MY就活ネット
リアルタイム閲覧者数:43人

 

年収1000万円の会社はどこ?|給料の高い企業ランキング

 年収が1000万円を超える企業をランキング形式で紹介します。

 よくある年収ランキングでは、関西電力・NTT東西などのインフラ企業、三菱地所・三井不動産・住友不動産などの不動産業界、 ソニー・富士ゼロックス・キーエンスなどのメーカーが、年収1000万円を超える会社として紹介されています。

 これらの会社は、40歳で1000万円を超えるのは当然でしょう。 フジテレビ・TBS・朝日新聞社・読売新聞社・電通・博報堂が40歳で1000万円を超えているのは、もはや誰でも知っていることでしょう。

 ですから、この記事では知名度の低い企業を中心に、BtoBメーカーや専門商社などの隠れ優良企業を多く入れています。 「就職先としてもおすすめな年収の高い企業ランキング」として活用してください。



おすすめ・人気記事

記事一覧へ

 

年収1000万円を超えるメーカー

年収1000万円を超えるメーカーのランキング
会社名売上高平均年収業界
キーエンス5870億円2110万円電機メーカー
ファナック7260億円1360万円電機メーカー
東京エレクトロン1.2兆円1270万円電機メーカー
ディスコ1300億円1180万円※隠れ優良企業
LIXILグループ1.7兆円1079万円建設資材メーカー
キリンホールディングス1.9兆円1051万円食品メーカー
富士フイルムホールディングス2.3兆円1046万円化学メーカー
ソニー8.9兆円1040万円電機メーカー
サントリーホールディングス2.6兆円1040万円食品メーカー
サントリー食品インターナショナル1.4兆円1040万円食品メーカー
アドバンテスト3120億円1020万円電機メーカー
武田薬品工業1.7兆円1015万円製薬業界
IJTテクノロジーホールディングス1300億円996万円
日本製鉄4.6兆円995万円※鉄鋼メーカー
アサヒグループホールディングス1.7兆円996万円食品メーカー
三菱ケミカル3.3兆円995万円化学メーカー
日本軽金属ホールディングス4400億円988万円非鉄金属メーカー
住友化学2.3兆円984万円化学メーカー
横河電機3900億円976万円電機メーカー
明治ホールディングス1.2兆円973万円食品メーカー
三井海洋開発1900億円965万円石油・ガス
三和ホールディングス3500億円957万円建設資材メーカー
味の素1.1兆円952万円食品メーカー
JFEスチール3.3兆円938万円鉄鋼メーカー
積水化学工業1.0兆円933万円化学メーカー
塩野義製薬3300億円927万円製薬業界
旭化成2.1兆円920万円化学メーカー
田辺三菱製薬4200億円901万円製薬業界
小野薬品工業2400億円896万円製薬業界
日立製作所9.7兆円890万円電機メーカー
不二製油グループ2900億円887万円食品メーカー
栗田工業2400億円886万円隠れ優良企業
セガサミーホールディングス3600億円885万円
オリンパス7400億円884万円電機メーカー
任天堂4800億円868万円
日本ハム1.2兆円867万円食品メーカー
日本光電工業1600億円866万円電機メーカー
ユニ・チャーム6400億円859万円化学メーカー
JT2.1兆円858万円食品メーカー
大日本住友製薬4100億円852万円製薬業界
コーセー2600億円848万円化学メーカー
三井化学1.2兆円847万円化学メーカー
信越化学工業1.2兆円843万円化学メーカー
※は総合職平均(就職四季報参照)

 これらはほんの一例です。このほか自動車メーカーや大手自動車部品メーカーなども年収は1000万円を軽く超えてきます。

 平均年収が1000万円を超えているところはもちろんですが、それ未満でも大卒総合職に限れば1000万円を超えていきます。 というのも、メーカーの場合は「現業職」が計算に含まれており、その分「平均」は押し下げる効果があるからです。

 メーカーは現業職を多く抱えていますから、平均で700万円あるようなところは 早ければ30代で1000万円に乗り、遅くとも40代前半で1000万円に乗るでしょう。 私のいた会社の平均年収は700万円でしたが、40歳前後で課長になると、その後数年で1000万円を超えていました。

