リアルタイム閲覧者数:6人

 

【就活】プレエントリーとエントリーの違い

 プレエントリーエントリー違いはなんでしょうか。 就活を始めるまで聞いたことがない「プレエントリー」と「エントリー」について、解説します。



 

プレエントリー

 プレエントリーとは、会社に個人情報を登録するという意味で、就活における最初の段階です。 プレエントリーは就活らしいオシャレな言葉ではありますが、要は会社説明会やエントリーの案内を送ってもらう申し込みです。 まだ自己PRや志望動機を書く必要はありませんので、簡単にできます。

 2020年度卒では、大学3年生の3月1日の夜中の0時に就活が解禁となります。それと同時に会社へのプレエントリーが可能になります。 3月1日になった瞬間からいっせいに皆がプレエントリーをしようと、会社の採用サイトやリクナビやマイナビに押し寄せます。

 プレエントリーでは「氏名」「住所」「電話番号」「メールアドレス」「年齢」「大学名」などを登録します。 プレエントリーをしなければ会社説明会や選考の案内が送られてくることはありません。 そのため就活を始めるには、まずプレエントリーをしなければはじまりません。

 プレエントリーのやり方は、リクナビやマイナビなどの就活サイトでできるほか、 会社のホームページの「採用情報」から登録できます。リクナビやマイナビを使うと、住所や氏名などは自動入力されるので楽ですが、 会社のIDが発行されるのに時間がかかります。会社の採用ページから登録すればすぐにIDが発行されます。 なるべく会社の採用情報から登録することをおすすめします。

 プレエントリーをすると、会社説明会の案内が送られてきたり、 会社によっては物(メモ帳など)をくれたり、リクルーター面接が始まったりします。

 プレエントリーしたからといってエントリーエントリーシートの送付)をする義務が発生するわけではなく、 単にスタートラインに立つだけのものです。逆に言えばスタートラインに立つだけなら何もめんどくさいことはありません。

 会社によってはプレエントリーの段階でアンケートを求められますが、後述のエントリーに比べて難しい内容ではありません。

 

エントリー

 エントリーとは、採用選考に応募するという意味で、就活が本格化する段階です。 「エントリーシート」と呼ばれる申込書を送るとともに、筆記試験WEBテストを受験します。 これに合格すれば面接を受ける資格を得られます。

 プレエントリーと区別するために、エントリーは本エントリーと呼ばれることもあります。

 エントリーで提出する「エントリーシート(エントリーシートって何?)」は、 「氏名」「住所」「電話番号」「メールアドレス」「年齢」「大学名」だけでなく、 「自己PR」や「長所と短所」「志望動機」などの項目を課され、相応の準備をしていないと手間がかかります。

 同時に受験する筆記試験は、インターネット上で行われるWEBテストの形態をとることが多いです。 この2つをまとめて「書類選考」と言います。

 エントリーは面接が開始される6月1日より前に行われます。 およそ大学3年生の3月~4月がエントリーの時期です。これを逃すと面接は受けられませんし、内定ももらえません。 会社説明会等で「エントリーの受付開始日」をしっかり聞いて、時期を逃さないように注意しましょう。

 エントリーをしたからといって必ずしも面接を受けられるわけではありません。 エントリーシートやWEBテストの結果によっては書類選考落ちとなり、 そのままお祈りメールが来るか、サイレントお祈りをされます。

 エントリーシートの出来が良く、WEBテストでそこそこの点数を取れていれば、面接に呼ばれます。 6月1日以前にエントリーをし、書類選考をする会社ではリクルーター面接を行う会社もあります。 エントリーしなければ、これらのイベントはありません。

 エントリーは手間がかかり、自己PRや志望動機を考えなくてはなりませんし、 エントリーシートを手書きで提出させる会社すらあります。そのためエントリーの数は20~30社という人が多いようです。 しかし20~30社では少なすぎます。めんどうですが、多くの会社にエントリーしておくべきです。

 本エントリーについては、エントリーとは?時期や方法を解説しますの記事で詳しく解説しています。

 

プレエントリーとエントリーの違い

 プレエントリーは、会社説明会やエントリーの案内を受け取るための申し込みであり、 住所や氏名といった個人情報を会社に登録する作業のことです。

 エントリーは、面接を受けるための申し込みであり、 会社にエントリーシートという履歴書を送り、WEBテストを受けることを指します。

 プレエントリーエントリー違いは、 段階の違いです。会社に資料請求するのがプレエントリーであって、面接を申し込むのがエントリーです。 簡単なのがプレエントリーであり、めんどくさいのがエントリーです。

