リアルタイム閲覧者数:35人
同じ大学出身の先輩に話を聞けるOB/OG訪問ネットワーク「ビズリーチ・キャンパス」

 

有給休暇は取れない?

 有給休暇取れないとよく話題になります。 有給休暇の取得を義務化する案も厚生労働省から出ていますが、 義務化して有給休暇の取得率が高まるのかは不明です。 

 

有給休暇とは?

 有給休暇とは、会社を休むのですが、休んでいるのに給料が発生する休暇のことを指します。 有給休暇の意味は、そのまま給料のある休暇です。

 普通、会社を欠勤すると、その分給料が減ります。しかし予め会社に「有給休暇を使います」と伝えておくことで、 その日に会社を休んでも給料が減らされないのです。

 有給休暇は労働者の権利として、半年以上働いた労働者には必ず付与される権利です。 これは正社員に限らず、派遣社員でも、パートでもアルバイトでも有給休暇を取得できます。

 しかしたいていの会社は有給休暇が労働者の権利であることを理解していません。 なぜ働いていないのに給料を払わなければならないのだというのが会社の言い分です。 おかしな話です。給料や休日は理解できるのに、有給休暇だけは理解できないのです。

 今の有給休暇制度は、労働者にとって使いにくいものです。というのも、有給休暇は申請しないと使えないからです。 有給制度に理解のない上司がいれば、それだけでもう有給休暇は取得できません。 上司に嫌味を言われたり、「仕事しろ」と言われたり、「生意気だ」と言われたりします。

 「大した利益を出していないのに有給休暇を取得するのか」というのが彼らの常套句ですが、 明らかに間違っています。利益の対価はボーナスであり、有給休暇は利益の対価ではありません。 会社に時間労働力を提供している対価として得られるのが給料有給休暇なのです。

 会社としては、給料を払っているのだから従業員にそれ以上のサービスはいらないと考えています。

 そのため、日本の労働者の有給休暇取得率50%以下となっています。

 さらに有給休暇を取得した上で出勤するという暴挙もありますので、実際に有給休暇を取得して休んでいる人は、 50%どころか、もっと少ないでしょう。

 

有給休暇を取得できるかは上司次第

 有給休暇取得できるかどうかは、上司次第です。 上司が有給休暇に理解があれば、取得しやすいです。嫌味も言わず、ハンコを押してくれます。 有給取得の理由を聞かれることもありません。

 しかし、有給休暇に理解のない上司のもとでは、有給取得は夢のまた夢です。 有給休暇を取得させない、断る、ハンコを押さないだけではありません。

 一応取得は認めるのですが、有給休暇を取得しようとすると嫌味を言われたり、理由をきかれたりと、 次から有給取得を難しくするように仕向ける上司もいます。「利益を出してから言え」などと的外れな指摘をします。 こういうことがあると有給休暇の取得が難しくなっていきますね。

 同じ会社でも有給取得しやすい部署、取得しにくい部署があります。 大企業であればあるほど、課長や部長の権限が大きくなるため、部署によって有給取得率が違うという現象が発生しがちです。

 また、会社の規則で「有給休暇を年に○○日以上使わなければならない」とまで定められていても、 「忙しいから仕方ない」と課長や部長が言えば、会社の規則に違反していてもまかり通ってしまう現実があります。 会社説明会で「有給休暇を強制的に使わせる制度があります」と言われても当てになりません

 私の会社にも有給強制取得の制度がありますし、部署によってはしっかり休みを取っていますが、私は休めていません。

 取れる部署では取れるどころか、有給を全て消化しなければならない部署すらあります。 友達の中には「12月でまた有給休暇が付与されるからそれまでにあと10日使わないといけない。いつ休もう。」 などと嬉しい悩みを抱えている人もいます。

 ですが、総合職で有給休暇をすべて取得できるなんてことはまずありません。 あまり期待せずに入社して、取得できたらラッキーくらいに思っておきましょう。

 

有給休暇の取得の義務化

 有給休暇取得義務化しようという動きが、 厚生労働省であるようです。有給休暇の取得を義務化することで、有給取得率を高めようというものです。

 義務化の方法は、「有給休暇は申請しないと取得できない」という状態を改善し、 上司から「有給休暇を使え。何日に休む?」と聞かなければならない制度にするというのです。 確かに有給の申請ができないという問題は解決できそうです。

