リアルタイム閲覧者数:9人

 

昇給とベースアップ

 昇給ベースアップについて書いていきます。 就活でも昇給額は気になるものです。昇給の平均はいくらくらいなのでしょうか。 またベースアップとは何でしょうか。



 

昇給とは

 昇給とは、給料が上がることです。正社員の昇給は月に5000円~10000円程度、 アルバイトやパートなら1時間10円~50円程度、給料が上がることで月収が増えることを指します。

 昇給がない場合、給料はずっと初任給のままです。 契約社員の場合、昇給がないことが多いです。正社員の場合は昇給がないことはあまりなく、 毎年昇給があります。

 正社員の昇給は、定期昇給ベースアップの2つがあります。 この2つがどう違うのか解説します。 

 

定期昇給

 正社員で就職した場合、毎年4月に定期昇給が行われます。 就業規則で定められた昇給表、あるいは賃金表に従い、所属の課長や部長が社員を査定します。 査定に応じて社員の給料が昇給するのです。

 定期昇給は、昇格によって行われます。昇格とは役職がつく意味ではなく、 賃金表上の格が上がることを指します。格が上がることで給料が増えるのです。 (ちなみに役職がつくことは「昇進」と呼びます)

 定期昇給は昇給の中でも基本のものです。年功序列の象徴が定期昇給であり、毎年必ず昇給します。 昇給額は業界によって異なりますが、メーカーやインフラの昇給額は月6000円~10000円、 銀行や商社の昇給額は月10000円~20000円です。

 定期昇給は募集要項にも書かれており、定期昇給の時期は毎年4月です。 就業規則の一部である賃金規則に「4月に定期昇給を行う」と書かれている場合がほとんどで、 賃金規則や労働条件に4月の定期昇給が書かれているときは、必ず昇給します

 というのも、賃金規則や労働契約で定期昇給を定めた場合、 労働基準法の趣旨に徴して会社は裏切ることができないためです。 定期昇給が定められているのに昇給がない場合、その会社は労働基準法違反となり、違法です。

 労働基準法は厳しく、いったん昇給すると、給料を下げることは非常に難しいです。 犯罪を犯したり、無断欠勤を続けたりなど、よっぽど勤務態度が悪いのでなければ、 給料を下げることはまずできません。

 そのため定期昇給の昇給額は少ないものです。 中小企業などでは定期昇給の昇給額は3000円~5000円という場合も多く、 ひどいところでは定期昇給が1000円だなんて話も聞いたことがあります。

 それでも定期昇給は必ず昇給するので、正社員にとって毎年4月は楽しみなものです。 4月になれば、月収がそれだけ増えるのです。

 

ベースアップ

 ベースアップは、昇給の一種ではありますが、定期昇給とは違います。 ベースアップは定期昇給と違い、毎年あるものではありません。 ベースアップは新聞などでは「ベア」と略されることも多いです。

 ベースアップとは、昇給表、賃金表の数字が増額されることです。 つまり、定期昇給とは別に、全社員の基本給が軒並み一定額昇給することを言います。

 新入社員の初任給が20万円で、定期昇給が1万円の会社を想定しましょう。 定期昇給だけだと、入社2年目の社員の給料は月21万円です。入社11年目なら30万円です。

 しかしベースアップが実施され、1万円のベースアップが実現したとすると、 給料が1万円上乗せされます。入社2年目なら22万円、入社11年目なら31万円です。

 ベースアップという賃上げは、上司の査定に関わりなく、全ての社員の給料が同じだけ上がります。 ベースアップをすると、幹部候補の総合職だろうが一般職だろうが、現業職であろうがすべての社員が昇給になります。

 会社にとっては人件費がかなり増えてしまいます。 定期昇給は査定により、人によって昇給額を変えることができます。 しかしベースアップは人によって昇給額を変えることができないのです。

 そのため会社はよっぽど儲かっていて、将来にわたって儲かり続けるという自信がない限り、 滅多にベースアップは行いません。いったんベースアップしてしまうと取り返しがつかないからです。

 逆に労働組合はみんなが平等に昇給するベースアップを重視します。 定期昇給はほっといても勝手に昇給します。就業規則で決まっているからです。 しかしベースアップは会社がやりたくなければやらなくていいものですので、 労働組合の頑張り代ということになります。

