リアルタイム閲覧者数:15人

 

【就活】化学メーカーの業界研究・志望動機・平均年収

 化学メーカー業界研究志望動機を公開しています。

 化学メーカーは工場を持ち、化学反応を利用した製品の製造を行い、 主に工場や工事現場をもつ法人に販売します。

 一般消費者向けの「生活消費財」をつくる化学メーカーもありますが、 本業は法人を対象としたBtoBビジネスであるため、一般消費者の知名度は低いことが多いです。

 知名度が低い一方で非常に高い技術力を持ち、企業規模の大小に関わらず実は世界で必要とされている企業群で、 化学メーカーは「隠れ優良企業」が多いのが特徴です。 

 

化学メーカーの業界研究

 化学メーカーは、製品を製造する際に「化学反応」を利用するメーカーを指します。 化粧品、医薬品、洗剤、洋服、プラスチック等、 自動車や電子機器の部品のうち「金属でないモノ」をつくり、販売するメーカーです。

 大きく分けて「総合化学メーカー」「誘導品メーカー」「電子材料メーカー」と分類されますが、 基本的には何かの材料を作っている会社です。

 例えばプロピレンやベンゼンなど、プラスチックの原料となる材料(誘導品)、 それらを加工したプラスチックやアクリル樹脂などの材料、 フィルム、電池の電解液、LED樹脂、光ファイバーなど、電気機械の材料(電子材料)などです。

 液晶ディスプレイをつくるのはシャープやJDIですが、その液晶パネルの材料を作っているのは、化学メーカーです。 例えば液晶パネルの偏光板という部品に貼るフィルム、視野角を拡大するためのフィルムなどは、 富士フイルムが世界的に圧倒的なシェアを誇ります。

 電機や機械にはフィルムや半導体材料、絶縁材料が不可欠で、こういった材料を提供しているのが、 三菱ケミカルだったり、住友化学などの化学メーカーです。 また旭化成のLSIやセンサーはIoT技術にも活用されるでしょう。

 このように、電気機械製品をつくるのに必要になる材料で、 化学反応を利用するものを作っているのが化学メーカーです。 化学反応を実験する学生や、手作りでモノをつくる趣味のある人なら知っているかもしれません。

 

化学メーカーの経営が安定している理由

 化学メーカーは経営が安定しています。それは、生産の上流工程を抑えているからという理由があります。

 2000年代に日本の家電が世界で売れなくなってきたとき、三菱電機や日立製作所、東芝などは、家電からは徐々に撤退を始めました。 家電を売り続けたソニー、パナソニック、シャープは大赤字を計上し、 ソニーは金融屋へ、パナソニックは住環境へ、シャープは鴻海の傘下へと転身しました。

 ところが、その材料を製造販売している化学メーカーは、リーマンショックすら大きな問題になりませんでした。 なぜなら日本の化学メーカーは非常に技術力が高く、中国や韓国の液晶メーカーも、 富士フイルムの偏光板保護フィルムを使わざるを得なかったなど、技術力が大変評価されているからです。

 部品メーカーは最終製品メーカーよりも安定していて、部品の材料となる化学メーカーはもっと安定しています。 「ものづくり大国」らしい非常に高度な技術力をもっている日本の化学メーカーならではのメリットです。

 メーカーとしての本質は「モノを作って売ること」ではなく「モノを通じてソリューションを提供すること」です。 これは電機メーカーでも、機械メーカーでも、化学メーカーでも変わりません。 エントリーシートも他のメーカーと使い回しができて楽に提出できると思います。

 

化学メーカーの将来性は高い

 化学メーカーは最終製品もつくりますが、本業は「何かの材料」です。 一般消費者を対象にしたBtoC企業にありがちな「流行り廃り」の影響をほとんど受けません。 もしギャラクシーがiPhoneを上回っても、どちらも中身は日本の化学メーカー製です。

 部品も最終製品も、素材で性能が決まります。品質の高い素材については化学メーカーの得意とするところで、 非常に高い技術力によって世界的にシェアを獲得しています。 また要求される品質の高さから、新規参入があまりなく、競争も激しくありません

 特に近年ではIoT、AI化、自動化の波がきており、それを担う電機メーカーや機械メーカーにばかり目が行きがちですが、 ICチップの製造に欠かせない「半導体材料」や「樹脂」は化学メーカーがつくっていることを忘れてはいけません。