 しかしながら、有給が義務化されたからといって、必ずしも休めるとは限りません

 有給休暇取得義務化されて、 なぜ必ずしも休めるとは限らないのでしょうか。その理由は有給休暇に出勤するという手段が残されているからです。

 見かけ上、有給休暇取得率を高めるために、有給休暇を申請させておきながら、 実際には出勤させるという暴挙がまかりとおっています。 今でさえ「いつの間にか有給休暇を使ったことになっていた」ということがあるのですから、 義務化されたところで「いつの間にか使ったことになっていた」有給が増えるだけの話です。

 社会のブラック企業事情には、厚生労働省の官僚こそ最も詳しいはずです。 厚生労働省そのものがブラックなのですから・・・

 しかし有給休暇の取得率が低い理由について認識が甘いです。 ということは、パフォーマンスだけであって、 労働者を休ませてあげようという気持ちは特にないということがわかります。

 ・・・とまでは言えません。

 有給休暇をとって、本当に休んでいるかどうかなんて確認のしようがないからです。 厚労省の職員が常に会社を監視しているわけではありませんし、 「会社にいなかった」証拠なんていくらでも会社は作れます。

 そういった法令無視のブラック企業はどんな制度を適用しても、 必ず抜け道を探します。いったんブラック企業のことは置いておきましょう。

 今回の有給取得の義務化により、恩恵を受ける人は少なからずいるはずです。 気を遣って申請ができないという問題を解消するのですから、かなりの改善策です。

 

有給休暇の取得率の高い業界

 有給休暇取得率高い業界はどこでしょうか。 特に有給取得率の高い業界はやはり、メーカーです。

 なぜメーカーは有給取得率が高いのでしょうか。それは、社員の構造によるものです。 メーカーはブルーカラーである工場労働者と、ホワイトカラーがいます。 ブルーカラーが、社内の待遇改善を推し進めてくれるのです。

 労働組合で積極的に待遇改善を求めてくれるのは、ブルーカラーです。 ホワイトカラーは幹部候補生ですので、あまり会社に逆らうことができません。

 しかしブルーカラーは、ブルーカラーがいないと会社が成り立たない上に、 幹部候補生でもありませんので出世を期待していません。 出世に期待するよりも、待遇改善を求めたほうが効率がいいのです。

 銀行や商社など、総合職と一般職しかいないような会社では、労働組合はあまり役に立ちません。 労働組合として会社と戦うと、将来の自分の出世にひびくのではないかと心配されるからです。

 銀行や商社では残業を何時間しようが、休日出勤しようが、有給休暇の取得率がゼロであろうが文句をいう労働組合がありませんので待遇改善もありません。

 しかし工場を持ち、ブルーカラーを多く抱えているメーカーでは、 決められた残業時間を超えると会社に労働組合が詰め寄りますし、 休日出勤が多いとやはり労働組合が詰め寄ります。

 有給休暇を取らせないなど、労働組合にとって許せることではありません。 労働者の権利ですから、組合としてはこの権利を守る必要があり、 それが組合の仕事でもあります。

 よって、トヨタやホンダの有給休暇取得率が高いのも、強力な労働組合のおかげでしょう。 労働組合が強い会社は、概して待遇も良いものです。JR東日本、JR東海、JR西日本なども同様なのではないでしょうか。

 

内定を取りこぼさないために

 

キミスカ

 会社探しって大変ですよね。 自分にあった会社かどうかは結局のところ入社してみるまで分かりません。 会社側から声をかけてくれるとうれしいですが、従来型の就活サイトでいう「スカウト」はただの宣伝メール…

 しかし、自分に合った会社が、向こうからアプローチしてくれる就活サイトがあります。

 それは「キミスカ 」です。

 キミスカではインターン経験や他社に提出したエントリーシートや選考状況をシェアすることで、各企業の人事部がチェックして本物のスカウトを送ってくれます。 これまで就活で頑張ってきた内容を登録しておけば、 見落としていた企業から突然「最終面接」の案内が送られてくることもある就活サイトです。

 従来ですと、面接で落ちると無駄になっていたエントリーシート、グループディスカッションや面接での頑張りを、 「スカウトされる材料」として使うことができるのです。 スカウトがたくさん来れば、いちいちプレエントリーしたり、エントリーシートを書く手間が省けるので時間短縮になりますね。

 もちろん就活生は無料で利用できます。SNSの要領でプロフィールを充実させればさせるほどスカウトがもらえます。 あなたの存在をたくさんの企業にアピールしましょう。



 

MeetsCompany

 すぐ内定がほしい。それは、就活生なら誰もが願うことだと思います。

 2019年卒もますます内定が早期に出る人が増えていて、「まだ内定がない」と焦る気持ちが強いと思います。 そんな中、まどろっこしくてめんどくさい従来型の就活をしていては余計にストレスが溜まってしまいます。

