リアルタイム閲覧者数:5人

 

従業員持ち株会はおすすめしません

 MY就活ネットでは、従業員持株会に入会することをおすすめしません

 就活をしていると、福利厚生に「従業員持株会」と書かれているのを目にします。 従業員持株会は福利厚生としてどれくらい優秀なのでしょうか。 持株会のない会社は福利厚生が悪いのでしょうか。

 結論からいうと、従業員持株会福利厚生ではありません。 そして、入会するべきでもありません



 

従業員持株会とは?

 従業員持株会とは、社員がみんなで自社株を購入する会を言います。

 仕組みとしては毎月自分で決めた金額を給料から天引きし、 従業員持株会に出資します。持株会がまとめて自社株を購入し、出資金額にあわせて会員に株式を振り分けます。

 例えば「毎月1万円出資する」と持株会に連絡しておけば、毎月1万円が給料から天引きされ、 1株1000円なら10株、1株1万円なら1株を、持株会を通して購入できるという仕組みです。

 通常、株を買おうと思うと「単元株数」といって、100株~1000株単位でなければ購入できません。 1株ずつ購入することはできず、100株、1000株単位で購入しなければならないため、 持株会を使わない場合は10万円~100万円の資金が必要になります。

 しかし、従業員持株会なら自分の出資金額に応じて株式を購入できますので、 「毎月1万円」なら10株という少額投資が可能なのです。

 ビジネス書風に言えば従業員持株会は、「1000円から始める株式投資」と言えるでしょう。

 多くの会社で従業員持株会が採用されており、就職すると総務部から従業員持株会への参加を勧められます。 というのも、従業員持株会会社にとってメリットがあるためです。

 従業員持株会の会社にとってのメリットは、安定株主をもてるということです。 社員は基本的に経営者のいいなりですから、株主総会で文句を言ったり、取締役を解任したりということは提案しません。 従業員持株会は「物言わぬ株主」なのです。

 従業員が多い会社では、従業員持株会は全株式の10%を持っていることもあり、 持株会の所有する株が多ければ多いほど、会社は安定した経営ができるということになります。

 

従業員持株会に入会するメリット

 従業員持株会入会するメリットは、 少額で株式投資ができるということです。

 通常、株式投資には最低でも10万円~100万円の資金が必要です。 しかし持株会なら1000円という少額での株式投資が可能なのです。 出資分は毎月給料から天引きされますので、毎月自動的に株を購入できます。

 さらに持株会では「出資金額の10%」を奨励金として支給され、 株の購入に充てることになります。つまり、1000円出資すれば1100円出資したのと同じことになるのです。 毎月1000円の出資だと年間12000円支払うことになりますが、奨励金がついて13200円投資したことになるのです。

 自動で天引きされるため、毎月の給料をすっからかんになるまで使うような人でも、 従業員持株会に入っていれば自動で株をためることができ、 貯金の効果があるのもメリットの一つです。

 実は、原則として社員は自分の会社の株を買うことができませんが、持株会に入れば話は別です。 インサイダー取引になってはいけませんので自分の会社の株を勝手に売買することはできません。 しかし、持株会に入れば持株会が法令に従って、毎月決まったタイミングで株を買いますのでインサイダー取引にあたりません。

 社員が合法的に自分の会社の株を買う方法、それが持株会なのです。

 また、会社によっては出世にあたって「自社株を持っているかどうか」が重視されることもあります。 「自社株を持っている=自分の会社に貢献している」という理論で、出世しやすいというのです。 もちろん業績をしっかり残していて、出世するにふさわしい人物であることが前提ですが。

 そうでない会社でも、課長になるときに自社株を購入させる会社がほとんどです。 私の会社では課長になるときに自社株を300万円分ほど買わされているようです。 総合職ならどうせ課長になるんですから、課長になるときに一括で株を買うより、 若いうちから徐々に株を買っておけば楽だという考え方もありますね。

 

従業員持株会に入会するデメリット

 従業員持株会入会するデメリットがたくさんあります。

 まず、毎月の手取り給料が減るというデメリットです。当然ながら持株会に1万円出資するなら、 給料の手取りは毎月1万円天引きされることになります。 出資するだけ給料が減ってしまいますので、生活が苦しくなります。

 そして、株の購入・売却時期を自分で決められないというデメリットもあります。 株を買う際、普通は安い時に買って、高い時に売ります。しかし、従業員持株会の場合は、 毎月勝手に持株会が購入しますので、株価が高いときにも自動的に購入されてしまいます

 例えば500円だった株価が急に騰がって1500円になったとしましょう。いつ500円に戻るかわかりません。 1500円のうちに株を売却したいところですが、持株会で購入しているので勝手に売却できません。

 また、毎月1万円出資していると1株500円なら月に20株購入できていました。 1500円になると6株しか購入できません。損をした気分になりますね。 株価が500円に戻るまで購入をやめたいですが、やはり持株会で勝手に株を買われてしまいます。

 もちろん売却の時期も自分で決められませんので、急激に景気が悪くなった時、 政権交代が起こった時、大事件が起きた時など、明らかに株価の下落が予想されるときでも勝手に株を売ることができません。 ただただ株価が下落していくのを見ているだけという状態になります。

 持株会のメリットに「貯金できる」と書きましたが、株価は変動します。 株価が上がり続ければいいのですが、今はそんな時代ではありません。 1週間後には株価が半額になっている可能性だってあるのです。