 プレエントリーが個人情報の登録だけなのに対し、 エントリーは、エントリーシートを作成しなければならず、氏名や住所などの個人情報だけでなく、 「学生時代頑張ったこと」や「なぜこの会社を選んだのか」などの設問が課せられます。

 そしてエントリーシートの作成には、就職活動の軸という前準備が必要です。

 エントリーは手間がかかるので多くても50社、平均で20社くらいしかできません。 一方でプレエントリーは手間がかかりません。個人情報の登録だけですので、50社でも100社でもできます。

 プレエントリーでは自己PRも志望動機も書く必要がありません。 しかしプレエントリーをしなければ会社説明会の案内が送られてきませんし、 リクルーター面接も受けられません。エントリーもできないのです。

 文字通りプレエントリーエントリーの前段階、準備段階なのです。

 

プレエントリーは何社すればいい?

 就活成功するかどうかは、プレエントリーで決まります。 基本的にプレエントリーをしなければ単独説明会にも、面接にも行けません。プレエントリーをたくさんすることで、 就活の選択肢が増えていくのです

 そこで、何社を目安にプレエントリーをすればよいでしょうか。

 50社プレエントリーしたからといって、すべての企業にエントリーするわけではありません。 会社説明会やリクルーター面接を通じて興味がなくなったり、時間が合わなくて行かなかったり、落とされたりするからです。 50社プレエントリーして、20社も「行きたい!」と思えば多いほうでしょう。

 2020年卒の就活はかなりの短期決戦ですので、3月1日のプレエントリー解禁を迎えると、 即座に単独説明会やセミナーの案内が送られてくることが予想されます。 いかに3月1日のたった1日で多くの企業にプレエントリーできるかが、勝負の分かれ目となります

 初日に最低30社、その後、合同説明会で新たに知った会社20社を加えて合計50社最低限プレエントリーしましょう。 スケジュール管理やエントリーをする会社の選択はその後の話です。

 

プレエントリーの時期

 プレエントリー時期はいつごろでしょうか。 会社に個人情報を登録するだけなので、いつでもできそうですが、実はプレエントリーにも決まった時期があるのです。

 「就活が解禁されるのは3月から」とよく言われます。3月に解禁されるのは「広報活動」です。 就活生向けに会社が「広報活動」をするのが許される時期が、3月なのです。

 プレエントリーは「広報活動」にあたります。会社は就活生にプレエントリーをさせて、 その住所、そのメールアドレス宛てに会社の宣伝を送るのです。この宣伝はもちろん商品の紹介などではなく、 「うちの採用選考を受けてね」という宣伝です。

 会社は就活解禁の3月まで就活生に接触してはいけませんので、 プレエントリーも3月までは禁止なのです。3月になるといっせいにプレエントリーが解禁になり、 3月1日は就活生のアクセスが集中し、いろんな会社のサーバがダウンします。

 プレエントリーの期限がいつまでかというと、プレエントリーに期限はありません。 しかし、プレエントリーをしないとエントリーシートはもらえませんし、エントリーシートの送付には期限があります。 プレエントリーは遅くとも就活解禁の3月中に済ませておかなければならないでしょう。

 もっといえば、プレエントリー直後からリクルーターがついたり、会社説明会が始まる会社もあります。 3月中旬に最初の会社説明会がある会社だと、3月中旬にプレエントリーしたのではもう遅いです。

 できれば3月1日にあらゆる会社にプレエントリーし、会社からの案内が来るのに備えましょう。 そのためには就活解禁前に会社を調べておき、プレエントリーする会社をリストアップして準備しておくのがよいでしょう。

 また、プレエントリーはいつまでできるかというと、それも3月中です。 選考が始まる時期にはプレエントリーは締め切られてしまうことが多いです。

 予定していた採用枠が埋まらないことを見越してプレエントリーを打ち切らない会社もありますが、 それでは非常に狭き門になってしまいますので、必ず3月1日~上旬のうちに済ませておくようにしましょう。

 

プレエントリーの方法

 プレエントリーの方法は単純です。

 会社のホームページ→採用情報→新卒採用ページ→プレエントリー→個人情報を登録

 で完了です。めんどくさければマイナビやリクナビでポチッとやれば一瞬でプレエントリーできます。 登録するメールアドレスはGmailでいいでしょう。 志望度の高い会社と、そうでない会社でメールアドレスを分けるのもいいですね。

 「キミスカ 」 ではSNSのようにプロフィールを設定するだけで、キミスカにいる会社すべてにプレエントリーしたのと同様の効果があります。 「持ち駒確保」のためにも登録しておくとかなり精神的に楽でしょう。

