リアルタイム閲覧者数:17人

 

【就活】リクルーター面接-裏選考ルートで内定を勝ち取る方法

 リクルーター面接(通称リク面)とは、喫茶店や会議室で行われる事実上の面接です。 ある日突然携帯に電話がかかってきて「当社の社員と1対1で対話をする時間を設けたいと~」と言われます。 これがリク面のお誘いです。

 これは裏選考ルートに乗ったことを意味します。ですが、せっかくリクルーター面接に呼ばれても、落ちてしまったら同じことです。 どうやって裏選考ルートに乗るかどうやって裏選考を突破するかを解説したいと思います。



 

リクルーター面接とは?

 リクルーター面接とは、会社からやってくる社員と、 喫茶店や会社の一室などで一対一で会話をする制度です。 リクルーターには「選考とは関係ありません」と念を押されますが、実は「選考に関係」大ありです。

 

経団連に隠れて行う「裏選考」

 経団連のルール上、面接は6月1日まで行ってはいけません。しかし会社は面接をしたいのです。 6月1日から全員の面接をしていると、どうしても内々定を出すまでに時間がかかってしまいます。 内々定を出すのが遅れると、他の会社から内々定をもらった就活生がもう次の面接に来てくれないかもしれません。

 会社は優秀な学生を囲い込むため、予めリクルーター面接をさせて、ある程度就活生を絞り込んでおきます。 そして6月1日になったとたんに面接本番を開始し、一瞬で内々定を出すのです。

 予め就活生を絞り込むのに、リクルーター面接を使います。質問会だとか、座談会だとか名前をつけて、 「これは面接ではありませんよ」とアピールしながら社員を派遣し、 「この就活生は本番の面接に呼ぼう」「この就活生に内々定を出そう」などと、選考をするのです。

 6月1日まで面接をやってはいけないのに、「1対1の説明会」と苦し紛れの言い訳をして面接をするのです。 経団連の倫理憲章を信頼している就活生は、このリクルーター面接に騙されて、面接ほどの緊張感を持ちません。 なかなか困った制度ですね。

 面接ができない時期に面接をする。さらに言えば、本番の面接ではないため、就活生は気が緩みがちです。 ここでその人物本来の姿を見て、その場で選考してしまうのです。 面接本番となればみんな取り繕っていい顔をしますからね。

 リク面の場所は会社内の一室だったり、駅周辺の喫茶店等で30分~1時間程度行われます。 コーヒー1杯870円の喫茶店に連れて行かれた時はびっくりしました(笑)

 リクルーターからの電話がかかってきたら、面接だと思って対応しましょう。 もしお誘いを断ってしまうと、もうその会社での選考は先に進みません

 

各部署で働く社員が来て「後輩にほしいかどうか」を評価する

 リクルーターとは、各部署で働いている社員で、事実上の面接官です。

 リクルーターは人事部の採用担当者ではなく、普段は営業部、経理部、法務部、設計部、生産管理部など、 様々な部署で働いている社員です。

 リクルーターは人事部から評価シートを渡されており、 リク面終了後に評価シートに「後輩にほしい」「後輩にほしくない」「人手が足りなければ後輩にほしい」といったことを記入します。

 最初に会うリクルーターからの評価が高ければ、2回目のリクルーター面接が行われます。 このように、リクルーター面接が成功していれば何人ものリクルーターと会うことになるのです。 回を重ねるごとにリクルーターの年次は上がっていき、最終的に課長クラスのリクルーターが現れます。

 リクルーターからの評価は、採用選考に影響を与えます。いろんなリクルーターが「後輩にほしい」と評価することで内定が近づいていくのです。 この場合、あなたの内定に向けて協力してくれる人物となり、応援してくれる場合もあります。

 

リクルーター面接は「学内選抜」!?

