リアルタイム閲覧者数:23人

 

【就活】公務員と民間就活はどっちがいい?

 公務員民間就活は、いつの時代でも悩ましい選択です。 公務員には公務員のメリット、民間には民間のメリットがあります。 どちらのほうが優れているとは一概には言えませんし、時期、時代によってもどちらがいいかは変わります。



 

民間企業と公務員の違い

 民間企業と公務員では何が異なるのか確認しておきましょう。

 

利益が出るかどうか

 民間と公務員の最大の違いとして、「事業によって利益が出るかどうか」というものがあります。

 日本は資本主義社会ですので、公務員は利益が出る事業ができません。 利益が出るものは民間に任せ、「利益が出ないために民間がやらない事業」「民間に任せると危険な事業」を公務員が行います。 原理上、公務員の仕事は儲からないようになっているのです。

 これが職員の待遇面で差となって現れます。

 民間企業では儲かっている間はベースアップボーナスなど給料として跳ね返ってきます。 「利益のために頑張る」「収入が増える」という「頑張る理由」が仕組み上、用意されています。

 一方の公務員は「儲かる」ということがないため、給与水準は企業の動向に追随する形で決められます。 景気が良いときは「給料を上げる」という議論がスタートしますが、 給与改定があったころには民間はもっと上がっていたり、もう下落を始めている場合は公務員の賃上げ自体がなかったことになります。

 公務員の場合、「事業」の出来を金銭面で測ることができないため、 いくら仕事を頑張っても給料が増えるということは期待できません。

 

事業の規模の大小とやりがい

 民間と比べて公務員の行う事業は、規模が大きいという特徴があります。

 例えば民間がやらない事業の代表格として「インフラ整備」があります。 道路は民間企業がつくろうと思っても、コストがかかりすぎる上にそのコストを回収することができません。 儲からないので民間企業はやらないのです。

 そこで、代わりに公務員が道路を整備します。 周辺住民だけでなく、道路ができたことによってやってくるお店や工場、 新しく広い道路を通れるようになったトラックなど、受益者は無数にいます

 また土砂崩れを防ぐ法面工事や河川氾濫を防ぐ治水工事など、国民の生活を守る仕事も公務員ならではです。 学校や図書館などの教育事業、治安や消防など広範囲に渡って国民の生活に密着するという点で、 やりがいの大きい仕事ということができます。

 

身分保障の有無

 公務員には「身分保障」が憲法で定められており、犯罪などよっぽどのことがない限り、クビにならないという特徴があります。

 民間企業では景気が悪化すると、業績の悪い社員から順番にリストラがあり、 希望退職制度や追い出し部屋など様々な手段を使って「クビを切る」ということが行われます。

 ですが、公務員をそのような不安定な地位に置くと汚職の原因になりますし、 そもそも金銭で評価できない事業に携わっている以上、「業績が悪い」という評価ができません。 そのため、公務員は一度就職したら食うに困らないと言えます。

 また会社が倒産すると有無を言わさず無職になってしまいますが、 公務員は倒産するということがありませんから、その分「安定している」ということもできます。

 

横領に対する厳しさ

 さて、公務員の「カラ出張」や「タクシーチケット」が話題になりがちですが、 タクシーチケットはともかくカラ出張は「横領」という犯罪であり、 話題になっているからには逮捕されているはずです。

 公務員はその財源が税金であるという特殊性から、横領に厳しいという特徴があります。

 一方で民間企業は横領に甘い面があります。 というのも、利益は「株主」のものであって、株主は細かいところまでいちいち指摘してこないため、 「カラ出張」や「タクシーチケットの不正利用」などあまり厳しく言われないのです。

 本来は民間企業でもカラ出張は横領ですし、職場の経費で飲み食いすることも横領です。 会社から支給されたタクシーチケットを私的に利用するのも横領です。

 ですが、公務員は厳しく管理される一方で、民間企業では堂々と行われているというのが大きな違いとなって表れています

 

公務員のメリット

 公務員になるメリットを紹介していきます。

 

クビにならない

 公務員メリットには、クビにならないというメリットがあります。 公務員ではクビになることはまず、ありません。大企業ならクビにならないと言われていたこともありましたが、 大企業でも「希望退職」をつのってリストラする場合があります。

 公務員では希望退職のような制度がありませんし、公務員を路頭に迷わせるようなことはありません。 というのも、公務員をクビにしようものなら情報流出もありえますし、 そもそも憲法で禁止されている「副業」を始めてしまう可能性だってあります。

 クビになることをおそれて仕事ができなくなってしまっては困るのです。 公務員の身分保障はしっかり保護しなければなりません。だからクビはないのです。

 国家公務員総合職となると話は別で、天下りという事実上のクビはあります。 国家公務員の場合、出世するには役職が足りず、局長、部長になっていく過程で、 席を取れなかった人から順に肩を叩かれ「○○という会社が人材を欲しがっている」と声をかけられます。

 

給料が安定

 公務員には給料が安定というメリットもあります。 景気が良くても給料は上がりませんが、景気が悪くなっても給料は下がらないのです。 景気の影響を受けないのが公務員だったのです

