MY就活ネット
リアルタイム閲覧者数:15人
※本サイトはプロモーションが含まれています

【就活】超優良!化学メーカーへの就職は難しい?63社の業界研究

 

化学メーカーはこんな業界!

就職難易度年収残業時間年間休日
文系でも低い800~1000万円0~20時間(月)120日以上
  1. 金属以外の何かの材料をつくる業界
  2. 儲かる商品が多く優良企業の宝庫
  3. 業界全体がホワイト気質で好待遇!
  4. 半導体需要で将来性が高い
  5. 文系でも就職難易度が低い
化学メーカー|業界研究 


おすすめ・人気記事

 

化学メーカーとは?

 化学メーカーは、金属以外の何かの材料をつくる業界!

 化学メーカーとは、商品の製造過程で「化学反応」を利用する会社を意味し、「金属以外の何かの材料」を製造しています。 商品の例としては、プラスチック・フィルム・塗料・合成繊維・洗剤・化粧品・薬品・ゴムなど多岐にわたり、自動車や電子機器の部品や材料、建設資材などに使用されます。

 大きく分けて「総合化学メーカー」「誘導品メーカー」「電子材料メーカー」と分類されます。 注意してほしいのは、この業界は「総合だから良い」「売上高が大きいほうがいい」というわけではないところです。 これについて詳しくは、具体的に何をつくっているの?の項目で解説します。

総合化学メーカー基礎原料・中間材料・最終製品までつくる
例:石油→エチレン→ポリプロピレン→フィルム・文具など
一言で言い換えると「化学ならなんでもやる会社
総合化学メーカーの一覧を見る
誘導品メーカー中間材料をつくる
例:シリコンウエハー、ポリプロピレンなど
一言で言い換えると「儲かる材料に特化した会社
誘導品メーカーの一覧を見る
電子材料メーカー中間材料のうち「電子機器専用」のものをつくる
例:フォトレジスト、偏光板フィルムなど
一言で言い換えると「電子機器専用に特化した会社
電子材料メーカーの一覧を見る

 「化学」「鉄鋼」「非鉄金属」の3業界を合わせて「素材メーカー」と呼びますが、 これらはつくっているものが金属か、それ以外かの違いしかありません。 化学メーカーを志望する際は、他の素材メーカーも併せてみるのが良いでしょう。

【関連記事】 素材メーカーとは?属する3業界の違い・年収・ランキング  

化学メーカーが優良企業の宝庫な理由

 化学メーカー、儲かっていて待遇も良い優良企業だらけ!

 化学メーカーが優良企業の宝庫な理由は、生産の上流工程を担っているからです。

 消費者に直接届く「最終製品」に対して、「材料」や「部品」を「上流工程」と表現します。 「材料」や「部品」というと「買い叩かれる下請け」をイメージしてしまいますよね。 しかし実は、化学メーカーを含むBtoB業界は、替えの利かない会社が強いという特徴があります。

「BtoC」より「BtoB」がオススメ!それぞれのメリット

 なぜなら顧客は会社であり、会社は合理的に買い物をするからです。 「気まぐれな消費者」と違い、「合理的な会社」はほしがるものがハッキリしています。 例えば「不良品率を下げる」「ほしいときに、必要な数だけすぐ手に入る」などです。

 日本の化学メーカーは「答えのハッキリしているBtoBビジネス」が非常に得意で、 「日本企業以外に乗り換えると不良品率が爆上がりして倒産する」というレベルにまで登ってしまいました。 ときどき中国や韓国が「半導体材料」の禁輸を恐れて大騒ぎしていますが、文明が滅ぶレベルで依存性が高いのが、化学メーカーです。

 これが、「過剰に働く必要がない」「お客さんが向こうから買いに来る」ことにつながり、 儲かっていて待遇も良い優良企業だらけになっているというわけです。

 

化学メーカーはホワイト企業の宝庫!

 化学メーカーはホワイト企業しかないと一部で有名!

 化学メーカーは「ホワイト企業しかない」と言われるほど、業界全体がホワイト気質です。

 化学メーカーがホワイトだと言える理由は、「残業時間の少なさ」と「高い有給取得率」そして「休日の多さ」にあります。 平均残業時間はすべての会社で月20時間を切っており、10時間も切っている会社も多く存在します。 有給取得率も50%を超える会社が多数あり、年間休日は軒並み120日を超えます。