「平均年収」は当てにならない

 メーカーは安定している一方で給料が安めだなんて思っている人も多いようです。 まあそりゃ、銀行や商社に比べたら安いです。しかしこれらの名だたる一流企業で、年収1000万円を超えないということはありません。

 私もメーカー勤務ですが、これらの会社に比べたら規模なんて小さいものです。 しかし、30代で年収1000万円を突破している人は、子会社にゴロゴロいます。 経理にいる同期も「30代で1000万超えている人けっこういるよ」と言っていました。

 私の会社はこのようなランキングに乗ることはまず、ありません。 そんな無名企業でも30代で1000万円を超えることは可能なのです。 これらの有名企業はどこへ行っても40歳で1000万円は軽く超えていることでしょう。

 また「役職につくのが前提だ」と言う人もいます。 しかし実際はどうでしょうか。役職とは課長や次長などの管理職のことですが、 サラリーマン人生で2回、給料が下がる時期があります。

 1回目は入社2年目です。住民税が取られるようになります。 これで月収が1万円ほど減ります。では、給料が下がる2回目はいつでしょうか。

 それは課長になったときです。 実は、課長より課長補佐のほうが給料が高いのです。 それは、課長補佐の残業代が、課長の役職手当より高いせいです。

 課長になりかけの課長補佐というと、基本給はかなり高くなっています。 残業代は基本給と連動しますから、年次が高くなるにつれて、残業代もどんどんあがっていくのです。

 ということは、40歳の時点ではおそらく課長でしょうから、 40歳で年収1000万円を超えているということは、30代ですでに1000万円を超えているのです。 私の会社では課長補佐で1000万円、課長で1000万円を割り、部長になると1000万円を再度超えるシステムのようです。

文系のメーカー就職!どこがいい?

 

1000万円を超える商社

年収1000万円を超える商社のランキング
会社名売上高平均年収業界
三菱商事16.1兆円1600万円総合商社
伊藤忠商事11.6兆円1520万円総合商社
三井物産6.9兆円1430万円総合商社
住友商事5.3兆円1380万円総合商社
丸紅7.4兆円1380万円総合商社
双日1.8兆円1130万円総合商社
JFE商事1.6兆円1080万円鉄鋼専門商社
伊藤忠丸紅鉄鋼1.7兆円1069万円鉄鋼専門商社
阪和興業2.1兆円1050万円※鉄鋼専門商社
岡谷鋼機7500億円1036万円※鉄鋼専門商社
長瀬産業7200億円1026万円※化学品専門商社
豊田通商5.7兆円998万円総合商社
日鉄住金物産1.8兆円997万円※鉄鋼専門商社
伊藤忠エネクス6900億円938万円※燃料専門商社
スタイレム870億円901万円※繊維専門商社
ユアサ商事4400億円900万円※産機専門商社
伊藤忠建材3000億円899万円※建材専門商社
神鋼商事7600億円897万円※鉄鋼専門商社
帝人フロンティア2000億円881万円※繊維専門商社
ヤギ1100億円880万円※繊維専門商社
加賀電子2200億円878万円※電子部品専門商社
カナデン1200億円875万円※産機専門商社
稲畑産業5800億円869万円化学品専門商社
岩谷産業5800億円865万円燃料専門商社
丸紅エネルギー2800億円861万円※燃料専門商社
三愛石油6500億円857万円※燃料専門商社
キヤノンマーケティングジャパン6200億円841万円※産機専門商社
日立ハイテクノロジーズ6400億円840万円産機専門商社
※は総合職平均(就職四季報参照)

 これらはほんの一例です。メーカー企業と同様、平均年収700万円以上では40代で年収1000万円に到達します。

 総合商社は有名ですが、専門商社は知らない人がほとんどだと思います。 しかし、知名度が低い一方でガッツリ稼いでいて、特に鉄鋼専門商社の給料の高さには驚かされます。

 総合商社も専門商社も多くの一般職を抱えるため、「平均年収」は一般職によって押し下げられている可能性が高く、 上の表の「※」がついていない会社では総合職はもっと給料が高いと考えられます。

専門商社の業界研究・志望動機・平均年収

 