 リクルーター面接は学内選抜であると言われることもあります。 大学別に採用予定人数が決まっている会社も考えられます。

 例えば東大3人、慶應3人、上智3人の採用を考えている会社に、 東大生30人、慶應500人、上智300人の応募があったら、必然的に面接解禁日の6月1日に面接をする人数は、 慶應や上智の学生が多くなってしまうわけです。

 そこで、予めリクルーター面接で東大3人、慶應3人、上智3人に絞り込んで6月1日に面接を始めれば、 6月1日からの面接の数を減らすことができるわけです。 そういう意味で、リクルーター面接は学内選抜だと言われることがあるのです。

 ですが、こればっかりは社内でも幹部しか知らない「裏規定」ですので、学生には知る余地もありません。

 

リクルーター面接は有利に内定をもらう就活の近道!

 通常ルートの選考では、どうしてもキリッとした雰囲気の面接になってしまいます。 これでは実際に就職したあとの姿を想像することができません。

 一方のリクルーター面接はフラットな場を選んで行われますから、実際に働いているときの雰囲気に近い形で面接ができます。 つまり、「普段の姿」を見たリクルーターが「後輩にほしい」と言えば、説得力がありまくりなのです。

 リクルーター面接は2~3回行われる会社が多く、3回目で合格が出ると、一次面接が免除されたり、 いきなり最終面接から始まったりと、様々な恩恵を受けることができます。

 しかも近年、企業の採用合戦が激化していて就活生は取り合いです。 高評価を得られた就活生は早期内定を獲得することができます。

 また、単に内定への近道というだけでなく、まさに現場で働いている社員の生の声をきける、貴重な体験です。 就活生は、会社説明会より深い質問をすることができます。 会社説明会では学びきれなかった企業のこと、社内の雰囲気、その部署の特徴などについて知ることができます。

 入社するつもりがなくても面接の練習になりますし、同業他社との「比較のための資料」として使えます。 この機会を逃すことなく、リクルーターに会社のことを聞きまくり、入社を目指すかやめるかの判断材料にしましょう。

 

リクルーター面接に呼ばれるための条件

 リクルーター面接に呼ばれるためには、どんな条件を満たしている必要があるでしょうか。 条件を満たしてリク面接に呼ばれ、裏選考ルートに乗りましょう!

 

条件1:プレエントリーをしていること

 リク面を受ける前提となるのが「プレエントリー」です。

 リクルーターは同じ大学の先輩であることが多いですが、いまどき会社は学生名簿を見せてはくれません。 ですから、プレエントリーをしない限り会社はあなたと連絡を取ることができません。

 プレエントリーをしただけでリク面に呼んでくれる会社もあります。 私の経験では、関西電力がそうでした。結局エントリーシートは提出しなかったのですが、 面接の練習にはなったので、プレエントリーしておいてよかったと思います。

 また、リク面の電話は非通知設定でかかってくることも多いので、必ず非通知拒否設定を解除しておきましょう

 

条件2:エントリーシートを提出していること

 リク面はあくまで面接ですから、その前段階である「エントリーシートの提出」が必須です。 提出が早ければ早いほどリクルーター面接に呼ばれる確率が上がります。 一次募集の受付が開始されたら、即日送信しましょう。

 就活は早い者勝ちです。エントリーシートの提出で手間取っている間にどんどん他の就活生がリク面を受けて、 「採用枠」が埋まっていきます。採用枠が埋まってしまえば、あとから優秀な学生が見つかっても残念ながら「お祈り」です。

 もちろん会社はエントリーシートを読み、その時点で不合格になってしまえばリク面も行われません。 受かるエントリーシートの書き方と回答例で詳しく解説していますので、 ぜひ「受かるエントリーシート」を書いて、裏選考ルートに乗りましょう。

 

条件3:学歴フィルターを突破できること

 リクルーター面接には学歴フィルターがあります。 厳しい条件ではありますが、「MARCH」「関関同立」クラス以上の学歴が求められます。 旧帝大クラスになればリク面は引っ張りだこです。

 会社は優秀な人材がほしいという事情がありますが、その他にも「上司を説得しなければならない」という事情もあります。 ビジネスに学歴は関係ありません。とはいえ

 人事「エムワイ大学の学生と面談をします」
 上司「エムワイ大学ってなんだ?今年は東大生はおらんのか?」

 と突っ込まれて、時間と人材を使ってまで面談する意味を問われたとき、言い返せる理由が必要です。 するとどうしても「大学名」が説得力として働いてしまうのです。

 ですが、「MARCH」「関関同立」未満でもリク面に呼ばれる方法があります。

 

インターンシップで活躍すれば高学歴でなくてもリク面に呼ばれる!