 ときどき「会社の採用サイトを使わず、リクナビやマイナビを使うのはダメだ」と言う就活生もいますが、 プレエントリーを会社の採用サイトでするか、リクナビやマイナビでするかは好みの問題です。 ただ、登録が完了して案内メールが送られてくるのは「会社の採用サイト」のほうが早いようです。

 MY就活ネットではプレエントリーおすすめ企業隠れ優良企業も紹介しています。 また業界研究企業研究も公開していますので、 こちらを参照してプレエントリーする企業をどんどん増やしましょう。

 

プレエントリーを放置してはいけない

 プレエントリーをせずに放置すると、その会社の選考を受けることはできません。 プレエントリーをしないと、その後の選考は一切ないのです。

 しかし、プレエントリーをしたあとに放置するのはOKです。 プレエントリーをしたからといって選考を受けなければならないわけではありません。 会社説明会も、気が向かなければ行かなくてもいいのです。

 単なる個人情報の登録に過ぎないため、プレエントリーをしたからといって何か面倒なことが起きるわけではありません。 ときどきプレエントリーをキャンセルしたいという就活生もいますが、 そのまま放置しておけばよく、わざわざキャンセルのためにエネルギーを使う必要はありません。

 選択肢の幅を可能な限り広げて「持ち駒」を増やすため、 プレエントリーをせずに放置するのは絶対にいけません。 プレエントリーをしてから放置するようにしましょう。

 

プレエントリーおすすめ企業

 プレエントリーしておきたいおすすめ企業、「就職先として」のおすすめ企業を紹介します。

 

隠れ優良企業

サトーホールディングス三和ホールディングス文化シャッター
タダノダイフクナブテスコ
ホシザキグローリーイーグル工業
マキタ栗田工業ミネベアミツミ
ウシオ電機日本パーカライジング日本化薬
オムロンディスコ高砂香料工業
日東電工ダイヘン曙ブレーキ工業
日本発条

 これらの隠れ優良企業は、高い技術力で圧倒的なシェアを占め、ビジネスの世界で欠かすことのできない企業群です。 しかし、一般消費者を相手にしたビジネスではないため就活生の知名度が低く、 ライバルが少ないうちに応募すると圧倒的に有利です

 隠れ優良企業がどんなビジネスをしているのかは、 就活おすすめ!厳選「隠れ優良企業」の記事で解説しています。

 

優良ホワイト企業

三菱日立パワーシステムズ東芝プラントシステム千代田化工建設
日揮JCVケンウッド東亞合成
住友商事花王ピジョン
協和発酵キリン日本精工ボッシュ
JT日本特殊陶業ヤマハ
スバルマツダ日産自動車
三菱自動車工業太平洋工業リコー
東レ日本郵船東燃ゼネラル石油
国際石油開発帝石旭硝子住友金属鉱山
LIXIL西武鉄道小田急電鉄
太平洋セメント

 これらのホワイト優良企業は厚生労働省が「働き方改革」活動の一環で、 模範的な企業として紹介している国家認定ホワイト企業です。

 単に「うちは働きやすいですよ」とアピールしているだけでなく、 有給休暇が取れる仕組み長時間の残業をさせない仕組みがあり、 本気で「ワークライフバランス」を改善している企業群です。

 →働きやすい!ホワイト優良企業リスト

 

BtoB企業

 プレエントリーでは「知らない会社」ほど「とりあえず」プレエントリーしておくことがオススメです。 というのも、プレエントリーは後から「やっておけばよかった」と後悔することが多く、 3月上旬のうちにやっておかないと取り返しがつかないからです。

 持ち駒を多く持っておくためにも、たくさんの企業にプレエントリーしたいですね。 そこで、就活生には知名度の低いBtoB企業にも積極的にプレエントリーしておきましょう。 消費者向けのビジネスをしていないだけで、日本企業はBtoBビジネスにこそ優良企業が多いです。

 BtoB企業としては、電機メーカー機械メーカー化学メーカー専門商社などが挙げられます。

 特に鉄鋼メーカー非鉄金属メーカーなどの素材メーカーは別格で、 就職してから「あの業界ってすごいんだな…」と発覚するNo.1業界です。 就活の段階でいろんな会社を知っておくと、選択肢の幅が広がります。ぜひ見ておきましょう。

 

今から最短で内定をもらうには?