 化学メーカーは将来性が高く、経営も安定していて、ホワイト企業も多いのです。

 

化学メーカーの一覧と売上高・平均年収

 化学メーカーには複数の種類があります。まずは、総合化学メーカーから紹介します。

 

総合化学メーカーの一覧と売上高・平均年収

会社名売上高平均年収備考
三菱ケミカル3.3兆円1146万円
住友化学1.9兆円844万円
旭化成1.8兆円770万円
三井化学1.2兆円847万円
昭和電工7800億円719万円
東ソー7400億円758万円
宇部興産6100億円667万円
カネカ5400億円756万円
デンカ3600億円646万円
トクヤマ2900億円604万円
チッソ1500億円579万円

 総合化学メーカーとは、基礎原料から何かの材料、それを使って電子部品最終製品(ラップやUSBメモリ、CD・DVDなど)まで、 一貫して製造する化学メーカーのことを指します。総合とは言っても単に原料から材料、最終製品を一貫してつくるというだけで、 総合化学メーカーだから他のメーカーより規模が大きいとか、優良企業であるとか、そういうわけではありません。

 

誘導品メーカーの一覧と売上高・平均年収

 次に、誘導品メーカーです。

会社名売上高平均年収備考
信越化学工業1.2兆円843万円
三菱ガス化学5500億円827万円
ダイセル4400億円771万円
JSR3900億円742万円
日本触媒2900億円805万円
日本ゼオン2800億円710万円
セントラル硝子2200億円631万円
日産化学工業1800億円784万円
日本曹達1200億円708万円

 誘導品メーカーは、誘導品と呼ばれる、「何かの材料」を製造する化学メーカーで、最終製品はつくりません。 例えばカセイソーダはつくりますが、その先のせっけんはつくりません。 要は「材料屋さん」です。(ただし殺虫剤など一部には最終製品として販売しているものもあります)

 顧客は幅広く、電機メーカーや機械メーカーだったり、生活用品メーカーだったり、 ホームセンターだったりします。ですが、「何かを作るための材料」であることには変わりません。

 

電子材料メーカーの一覧と売上高・平均年収

 そして、電子材料メーカーです。

会社名売上高平均年収備考
富士フイルム2.3兆円1070万円
日東電工7600億円705万円
日立化成5500億円732万円
ADEKA2200億円697万円
住友ベークライト1900億円730万円
東京応化工業920億円697万円

 電子材料メーカーは、総合化学メーカーや誘導品メーカーから材料を購入し、 電子部品をつくる化学メーカーです。富士フイルムは液晶パネルの部品(電子部品)をつくりますが、 フィルムをつくるための液体は、総合化学メーカーや誘導品メーカーから仕入れます。

 ではなぜ電子材料メーカーは、材料は作らないのでしょうか。それは、化学製品は基本的にどれも高度技術で、 簡単に「おっつくるか!」でつくれるものではないからです。 他社の得意な分野は他社に任せ、自社は自社の得意分野で稼ぐ。 あまりにも高度技術なため、住み分けが可能なのが化学メーカーの特徴です。

 

生活消費財メーカーの一覧と売上高・平均年収

 生活消費財メーカーです。

会社名売上高平均年収備考
花王1.4兆円780万円働きやすい会社
資生堂1兆円724万円
ユニ・チャーム6400億円859万円
ライオン4100億円742万円
P&G2700億円非公開世界で8.3兆円
コーセー2600億円848万円
ポーラ・オルビス2400億円755万円
ユニリーバ1000億円非公開世界で6.8兆円
ファンケル960億円557万円
ロレアル国内非公開非公開世界で3.2兆円

 生活消費財メーカーも化学メーカーに含まれます。 洗剤・化粧品・紙パルプ等ですが、技術的にはそう難しい分野ではありません。 そのためマーケティングが重要になってきます。

 特にアメリカに本拠を置くP&G、イギリスに本拠を置くユニリーバは非常にマーケティングが強く、 P&G出身の森岡毅氏はUSJに、音部大輔氏は資生堂へマーケティング担当としてそれぞれ招かれています。

 P&Gでは20代でブランド責任者になり、年収1000万円を超えるとの話です。 日本企業もうかうかしていると人材を取られ、マーケティングで押し負けてしまうかもしれません。