化学メーカーのホワイト企業リスト
会社名有給取得率残業時間(月)年間休日
富士フイルム71.5%19.6時間123日
東レ88.5%20.5時間
旭化成83.5%18.7時間120日
住友化学64.5%20.0時間124日
信越化学工業66.5%14.0時間120日以上
三井化学69.5%21.4時間
積水化学工業43.5%19.2時間
東ソー71.5%15.3時間122日
帝人69.5%13.3時間
昭和電工68.5%18.2時間122日
三菱ガス化学81.5%14.2時間122日
カネカ56.0%17.5時間121日以上
クラレ77.5%11.2時間120日
ダイセル64.5%17.5時間122日
東洋紡62.0%10.4時間
トクヤマ76.0%7.7時間125日
セントラル硝子41.5%6.9時間120日以上
高砂香料工業72.0%14.2時間124日
日本パーカライジング47.5%12.0時間125日
日本ペイント45.0%7.0時間
関西ペイント54.5%8.4時間
コーセー49.0%5.5時間
ユニ・チャーム51.5%22.0時間
ライオン52.0%12.4時間
アース製薬49.0%5.5時間
小林製薬51.5%13.3時間
※データは「就職四季報」参照

働きやすい!優良ホワイト企業リスト

 

具体的に何をつくっているの?

 汎用品高機能品の2つのビジネス!

 化学メーカーは主に「プラスチック類」「ガラスの材料」「産業ガス」「電子材料」などが代表的ですが、 繊維・農薬・医薬品・ゴムなども含まれるため、まさに金属以外はだいたい化学メーカーと思ってくれてOKです。

 あまりにも幅広い商品群ですが、これらを「汎用品」と「高機能品」に分けることができます。

汎用品高機能品
ビジネスモデル大量生産少量多品種
商品の例プラスチック・酸素・窒素・水素・ソーダ灰・炭酸ガス電池の溶解液・LED樹脂・光ファイバー・シリコンウエハー・フォトレジスト
技術力不要必要
売上高い低い
利益低い高い
景気の影響大きい小さい
営業の難易度難しい楽勝

 「汎用品」に属する「石油化学(プラスチック)」「産業ガス(酸素や窒素など)」は大量生産によって利益を出すビジネスなため、 売上高が高くなる一方でそれほど利益はありません。技術力も不要で、後発の海外企業に市場を持っていかれるリスクは常にあります。

 一方の「高機能品」は「自動車」「IT機器」などに使われる材料で、売上高はそれほど高くなりませんが、利益は大きいです。 「非常に高度な技術」と「偶然の積み重ね」を要するため、後発の企業が追いつくのはほぼ不可能です。 1社で世界を独占することも珍しくありません。

 中でも半導体関連は「分子レベルの不純物」が不良品の原因になってしまうほど精密ですので、 顧客の立場に立ってみると「高くても買うしかない」という商品が非常に多いです。 ゆえに、利益率が高い会社(=儲かっている会社)は、「総合化学」より「誘導品」や「電子材料」に特化した会社のほうが多いです。

【関連記事】 半導体業界はやめとけ?オワコンどころか今すぐ就職すべき理由  

化学メーカーの将来性は高い

 IT化で需要が伸び続ける!

 化学メーカーの将来性は高いです。なぜなら高機能品に強く、 どのスマホが流行ろうが、電気自動車が流行ろうが、日本の化学メーカーの材料を使うしかないからです。

 確かに「脱プラ」が叫ばれてはいます。ですが本当に脱プラをしたら「全裸で暮らす」ハメになりますし、 プラスチックの代わりに木材を使えば、それはそれで環境破壊なので現実的ではありません。 それ以前に、日本の化学メーカーの強みはそこではないのです。

 例えば富士フイルムの「偏光板フィルム」、JSRや東京応化工業の「フォトレジスト」、信越化学工業の「シリコンウエハー」、 旭化成の「LSI」や「センサー」など、「IoT」が進む現代社会で需要が伸びる商品がたくさんあります。 先述の通り「他社への乗り換えが実質不可能」なので、儲かることが確定しています

 そして何より、「材料」「部品」は「アップルが売れなくなったらサムスンに売ればいい」「スマホが売れなくなったらクルマ用を売ればいい」という風に、 顧客を乗り換えることが可能です。景気の変動や流行の波に対応がしやすく、将来性が高いと言う他ありません。

将来性の高い業界|おすすめはどこ?

 

化学メーカーへの就職は難しい?