 2019卒以降では「1日インターンシップ」が解禁され、選考の主流になってきています。 大学3年生の夏に行われるインターンシップに参加しまくり、活躍すれば、 ここでも「良い評価シート」を書いてもらえます。

 実際に働いてみた現場の社員が「後輩にほしい」と言うわけですから、 この「良い評価シート」は「大学名」より説得力を持ちます。

 人事「エムワイ大学の学生と面談をします」
 上司「エムワイ大学ってなんだ?今年は東大生はおらんのか?」
 人事「インターンシップで活躍した学生で法務部がなんとしてもほしい学生だと言っています

 すると上司は拒否する理由がありません。たとえ名前も知らない大学だったとしても、 リク面に呼ばれます

 インターンシップ→リク面→内定という裏選考ルートに乗りましょう。

 

リク面しかしない「リクルーター採用」

 そもそも通常ルートの選考を一切せず、リク面だけで採用選考をする会社があります。 新日鐵住金、新日鉄住金エンジニアリング、JFEスチール、JFEエンジニアリング、住友電気工業、商工中金がそうです。

 これらの会社ではリク面を10回以上にわたって行い、いろんな社員と会わせ、 評価の高かった人だけ面接本番に呼ばれます。 しかし、この面接本番はお披露目会のようなもので、内定はほぼリク面で決まっています。

 10回以上も社員と面談をしますので、その分時間が必要です。 プレエントリーやエントリーシート提出が遅れると、それだけリク面の開始が遅れます。 その間に採用枠はどんどん埋まっていってしまいます。

 このような企業に内定をもらうには、早期のプレエントリー早期の会社説明会参加早期の本エントリーが必要です。リクルーター面接に早く呼ばれる必要があり、 そのためには早めに行動を起こすということが必要になります。

 就活が始まる前からリクルーター面接を意識し、3月1日に就活が解禁されたら即日プレエントリーし、 会社説明会が始まったらすぐに参加し、エントリーシートの受付が始まったらただちに提出しましょう。 こうすることでリクルーター面接に呼ばれる可能性が高まり、チャンスが増えます。

 

リクルーター面接の対策

 まず初めに意識しておかなければならないのは、リクルーター面接は実質的に面接本番であるということです。 面接本番だと思って、リクルーター面接の対策をし、有利に早期内定をもらいましょう。

 

リク面対策1:エントリーシートを完成させる

 面接本番であるということは、少なくともエントリーシートは完成させておかなければなりません。 とはいえエントリーシートのお題が発表されるのはリクルーター面接より後な場合もあります。 お題もわからない状況でどうやってエントリーシートをつくればよいのでしょうか。

 実は、エントリーシートで聞かれる本質はどこの会社でも同じです

 「就職活動の軸」という言葉は聞いたことがあると思います。 これは就活用語で「将来の夢」を意味する言葉ですが、「就職活動の軸」が「経営理念・ビジョン・社風」といかに一致しているかで内定が決まります。

 エントリーシートではこの「就職活動の軸」と「経営理念・ビジョン・社風」の一致具合を、 「『将来の夢』実現ストーリー」を書かせることで判断します。

 具体的には以下の3~4項目です。

 この3~4項目をつくって、リクルーター面接で「こういう理想像を実現するために、貴社でこのビジネスがしたい」とアピールし、 それが会社の経営理念や社風と合致していれば合格です。

 これを会社から呼び出されるまでに完成させておいた就活生だけがリクルーター面接で高い評価を得て、 特別ルートでの面接の優遇、早期内定といったメリットを享受できるのです。

 どうせエントリーシート提出の時期にはやらなければならないことですから、 今すぐにエントリーシートをつくってしまって、リクルーター面接で有利に就活を進めましょう。

→自己分析をして「就職活動の軸」をつくる

 