 

志望企業の合格エントリーシートを見る(その1)

 エントリーシートは、何を書いたら正解かわからない、「『わからないこと』がわからない」状態だと思います。 私もそうでした。自分では完璧だと思っていたエントリーシートも、他の人のエントリーシートと比べたらボロボロだったのです。 そこで、志望企業で実際に内定をとったエントリーシートを参考にしたいですよね。

 「Unistyle」では、一流企業からベンチャー企業まで、内定したエントリーシートを無料ダウンロードできます。

 「Unistyle」では、三菱商事や三井物産、三菱東京UFJ銀行、トヨタ自動車、三菱地所、新日鐵住金、東京ガス、 マッキンゼー、P&Gなど、様々な超一流企業をはじめ、1万7000通を超えるエントリーシートが収録されています。 あなたの志望企業の合格エントリーシートも必ず見つかるサイトと言っていいでしょう

 商社や自動車メーカーをはじめとした企業研究同業他社比較、また「就職活動の軸」別のおすすめ業界、 志望動機の書き方まで非常に詳細に書かれた限定記事をすべて無料で読むことができます。

 また会員限定の特別イベントが多数開催され、過去には伊藤忠商事、日本政策投資銀行、日本ロレアル、キーエンス、日本たばこ産業(JT)、トヨタ自動車、旭硝子、デンソー、 三菱東京UFJ銀行、大日本印刷などのイベントが行われています。

 ぜひ自分のエントリーシートの見直しのために、または作成の参考のために手に入れておきたいですね。

 

志望企業の合格エントリーシートを見る(その2)

 「ワンキャリア」では50,000件を超える合格エントリーシート・就活体験談が掲載されており、 全日本空輸(ANA)、伊藤忠商事、花王、日本航空(JAL)、味の素、アサヒビール、オリエンタルランド等日本の一流企業に加え、 ゴールドマンサックス、ボストンコンサルティング、モルガン・スタンレーなどの外資系一流企業も多数そろっています。

 エントリーシートだけでなくインターンシップやその選考、WEBテスト、グループディスカッションの攻略情報、 さらに志望動機の書き方や業界研究を読むことができ、従来では手に入らなかった情報が満載です。

 「ワンランク上のキャリアを目指す」というキャッチフレーズの通り、業界をリードする大手企業の資料が多く、 また総合商社、JR東海、電通、キーエンス、日本郵船、三菱地所といった一流企業の出展する限定イベントも開催されます。

 「ワンキャリア」は月間60万人の就活生が利用しています。また内定後も謝礼付きのインタビュー等が行われ、 就活体験を翌年の就活生のために役立てることもできます。先輩の「知」を継承し、 あなたが発展させた「知」を後輩に継承する好循環を生み出しましょう。

 

2018年9月でも間に合う!内定直結の合同説明会

 すぐ内定がほしい。それは、就活生なら誰もが願うことだと思います。

 2019年卒では8月1日の時点で就活生の88%が内定を持っています。「まだ内定がない」と焦る気持ちが強いと思います。 そんな中、まどろっこしくてめんどくさい従来型の就活をしていては余計にストレスが溜まってしまいます。

 余計なステップを究極的に省いたのが、内定直結型の就活イベントで、採用選考をその場で始めることが前提の合同説明会です。 あらかたの企業が採用選考を終えたあとでも頻繁に開催されており、採用権限をもった部長・役員クラスが現れ、 その場で面接が始まったり、その場で即日内定がもらえたりするイベントがあります。

 それが「MeetsCompany 」です。 年間10万人が利用しているほどで、MeetsCompanyで内定を確保するのはもはや常識になりつつあります。

 2019年卒の募集が始まっています。MeetsCompanyは参加者内定率96%を誇っており、 全国で開催されているので地方の学生でも行きやすいイベントです。 最短1日で内定を取れますので、就活を終わらせることができます。

 

多忙の中、どっしり「スカウト」を待つ

 従来型の就活では内定までの道のりがとても長くてめんどうですよね。説明会を受けて、エントリーシートを提出して、グループディスカッションを受けて… そんな手順をすっ飛ばして自分に合った会社が、向こうからアプローチしてくれる就活サイトがあります。

 それは「キミスカ 」 です。

 キミスカでは自分から会社を探さなくても、SNSのようにプロフィールを書くだけで、 会社の人事が「こんな優秀な学生がほしかった!」とスカウトを、時にはいきなり最終面接の案内を送ってくれます。

 他社のインターンやES、GD、一次~最終面接など、従来は落ちると無駄になっていた頑張りを「スカウトされる材料」にできるのです。 スカウトがたくさん来れば、いちいちプレエントリーしたり、エントリーシートを書く手間が省けるので時間短縮になりますね。

 すでに2019年卒の就活生も約7万人が利用しているほどで、スカウトがどんどん来ます。 また、実際の採用選考で行われる「適性検査」も体験できるので、ぜひやっておきたいですね。




×

50,000通を超える合格ES等が無料で見れるサイト!