MY就活ネット
リアルタイム閲覧者数:34人

 

マイナビ・リクナビ以外のおすすめ就活サイト5選

 「リクナビ・マイナビ以外にも役立つ就活サイトを知りたい」という方のために、 無料で使えて便利なサイトを5つ紹介します。


記事一覧へ
 

超おすすめ!「待ち型」就活サイト

 「待ち型」就活サイトとは、登録しておけばスカウトが届く系統の就活サイトです。

 就活生が抱える構造的な問題点として、「消費者向けの企業しか知らない」というものがあります。 就活では企業の知名度に惑わされがちで、私も学生時代はそうでした。 まだビジネスマンではないのですから、仕方のないことです。

 日本は伝統的に法人向けのBtoBビジネスがとても強く、BtoBの市場規模は消費者向けの20倍もあります。 あなたの知らない「隠れ優良企業」がまだ20倍あると思ってください。

BtoBとBtoCの違い|メリットやデメリットとおすすめ!

就活おすすめ「隠れ優良企業」|厳選の一流BtoB企業

 ですが、そもそも知らない会社を検索する方法なんてないですよね。

 そこで「待ち型」就活サイトの出番です。 プロフィールを入力しておくだけで会社のほうからアプローチしてくれます。 その会社名で検索すれば、実は日経新聞に頻出の超優良企業だったり、社会人には常識の会社だったりするわけです。

 従来では就職後に「こんなすごい会社があったのか!」と後悔するものでしたが、 就活の間に発見できれば後悔しなくて済みますし、ライバルも少ないため有利に選考が受けられますよね。

 使い方次第ではいきなり最終面接などの特別選考ルートにも乗ることができます。 通常の就活に加えて「待ち型」就活サイトを使うとさらに出会える企業が増え、内定確率が高まります。

 

OfferBox

 「OfferBox」 はスカウト型の最大手で、3年連続で学生利用率No.1の実績を誇り、 年間21万人が利用しています。7000社以上がOfferBoxを使って学生にアプローチしており、 大手企業や官公庁も目立ちます。

 使い方は簡単で、プロフィールを登録した後は待つだけです。

 会社はあなたのプロフィールを見て、本気のスカウトを送ってくれます。 というのも、OfferBoxは「一斉配信」ができない仕組みになっていて、 「スカウトかと思ったら宣伝だった」というような事態が起きないからです。

 スカウトをもらった時点で「書類選考に突破済み」のようなものですから、時には「いきなり最終面接」のお誘いすら来ます。 待っているだけで隠れ優良企業と接触できて、書類選考の手間も省けて時間短縮になりますね。

 またOfferBoxでは「100万人の診断結果」を元にした適性検査を受けることができます。 就活ではよく受けさせられるものですので、まずはOfferBoxで体験しておきたいですね。

→「OfferBox」に登録する

 

就活力を高める「情報型」就活サイト

 就活情報サイトは、直接選考に関わる就活サイトではありません。 しかし、内定に役立つ豊富な資料が無料で入手できるのが特徴です。

 使い方は簡単、登録して資料をダウンロードするだけ。当然、無料ですので是非使い倒しましょう。

 

Unistyle

 Unistyle内定に役立つ資料の豊富な就活サイトです。

 就活の難しいところは、「見本や例が見られない」ということです。 大学受験と異なり、「模範解答」を公開している企業はありません。 従来なら、部活やサークルの先輩にエントリーシートをもらう以外に、「模範解答」を入手する方法はありませんでした。

 しかし、Unistyleではこのような問題を解決してくれます。 というのも、実際に内定したエントリーシート無料配布されているからです。

 部活やサークルの先輩にエントリーシートをもらうよりはるかに多くのエントリーシートが手に入れられ、 「学生時代頑張ったことの書き方」など、知っていた方がよい情報が満載です。

 これを読まない手はないと思います。ぜひダウンロードしておきましょう。

Unistyleに会員登録する

 

ワンキャリア

 ワンキャリア内定に役立つ資料の豊富な就活サイトです。

 同様に大量の合格エントリーシートが収録されており、その数は60,000件にも達します。 Unistyleと併せて使えば、志望企業のエントリーシートがほぼ必ず見つかると言えます。

 「ワンランク上のキャリアを目指す」というキャッチフレーズの通り、 インターンシップやWEBテスト、書類選考や面接のコツなどお役立ち情報が多数掲載されており、 さらに限定イベントも多く、情報源として利用している学生は月間100万人にも上ります。

ワンキャリアに会員登録する

 

みんなの就職活動日記

 みんなの就職活動日記は、みん就とも略される就活サイトの一種です。 みん就は楽天が運営する就活サイトです。

 就活サイトとはいっても、みん就は企業にプレエントリーしたり、会社説明会の申し込みをするサイトではありません。 就活生が就活情報を掲示板に書き込んでいくサイトなのです。

 掲示板は就活全般についての掲示板や、業界別、会社別の掲示板まであり、 他の就活生の選考状況を知ることができます。

 また歴代の就活生の投稿も見ることができ、内定者の志望動機や就活のアドバイスを読むことができます。 内々定を得たら「内定者掲示板」に登録することができ、同じ会社の他の内定者と雑談することも可能です。