 余計なステップを究極的に省いたのが、内定直結型の就活イベントで、採用選考をその場で始めることが前提の合同説明会です。 あらかたの企業が採用選考を終えたあとでも頻繁に開催されており、採用権限をもった部長・役員クラスが現れ、 その場で面接が始まったり、その場で即日内定がもらえたりするイベントがあります。

 それが「MeetsCompany 」です。 年間10万人が利用しているほどで、MeetsCompanyで内定を確保するのはもはや常識になりつつあります。

 2019年卒の募集が始まっています。MeetsCompanyは参加者内定率96%を誇っており、 全国で開催されているので地方の学生でも行きやすいイベントです。 最短1日で内定を取れますので、就活を終わらせることができます。



 

Unistyle

 みなさんは就活の模範解答を持っていますか?就活の問題点は、模範解答を見られないことです。 できれば模範解答、つまりは実際に内定を取った見本をみてみたいものです。

 Unistyleでは、一流企業に内定したエントリーシートを無料ダウンロードできます。

 Unistyleでも三菱商事や三井物産、三菱東京UFJ銀行、トヨタ自動車、三菱地所、新日鐵住金、東京ガス、 マッキンゼー、P&Gなど、様々な超一流企業をはじめ、1万7000通を超えるエントリーシートが収録されています。 あなたの志望企業の合格エントリーシートも必ず見つかるサイトと言っていいでしょう

 商社や自動車メーカーをはじめとした企業研究同業他社比較、また「就職活動の軸」別のおすすめ業界など、 から志望動機の書き方まで非常に詳細に書かれた限定記事をすべて無料で読むことができます。

 また会員限定の特別イベントが多数開催され、過去には伊藤忠商事、日本政策投資銀行、日本ロレアル、キーエンス、日本たばこ産業(JT)、トヨタ自動車、旭硝子、デンソー、 三菱東京UFJ銀行、大日本印刷などのイベントが行われています。

 ぜひ自分のエントリーシートの見直しのために、または作成の参考のために手に入れておきたいですね。 就活生は一切お金がかかりませんので、登録しておかない手はないと思います。



 

ワンキャリア

 ワンキャリアでは4万7000件を超える合格エントリーシート・就活体験談が掲載されており、 オリエンタルランド、キヤノン、NTT東日本、野村総合研究所、帝人、日本航空(JAL)などの日本の一流企業に加え、 ゴールドマンサックス、ボストンコンサルティング、ベインアンドカンパニーなどの外資系企業も多数そろっています。

 エントリーシートだけでなくインターンシップやその選考、WEBテスト、グループディスカッションの体験談などもまとめられているのが特徴で、 さらにその企業に関連する就活記事では志望動機の書き方や業界研究を読むことができ、 従来では手に入らなかった情報が満載です。

 「ワンランク上のキャリアを目指す」というキャッチフレーズの通り、業界をリードする大手企業の資料が多く、 また総合商社、JR東海、電通、キーエンス、日本郵船、三菱地所といった一流企業の出展する限定イベントも開催されます。

 志望する企業の選考ステップを詳しく知ることで不安を解消し、実際に合格したエントリーシートを参考に、 自分のエントリーシート作成・キャリア形成に役立てましょう。



 

就活ノート

 また、就活ノートでも通過エントリーシートや選考情報が見放題のサービスを行っています。 収録されている企業は1000社以上で、リアルな選考情報・体験談も1000件以上です。

 トヨタやホンダなどの自動車メーカー、三菱東京UFJ銀行、三井住友銀行などの銀行、日本総研、NTTデータ、 日立製作所、JX、JRなど一流企業の合格エントリーシートが多数そろっています。

 うまくいく就活生は、大学の先輩に就活のやり方を教えてもらって質の良いエントリーシートを書きます。 従来ですと先輩とのコネがないと就活のことがわからないという問題がありました。 しかし、就活ノートにはその「先輩」が無数にいます。

 企業の選考情報(体験談)や口コミが見られるのも特徴で、多数の先輩就活生の情報が蓄積されています。 志望企業の「面接は何回行われるか」「エントリーシートはどんなお題が出るのか」「どんな受け答えをすると面接官に喜ばれるのか」など、 就活ノートを利用して研究しましょう。



 どの選択肢を取るにしても、就活を続行するには「就職活動の軸」の見直しが重要です。 書類選考や面接に通らないのは、就職活動の軸がしっかりつくられていない場合が多いです。

 「就職活動の軸=将来の夢」を確定し、スジの通ったエントリーシート・面接対策をし、就活に再挑戦しましょう。

同じ大学出身の先輩に話を聞けるOB/OG訪問ネットワーク「ビズリーチ・キャンパス」