1000万円を超える会社

 年収1000万円を超える会社として掲載されていない会社をいくつか紹介してみます。

 まず、JR東海、JR西日本、JR東日本が挙げられます。 私鉄各社もそうですが、参入障壁があり、利益率も高く、 安定継続して高い給料を支払える土台があります。

 鉄道業界はすでに投資を済ませています。線路はとうの昔に建設済みなのです。 投資の分を回収し、あとはどんどん利益が出るのみです。 もちろん不採算路線もありますが、民営化されている今、切り捨てることもできます。

 それがインフラとしてどうなのかという話はありますが、 会社としては十分利益が出る構造になっているのです。 NEXCO各社もそうですね。

 なんといっても、鉄道業界や高速道路業界は、昇給額がとても高いです。 入社1年、2年ですら年に1万円以上の昇給があります。 通常、昇給額が上がるのは3年目、4年目以降です。

 2年目の時点で万単位で昇給があるということは、10年もいればとんでもない額の年収になっていることでしょう。

鉄道業界の業界研究・志望動機・平均年収

高速道路の業界研究・志望動機・平均年収

 また、建設業界も全くこういうまとめに載りませんが、スーパーゼネコン、中堅ゼネコンも軽く1000万円を超えるでしょう。 特に現場に出ている技術職は1000万円なんてレベルではないでしょうね。

 談合だとか、賄賂だとか、そういう問題ではありません。建設業界にも今では参入障壁があるのです。 中堅ゼネコンがスーパーゼネコンに勝つことはありえませんし、 中堅ゼネコンが中小ゼネコンに負けることもありえません。

 今や工事の発注者側も、安かろう悪かろうでは困ることがわかっています。 ちゃんと受注者側に利益が出るように工事代金を支払います。 鹿島建設、清水建設、大成建設、竹中工務店、大林組などは特に年収が高く1000万円を超えてきます。

 三谷商事や阪和興業などの専門商社も1000万円を超えると聞いていますし、 日揮や千代田化工などのプラントエンジニアリングも1000万円を超えます。

 各業界で大手の会社はたいていどこでも1000万円は超えるでしょう。

建設業界の業界研究・志望動機・平均年収

参入障壁の高い業界|安定ホワイトって本当?

 

年収1000万円の生活

 年収1000万円以上の上司がたくさんいますが、 彼らの生活というとそんなに想像をかけ離れたものではありません。 良い家に住み、良い車を持っているくらいのものです。

 静かな丘に家を建てる人もいれば、マンションを買う人もいます。 BMWやフォルクスワーゲンの車を買う人もいます。 しかし、それらも常識の範囲内です。

 というのも、年収が1000万円あっても、使う時間がなければ贅沢のしようもないからです。 土日は仕事で疲れて、どこかへ旅行に行く気分にはなりませんし、 お盆やお正月はどこも混雑していてなかなか外に出る気も起りません。

 高いランチを食べようものなら奥さんに怒られますし、 飲み会ばかり開いていてもやはり奥さんに怒られます。 年収1000万円があっても、生活はそんなに変わらないものです。

 もしも会社がつぶれたら、翌年の年収は0円です。 サラリーマンでいる限り、会社がつぶれたり、クビになる不安とはいつも戦い続けなければならないのです。

 年収がいくらだとか、あまり気にし過ぎても仕方がありません。 大量採用、大量退職の金融や商社への就職を目指すより、 辞めたくならない会社を選ぶことが大切です。

 

年収1000万円は死ぬほど忙しいけど「天職」なら別!

 年収1000万円と聞くと華々しいですが、まったり高給というわけではありません禁断のブラック企業リストでも紹介していますが、 年収の高い会社ほど過労死事件がよく起こっています。

 給料がもらえるということは、その分会社に利益を出しているということです。 会社に出した利益以上に給料をもらっていれば会社はつぶれます。当然ですね。

 1000万円の給料をもらうには、2000万円は会社に利益を出すことになります。 もらっている額の2倍も3倍もの価値を生み出すのですから、しんどいに決まっています。

 ですが、その仕事が「好きで好きでたまらない」人にとってはまさに天職です。 好きなことをしているだけなのに、メチャクチャ高い給料がもらえる。 そんな人にとっては人生が楽しくてしょうがないでしょう。

 例えば野球のイチロー選手は「努力の人」だとよく言われますが、本人は努力だと思っていません。 野球が好きすぎて、練習がまったく苦でないのです。

 迷い猫オーバーランで有名なラノベ作家の松智弘氏もそうです。 執筆が好きすぎて、アニメ化の忙しい時期に「気分転換で」別の小説を書いてまたそれもヒットさせた人物です。

