狙うならスカウト型!

 大企業の半分以上がスカウト型を利用!

 実は、大企業への就職を狙うならスカウト型を使うべき時代が来ています。 意外かもしれませんが、大企業ほどスカウト型での採用が増えており、 特に従業員5,000人以上の規模では、51.2%がその採用方法をとると回答しています(※データは[PDF]就職白書2024|就職みらい研究所)。

 MY就活ネットのおすすめは「OfferBox」です。 なぜなら、就活生24万人(OfferBox 2024年卒利用実績データ)、企業17,000社以上と盛り上がりを見せており、大手は実績あるスカウトサイトを選ぶからです。

 実際に私も体験してみましたが、適性検査入力するプロフィールが書類選考以上の内容になっており、 企業が採用で重視する「人柄」「熱意」「将来性」をアピールできる仕組みになっています。 さらに企業が冷やかしの宣伝メールを送れない仕様で、本気のスカウトしか来ません

 もちろん学生は完全無料ですべての機能を使えます。 今すぐプロフィールを設定して、人事に見つけてもらう準備を始めましょう。

→「OfferBox」の公式サイト

 

自分にぴったりのインターンシップを見つけよう

 インターンから内定まで口コミが満載!

 「どこのインターンに行けばいいかわからない」と悩んでいませんか? 就活の主戦場はインターンであり、大学3年生の6月には就活が始まります。 ですが、こんな早期に志望先を決められている人なんて、あまりいないと思います。

 そこで、ワンキャリアのサマーインターン特集を見てみましょう。 締め切り前のインターンが一覧で表示されていて、詳細ページに進むとそのインターンの口コミを読むことができます。 また、会員登録すると「自分の大学での人気企業」が見れたり、「内定・選考直結型インターン」への参加申し込みもできます。

 他にも企業ごとに「実際に内定を取ったエントリーシート」、一次面接・二次面接など「選考の体験談」が計52万件が読めるなど、 インターンから内定まで必要な情報がそろっています。大学生・院生なら完全無料どころか、内定後に選考体験談を投稿すると謝礼があるので、 就活を始めるならぜひ利用しておきたいですね。

ワンキャリアの公式サイト

 

早期選考にまだ間に合う!

 就活まだ何もしていない人が勝ち組になる方法!

 「就活、まだ何もしていない」というその不安、実は正解です。 そして何より「選考がどんなものかわからない」のが最大の不安ではないでしょうか。

 それを解決するには早期選考に行くのが一番です。「選考に慣れる」ことができる上に、 通常選考よりライバルが少なく受かりやすいため、「実はもう内定がある」という余裕を持つことすら可能なのです。

 そんな早期選考に招待されるために「インターンシップに行く」のが通常なのですが、 まだ何もしていない人でも「インターンなし」で、今から同じ条件に立てる方法があります。 それが「「ジョブトラ」に参加する」という方法です。

 ジョブトラは「合同説明会」に加えて「グループワーク」が実施されるのが特徴の就活イベントで、 事前準備なし最大6社の早期選考が一度に受けられるというものです。 「エントリーシート・自己分析」は不要で、「学部3年生(修士1年生)」なら就活完全初心者でOKです。

 もちろん学生は完全無料ですから、早期選考を受けて「まだ何もしていない」状態を解消し、 「選考には慣れている」あわよくば「実はもう内定がある」という状態に持って行ってしまいましょう。 イベントは「たった半日」です。通常選考で泥沼に浸かるくらいなら、ジョブトラへ行きましょう。

「ジョブトラ」に参加する

 

志望企業の内定者はどう書いた?内定エントリーシートを見よう!(その1)

 模範解答があれば憂いなし!

 あなたのエントリーシートは100点満点ですか? …と言われても、わかりませんよね。自己採点するにしても、その基準となる模範解答がなければどうしようもありません。

 もしこのまま提出して、果たして大丈夫でしょうか。

 そこで先輩が実際に内定をとったエントリーシートを使いましょう。 それと比較して何が足りないのか、どう書けばいいのかがわかれば、自ずと完成度が高まっていきます。

 「Unistyle」では、歴代就活生の合格エントリーシートを無料閲覧できます。

 総合商社やインフラ企業、メーカー企業、外資系企業をはじめ、超一流企業からベンチャー企業まで71,000通を超えるエントリーシートが収録されています(2023年5月時点)。 あなたの志望企業の合格エントリーシートもほぼ見つかるサイトと言っていいでしょう。

 また、合格ESだけでなく「企業研究」「同業他社比較」「就職活動の軸別のおすすめ業界」 「志望動機の書き方」など就活に役立つ限定記事もすべて無料で読むことができます。

 ぜひ自分のエントリーシートの見直しのために、作成の参考のために手に入れておきたいですね。

内定エントリーシートを読む


著者:村田 泰基(むらた やすき)
 合同会社レセンザ代表社員。1989年生まれ。大阪大学法学部卒。2013卒として就活をし、某上場企業(メーカー事務系総合職)に入社。 その後ビジネスの面白さに目覚め、2019年に法人設立。会社経営者としての経験や建設業経理士2級の知識、自身の失敗経験、300冊以上のビジネス書・日経ビジネスを元に、11年間に渡り学生の就職活動を支援している。 →Xのアカウントページ




×