 また、日本の化粧品や紙おむつ、トイレットペーパーといった消費財が中国で大人気を博していて、 品質の高さが非常にウケているようです。 わざわざ日本から輸入するほどの人気で、特にパッケージに日本語が書いてあるほうが売れるそうです。

 中国版アマゾンともいえる「アリババ」がこれらを「東南アジアでも売りたい」 と生活消費財メーカーに積極的にアプローチをしかけています。 アリババと組むのか、別の方法で海外進出を強めるのか、注目が集まりますね。

 

その他の化学メーカーの一覧と売上高・平均年収

 上記に当てはまらない化学メーカーの一覧です。

会社名売上高平均年収備考
積水化学工業1兆円933万円樹脂加工
DIC7800億円778万円印刷用インキ
エア・ウォーター6700億円647万円産業用ガス
日本ペイントホールディングス6000億円778万円塗料
大陽日酸5800億円842万円産業用ガス
クラレ5100億円674万円樹脂加工
関西ペイント3300億円791万円塗料
ニフコ2500億円617万円工業用ファスナー国内首位
東洋インキSCホールディングス2400億円725万円印刷用インキ
アース製薬1700億円645万円日用品
日油1700億円738万円プラスチックリサイクル
エフピコ1700億円650万円食品容器
森六ホールディングス1700億円726万円プラスチック
日本化薬1500億円745万円樹脂加工
サカタインクス1500億円738万円印刷用インキ
大日精化工業1500億円744万円印刷用インキ
小林製薬1500億円645万円日用品
ダイキョーニシカワ1500億円516万円樹脂加工
アイカ工業1500億円638万円樹脂加工
三洋化成工業1500億円643万円樹脂加工
東亞合成1400億円677万円樹脂加工
高砂香料工業1300億円769万円香料最大手
クレハ1300億円676万円樹脂加工
日本パーカライジング1000億円773万円金属表面処理最大手
JSP1000億円728万円発泡プラスチック
積水化成品工業1000億円701万円発泡スチロール最大手
石原産業1000億円634万円二酸化チタン

 

化学メーカーの年収は低い?

 化学メーカーの平均年収は600~700万円台の企業が多く、「化学メーカーは年収が低いのでは?」と気になる方も多いでしょう。 確かに三菱ケミカル(1146万円)や富士フイルム(1070万円)、積水化学工業(933万円)以外では、 目だった企業がありません。

 ですが、これで化学メーカーの年収が安いと決まったわけではありません。 「平均年収」は当てにならないでも解説していますが、特に現業職を多く抱えるメーカー企業は、 平均年収はかなり低く算出されるからです。

 平均年収は、上場企業が毎年公開する有価証券報告書に記載があります。 ですがこれは、提出企業の全従業員の年収を割ったものにすぎません。 メーカーでは現業職や一般職を多く抱えるため、その分「平均年収」を押し下げているというわけです。

 そのため総合職として就職する限り、メーカーは「平均年収」より高い給料がもらえると思ってよいでしょう。

 一方で富士フイルムホールディングスや日本ペイントホールディングスなど「持株会社」体制をとっている企業では、 「持株会社」に在籍している従業員だけですから、総合職の給料しか入っていません。 それどころか経理や法務などの一部の従業員しか含まれていませんので、正確性に欠けます。

 正確な「総合職平均年収」は就職四季報の取材に対して公表する会社もありますが、 ほとんどの企業は公開していません。ですので「平均年収」の数十万円の差で給料が高い、安いを判断してはいけません。

 

化学メーカーには隠れ優良企業が多い!

 化学メーカーは業界自体が隠れ優良業界ともいえるほど知名度が低く、 それでいて高い技術力を持ち、世界で戦える企業群です。 理系には人気ですが、文系ではライバルが少なく有利に就活を進められるでしょう。

 化学メーカーは隠れ優良企業な上にホワイト企業が多く、就職四季報によれば、 上のリストに載っている企業のほぼすべてが残業月20時間未満で10時間を切るところも珍しくないホワイトっぷりです。 有給休暇も年間10日以上取れている会社が多く、狙い目です。

 企業規模が大きいところに目が行きがちですが、高い技術力を要する化学メーカー業界では、 比較的小さめの会社でも圧倒的シェアを誇る会社がたくさんあります。

 例えばニフコは工業用ファスナーで国内70%のシェアを誇ります。 工業用ファスナーとは一般的に知られている服のファスナーではなく、リベットやクリップ、ケーブルストラップなどを指します。 工場で何気なく使われるものですが、実はその大半がニフコの製品です。