 就職難易度は、低い

 化学メーカー就職難易度低いです。 採用倍率は40~80倍と低めで、他業界の有名企業が200~300倍を超えることを考えると、 内定がもらいやすい業界だと言えます。

化学メーカー有名企業
競争倍率40~80倍200~300倍

 同業界は理系には人気が高い一方で、文系学生には知名度がありません。 基本的に法人向けのBtoBビジネスを手掛けており、消費者向けに広告を打たないので、同業界を知る機会がないのです。

 それゆえBtoCの電機メーカーや自動車メーカーに比べて応募が少ない、つまりはライバルが少ないというわけです。 インターンシップを通じて早期に接触していけば、企業研究の面でも選考の面でも、有利に戦うことができます。

内定直結インターン!|優遇選考で早期内定

 ただし、総合化学メーカーは「財閥系」ということもあり、化学メーカーの中では就職が難しい部類です。 専用の記事を用意していますので、そちらを参照してください。

【関連記事】 総合化学メーカー6社の比較|年収も将来性も高い理由

 また同様に、花王・資生堂・P&GといったBtoCメーカーは知名度の高さゆえに応募が殺到し、就職難易度は高いと言わざるを得ません。

 

文系でも化学メーカーに就職できる?

 文系ならではの役割がある!

 化学メーカーには、文系でも就職できます

 この業界はバリバリの理系の職業のように思われがちです。確かに「製造」の面では理系の技術的な知識や能力が活かされ、 商品開発のためにたくさんの理系の学生を採用します。採用人数も文系は20~30人と、理系の半分以下の人数しか採用されません。

 ですが、それ以上に知名度が低くライバルが少ないために、 文系の競争倍率は40~80倍と、他の業界(100~300倍)に比べて就職しやすいと言えます。

 文系には「マーケティング」という役割があり、市場調査や商品開発を通じて「売れる仕組みづくり」を期待されています。 もちろん「営業」は文系の独壇場ですし、「社会が必要としているものを読み取る」という読解力、 まさに文系の能力が必要とされている業界です。

文系はオワコンじゃない!|文系の時代が来ている!

 

選考プロセス

 インターン参加で優遇選考を狙おう!

 化学メーカー選考不透明です。 リクルーター面接を実施する会社が多く、自分やライバルがどの段階にいるのかわかりません。 リク面で落ちると本選考にのれない場合もあれば、普通に一次面接に呼ばれたりもします。

リクルーター面接とは?|つく条件と受かる方法

 重要なのが、エントリーシートです。 応募が少ないために提出したESは読んでもらえます。逆に言えば、ESの出来が悪ければ「運よく通過」ということもないわけです。 しかし、インターンの段階で完成度を高めておけば、他の就活生に比べて大いに有利になります。

 実はESは、「『将来の夢』実現ストーリー」を書くものなのをご存知でしょうか。 ESはどの会社も以下の三部作構成になっています。 

 ストーリーの作り方は【例文】エントリーシートの書き方|「おっ」と思わせる!で解説していますが、 ES本番を待つのではなく、インターンの段階でこれができていれば、かなり有利です。

 各社の選考においても「就職活動の軸」を前提として、「過去編」「現在編」「未来編」の三部作構成でESを書き、 最終的には実現するには貴社のビジネスに携わるしかないという結論に持っていくのです。

 ですから、採用ページのプロジェクト社員紹介などを熟読し、 会社には何を目指す社風があるのかをじっくり研究し、志望動機に絡めていきましょう。

 

化学メーカーに必要な英語力

 TOEICスコアよりやる気を見せよう!

 化学メーカーへの就職には英語が必須です。 海外展開をしている企業が多く、また今後内需が見込めないことから海外志向も求められます。 TOEICなら700~750点程度あるとよいでしょう。

 ですが、就活の時点でTOEICでスコアがとれている必要はありません。 私が説明会に参加したときも「TOEIC600点しかないけど入社していきなり海外赴任した」という方もいました。

 これはどういうことかというと、英語力は入社後に強化することもできるからです。 会社として英語の研修制度をもうけていたり、海外赴任が決まった時点で英語教室に通えば間に合う面もあり、 「今」高得点がとれている必要はないのです。

 とはいえ、英語を勉強する意欲があるかどうかは問われます。 たいしたスコアが取れなくてもTOEICを受験しておいて、 「海外赴任を目指して勉強中です!」と言えたら合格です。

 

化学メーカーの志望動機

 ビジョンの一致をアピールしよう!

 化学メーカーの志望動機の書き方は、会社の「経営理念・ビジョン・社風」と自分の「就職活動の軸」の一致をアピールし、 「将来の夢を実現するために、貴社のビジネスに携わらなければならない」と結論付けることです。 以下のような「社風」を志望動機に組み込みましょう。