 2015年の春、トヨタでベースアップが実現し、月4000円のベアとなりました。 トヨタの社員は定期昇給の他に4000円の昇給があったということになります。

 その他、日産自動車は5000円、パナソニックなどのベアは3000円、 日本航空は2000円、全日空は1000円でした。

 

昇給の平均

 昇給平均はどれくらいでしょうか。 現在、全業種の平均昇給率は2%と言われています。日本のインフレ率を若干上回る程度の昇給ですね。

 2%というといくらくらいでしょうか。大卒初任給の平均がおよそ20万円ですので、2%だと4000円ですね。 30歳だと平均月収が30万円ですので、6000円ですね。 すると23歳の昇給の平均は4000円で、30歳の昇給の平均は6000円なのでしょうか。

 昇給率は、総合職、一般職、現業職関わりなくすべての労働者の昇給率です。 大卒総合職の昇給に限って言えば、昇給の平均はもっと高くなるはずです。

 メーカーでは6000円~10000円、銀行や商社では1万円~2万円というところが多いです。 銀行や商社はともかく、メーカーの昇給額が6000円だなんてがっかりしましたか? がっかりするにはまだ早いです。

 昇給は、ボーナスにも関係します。昇給は基本給が増額されることをいいます。 ボーナスは基本給をもとに計算されますので、昇給があればボーナスも増額されるのです。

 昇給が6000円だった場合、12か月分で7万2000円です。ボーナスが5か月分出た場合、 6000円×5で3万円です。これだけで年収は10万円増えます

 さらに昇給は残業代にも関係します。残業代は、基本給÷労働時間で算出した時給に、 残業時間数をかけて算出されます。

 例えば初任給が20万円で月に30時間残業した場合、残業代は1580円×30時間で47400円です。 年あたり57万円です。6000円昇給すると、残業代は1630円×30時間で48900円です。 年あたり59万円ですね。残業代の分で年収は2万円増えます。

 6000円の昇給で、年収は12万円も増えるのです。

 少ないと思うでしょう。6000円などというのは、入社して数年の昇給額です。 何年か働いていると昇給額は8000円、1万円と増えていくのです。

 昇給の平均など、あてにならないものです。

 

昇進による昇給

 昇進でも昇給します。 しかし昇進の昇給は、基本給ではなく、係長や課長補佐といった役職がつくことによる昇給です。 つまりは役職手当です。

 役職手当は残業代に影響しません。ボーナスでは役職手当は影響しないものの、 ボーナスに役職に応じた金額が上乗せされますので、平社員のときより年収はかなりアップします。

 役職手当は会社によってさまざまです。「主任」で5000円しか増えない会社もあれば、 「主任」になれば数万円の昇給になる会社もあります。

 昇進は会社の都合で行われるものですので、労働組合が戦って勝ち取る昇給でなければ、 必ず昇進するものでもありません。しかし出世を目指す総合職にとって、 昇進は給料の増額、権限の増加につながりますので、喜ばしいものです。

 

昇給額を調べる方法

 「昇給額」は非公開の「賃金規則」で定められているものなので、どの企業も公開していません。 就職後に労働組合の機関紙を読めば、同じ部会の限られた企業の昇給額だけ知ることができますが、 「昇給額」は就職する前に知りたいですよね。

 そこで、会社の「昇給額」を調べるとっておきの方法を紹介します

 会社の募集要項の「初任給」を見てください。「大卒」と「修士」で初任給が違いますよね。 大卒が22歳、修士は24歳を前提とした初任給なのですが、ほとんどの会社で大卒は2年後に修士の初任給に追いつくようになっています。

 つまり、「(修士初任給 - 大卒初任給 )÷ 2」で1年間の昇給額が計算できることになります。

 例えば全日本空輸(ANA)は大卒が217,057円、修士が224,959円です。 上の式に当てはめれば、年間の昇給額は「3,951円」ということになります。

 もちろん「主任」などの役職・役付が上がれば昇給額も次のステップに移りますので、 一生を昇給3,951円で過ごすわけではありませんが、少なくとも2年間はこの昇給額だということになります。 そして主任になるのはおよそ入社5年後ですから、5年間はこの昇給額である可能性が高いです。