 エフピコはスーパーやコンビニ弁当で使われる食品トレーで国内最大手の企業です。 コンビニ弁当が電子レンジであたためられるのは、エフピコが耐熱性の高いトレーをつくったおかげだったりします。 環境意識も高く、リサイクル製品の「エコトレー」が同社の売上高の20%を占めるなどしています。

 日本化薬はその名の通り農薬や火薬(ダイナマイト)から始まった企業ですが、 「スキマ産業」で圧倒的シェアを取る企業です。例えば「半導体封止材用エポキシ樹脂」で世界シェア40%です。 なんのことだかさっぱりですが、スマホやパソコンの基板に載っている黒いアレです。

 またシートベルトを引き込む装置である「マクロガスジェネレータ」で世界首位、 「DVD用UV硬化型樹脂」では世界2位など実はグローバル優良企業なのです。

 高砂香料工業は香料において国内首位、世界5位の企業です。 ジュースやアイスクリーム、お菓子、たばこなどのフレーバーに加え、 香水や化粧品、石鹸、洗剤、シャンプーなどのフレグランスは実は高砂香料工業のおかげで成り立っています。

 日本パーカライジングの会社名を知っている人は激レアだと思います。 実は、金属にはそのまま塗料を塗ることはできません。必ず「表面処理」という工程で下地塗装をしなければなりません。 金属と塗料がくっつくように行う「ファンデーション」のようなものですが、これで国内首位の会社です。

 金属に色を塗ったり、錆びないように防錆処理をするときには必ず日本パーカライジングが活躍します。 自動車や飲料缶、航空機が「錆びた鉄」でないのは日本パーカライジングのおかげです。 特に自動車の表面処理では国内70%、世界で20%のシェアを占めています。

 その他にも知名度の低い隠れ優良企業を紹介しています。 ホワイト企業を狙う皆さんはぜひ、「隠れ優良企業」の記事を参照してください。

 

化学メーカーの就活

 化学メーカー就活について解説します。 化学メーカーの就活は理系学生には大変人気があり、ライバルとなる就活生が非常に多いです。 その分、いわゆる高学歴でハイスペックな就活生でないと受からないと言われます。

 内定者は東京大、京都大、大阪大、神戸大などで旧帝大や上位国立大学で大半を占めます。 この傾向はインターンシップ参加者(インターンシップ合格者)の割合を見ても歴然としています。 学歴があるから受かるというわけでもないのですが。

 ところが、文系学生にはあまりにも知名度がなく、ねらい目です。 電機メーカーや自動車メーカーに比べるとライバルが少ないのです。 他のメーカーと同じく、「単なるモノではなくソリューションを販売するメーカー」ですから、 志望動機もコピペで流用できます。ぜひ応募しましょう。

 また、メーカーなので、ほかの業界に比べるとホワイト企業が多いです。 というのも、メーカーは多くの工場労働者を抱えるため、彼らが労働組合を結成し、 従業員の生活の向上につとめているからです。

 総合職もその「労働組合」のメリットを享受できますので、比較的ホワイト企業が多いはずです。

 化学メーカー選考不透明です。 リクルーター面接を実施する会社が多く、自分やライバルがどの段階にいるのかわかりません。

 リク面で落ちると本選考にのれない場合もあれば、普通に一次面接に呼ばれたりもします。 友達の中にはリク面で落ちて、一次面接に呼ばれて、そのまま内々定をもらった人もいます。

 化学メーカーはインターンシップを行っており、 インターンシップ参加者は選考で有利になります。 通信業界を志望するなら、必ずインターンシップに参加しておきましょう。

 化学メーカーは会社の数が少ないですが、ビジネスの目的は他のメーカーと共通する点が多いので、 早めにエントリーシートの原案を作成しておいて、他のメーカーと一緒にエントリーするのがよいでしょう。

 エントリーシートは就活が解禁されるまでにブラッシュアップしておく必要があります。 就活が解禁されたらすぐに会社説明会が始まり、リクルーター面接も始まります。

 逆に言えば、エントリーシートを早く作っておけばコピペで提出できるということです。

 遅くとも大学3年生の3月までにはエントリーシートの原案を完成させておきましょう。

 