 プログラマーも昔はプログラムが趣味な人が就職していたので、良いことばっかり書かれていました。 彼らは朝起きてプログラムを組んで、仕事でプログラムを組んで、休憩時間に遊びでプログラムを組んで、 帰宅して趣味でプログラムを組むような人でしたから当然です。

 ここまで理想的な就職ができるとは言い切れませんが、 就活では好きすぎる天職を見つけることが重要です。それが年収1000万円の会社だったら、言うことありません。

 自己分析をして就職活動の軸をつくり、 「真の願望」をかなえられる会社を探してください。詳しくは「新卒採用」は「将来の夢採用」を参照してください。

 

年収が高い会社を見分ける方法

 就活で年収はどうしても気になってしまうもの。 就活生にとって一番怖いのは、「ボロボロになるまで働いても給料が増えなかった場合」です。 「ちゃんと昇給するのか」「儲かったらボーナスで還元されるのか」は非常に気になるところです。

 ここで、「年収が高い会社」を見分ける方法を解説します。

 

1.定期昇給の金額を把握する

 毎年4月に行われる昇給を「定期昇給」と言いますが、新卒の新入社員にとって収入増のメインとなるものが、この定期昇給です。 1年目は基本給22万円前後であることが多いですが、2年目はどれくらい増えるのでしょうか。

 1年目から2年目になるときの定期昇給は、いわば「昇給の最低金額」です。 新入社員が活躍して会社に利益をもたらすのはおよそ2~3年目と言われますが、 つまり1年目から2年目の昇給は「利益をもたらしていない社員」に対する昇給だということです。

 つまり、「最初の定期昇給」の金額がわかれば、3年目以降はそれ以上のペースで昇給があることが期待できるわけです。 この「最初の定期昇給」の金額を調べる方法を紹介します。

 それは、「(修士の初任給 - 学部卒の初任給) ÷ 2」で算出できます。

 例えば修士の初任給が24万円、学部卒の初任給が22万円なら、「最初の定期昇給は1万円」ということができます。

 というのも、学部卒にしても修士にしても、1~2年目はあまり会社の利益に貢献しません。 そのため2つ年上の修士の給料は、学部卒が2年働いたときの給料と同じになるように設計されているのです。 ということは、学部卒の3年目の給料は、修士の初任給と同じだということができます。

 以上により、「(修士の初任給 - 学部卒の初任給) ÷ 2」で「最初の定期昇給」の金額を計算することができるのです。

 その金額が「6000円」を切ったら黄信号「5000円」を切ったら赤信号です。 というのも、日本は毎年1%ほどのインフレをしており、増税や最低賃金の上昇の他、インフレの政府目標が2%である以上、 「2%以上の昇給がないと去年より貧乏になる」からです。

 定期昇給が5000円を切るような会社では、インフレ率を考慮するとほぼ生活は改善しません。完全に赤信号です。 働けば働くほど貧乏になる。そういう会社は避けるようにしましょう。

 

2.「安さ」が売りの会社を避ける

 商品の価格から「材料費」を引いた数値を「限界利益」と言います。 サラリーマンの給料は「限界利益」から支払われ、そうして余った残りのお金が「利益」になります。 ということは、限界利益が稼げない会社は給料が安いというわけです。

 よく「マックのポテトは原価20円だ」という言い方をしますが、正しくは「材料費」です。 マックポテトのMサイズは270円ですが、そのうちの材料費が20円なら、「限界利益は250円」というわけです。 この中から給料や店舗の家賃、光熱費、設備代などを支払っていくわけです。

 もしマックポテトの価格を500円にして、今と同じ勢いで売れたら単純計算で「給料が倍」になる可能性があります。

 逆に言えば、材料費に価格を上乗せできなければ、給料が払えないというわけです。

 「良いモノを高く売る」ことができない会社では、どれだけ頑張っても給料は増えません。 給料を支払う原資がないからです。一方で「高く売る」ことができる会社では、十分な限界利益が稼げていますので、 給料やボーナスを引き上げる余力があります。