 ただし、みん就は採用担当者も見ています。面接で聞かれた質問の話や、 筆記試験の内容、グループディスカッションのテーマなどは書き込まないようにしましょう。 あくまでも「就活生の口コミ」ですから、過信は禁物です。

公式サイトはこちら

 

内定直結型の合同説明会

 合同説明会というと、単に企業のブースを回って説明を受けて帰るだけ…というイメージが強いかと思います。 ですが実は、その場で選考が始まる内定直結型のものがあります。

 それは「MeetsCompany 」です。

 この特別な合同説明会は、参加企業が採用権限をもった部長・役員級が来てくれるのが特徴で、 学生側も少人数制ですので自分をよく見てもらえた上で、余計な手順をすっ飛ばして最短即日内定すらあります。

 実は本来、書類選考や一次面接など、最終面接以外のすべては「役員に会わせていいか」を判断する「お膳立て」です。 MeetsCompanyでは採用権限を持った人が来ますので、お膳立てがすべていらないのです。 そのため合同説明会が内定に直結するのです。

 さらに言えば、MeetsCompany参加企業は本気で採用しに来ています。 それゆえ参加者の約96%が内定を獲得しており、行けば内定がほぼ確定すると言えます。

 就活は内定の有無で、精神面に大きく影響します。「もう後がない」と焦ることも多いのですが、 MeetsCompanyで内定を1つ確保して「後」を作ってしまえば、何も恐れることはありません。 自信たっぷりの態度がウケて、就活の好循環が始まります。

MeetsCompanyに参加する

 

リクナビ・マイナビの利用も必須!

 上記のサイトとリクナビ・マイナビを組み合わせることは必須です。

 というのも、やはり大手であるリクナビ・マイナビは企業の掲載件数が豊富で、 その2社しか利用していない企業も多いからです。逆に上記で紹介したサイトしか使っていない企業もありますから、 他のサイトは使わなくていいということはありません

 就活は本来何万社もある無数の企業を調べ尽くし、自分に合った会社を見つけ出さなければなりません。 そんな時間はありませんし、物理的に不可能ですよね。しかし、情報戦であることは覚えておいてください。 本当ならすべての会社を調べ尽くしたいのです。

 残念ながら就活の段階では、ビジネス知識がほぼありません。 知っている会社はテレビCMをしているBtoC企業に限られ、BtoB企業は消費者への知名度が皆無なため、 学生はスルーしてしまいがちです。そして就職した後になってビジネス界の超大物を見つけて後悔するのです。

 後悔する就活をしてしまってはいけません。めんどくさいかもしれません。 ですが、40年間の人生を決めるのに、いくら調べても調べすぎということはありません。 情報にはどん欲になってください。

 

今から最短で内定をもらうには?

 

「実はもう内定あるんだよね」内定直結の合同説明会

 就活では「内定が1つあるかないか」で心の状態が大きく変わります。 たった1つ内定があれば、心に余裕ができ、「不安で眠れない」「もう後がない」といった状況とおさらばできます。 さらに自信が持てるため、堂々とした態度が面接でもウケて次々に内定を獲得していけるのです。

 友達や家族などに「就活どう?」と聞かれたときに、「もう内定は1つ確保してるんだよね」と言えたら、 周りも安心させられます。「たった1つの内定」が好循環の起爆剤なのです。

 その1つ目の内定を簡単に確保できる就活イベントがあります。 それが「MeetsCompany 」です。

 他の説明会と異なり、採用権限をもった役員・部長クラスがやってきて、 その場で面接が始まり、その場で内定がもらえたりする内定直結型の合同説明会です。 さらに参加者内定率96%を誇るため、行けば内定がほぼ確定するイベントです。

 すでに22卒の募集が始まっていて、年間を通して全国で開催されており、地方の学生でも行きやすいメリットがあります。 参加企業も東証一部上場企業から隠れ優良企業、ベンチャー企業までさまざまです。 「とりあえず1つ目の内定を確保」と思ったらそれがあなたにピッタリの企業かもしれません。

 22卒も2021年8月でもまだ間に合います。 当サイトからも1日10人以上が参加申し込みをしており、かなりの人気イベントです。

→「MeetsCompany 」に参加する

 

早期に隠れ優良企業と接触する!

 就活生の弱点は「消費者に有名な会社しか知らない」ところです。 法人向けのビジネスは消費者向けの20倍の市場規模があり、優良企業もそれだけ隠れています。 多忙の就活、それらをすべて探し尽くすのは困難です。

 見つけ切れていなかった業界に、手遅れになってから気付いて後悔するなんて、絶対したくありませんよね。

 しかし「OfferBox」なら、 知らなかった優良企業が向こうからあなたを探し出してくれます。

 プロフィールを充実させていくとマッチング精度がどんどん上がっていき、 「あなたと一緒にビジネスがしたい」と、時にはいきなり最終面接のお誘いすら来ます。 いちいち書類選考に応募しなくていいので、時間短縮にもなりますね。