  • 世界のスタンダードになりえる新しいものを作り出すこと
  • 世界で広く展開していること
  • 業界ではトップのシェアを持ち、最も多い業績を上げていること
  • 現場にソリューションを提案すること
  • 幅広い製品や技術によって社会の基盤作りに最も貢献できる会社
  • 非常に幅広く事業を展開しており、技術の応用に積極的であること
  • 身近な製品の川上から川下まで幅広く携わりたい
  • 安全技術の開発に取り組んでいること
  • 様々な技術を結集して作られる製品にモノづくりの魅力
  • 環境問題に真正面から取り組みソリューションを提案したい
  • 化学メーカーの製品が身の回りに深くかかわっておりやりがいを感じる
  • 独自性の高い技術力を生かし多角的な事業分野で働きたい
  • 最終製品でないことが逆に無限の可能性を秘めていると思うため
  • 常識を破る新製品は素材から生まれると思うため
  • 時代の変化に対応し、常に進化を続けている会社だから
  • 独創的で少数精鋭主義なところに魅力を感じたため
  • 分子レベルで製品の設計ができるところが魅力に感じたため
  • 海外で活躍できるチャンスを見出せたため
  • ニッチ市場で多彩な製品群を取り扱っており活躍の場が多いため
  • 素材に高い付加価値をつける仕事に魅力を感じたため

 化学メーカーのビジネスの特徴は、他のメーカーと同じく単なるモノではなくソリューションを売るというものでした。 メーカーは単にモノをつくっているだけではありません。そのモノでできるソリューションを提供しているのです。 液晶パネルの材料を売っているのではなく、「もっときれいなテレビをつくれる材料」というソリューションを販売しているということです。

 志望動機も「モノをつくる」「モノを売る」にだけフォーカスしてはいけません。 化学メーカーは確かにモノをつくっていますが、それは「ソリューションを提供する」モノでなければなりません。 会社の製品群に応じて、その会社が社会に対して何を提供しているのか検討が必要です。

 ですから、志望動機では「部品を改良することで最終消費者を喜ばせる」「質の高い材料を世界にもたらしたい」 「最終製品の川上から川下まで幅広く社会貢献できる」などがキーワードとして使えます。

 志望動機では同業他社との比較検討が欠かせません。一般的には会社の強みで比較したくなるものです。 ですが、「事業ごとの売上高」や「事業内容」「海外売上比率」などで比較するのは得策ではありません。 というのも、同業他社はどこも同じ事業をやっていて、就活生の視点で比較するのは至難を極めるためです。

 最適なのは「経営理念・ビジョン・社風」と「就職活動の軸」の一致具合をアピールする方法です。 経営理念や社風といったものはその会社に唯一無二のものであり、 会社の持つ「夢」とあなたの持つ「夢」が一致しているほど、志望動機として説得力のあるものは他にありません。

 先にも少し触れましたが、エントリーシートは「将来の夢を実現するために、貴社のビジネスに携わらなければならない」 と述べる「『将来の夢』実現ストーリー」になるように構成されています。 このように、志望動機に書くことは最初から決まっているのです。

 「就職活動の軸」が海外に関連するものであれば、「海外展開に積極的な社風」、 環境に関連するものであれば「環境問題に積極的」というように、会社の性格で一致したものを書きましょう。

 ですから、ここにある志望動機もほんの一例にすぎません。 あなたの将来の夢と、会社の企業理念・ビジネスの目的を結びつけて考えて、志望動機をつくるのです。

 そのためにはまず、自己分析をして、就職活動の軸を導き出さなければなりません。

【関連記事】 【就活】自己分析の極意|具体的な方法を例文付きで解説!

 また、「Unistyle」という就活サイトでは実際に内定を取ったエントリーシートが無料で読み放題です。 この業界はもちろん、あなたの志望企業に内定した歴代就活生がどう書いたのかを見れば、 ESの方向性が合っているかどうか確認することができます。これを使わない手はありませんね。

Unistyleで合格エントリーシートを読む

 

業界研究おすすめ書籍

 化学メーカーってわかりにくいですよね。 「鉄」や「機械」と違って「化学」はものすごく広範な物質が含まれていて、 会社によって得意分野が違えば、お客さんも違うからです。

 そんな化学メーカーを製品の面から詳しく解説した書籍が発売されました。

 ケミカルビジネス情報MAP 2019は、 化学業界を「エチレン」「苛性ソーダ」「塩素」のように製品ごとに解説した業界研究の本で、 高校化学を履修していなくてもわかるようにまとめられています。

 どの化学物質がどんな風に社会に必要とされていて、どの企業がそれを得意としているのか、 会社が儲かる理由、将来性などの判断も可能です。「生産能力」まで載っている業界研究本は他にみたことがないですね。

 巻末には化学メーカーのランキング(売上高や営業利益等)も掲載されていて、市場規模や役立つ資格もわかります。

 

化学メーカーのおすすめ企業

 ビジネス界では有名な優良企業をピックアップ!