リク面対策2:リク面に呼ばれる条件を満たす

 リクルーター面接に呼ばれる最低条件として、プレエントリーをしていることが必要です。 しかし、プレエントリーだけでは足りない場合もあります。

 会社によっては「会社説明会参加」「エントリーシートの提出」「インターンシップへの参加」が条件になっている場合も多くあります。 リクルーター面接を受けたい会社が開催するイベントにはすべて参加するようにしましょう。

 特に学歴フィルターが気になる就活生は、夏季・秋季・冬季に開催されるインターンシップに必ず参加しておきましょう。

 

リク面対策3:質問を15個用意する

 サラリーマンというものは、質問をされることが大好きです。 就活生が会社に興味をもって、質問をしまくることで「熱意」のアピールになり、リクルーターは喜びます。

 リクルーター面接は、質問されまくることを前提として30分~1時間にもわたる「質問タイム」を用意しています。 途中で質問が球切れしてしまわないように、最低でも質問を15個は用意しておく必要があります。 リクルーター面接での質問は、次の項目で詳しく解説します。

 

リクルーターへの質問

 リクルーター面接は、質問に答える面接形式と、就活生が質問をする質問形式の2種類があります。 特に「リクルーター採用」の会社ではとにかく就活生から質問をしまくるようになっていました。

 質問形式だった場合に備え、リクルーターへの質問を1回あたり15個ほど準備しておく必要があります。 リクルーター面接は1時間程度行われますが、面接形式であったとしても必ず質問タイムが含まれています。 質問タイムは30分から1時間と、会社によってもリクルーターによっても異なります。

 リクルーターへの質問を15個ほど準備しておけば、まるまる1時間質問タイムであったとしても対応できます。

 おすすめの質問は以下の通りです。

  • 「御社はどのような社会を実現しようとしているのでしょうか?」
  • 「会社で一番盛り上がるのはどんなときですか?」
  • 「入社後のギャップはありましたか?」
  • 「社員の方にはどんな方が多いですか?」
  • 「貴方の働く上でのビジョンを教えて頂けますか?」
  • 「この事業の将来性についてどうお考えですか」
  • 「会社の風通しは良いですか?」
  • 「御社の強みと弱みを教えてください」
  • 「教育制度はどんなものがありますか?」
  • 「この仕事のやりがいはなんですか?」
  • 「仕事をしていて成長したと思うところを教えてください」
  • 「どんな後輩に入社してほしいですか?」
  • 「他にどのような業界を回られましたか?」

 これらの質問をする意味やほしい回答は、会社説明会優良質問集でも解説しています。 ですが、せっかくの1対1のリクルーター面接ですので、「その部署に配属になった」と仮定して、もっと深い質問をしてみましょう。

  • 「どの部署で働いていらっしゃいますか?」
  • 「その部署は何をする部署なのですか?」
  • 「今はどんな仕事をされていますか?」
  • 「その部署で入社1年目はどんな仕事をするのですか?」

 相手の年次が高い場合(2回目以降)は、「本音と建前」を意識して、心にもないことを言う必要もあります。 若い人だとぶっちゃけた話をしてもかまわない場合もあるのですが、 年次が高くなってくると、就活生がぶっちゃけた話、本音の話だと思っていても、リクルーターは「最近の若者はマナーがなってないな」となってしまいます。

 給料や昇進の話もリクルーター面接1回目まで。2回目以降は仕事について質問しましょう。 例えば営業志望なら、「営業配属になったら1年目は何をするのですか?」や、相手が経理部のリクルーターなら 「経理に興味があるのですが、経済学部でないと配属されませんか?」といったように、無難な質問が好まれます。

 リクルーターは自分の仕事を自慢したい気持ちが少なからずあります。 どんなにすごい仕事をしているのか聞いて、驚いて見せたりしてリクルーターの感情を刺激しましょう。 リクルーターの部下になった気持ちで接するのがオススメです。

 

最終面接直前のリクルーター面接

 最終面接直前のリクルーター面接は、内定の期待度が高いです。内定直前です。 人事部としてはあなたに内定を出したいのです。あとは会社の役員がGOサインを出すかどうかというだけのところまで来ています。 しかし人事部より役員は圧倒的にエライです。人事部から「この就活生に内定を出してください」と要求するわけにはいきません。

 ではどうするか?