 それでは他の企業も見てみましょう。

会社名大卒修士昇給額(年間)
三菱商事255,000円290,000円17,500円
三井物産240,000円275,000円17,500円
住友商事240,000円275,000円17,500円
伊藤忠商事240,000円275,000円17,500円
三菱地所240,000円275,000円17,500円
三井不動産240,000円275,000円17,500円
ソニー219,000円252,000円16,500円
旭硝子242,000円210,000円16,000円
住友不動産250,000円280,000円15,000円
JR東海214,300円244,100円14,900円
ホンダ215,900円242,100円13,100円
日産自動車220,000円244,000円12,000円
パナソニック210,500円234,500円12,000円
キヤノン220,000円243,200円11,600円
トヨタ自動車207,000円229,000円11,000円
SUBARU207,000円229,000円11,000円
デンソー206,000円228,000円11,000円
JR東日本224,135円244,375円10,120円
大日本印刷214,000円234,000円10,000円
資生堂215,000円235,000円10,000円
JR西日本205,986円225,478円9,746円
花王218,000円237,000円9,500円
JT208,000円225,500円8,750円
サントリー226,000円242,400円8,200円
アサヒビール221,500円236,500円7,500円
味の素234,000円246,000円6,000円
※いずれも総合職

 商社や不動産会社ほど昇給額が高く、昇給が1万円を超えるような会社は稀です。 これらの会社では入社5年後の主任、10年後の課長補佐・係長クラスになるとさらに昇給額が上がると予想されます。

 一方で昇給が5000円を切るような会社では今後も大きな昇給は見込めません。

 このような方法で志望企業の昇給額を調べてみましょう。

 

昇給ってショボくね?

 ここまで読んで「昇給ってショボくね?」と思われた方がとても多いのではないかと思います。 私も年間6000~1万円の昇給にとても希望を抱くことができませんでした。

 「6000円てwwwゲームソフト1本すら買えねえwww

 そこで、セルフ昇給するという発想に至りました。 会社でどれだけ利益を出しても、その利益は会社のもので、つまりは株主のものです。 一方、個人で利益を出せばすべて自分のものです。

 このために本は200冊以上を読み漁り、日経ビジネスはNewspicksなどのニュースにお金を払い、 1年目はセルフ昇給500円、2年目はセルフ昇給1万円、3年目はセルフ昇給5万円、4年目はセルフ昇給15万円、 5年目はセルフ昇給18万円を達成しました。

 セルフ昇給の合計額はおよそ月40万円!

 要は副業をやっているわけですが、まったく苦でない自分の好きなことで稼ぎ、 ついには副業の年収が会社の年収においつきました。 なぜそれが可能になったのかというと、不動産投資をしたためです。

 ニュースやネット記事でもよく言われているように、給料だけでは足りない時代です。 副業や投資によって収入を拡大し、万一会社が傾いたときなどの対策をしておくべきでしょう。

 もちろん収入を増やすには猛勉強が必要です。しかし、その効果は絶大です。 いきなり投資をしろといわれてもリスクや不安が大きすぎますから、 まずは勉強してみるところから始めてはいかがでしょうか。

 MY不動産投資というサイトを開設し、 私の投資ノウハウを公開しています。「セルフ昇給」をするかしないかは、勉強してから判断しても遅くないはずです。

 

今から最短で内定をもらうには?

 

志望企業の合格エントリーシートを見る(その1)

 エントリーシートは、何を書いたら正解かわからない、「『わからないこと』がわからない」状態だと思います。 私もそうでした。自分では完璧だと思っていたエントリーシートも、他の人のエントリーシートと比べたらボロボロだったのです。 そこで、志望企業で実際に内定をとったエントリーシートを参考にしたいですよね。

 「Unistyle」では、一流企業からベンチャー企業まで、内定したエントリーシートを無料ダウンロードできます。

 「Unistyle」では、三菱商事や三井物産、三菱東京UFJ銀行、トヨタ自動車、三菱地所、新日鐵住金、東京ガス、 マッキンゼー、P&Gなど、様々な超一流企業をはじめ、1万7000通を超えるエントリーシートが収録されています。 あなたの志望企業の合格エントリーシートも必ず見つかるサイトと言っていいでしょう