 例えば年収が高いことで有名なキーエンスは、顧客の絶大な信頼を勝ち取ることで、 商品価格の2~3倍にも上るコンサル料を上乗せして「爆益」を稼いでいます。

 「それだけ高いお金を払ってでもキーエンスに頼みたい」と顧客に思わせるところにキーエンスの強みがあるのですが、 仕入れた商品に対してたくさんの限界利益を積むことができますので、 それが社員の給料として跳ね返ってきて「年収2000万円」が可能になるのです。

 一方で「良いモノを安く売る」というと聞こえがいいですが、これは「限界利益を取らない」ことを意味します。 商品1つあたりの限界利益が少なければ、大量に売りまくるしかありません。 ですが、人口減少によって日本市場は縮小期に入っていますから、「大量に売る」のは現実的ではありません。

 つまり、「安さが売り」な会社ではじゅうぶんな限界利益を稼ぐことができず、 給料やボーナスを支払う余力がないことが容易に想像できます。

 就活では「安さばかりアピールしている会社」を避けることが、高収入への近道です。

 

6月の今から最短で内定をもらうには?

 

「実はもう内定あるんだよね」内定直結の就活サービス

 就活では「内定が1つあるかないか」で心の状態が大きく変わります。 たった1つ内定があれば、心に余裕ができ、「不安で眠れない」「もう後がない」といった状況とおさらばできます。 さらに自信が持てるため、堂々とした態度が面接でもウケて次々に内定を獲得していけるのです。

 友達や家族などに「就活どう?」と聞かれたときに、「もう内定は1つ確保してるんだよね」と言えたら、 周りも安心させられます。「たった1つの内定」が好循環の起爆剤なのです。

 その1つ目の内定を簡単に確保できる就活サービスが、「irodasSALON」です。

 同サービスでは「自己分析・ES・面接対策」をオンライン講座で学んだ後、「就活の軸」に合った優良企業を教えてもらえます。 優遇選考ルートが用意されており、自力の就活より有利に戦えます。

 irodasSALONの特徴は、選考フェーズに進むまでに、自己分析や選考対策にかける時間が「23卒なら3ヶ月」と長めで、 「複数の内定を取ってから悩んでもいい」など、後悔しないための仕組みが揃っていることです。 そのため年間13,000人が利用していて、その満足度は95%に上ります。

 もちろん学生は完全無料で、面談も講座もオンラインですから、自宅で就活が可能です。 まずは面談を予約して、「自己分析を教えてほしい」と相談するところから始めましょう。

 

あなたの実力に見合った会社に早期内定!

 コロナ禍・円安と不安だらけの就活では、誰もが知る有名企業だけでなく、 BtoB企業から優良企業を見つけ出さなければなりません。 実は日本企業はBtoBビジネスのほうが得意で、世界1位を争う隠れ優良企業が非常に多いです。

 しかし、消費者向けのビジネスでないため、就活生への知名度は皆無です。 名前も知らない会社が本当に自分のレベルに見合った会社なのかって、なかなか判断がつきませんよね。 そこでおすすめなのが「OfferBox」です。

 OfferBoxはスカウト型の就活サイトですが、「会社が送れるスカウトに上限がある」など、本気のスカウトしか送れない仕組みになっているのが特徴です。 「どうせ来てくれないけど・どうせ落とすけどとりあえずスカウトしておこう」ということができません。 つまり、あなたのレベルに合った会社だけがスカウトを送れるというわけです。

 「本気のスカウト」ですから、一次選考には通ったようなものです。 「書類選考が免除」「いきなり最終面接に呼ばれる」などの特典が用意されており、 自力でBtoB企業を探すよりよっぽど早期内定が可能というわけです。

 使い方は簡単、SNSの要領でプロフィールを登録し、OfferBoxの用意した適性検査を受検するだけです。 この適性検査は結果を見ることができ、それを元に自己分析をすればあなたの実力を効果的にアピールできます。 これらすべて、もちろん完全無料です。

 すでに23卒の登録受付を開始しています。 早期に登録すれば隠れ優良企業や資生堂・マイクロソフトのような大企業の採用枠がたくさん空いていますから、他の学生より早くに満足な内定がもらえる可能性が高いです。

 

志望企業の内定者はどう書いた?内定エントリーシートを見よう!(その1)