 最終面接の前に、リクルーター面接に呼んで、会社役員に気に入られるようにアドバイスをしてくれます。 アドバイスがもらえるということは、人事部としてはあなたを採用したいと思っているということです。 このリクルーター面接には必ず応じましょう。

 そして、「どうすれば役員に気に入られるか」を質問攻めして「なんとしても入社したい」という意欲を見せつけましょう。

 

リクルーター面接のマナー

 リクルーター面接マナーを解説していきます。 リクルーターは面接官ですから、普通の面接と同じようにマナーを守って接しなければなりません。 リクルーターは「1対1の質問会」などと称しますので、騙されて罠にひっかかる就活生も多いです。

 リクルーターへの質問は最低15個は準備しておきましょう。 リクルーターにする質問は、会社説明会のときと同じようなものでかまいません。 質問を準備していないと、リクルーター面接中に沈黙の時間が流れてしまいます。

 

リク面マナー1:リクルーター面接で食事を注文するのはマナー違反

 リク面では食事を勧められることもあります。「食事も注文していいからね」と言われます。 ここで気になるのが、リク面で食事を頼んでいいのかどうかということですね。 結論からいうと、リク面で食事を頼むのはやめておきましょう。

 というのは、マナーがどうのこうのではなく、 リク面中にものを食べている暇なんてないためです。 リク面の時間は短いものです。それを食事にあててしまうのはもったいないですし、 絶え間なく質問、会話が続くので食事をする時間はありません。

 私はコーヒーの他にすすめられた飲み物を注文していましたが、 (抹茶オレだったりビールだったりしました) たいてい1時間後のリク面終了時に一気飲みでした。

 別に気を遣って飲まなかったわけではありません。単に飲み物すら飲む時間もないのです。 ましてや食事なんて余裕がないのは明白ですね。

 

リク面マナー2:リクルーター面接でメモは必須!

 リクルーター面接ではメモはマナーであり、必須です。どれだけ記憶力がよくても、メモをとらない学生は 「話を聞く気がない」と勘違いされます。必要がなくてもメモをとりましょう。 社会人はメモが大好きです。

 今はそうでもないと思いますが、仕事を始めると覚えておかなければならないことが多すぎて、 とてもメモなしにすべてを覚えきることはできません。 そのため社会人になるとメモが必須になります。

 リクルーターもそんな生活をしていてメモが当たり前になっているので、 「これくらいなら覚えられるから大丈夫だろう」という発想がありません。 必ずメモをとりましょう。

 リクルーター面接で質問したこと、聞いたことは面接やエントリーシートに使えます。 時間がたつと忘れてしまいますので、メモにとることで自分に役立つのです。

 

リク面マナー3:リクルーター面接のお礼は必須のマナーではない

 リクルーター面接のお礼を述べるのはマナーなのでしょうか。

 リク面は自分から申し込んだものではありません。 自分から申し込むOB訪問と異なり、リク面は会社の都合で行っていることなので、 わざわざお礼を述べるために電話をする必要はありません。

 またリクルーターに直接電話ができるならまだしも、 会社の電話番号に電話をかけたところでそのリクルーターが電話に出る確率は0です。 電話の相手には「知らんがな」と思われてしまうでしょう。

 しかし、人事部にメールを送るくらいならやってもいいでしょう。 メールならそのリクルーターに転送してもらえる可能性があります。 gmailを使っている会社ならば、人事部ではリクルーターの名前を入力するだけで転送ができます。

 電話やメールをする以前に、リク面のその場でお礼を述べることが大前提です。 とくにありがたくなくても、気分を害されて不愉快でも、「ありがとうございました」というのはマナーです。 逆にそれができなければ悪い意味で目立ってしまいます。

 