化学メーカーに必要な英語力

 化学メーカーへの就職には英語が必須です。 海外展開をしている企業が多く、また今後内需が見込めないことから海外志向も求められます。 TOEICなら700~750点程度あるとよいでしょう。

 ですが、就活の時点でTOEICでスコアがとれている必要はありません。 私が説明会に参加したときも「TOEIC600点しかないけど入社していきなり海外赴任した」という方もいました。

 これはどういうことかというと、英語力は入社後に強化することもできるからです。 会社として英語の研修制度をもうけていたり、海外赴任が決まった時点で英語教室に通えば間に合う面もあり、 「今」高得点がとれている必要はないのです。

 とはいえ、英語を勉強する意欲があるかどうかは問われます。 たいしたスコアが取れなくてもTOEICを受験しておいて、 「海外赴任を目指して勉強中です!」と言えたら合格です。

 

化学メーカーの志望動機

 化学メーカーの志望動機の例を挙げていきます。

  • 世界のスタンダードになりえる新しいものを作り出すこと
  • 世界で広く展開していること
  • 業界ではトップのシェアを持ち、最も多い業績を上げていること
  • 現場にソリューションを提案すること
  • 幅広い製品や技術によって社会の基盤作りに最も貢献できる会社
  • 非常に幅広く事業を展開しており、技術の応用に積極的であること
  • 身近な製品の川上から川下まで幅広く携わりたい
  • 安全技術の開発に取り組んでいること
  • 様々な技術を結集して作られる製品にモノづくりの魅力
  • 環境問題に真正面から取り組みソリューションを提案したい
  • 化学メーカーの製品が身の回りに深くかかわっておりやりがいを感じる
  • 独自性の高い技術力を生かし多角的な事業分野で働きたい
  • 最終製品でないことが逆に無限の可能性を秘めていると思うため
  • 常識を破る新製品は素材から生まれると思うため
  • 時代の変化に対応し、常に進化を続けている会社だから
  • 独創的で少数精鋭主義なところに魅力を感じたため
  • 分子レベルで製品の設計ができるところが魅力に感じたため
  • 海外で活躍できるチャンスを見出せたため
  • ニッチ市場で多彩な製品群を取り扱っており活躍の場が多いため
  • 素材に高い付加価値をつける仕事に魅力を感じたため

 化学メーカーのビジネスの特徴は、他のメーカーと同じく単なるモノではなくソリューションを売るというものでした。 メーカーは単にモノをつくっているだけではありません。そのモノでできるソリューションを提供しているのです。 液晶パネルの材料を売っているのではなく、「もっときれいなテレビをつくれる材料」というソリューションを販売しているということです。

 志望動機も「モノをつくる」「モノを売る」にだけフォーカスしてはいけません。 化学メーカーは確かにモノをつくっていますが、それは「ソリューションを提供する」モノでなければなりません。 会社の製品群に応じて、その会社が社会に対して何を提供しているのか検討が必要です。

 ですから、志望動機では「部品を改良することで最終消費者を喜ばせる」「質の高い材料を世界にもたらしたい」 「最終製品の川上から川下まで幅広く社会貢献できる」などがキーワードとして使えます。

 志望動機で最も良いのは「経営理念」と「就職活動の軸」が一致しているとアピールすることです。

 詳しくは「新卒採用」は「将来の夢採用」で解説していますが、 就活は、「将来の夢就職活動の軸)に沿って行わなければなりません。 志望動機も、「将来の夢を実現するため、貴社に入社しなければならない」という流れで書きます。

 ですから、ここにある志望動機もほんの一例にすぎず、実際にはあなたの将来の夢と、 会社の企業理念・ビジネスの目的とを結びつけて考えて、志望動機をつくるのです。

 

今から最短で内定をもらうには?