 商社や自動車メーカーをはじめとした企業研究同業他社比較、また「就職活動の軸」別のおすすめ業界、 志望動機の書き方まで非常に詳細に書かれた限定記事をすべて無料で読むことができます。

 また会員限定の特別イベントが多数開催され、過去には伊藤忠商事、日本政策投資銀行、日本ロレアル、キーエンス、日本たばこ産業(JT)、トヨタ自動車、旭硝子、デンソー、 三菱東京UFJ銀行、大日本印刷などのイベントが行われています。

 ぜひ自分のエントリーシートの見直しのために、または作成の参考のために手に入れておきたいですね。

 

志望企業の合格エントリーシートを見る(その2)

 「ワンキャリア」では50,000件を超える合格エントリーシート・就活体験談が掲載されており、 全日本空輸(ANA)、伊藤忠商事、花王、日本航空(JAL)、味の素、アサヒビール、オリエンタルランド等日本の一流企業に加え、 ゴールドマンサックス、ボストンコンサルティング、モルガン・スタンレーなどの外資系一流企業も多数そろっています。

 エントリーシートだけでなくインターンシップやその選考、WEBテスト、グループディスカッションの攻略情報、 さらに志望動機の書き方や業界研究を読むことができ、従来では手に入らなかった情報が満載です。

 「ワンランク上のキャリアを目指す」というキャッチフレーズの通り、業界をリードする大手企業の資料が多く、 また総合商社、JR東海、電通、キーエンス、日本郵船、三菱地所といった一流企業の出展する限定イベントも開催されます。

 「ワンキャリア」は月間60万人の就活生が利用しています。また内定後も謝礼付きのインタビュー等が行われ、 就活体験を翌年の就活生のために役立てることもできます。先輩の「知」を継承し、 あなたが発展させた「知」を後輩に継承する好循環を生み出しましょう。

 

2018年10月でも間に合う!内定直結の合同説明会

 すぐ内定がほしい。それは、就活生なら誰もが願うことだと思います。

 2019年卒では8月1日の時点で就活生の88%が内定を持っています。「まだ内定がない」と焦る気持ちが強いと思います。 そんな中、まどろっこしくてめんどくさい従来型の就活をしていては余計にストレスが溜まってしまいます。

 余計なステップを究極的に省いたのが、内定直結型の就活イベントで、採用選考をその場で始めることが前提の合同説明会です。 あらかたの企業が採用選考を終えたあとでも頻繁に開催されており、採用権限をもった部長・役員クラスが現れ、 その場で面接が始まったり、その場で即日内定がもらえたりするイベントがあります。

 それが「MeetsCompany 」です。 年間10万人が利用しているほどで、MeetsCompanyで内定を確保するのはもはや常識になりつつあります。

 2019年卒の募集が始まっています。MeetsCompanyは参加者内定率96%を誇っており、 全国で開催されているので地方の学生でも行きやすいイベントです。 最短1日で内定を取れますので、就活を終わらせることができます。

 

多忙の中、どっしり「スカウト」を待つ

 従来型の就活では内定までの道のりがとても長くてめんどうですよね。説明会を受けて、エントリーシートを提出して、グループディスカッションを受けて… そんな手順をすっ飛ばして自分に合った会社が、向こうからアプローチしてくれる就活サイトがあります。

 それは「キミスカ 」 です。

 キミスカでは自分から会社を探さなくても、SNSのようにプロフィールを書くだけで、 会社の人事が「こんな優秀な学生がほしかった!」とスカウトを、時にはいきなり最終面接の案内を送ってくれます。

 他社のインターンやES、GD、一次~最終面接など、従来は落ちると無駄になっていた頑張りを「スカウトされる材料」にできるのです。 スカウトがたくさん来れば、いちいちプレエントリーしたり、エントリーシートを書く手間が省けるので時間短縮になりますね。

 すでに2019年卒の就活生も約7万人が利用しているほどで、スカウトがどんどん来ます。 また、実際の採用選考で行われる「適性検査」も体験できるので、ぜひやっておきたいですね。



×

待っているだけで隠れ優良企業からスカウトがもらえるサイト!