リク面マナー4:リクルーターに折り返し電話する際のマナー

 リクルーターからの電話を取れないこともあります。 それは仕方がありません。就活生は電話を取るのが仕事ではありません。

 しかし、リクルーターは連絡がつかなければ諦めてしまうことも多いです。 というのもリクルーターには本業である仕事があり、リク面は人事部から指示を受けて行っているだけなのです。 リク面をするリストを受け取ったからと言って必ずしもすべての人と面接をするとは限りません。

 少しでもチャンスを増やしたいので、電話番号がわかる限りはリクルーター折り返し電話をしましょう。 次に電話がかかってくるのを待っている間に、次々に別の人のリク面が進んでいきます。 一刻も早く電話してリク面の約束を取り付けましょう。

 折り返し電話では、はやまって「リクルーターの方でしょうか」などと言わないように気を付けましょう。 あくまでも「さきほどこの電話番号からお電話をいただいたのですが」と言うにとどめましょう。 向こうからかけてきているので、こちらは何も知らない風でいいのです。

 

リクルーター制度を導入している企業一覧

 リクルーター制度導入している企業の一覧です。 リクルーター制度は鉄道、メーカー、建設、インフラ、金融など様々な業界で導入されています。

JR西日本ES提出後志望動機+質問タイム
JR東海懇談会後
NTT西日本ES提出後丁寧に修正すべきところなどアドバイスをくれる
勉強になるので非常におすすめ
JTプレエントリー喫煙者同士ならたばこを吸いながら
雑談+質問タイム
リク面3回の後、工場見学
新日鐵住金少人数懇談会後厳しくつっこまれる
勉強になるので非常におすすめ
JFEスチール
新日鉄エンジニアリングES提出後半分会社説明+質問タイム
リク面5回程度
JFEエンジニアリング説明会参加後まるまる質問タイム
リク面4回程度
トヨタ自動車懇談会後学校単位の懇談会の案内がメールで来る
豊田自動織機説明会参加後会社説明+質問タイム
大阪ガス3回通過すると6月1日に内々定
関西電力説明会参加後すべて質問タイム
三菱東京UFJ銀行囲い込まれる
商工中金3月中に「内定出すよ」的な雰囲気ムンムン
日本銀行
住友電工リク面10回程度
鹿島建設
大林組ES提出後
竹中工務店
清水建設ES提出後エントリーシートを早く出した方が早くリクが付く。
大成建設
クラレES提出後ES提出後に座談会の連絡が来る。
デンソープレエントリー
昭和電工
日本触媒グループ面談後
トクヤマES提出後説明会でES提出
三菱樹脂
中部電力説明会参加後
三菱マテリアル懇談会のグループディスカッション後
三菱ガス化学ES提出後3回程度
日立製作所ES提出後2回程度
パナソニックES提出後1回程度
キヤノンES提出後1回程度
日本電気(NEC)ES提出後1回程度

【2020卒】ついに受付開始!12月開催の一流企業が集まる合同説明会(参加特典アリ)

 

今から最短で内定をもらうには?

 

志望企業の合格エントリーシートを見る(その1)

 エントリーシートは、何を書いたら正解かわからない、「『わからないこと』がわからない」状態だと思います。 私もそうでした。自分では完璧だと思っていたエントリーシートも、他の人のエントリーシートと比べたらボロボロだったのです。 そこで、志望企業で実際に内定をとったエントリーシートを参考にしたいですよね。

 「Unistyle」では、一流企業からベンチャー企業まで、内定したエントリーシートを無料ダウンロードできます。

 「Unistyle」では、三菱商事や三井物産、三菱東京UFJ銀行、トヨタ自動車、三菱地所、新日鐵住金、東京ガス、 マッキンゼー、P&Gなど、様々な超一流企業をはじめ、1万7000通を超えるエントリーシートが収録されています。 あなたの志望企業の合格エントリーシートも必ず見つかるサイトと言っていいでしょう

 商社や自動車メーカーをはじめとした企業研究同業他社比較、また「就職活動の軸」別のおすすめ業界、 志望動機の書き方まで非常に詳細に書かれた限定記事をすべて無料で読むことができます。