 就活では「企業規模が大きいところ」に目が行きがちですが、高い技術力を要する化学メーカー業界では、 企業規模に関わらず、圧倒的シェアを誇る会社がたくさんあります。

 例えばニフコは工業用ファスナーで国内70%のシェアを誇ります。 工業用ファスナーとは一般的に知られている服のファスナーではなく、リベットやクリップ、ケーブルストラップなどを指します。 プラスチック部品ですが、実はその大半がニフコの製品です。

ニフコの就職難易度|強みや志望動機・選考情報!

 エフピコはスーパーやコンビニ弁当で使われる食品トレーで国内最大手の企業です。 コンビニ弁当が電子レンジであたためられるのは、エフピコが耐熱性の高いトレーをつくったおかげだったりします。 環境意識も高く、リサイクル製品の「エコトレー」が同社の売上高の20%を占めるなどしています。

エフピコの就職難易度|強みや志望動機・選考情報!

 日本化薬はその名の通り農薬や火薬(ダイナマイト)から始まった企業ですが、 「スキマ産業」で圧倒的シェアを取る企業です。例えば「半導体封止材用エポキシ樹脂」で世界シェア40%です。 なんのことだかさっぱりですが、スマホやパソコンの基板に載っている黒いアレです。

 またシートベルトを引き込む装置である「マイクロガスジェネレータ」で世界首位、 「DVD用UV硬化型樹脂」では世界2位など実はグローバル優良企業なのです。

日本化薬の就職難易度|内定への選考情報!

 高砂香料工業は香料において国内首位、世界5位の企業です。 ジュースやアイスクリーム、お菓子、たばこなどのフレーバーに加え、 香水や化粧品、石鹸、洗剤、シャンプーなどのフレグランスは実は高砂香料工業のおかげで成り立っています。

高砂香料工業の就職難易度|強みや志望動機・選考情報!

 日本パーカライジングの会社名を知っている人は激レアだと思います。 実は、金属にはそのまま塗料を塗ることはできません。必ず「表面処理」という工程で下地塗装をしなければなりません。 金属と塗料がくっつくように行う「ファンデーション」のようなものですが、これで国内首位の会社です。

 金属に色を塗ったり、錆びないように防錆処理をするときには必ず日本パーカライジングが活躍します。 自動車や飲料缶、航空機が「錆びた鉄」でないのは日本パーカライジングのおかげです。 特に自動車の表面処理では国内70%、世界で20%のシェアを占めています。

日本パーカライジングの就職難易度|内定への選考情報!

 その他にも知名度の低い隠れ優良企業を紹介しています。 ホワイト企業を狙う皆さんはぜひ、「隠れ優良企業」の記事を参照してください。

【関連記事】  

化学メーカーの一覧と売上高・平均年収

 化学メーカーには複数の種類があります。まずは、総合化学メーカーから紹介します。

 また、会社名のリンク先ではMY就活ネットが独自に作成した企業研究を公開しています。 選考情報や志望動機など、ぜひ参考にしてください。

 

総合化学メーカー

 汎用品高機能品の両方やる会社!

総合化学メーカーのランキング
会社名売上高平均年収年間休日
三菱ケミカル3.2兆円889万円123日
住友化学2.2兆円971万円124日
旭化成2.1兆円923万円120日
三井化学1.2兆円1022万円言及なし
昭和電工9730億円1001万円122日
東ソー7320億円917万円122日
宇部興産6130億円837万円124日
カネカ5770億円734万円121日以上
デンカ3540億円930万円122日
トクヤマ3000億円875万円125日
JNC1500億円579万円124日

 総合化学メーカーとは、基礎原料から何かの材料、それを使って電子部品最終製品(ラップやUSBメモリ、CD・DVDなど)まで、 一貫して製造する化学メーカーのことを指します。総合とは言っても単に原料から材料、最終製品を一貫してつくるというだけで、 総合化学メーカーだから他のメーカーより規模が大きいとか、優良企業であるとか、そういうわけではありません。

【関連記事】 総合化学メーカー6社の比較|年収も将来性も高い理由  

誘導品メーカー

 高機能品のうち「中間材料」に特化した会社!

 次に、誘導品メーカーです。

誘導品メーカーのランキング
会社名売上高平均年収年間休日
信越化学工業1.2兆円843万円120日以上
三菱ガス化学5500億円827万円122日
JSR4460億円736万円127日
ダイセル4400億円771万円122日
日本ゼオン2800億円710万円123日
日本触媒2700億円760万円120日以上
セントラル硝子2200億円631万円120日以上
日産化学2000億円933万円120日以上
日本曹達1200億円708万円123日

 誘導品メーカーは、誘導品と呼ばれる、「何かの材料」を製造する化学メーカーで、最終製品はつくりません。 例えばカセイソーダはつくりますが、その先のせっけんはつくりません。 要は「材料屋さん」です。(ただし殺虫剤など一部には最終製品として販売しているものもあります)

 顧客は幅広く、電機メーカーや機械メーカーだったり、生活用品メーカーだったり、 ホームセンターだったりします。ですが、「何かを作るための材料」であることには変わりません。

 特に信越化学工業はすべての電子機器を支えるシリコンウエハーで世界1位の会社であり、 隠れ優良企業として非常におすすめです。

 

電子材料メーカー

 高機能品のうち「電子部品」に特化した会社!