 あなたのエントリーシートは100点満点ですか? …と言われても、わかりませんよね。自己採点するにしても、その基準となる模範解答がなければどうしようもありません。

 もしこのまま提出して、果たして大丈夫でしょうか。

 そこで先輩が実際に内定をとったエントリーシートを使いましょう。 それと比較して何が足りないのか、どう書けばいいのかがわかれば、自ずと完成度が高まっていきます。

 「Unistyle」では、歴代就活生の合格エントリーシートを無料閲覧できます。

 総合商社やインフラ企業、メーカー企業、外資系企業をはじめ、超一流企業からベンチャー企業まで3万7000通を超えるエントリーシートが収録されています。 あなたの志望企業の合格エントリーシートもほぼ必ず見つかるサイトと言っていいでしょう

 また、合格ESだけでなく「企業研究」「同業他社比較」「就職活動の軸別のおすすめ業界」 「志望動機の書き方」など就活に役立つ限定記事もすべて無料で読むことができます。

 ぜひ自分のエントリーシートの見直しのために、作成の参考のために手に入れておきたいですね。

 

志望企業の内定者はどう書いた?内定エントリーシートを見よう!(その2)

 「ワンキャリア」では50,000件を超える合格エントリーシート・就活体験談が掲載されており、 全日本空輸(ANA)、伊藤忠商事、花王、日本航空(JAL)、味の素、アサヒビール、オリエンタルランド等日本の一流企業に加え、 ゴールドマンサックス、ボストンコンサルティング、モルガン・スタンレーなどの外資系一流企業も多数そろっています。

 エントリーシートだけでなくインターンシップやその選考、WEBテスト、グループディスカッションの攻略情報、 さらに志望動機の書き方や業界研究を読むことができ、従来では手に入らなかった情報が満載です。

 「ワンランク上のキャリアを目指す」というキャッチフレーズの通り、業界をリードする大手企業の資料が多く、 また総合商社、JR東海、電通、キーエンス、日本郵船、三菱地所といった一流企業の出展する限定イベントも開催されます。

 ワンキャリアは月間60万人の就活生が利用しています。また内定後もES・体験談を投稿すると1件最大5000円の謝礼がもらえ、 就活体験を翌年の就活生のために役立てることもできます。先輩の「知」を継承し、 あなたが発展させた「知」を後輩に継承する好循環を生み出しましょう。

 

先どり!気楽に動画で会社説明会

 通常、会社説明会はプレエントリーをしないと参加することができません。 ゆえに3年生の3月まで待った挙句、各社に登録して予約するというめんどうな手間がかかります。 ですが、「JOBTV」を使えば2・3年生でも今すぐ会社説明会を視聴できます。

 JOBTVは「動画で会社説明会が見放題」の就活サイトです。 「オンライン説明会」とは異なり録画されたものなので、時間の縛りも質問タイムもありません。 登録はJOBTVに1回するだけで、いちいち個別にプレエントリーする必要もありません。

 一方で、説明会を視聴して気に入ったらその場でエントリーできますので、参加実績をつけることができます。 会社に自分の存在を知ってもらえて、「早期選考」や「優遇選考」に呼ばれるきっかけを作れるのです。

 視聴のデメリットがないので「知らない会社」も「なんとなく」で観れて、「見落としていた優良企業」を発掘できるというわけです。 Amazon・KIRIN・ソフトバンク・電通・三井住友銀行など、業界トップ企業の動画も豊富に用意されていますから、ぜひ見ておきたいですね。

 現在23卒・24卒向けの動画がすでに投稿されていて、学生は完全無料で視聴できます。 動画は各社2種類用意されていて、「ショート版」を観まくって、その中から気に入った会社の「ロング版」を観る使い方がおすすめです。

【JOBTV】に登録して説明会を視聴する


プロフィール写真

著者:村田 泰基(むらた やすき)
 合同会社レセンザ代表社員。1989年生まれ。大阪大学法学部卒。2013卒として就活をし、某上場企業(メーカー事務系総合職)に入社。 その後ビジネスの面白さに目覚め、2019年に法人設立。会社経営者としての経験や建設業経理士2級の知識、自身の失敗経験、300冊以上のビジネス書・日経ビジネスを元に、8年間に渡り学生の就職活動を支援している。



 就活コラム

 MY就活ネット独自の企業研究を公開中!

×

2022年6月でも間に合う内定直結の就活講座!irodasSALON【23卒】(完全無料)