 このメリットは徐々に消えつつあります。まだ公務員の給料は高い水準にあり、 基本給とは別にいろんな手当がつきます。しかし、基本給は下げられる一方です。

 公務員叩きが横行し、「公務員の給料が高すぎる」と叫ぶ人たちがいるのです。 これは間違った指摘であり、公務員の給料が高いのではなく、民間企業の給料が低いのです。 民間企業の給料を上げるべく努力すべきところです。

 景気が悪くても儲かっている企業は給料が高いです。 しかし、景気が悪いからといって公務員の給料が下がるのはとんだとばっちりです。 そもそも利益というものと関係がないのに、もうかっていない企業が多いからと給料を下げられるのはおかしな話です。

 

信頼性が高い

 そして公務員のメリットとして欠かせないのが権力と肩書です。 公務員の仕事は社会全体に影響を及ぼします。公務員の仕事によって人生が変わる人だっています。 「社会を動かしている」という実感があり、いろんな人が公務員に期待しています。

 また公務員という肩書は、信頼を生み出します。 どんな大企業より安定しているため、結婚相手としては非常に優秀です。 相手の親族からは必ずプラスで評価されます。

 また、家を借りるとき、ローンを組むとき、クレジットカードを作るとき、 公務員だと審査に落ちることがまず、ありません。 公務員にお金を貸しても、返してもらえることがほぼ確実だからです。

 家を借りるときも、公務員なら常識人であることがまず、確実です。 勉強した上で面接を受けないと公務員になれません。民間企業に就職するより、ステップが多い分、 公務員に就職するのは難しいです。そのため常識人であることが予想されるのです。

 

公務員試験と民間就活の違い

 公務員試験民間就活の違いを説明します。 公務員試験は、民間就活に比べてとても大変です。まず、試験勉強をしなくてはなりません。 教養科目と、専門科目を勉強しなくてはなりません。

 教養科目は高校までの現代文、古文、数学、英語、物理、化学、生物、地学、日本史、世界史、地理、倫理、政経、現代社会などすべてです。 時事問題もありますし、勉強しなくてはならない範囲は非常に広範です。あらゆることを知っていなければならないのです。 教養科目である程度の点数が取れないと、専門科目の受験すらできません。

 そして、専門科目は法律、経済、行政と分かれていますが、どれもかなりの勉強を要します。 ロースクール、つまり司法試験を目指して勉強していた人や、ダブルスクールで公務員試験の受験予備校に通っていた人が合格していきます。 なかなか独学では厳しい世界です。

 これだけの勉強をして試験に受かっても、面接を受ける権利を得るにすぎません「公務員は勉強だけしていれば受かる」なんていうのは完全な嘘っぱちです。

 公務員の書類選考は公務員試験であり、民間企業の書類選考はエントリーシートです。 エントリーシートと公務員試験では圧倒的に公務員試験のほうが大変です。

 公務員試験で高得点をとっても、面接で気に入られなければ容赦なく落とされます。 民間企業と同じく、面接も受けなければならないのです。 ここで公務員になってこれをしたい!という熱意を示さなければならないという点では、民間企業と変わりません。

 以上より、公務員への就職は非常に厳しいものです。 試験を受けるなら、早めに対策を始めなければなりません。

 

公務員と民間就活どっちを選ぶべき?

 一般的に景気が良いときは民間企業のほうが良いと言われます。 例えばバブル時代に公務員になる人は「何を考えているの?」だとか「民間企業に行けなかった人」と言われていました。 なぜならバブル時代は、民間企業の給料が圧倒的に良かったからです。

 民間企業のボーナスは年に6か月分を超え、タクシーを乱用し、「タクシーに乗った」ことにして会社に「タクシー代」を請求したり、 カラ出張、つまりは遠くへ出張したことにして出張代を請求したりといったことが、奨励されていました。

 このように高い給料やボーナスの他に福利厚生も充実し、給料以外の収入までも高かったのです。 このとき公務員の給料はほとんど上がりませんでした。カラ出張もなく、ボーナスも変わらず、 毎年どんどん収入の増えていく民間企業に比べて公務員は見劣りしたのです。

 しかし今では逆に、公務員のほうが給料が良い場合も多いです。 大企業以外では軒並みボーナスがカットされ、もちろんカラ出張もありません。 タクシーチケットの利用は課長以上に限り、経費は削減されました。

 それでも大企業では公務員より給料が高いです。大企業に総合職で就職できる見込みがあるなら、 給料だけを見れば民間就職したほうが待遇が良いとも言えます。

 結論としては「お金目的で公務員になってはいけない」ということと、 「やりがいを感じるなら公務員を選ぶべき」ということを伝えたいと思います。

 

今から最短で内定をもらうには?