 そして、電子材料メーカーです。

電子材料メーカーのランキング
会社名売上高平均年収年間休日
富士フイルム2.3兆円1070万円123日
東レ1.8兆円671万円
日東電工7600億円734万円123日
昭和電工マテリアルズ5500億円732万円122日
日亜化学工業4000億円678万円125日
ADEKA2200億円697万円124日
住友ベークライト1900億円730万円120日
東京応化工業1170億円810万円121日

 電子材料メーカーは、総合化学メーカーや誘導品メーカーから材料を購入し、電子部品用の特別な材料に加工する会社です。 例えば富士フイルムは液晶パネルに使う偏光板フィルムをつくりますが、 そのフィルムをつくるための材料は総合化学・誘導品メーカーから仕入れます。

 大量生産の誘導品と異なり、電子材料は電子機器の不良品率に直結するシビアな製品であり、 それゆえ「替えが効かない」「高い利益を乗せても売れる」という特徴があります。

 簡単に言えば、高くても売れるので、売上高が低くても高待遇というわけです。

 

生活消費財メーカー

 マーケティングで消費者心理をわしづかみにする会社!

 生活消費財メーカーです。

生活消費財メーカーのランキング
会社名売上高平均年収備考
花王1.4兆円780万円働きやすい会社
資生堂1兆円724万円
ユニ・チャーム6400億円859万円
ライオン4100億円742万円
P&G2700億円非公開世界で8.3兆円
コーセー2600億円848万円
ポーラ・オルビス2400億円755万円
ユニリーバ1000億円非公開世界で6.8兆円
ファンケル960億円557万円
ロレアル国内非公開非公開世界で3.2兆円

 生活消費財メーカーも化学メーカーに含まれます。

 化学メーカーは業界全体がホワイトと言いましたが、生活消費財メーカーに限ってはそうとも言い切れない部分があります。 確かに花王や資生堂なども残業時間は短く、有給取得率も高いです。 ですが、生活消費財メーカーはBtoC企業であり、消費者が喜ぶ「使いやすさ」や「雰囲気」という難しい課題に挑戦しなければなりません。

 生活消費財メーカーの製品は洗剤・化粧品・紙パルプ等ですが、技術的にはそう難しい分野ではありません。 そのためマーケティングが重要になってきます。

 特にアメリカに本拠を置くP&G、イギリスに本拠を置くユニリーバは非常にマーケティングが強く、 P&G出身の森岡毅氏はUSJに、音部大輔氏は資生堂へマーケティング担当としてそれぞれ招かれています。

 P&Gでは20代でブランド責任者になり、年収1000万円を超えるとの話です。 日本企業もうかうかしていると人材を取られ、マーケティングで押し負けてしまうかもしれません。

 逆に言えば、生活消費財メーカーでマーケティングを学べば転職は引く手あまたで、 キャリアアップとなる転職も可能です。

 また、日本の化粧品や紙おむつ、トイレットペーパーといった消費財が中国で大人気を博していて、 品質の高さが非常にウケているようです。 わざわざ日本から輸入するほどの人気で、特にパッケージに日本語が書いてあるほうが売れるそうです。

 中国版アマゾンともいえる「アリババ」がこれらを「東南アジアでも売りたい」 と生活消費財メーカーに積極的にアプローチをしかけています。 アリババと組むのか、別の方法で海外進出を強めるのか、注目が集まりますね。

マーケティングって何?将来性のすごい文系最高峰スキル

 

その他の化学メーカー

 名前を知らない会社ほど穴場!

 上記に当てはまらない化学メーカーの一覧です。

化学メーカーのランキング
会社名売上高平均年収備考
積水化学工業1兆円933万円建材・住宅
エア・ウォーター8000億円817万円産業用ガス・食品・医療
DIC7800億円778万円印刷用インキ
日本ペイントホールディングス6000億円778万円塗料
大陽日酸5800億円842万円産業用ガス
クラレ5100億円674万円樹脂加工
関西ペイント3300億円791万円塗料
ニフコ2500億円634万円工業用ファスナー国内首位
東洋インキSCホールディングス2400億円725万円印刷用インキ
エフピコ1900億円752万円食品容器最大手
アース製薬1700億円645万円日用品
日油1700億円738万円プラスチックリサイクル
森六ホールディングス1700億円726万円プラスチック
日本化薬1700億円745万円スキマ産業・高収益体質
アイカ工業1700億円733万円内装用建材大手
サカタインクス1500億円738万円印刷用インキ
大日精化工業1500億円744万円印刷用インキ
小林製薬1500億円645万円日用品
ダイキョーニシカワ1500億円516万円樹脂加工
三洋化成工業1500億円643万円樹脂加工
東亞合成1400億円824万円樹脂加工
高砂香料工業1500億円781万円香料最大手
クレハ1300億円676万円樹脂加工
日本パーカライジング1000億円782万円金属表面処理最大手
JSP1000億円728万円発泡プラスチック
積水化成品工業1000億円701万円発泡スチロール最大手
石原産業1000億円634万円二酸化チタン
 