 もちろん選考を受けるかどうかはじっくり会社を調べてから決められます。 世の中に無数にある会社を調べ尽くさなくても、待っているだけであなたにピッタリの会社が現れるのです。 BtoBの隠れ優良企業や資生堂・マイクロソフトのような大企業ともマッチングします。

 すでに23卒の募集も開始しています。 また、100万人の診断結果をもとにした「適性検査」も体験できるので、ぜひやっておきたいですね。 参加企業の採用枠早い者勝ちです。今すぐ登録して、自分の存在を企業に知らせましょう。

→「OfferBox」でスカウトをもらう

 

志望企業の内定者はどう書いた?内定エントリーシートを見よう!(その1)

 あなたのエントリーシートは100点満点ですか? …と言われても、わかりませんよね。自己採点するにしても、その基準となる模範解答がなければどうしようもありません。

 もしこのまま提出して、果たして大丈夫でしょうか。

 そこで先輩が実際に内定をとったエントリーシートを使いましょう。 それと比較して何が足りないのか、どう書けばいいのかがわかれば、自ずと完成度が高まっていきます。

 「Unistyle」では、歴代就活生の合格エントリーシートを無料ダウンロードできます。

 総合商社やインフラ企業、メーカー企業、外資系企業をはじめ、超一流企業からベンチャー企業まで3万7000通を超えるエントリーシートが収録されています。 あなたの志望企業の合格エントリーシートもほぼ必ず見つかるサイトと言っていいでしょう

 また、合格ESだけでなく「企業研究」「同業他社比較」「就職活動の軸別のおすすめ業界」 「志望動機の書き方」など就活に役立つ限定記事もすべて無料で読むことができます。

 ぜひ自分のエントリーシートの見直しのために、作成の参考のために手に入れておきたいですね。

→「Unistyle」で無料ダウンロードする

 

志望企業の内定者はどう書いた?内定エントリーシートを見よう!(その2)

 「ワンキャリア」では50,000件を超える合格エントリーシート・就活体験談が掲載されており、 全日本空輸(ANA)、伊藤忠商事、花王、日本航空(JAL)、味の素、アサヒビール、オリエンタルランド等日本の一流企業に加え、 ゴールドマンサックス、ボストンコンサルティング、モルガン・スタンレーなどの外資系一流企業も多数そろっています。

 エントリーシートだけでなくインターンシップやその選考、WEBテスト、グループディスカッションの攻略情報、 さらに志望動機の書き方や業界研究を読むことができ、従来では手に入らなかった情報が満載です。

 「ワンランク上のキャリアを目指す」というキャッチフレーズの通り、業界をリードする大手企業の資料が多く、 また総合商社、JR東海、電通、キーエンス、日本郵船、三菱地所といった一流企業の出展する限定イベントも開催されます。

 ワンキャリアは月間60万人の就活生が利用しています。また内定後もES・体験談を投稿すると1件最大5000円の謝礼がもらえ、 就活体験を翌年の就活生のために役立てることもできます。先輩の「知」を継承し、 あなたが発展させた「知」を後輩に継承する好循環を生み出しましょう。

→「ワンキャリア」で無料ダウンロードする

 

会社探しの時間を超圧縮!

 会社探しには無限の時間がかかります。世の中には無数に会社があり、その中から楽しく働けそうな会社を見つけるのは至難の業です。 実際、「そんな会社はない」と思っていませんか?かつては私もそう思っていました。 しかしよく考えてみれば、20~30社しか会社を知らないんですから、見つからなくて当然ですよね。

 そこでオススメなのが、「dodaキャンパス」です。

 dodaキャンパスは、プロフィールを入力していくと、それを見た企業の人事から「オファー」が届いて優遇選考に招待される、スカウト型就活サイトです。 会社側が興味を持ってくれているわけですから、あなたの性格に合っている可能性が高いというわけです。 無限に会社を探し続けるより、待っているだけですから、ものすごく効率がいいですよね。

 なんといっても運営会社はベネッセで信頼度はバツグン、そして名だたる企業とのパイプも大量に持っているため、 優良企業の宝庫と言え、6800社以上にものぼる会社があなたを待っています。

 さらに「エントリーシート対策」「自己分析のコツ」「面接対策」などの無料オンライン講座が開かれたり、 本番さながらの「適性検査」を受験できたりと、就活に必要な知識・スキルを大量に学ぶことができます。 オフラインのイベントに参加しづらい昨今ですから、このようなオンライン主体の就活サイトを使って、 有利に就活を進めましょう。

→「dodaキャンパス」に登録する

プロフィール写真

著者:村田 泰基(むらた やすき)
 合同会社レセンザ代表社員。1989年生まれ。大阪大学法学部卒。2013卒として就活をし、某上場企業(メーカー事務系総合職)に入社。 その後ビジネスの面白さに目覚め、2019年に法人設立。会社経営者としての経験や建設業経理士2級の知識、自身の失敗経験、300冊以上のビジネス書・日経ビジネスを元に、8年間に渡り学生の就職活動を支援している。



 就活コラム

 MY就活ネット独自の企業研究を公開中!
×

2021年8月でも間に合う内定直結の合同説明会! 「MeetsCompany 」(22卒