 

「実はもう内定あるんだよね」内定直結の合同説明会

 就活では「内定が1つあるかないか」で心の状態が大きく変わります。 たった1つ内定があれば、心に余裕ができ、「不安で眠れない」「もう後がない」といった状況とおさらばできます。 さらに自信が持てるため、堂々とした態度が面接でもウケて次々に内定を獲得していけるのです。

 友達や家族などに「就活どう?」と聞かれたときに、「もう内定は1つ確保してるんだよね」と言えたら、 周りも安心させられます。「たった1つの内定」が好循環の起爆剤なのです。

 その1つ目の内定を簡単に確保できる就活イベントがあります。 それが「MeetsCompany 」です。

 他の説明会と異なり、採用権限をもった役員・部長クラスがやってきて、 その場で面接が始まり、その場で内定がもらえたりする内定直結型の合同説明会です。 さらに参加者内定率96%を誇るため、行けば内定がほぼ確定するイベントです。

 すでに2020卒の募集が始まっていて、年間を通して全国で開催されており、地方の学生でも行きやすいメリットがあります。 参加企業も東証一部上場企業から隠れ優良企業、ベンチャー企業までさまざまです。 「とりあえず1つ目の内定を確保」と思ったらそれがあなたにピッタリの企業かもしれません。

 毎年卒業ギリギリまで開催されており、2019年10月でもまだ間に合います。 当サイトからも1日10人以上が参加申し込みをしており、かなりの人気イベントです。

 →MeetsCompany に参加申し込みする

 

就活、忙しすぎませんか?

 従来型の就活では内定までの道のりがとても長くてめんどうですよね。説明会を受けて、エントリーシートを提出して、グループディスカッションを受けて… そんな手順をすっ飛ばして自分に合った会社が、向こうからアプローチしてくれる就活サイトがあります。

 それは「キミスカ 」 です。

 キミスカでは自分から会社を探さなくても、SNSのようにプロフィールを書くだけで、 会社の人事が「こんな優秀な学生がほしかった!」とスカウトを、時にはいきなり最終面接の案内を送ってくれます。

 他社のインターンやES、GD、一次~最終面接など、従来は落ちると無駄になっていた頑張りを「スカウトされる材料」にできるのです。 たったこれだけで人間には書ききれない無数のエントリーシートを書いたのと同じ効果ですから、大幅な時間短縮になりますね。

 すでに2020年卒の就活生も2019年10月時点で約6万人が登録済みで、2021卒の募集も開始しています。 無料登録すれば一部上場企業から隠れ優良企業など、「知らない優良企業」があなたを見つけてくれます。 また、実際の採用選考で行われる「適性検査」も体験できるので、ぜひやっておきたいですね。

 →キミスカ に会員登録する

 

志望企業の内定者はどう書いた?内定エントリーシートを見よう!(その1)

 あなたのエントリーシートは100点満点ですか? …と言われても、わかりませんよね。自己採点するにしても、その基準となる模範解答がなければどうしようもありません。

 そこで先輩が実際に内定をとったエントリーシートを使いましょう。 それと比較して何が足りないのか、どう書けばいいのかがわかれば、自ずと完成度が高まっていきます。

 「Unistyle」では、歴代就活生の合格エントリーシートを無料ダウンロードできます。

 総合商社やインフラ企業、メーカー企業、外資系企業をはじめ、超一流企業からベンチャー企業まで1万7000通を超えるエントリーシートが収録されています。 あなたの志望企業の合格エントリーシートもほぼ必ず見つかるサイトと言っていいでしょう

 商社や自動車メーカーをはじめとした「企業研究」「同業他社比較」「就職活動の軸別のおすすめ業界」 「志望動機の書き方」まで非常に詳細に書かれた限定記事をすべて無料で読むことができます。

 ぜひ自分のエントリーシートの見直しのために、作成の参考のために手に入れておきたいですね。

 →Unistyleに無料登録する

 

志望企業の内定者はどう書いた?内定エントリーシートを見よう!(その2)

 「ワンキャリア」では50,000件を超える合格エントリーシート・就活体験談が掲載されており、 全日本空輸(ANA)、伊藤忠商事、花王、日本航空(JAL)、味の素、アサヒビール、オリエンタルランド等日本の一流企業に加え、 ゴールドマンサックス、ボストンコンサルティング、モルガン・スタンレーなどの外資系一流企業も多数そろっています。

 エントリーシートだけでなくインターンシップやその選考、WEBテスト、グループディスカッションの攻略情報、 さらに志望動機の書き方や業界研究を読むことができ、従来では手に入らなかった情報が満載です。

 「ワンランク上のキャリアを目指す」というキャッチフレーズの通り、業界をリードする大手企業の資料が多く、 また総合商社、JR東海、電通、キーエンス、日本郵船、三菱地所といった一流企業の出展する限定イベントも開催されます。

 ワンキャリアは月間60万人の就活生が利用しています。また内定後もES・体験談を投稿すると1件最大5000円の謝礼がもらえ、 就活体験を翌年の就活生のために役立てることもできます。先輩の「知」を継承し、 あなたが発展させた「知」を後輩に継承する好循環を生み出しましょう。

 →ワンキャリアに無料登録する

→記事トップに戻る



×

2019年10月の今からでも間に合う! 内定直結型就活イベント