化学メーカーの年収は低い?

 平均年収は当てにならない!

 化学メーカーの平均年収は600~700万円台の企業が多く、「化学メーカーは年収が低いのでは?」と気になる方も多いでしょう。 確かに三菱ケミカル(1146万円)や富士フイルム(1070万円)、積水化学工業(933万円)以外では、 目だった企業がありません。

 ですが、これで化学メーカーの年収が安いと決まったわけではありません。 というのも、現業職を多く抱えるメーカー企業は、平均年収はかなり低く算出されるからです。

 平均年収は、上場企業が毎年公開する有価証券報告書に記載があります。 ですがこれは、提出企業の全従業員の年収を割ったものにすぎません。 メーカーでは現業職や一般職を多く抱えるため、その分「平均年収」を押し下げているというわけです。

 そのため総合職として就職する限り、メーカーは「平均年収」より高い給料がもらえると思ってよいでしょう。

 一方で富士フイルムホールディングスや日本ペイントホールディングスなど「持株会社」体制をとっている企業では、 「持株会社」に在籍している従業員だけですから、総合職の給料しか入っていません。 それどころか経理や法務などの一部の従業員しか含まれていませんので、正確性に欠けます。

 正確な「総合職平均年収」は就職四季報の取材に対して公表する会社もありますが、 ほとんどの企業は公開していません。ですので「平均年収」の数十万円の差で給料が高い、安いを判断してはいけません。

「平均年収」は当てにならない|メーカーや総合職は特に!

 

自分の”今”の実力をチェック!

 「OfferBox」 はスカウト型就活サイトで、設定したプロフィールを読んだ企業が選考への招待を送ってくれる無料サービスです。 が、これを自分の実力チェックに利用できます

 というのも、このサイトでは登録時にプロフィールを設定するのですが、 就活でするべき「アピールポイント」を詰め込んだ設問になっており、「スムーズに入力できれば問題なし」「詰まったらそこが面接で突かれるポイント」です。 入力率80%になるとおよそスカウトが受け取れるそうですが、そこが選考合格の最低ラインということになります。

 そして最も役立つのが、「適性診断AnalyzeU+」を無料で利用できて、結果が見れる点です。 選考本番では適性診断を受けますが、受かっても落ちてもその結果はわからないままです。 ですが、こちらを受けておけば「面接官の持っている書類に自分がなんと書かれているか」がわかるというわけです。


※タップで拡大

 これをもとに長所や短所を選び直せば「自分のことをよく理解できている」ことがアピールできますし、 面接で「悪いところが出ないように気を付ける」こともできます。 大学生なら完全無料ですから、自分の今の実力を知るために、一度受けておきましょう。

→「OfferBox」の公式サイト

 

本命企業の選考を受ける前に!

就活生マイの表情(笑顔)

本番の前に、模擬試験!

 筆者の私の就活は、本命中の本命企業が1社目の採用選考でした。 自己分析もなしにエントリーシート・WEBテストに失敗し、それでも幸い面接に呼んでもらえたのですが、 そこでも今思うとありえない失敗をしていました。当然不合格です。

 「もしあの企業の選考が1社目じゃなかったら」と悔やんでも悔やみきれません。

 「1社目を1社目ではなくする」ことができるのが、「ジョブトラ」 というイベントです。なんとジョブトラ卒業生、三菱商事やサントリー・JR東海・味の素などの人気企業の内定者が続出しています。 それもそのはず、ジョブトラでは自己分析やグループワークなど今の自分が完璧な状態かどうかを知ることができるからです。

 このイベントは約4時間と長めですが、前半に自己分析や企業研究などの講座を行い、後半は「ビジネスゲーム(グループワーク)」を実施します。 このグループワークは国内大手企業や外資系企業が採用している形式で、終了後はフィードバックがもらえます。 自分の強みや弱みを客観的に評価してもらえるので、本命企業の選考を受ける前にぜひ参加しておきたいですね。

 一切の事前準備が不要で完全無料、年間300回以上開催、すでに10万人以上が参加した人気イベントと、 ここでは伝えきれない魅力が詰まっています。公式サイトをぜひご覧ください。

「ジョブトラ」の公式サイト

 

志望企業の内定者はどう書いた?内定エントリーシートを見よう!(その1)

就活生マイの表情(笑顔)

模範解答があれば憂いなし!