 また会員限定の特別イベントが多数開催され、過去には伊藤忠商事、日本政策投資銀行、日本ロレアル、キーエンス、日本たばこ産業(JT)、トヨタ自動車、旭硝子、デンソー、 三菱東京UFJ銀行、大日本印刷などのイベントが行われています。

 ぜひ自分のエントリーシートの見直しのために、または作成の参考のために手に入れておきたいですね。

 

志望企業の合格エントリーシートを見る(その2)

 「ワンキャリア」では50,000件を超える合格エントリーシート・就活体験談が掲載されており、 全日本空輸(ANA)、伊藤忠商事、花王、日本航空(JAL)、味の素、アサヒビール、オリエンタルランド等日本の一流企業に加え、 ゴールドマンサックス、ボストンコンサルティング、モルガン・スタンレーなどの外資系一流企業も多数そろっています。

 エントリーシートだけでなくインターンシップやその選考、WEBテスト、グループディスカッションの攻略情報、 さらに志望動機の書き方や業界研究を読むことができ、従来では手に入らなかった情報が満載です。

 「ワンランク上のキャリアを目指す」というキャッチフレーズの通り、業界をリードする大手企業の資料が多く、 また総合商社、JR東海、電通、キーエンス、日本郵船、三菱地所といった一流企業の出展する限定イベントも開催されます。

 ワンキャリアは月間60万人の就活生が利用しています。また内定後もES・体験談を投稿すると1件最大5000円の謝礼がもらえ、 就活体験を翌年の就活生のために役立てることもできます。先輩の「知」を継承し、 あなたが発展させた「知」を後輩に継承する好循環を生み出しましょう。

 

2018年11月でも間に合う!内定直結の合同説明会

 すぐ内定がほしい。それは、就活生なら誰もが願うことだと思います。

 2019年卒では8月1日の時点で就活生の88%が内定を持っています。「まだ内定がない」と焦る気持ちが強いと思います。 そんな中、まどろっこしくてめんどくさい従来型の就活をしていては余計にストレスが溜まってしまいます。

 余計なステップを究極的に省いたのが、内定直結型の就活イベントで、採用選考をその場で始めることが前提の合同説明会です。 あらかたの企業が採用選考を終えたあとでも頻繁に開催されており、採用権限をもった部長・役員クラスが現れ、 その場で面接が始まったり、その場で即日内定がもらえたりするイベントがあります。

 それが「MeetsCompany 」です。 年間10万人が利用しているほどで、MeetsCompanyで内定を確保するのはもはや常識になりつつあります。

 すでに2020卒の募集も始まっています。MeetsCompanyは参加者内定率96%を誇っており、 全国で開催されているので地方の学生でも行きやすいイベントです。 最短1日で内定を取れますので、就活を終わらせることができます。

 2020卒の方も、みんなが就活を始める前に1つ内定を取っておきませんか?

 

多忙の中、どっしり「スカウト」を待つ

 従来型の就活では内定までの道のりがとても長くてめんどうですよね。説明会を受けて、エントリーシートを提出して、グループディスカッションを受けて… そんな手順をすっ飛ばして自分に合った会社が、向こうからアプローチしてくれる就活サイトがあります。

 それは「キミスカ 」 です。

 キミスカでは自分から会社を探さなくても、SNSのようにプロフィールを書くだけで、 会社の人事が「こんな優秀な学生がほしかった!」とスカウトを、時にはいきなり最終面接の案内を送ってくれます。

 他社のインターンやES、GD、一次~最終面接など、従来は落ちると無駄になっていた頑張りを「スカウトされる材料」にできるのです。 スカウトがたくさん来れば、いちいちプレエントリーしたり、エントリーシートを書く手間が省けるので時間短縮になりますね。

 すでに2019年卒の就活生も約7万人が利用しているほどで、スカウトがどんどん来ます。 また、実際の採用選考で行われる「適性検査」も体験できるので、ぜひやっておきたいですね。



×

2018年11月の今からでも間に合う!即日内定の合同説明会(19卒&20卒)