 

多忙の中、どっしり「スカウト」を待つ

 従来型の就活では内定までの道のりがとても長くてめんどうですよね。説明会を受けて、エントリーシートを提出して、グループディスカッションを受けて… そんな手順をすっ飛ばして自分に合った会社が、向こうからアプローチしてくれる就活サイトがあります。

 それは「キミスカ 」です。

 キミスカでは自分から会社を探さなくても、SNSのようにプロフィールを書くだけで、 会社の人事が「こんな優秀な学生がほしかった!」とスカウトを、時にはいきなり最終面接の案内を送ってくれます。

 他社のインターンやES、GD、一次~最終面接など、従来は落ちると無駄になっていた頑張りを「スカウトされる材料」にできるのです。 スカウトがたくさん来れば、いちいちプレエントリーしたり、エントリーシートを書く手間が省けるので時間短縮になりますね。

 すでに2019年卒の就活生も約7万人が利用しているほどで、スカウトがどんどん来ます。

 

ダラダラ長い就活よさらば!内定直結の合同説明会

 すぐ内定がほしい。それは、就活生なら誰もが願うことだと思います。

 2019年卒もますます内定が早期に出る人が増えていて、4月1日の時点で約20%、5月1日の時点で約42%が内定を持っています。「まだ内定がない」と焦る気持ちが強いと思います。 そんな中、まどろっこしくてめんどくさい従来型の就活をしていては余計にストレスが溜まってしまいます。

 余計なステップを究極的に省いたのが、内定直結型の就活イベントで、採用選考をその場で始めることが前提の合同説明会です。 あらかたの企業が採用選考を終えたあとでも頻繁に開催されており、採用権限をもった部長・役員クラスが現れ、 その場で面接が始まったり、その場で即日内定がもらえたりするイベントがあります。

 それが「MeetsCompany 」です。 年間10万人が利用しているほどで、MeetsCompanyで内定を確保するのはもはや常識になりつつあります。

 2019年卒の募集が始まっています。MeetsCompanyは参加者内定率96%を誇っており、 全国で開催されているので地方の学生でも行きやすいイベントです。 最短1日で内定を取れますので、就活を終わらせることができます。

 

志望企業の合格エントリーシートを見る(その1)

 エントリーシートは、何を書いたら正解かわからない、「『わからないこと』がわからない」状態だと思います。 私もそうでした。自分では完璧だと思っていたエントリーシートも、他の人のエントリーシートと比べたらボロボロだったのです。 そこで、志望企業で実際に内定をとったエントリーシートを参考にしたいですよね。

 「Unistyle」では、一流企業からベンチャー企業まで、内定したエントリーシートを無料ダウンロードできます。

 「Unistyle」では、三菱商事や三井物産、三菱東京UFJ銀行、トヨタ自動車、三菱地所、新日鐵住金、東京ガス、 マッキンゼー、P&Gなど、様々な超一流企業をはじめ、1万7000通を超えるエントリーシートが収録されています。 あなたの志望企業の合格エントリーシートも必ず見つかるサイトと言っていいでしょう

 商社や自動車メーカーをはじめとした企業研究同業他社比較、また「就職活動の軸」別のおすすめ業界、 志望動機の書き方まで非常に詳細に書かれた限定記事をすべて無料で読むことができます。

 また会員限定の特別イベントが多数開催され、過去には伊藤忠商事、日本政策投資銀行、日本ロレアル、キーエンス、日本たばこ産業(JT)、トヨタ自動車、旭硝子、デンソー、 三菱東京UFJ銀行、大日本印刷などのイベントが行われています。

 ぜひ自分のエントリーシートの見直しのために、または作成の参考のために手に入れておきたいですね。

 

志望企業の合格エントリーシートを見る(その2)

 「ワンキャリア」では50,000件を超える合格エントリーシート・就活体験談が掲載されており、 全日本空輸(ANA)、伊藤忠商事、花王、日本航空(JAL)、味の素、アサヒビール、オリエンタルランド等日本の一流企業に加え、 ゴールドマンサックス、ボストンコンサルティング、モルガン・スタンレーなどの外資系一流企業も多数そろっています。

 エントリーシートだけでなくインターンシップやその選考、WEBテスト、グループディスカッションの攻略情報、 さらに志望動機の書き方や業界研究を読むことができ、従来では手に入らなかった情報が満載です。

 「ワンランク上のキャリアを目指す」というキャッチフレーズの通り、業界をリードする大手企業の資料が多く、 また総合商社、JR東海、電通、キーエンス、日本郵船、三菱地所といった一流企業の出展する限定イベントも開催されます。

 「ワンキャリア」は月間60万人の就活生が利用しています。また内定後も謝礼付きのインタビュー等が行われ、 就活体験を翌年の就活生のために役立てることもできます。先輩の「知」を継承し、 あなたが発展させた「知」を後輩に継承する好循環を生み出しましょう。



×

化学メーカーに実際に合格したESを見れるサイトがあります!