 あなたのエントリーシートは100点満点ですか? …と言われても、わかりませんよね。自己採点するにしても、その基準となる模範解答がなければどうしようもありません。

 もしこのまま提出して、果たして大丈夫でしょうか。

 そこで先輩が実際に内定をとったエントリーシートを使いましょう。 それと比較して何が足りないのか、どう書けばいいのかがわかれば、自ずと完成度が高まっていきます。

 「Unistyle」では、歴代就活生の合格エントリーシートを無料閲覧できます。

 総合商社やインフラ企業、メーカー企業、外資系企業をはじめ、超一流企業からベンチャー企業まで71,000通を超えるエントリーシートが収録されています(2023年5月時点)。 あなたの志望企業の合格エントリーシートもほぼ見つかるサイトと言っていいでしょう。

 また、合格ESだけでなく「企業研究」「同業他社比較」「就職活動の軸別のおすすめ業界」 「志望動機の書き方」など就活に役立つ限定記事もすべて無料で読むことができます。

 ぜひ自分のエントリーシートの見直しのために、作成の参考のために手に入れておきたいですね。

内定エントリーシートを読む

 

志望企業の内定者はどう書いた?内定エントリーシートを見よう!(その2)

就活生マイの表情(笑顔)

選考体験談が詳しすぎる!

 「ワンキャリア」では50,000件を超える合格エントリーシート・就活体験談が掲載されており、 全日本空輸(ANA)、伊藤忠商事、花王、日本航空(JAL)、味の素、アサヒビール、オリエンタルランド等日本の一流企業に加え、 ゴールドマンサックス、ボストンコンサルティング、モルガン・スタンレーなどの外資系一流企業も多数そろっています。

 エントリーシートだけでなくインターンシップやその選考、WEBテスト、グループディスカッションの攻略情報、 さらに志望動機の書き方や業界研究を読むことができ、従来では手に入らなかった情報が満載です。

 「ワンランク上のキャリアを目指す」というキャッチフレーズの通り、業界をリードする大手企業の資料が多く、 また総合商社、JR東海、電通、キーエンス、日本郵船、三菱地所といった一流企業の出展する限定イベントも開催されます。

 ワンキャリアは月間60万人の就活生が利用しています。また内定後もES・体験談を投稿すると1件最大5000円の謝礼がもらえ、 就活体験を翌年の就活生のために役立てることもできます。先輩の「知」を継承し、 あなたが発展させた「知」を後輩に継承する好循環を生み出しましょう。

内定ES・選考情報を読む

 

本命企業に応募する前に、やっておきたいこと

就活生マイの表情(普通)

「自己分析」をよくわからないまま、放置してない?

 筆者の私は自己分析をしなかったがゆえに本命企業11社全滅という憂き目に遭いました。 自己分析のことを「性格診断か何か」だと思い込んで放置していたのですが、 そのためにエントリーシートで一貫した熱意を伝えることができなかったのです。

 その後、やり直して1ヶ月で内定を得るに至ったのですが、「本命企業の応募前にやっておけば・・・」と思っても後の祭りです。 就活に悔いを残す結果となりました。

 【キャリアチケットスカウト】 という就活アプリを使えば、アプリ起動から3分で自己分析が完了します。 エントリーシートの作成サポート機能もあるので、自分のESが伝わるESかどうかを確認することができます。

 また、このアプリで作成した「就活の軸」や「自己PR」などを元に企業から特別選考に招待される機能もあります。 もちろん辞退してもいいのですが、その会社は「あなたとビジョンの一致した会社」ですから、内定確度は高いです。 オファーをもらってから検索してみたら、実はそれがあなたの天職かもしれません。

 まずはアプリをインストールして、自己分析を始めてみましょう。もちろん完全無料です。

キャリアチケットスカウトをダウンロードしてみる


プロフィール写真

著者:村田 泰基(むらた やすき)
 合同会社レセンザ代表社員。1989年生まれ。大阪大学法学部卒。2013卒として就活をし、某上場企業(メーカー事務系総合職)に入社。 その後ビジネスの面白さに目覚め、2019年に法人設立。会社経営者としての経験や建設業経理士2級の知識、自身の失敗経験、300冊以上のビジネス書・日経ビジネスを元に、11年間に渡り学生の就職活動を支援している。




×

化学メーカー内定者のESが無料で読めるサイト【Unistyle】