 1年間で20万円を出資したとしても、株価が半額になれば、持っている財産は半分になり、 10万円しか価値がないことになるのです。

 従業員持株会の問題点は「資産を自分で管理できない」「価値が暴落する可能性もある」 「毎月の収入が減る」という3点が挙げられます。

 バブル以前は株は勝手にどんどん値上がりしていくという神話がありました。 これは高度経済成長期が長く続き、どんどんインフレしていき、同時に国民の収入も増えていたからです。 一方で株を買うには今のようなインターネットではなく、証券会社の営業マンにいちいち依頼する必要がありました。

 この時代の従業員持株会は手軽に株式投資ができ、勝手に値段があがっていくのですから、 完全に福利厚生でした。

 しかし今は低成長期です。インフレは限定的で、国民が株式投資にお金を出す余裕もそこまでありません。 株価がどんどん上がっていく時代でもないため、損をする可能性も非常に高いです。 さらにインターネットの登場で株取引が劇的に簡単になりました

 そのため自分の会社の株を買いたいのでない限り、明らかに自分で会社を選んで株を買ったほうがいい時代です。 もはや持株会福利厚生とは言えない制度です。

 

従業員持株会に入会するくらいなら自分で株を買うべき

 従業員持株会入会するくらいなら、自分で株を買うべきです。

 今はNISAという免税制度もありますので、毎月の給料から一定額を証券口座に振り込んだり、 ボーナスを証券口座に振り込むなどして、自分で株を買い、自分で管理したほうがよっぽどいいです。

 インサイダーになってはいけませんので自社株を購入することはできません。 しかし自分で管理できない自社株を持つくらいなら、自分が信頼できる会社を見つけてその会社の株を買ったほうがよっぽど健全です。

 配当金の多い株、株主優待制度のある株、今後成長が見込まれる会社の株など、 魅力的な株は世の中にゴロゴロあります。 自分の会社が儲かった時はボーナスがもらえますから、何も自分の働く会社の株を買わなくてもいいのです。

 そもそも株に興味がなければわざわざ自分で株を買う必要もなければ、持株会に入る必要もありません。 お金は、いつでも使えるからこそ価値があるものです。売れない株式に変えてしまっては、 何の価値もないのです。

 ましてや今はどの会社が倒産してもおかしくない時代ですし、 株価が大暴落する可能性だっていつでも十分にあります。 自分の会社の株価がよっぽど信頼できるのでなければ、持株会には入らないほうがいいでしょう。

 

従業員持株会に入会するべき場合

 従業員持株会入会するべき場合を紹介します。

 従業員持株会に入会するべきではないと力説しましたが、入会するべき場合もあります

 それは、自分の会社の株を買いたいときです。法令による規制のため、基本的に社員は自分の会社の株を自由に売買できません。 持株会なら法令に従い、決まったタイミングで株を購入しますので、自分の会社の株を買うことができます。 しかし持株会にまでお金を預けて自分の会社の株を買ったほうがオトクな場合ってどんな場合でしょうか?

 まず、自社株があまりにも安すぎる場合です。自分の会社の借金が少なく、 利益もかなり出しており、売上高も順調で、配当金も出しているような会社で、 あまりにも株価が安すぎる場合は、今後株価があがる可能性があります。

 今後、株価があがると思ったら、従業員持株会に入会しましょう。

 次に、自社の将来性にかけている場合です。 自分の会社が将来大化けし、世界的に有名な優良企業になるという自信があれば、 従業員持株会に入会するべきです。

 最後に、バブル経済に突入した場合、あるいは高度経済成長期に突入した場合です。 インフレが進み、株価がどんどんあがっていくようなときは、お金を現金で持っている方が損です。 こういう場合は従業員持株会に入会し、株をどんどん買いましょう。

 

今から最短で内定をもらうには?

 

志望企業の合格エントリーシートを見る(その1)

 エントリーシートは、何を書いたら正解かわからない、「『わからないこと』がわからない」状態だと思います。 私もそうでした。自分では完璧だと思っていたエントリーシートも、他の人のエントリーシートと比べたらボロボロだったのです。 そこで、志望企業で実際に内定をとったエントリーシートを参考にしたいですよね。

 「Unistyle」では、一流企業からベンチャー企業まで、内定したエントリーシートを無料ダウンロードできます。

 「Unistyle」では、三菱商事や三井物産、三菱東京UFJ銀行、トヨタ自動車、三菱地所、新日鐵住金、東京ガス、 マッキンゼー、P&Gなど、様々な超一流企業をはじめ、1万7000通を超えるエントリーシートが収録されています。 あなたの志望企業の合格エントリーシートも必ず見つかるサイトと言っていいでしょう

 商社や自動車メーカーをはじめとした企業研究同業他社比較、また「就職活動の軸」別のおすすめ業界、 志望動機の書き方まで非常に詳細に書かれた限定記事をすべて無料で読むことができます。

 また会員限定の特別イベントが多数開催され、過去には伊藤忠商事、日本政策投資銀行、日本ロレアル、キーエンス、日本たばこ産業(JT)、トヨタ自動車、旭硝子、デンソー、 三菱東京UFJ銀行、大日本印刷などのイベントが行われています。

 ぜひ自分のエントリーシートの見直しのために、または作成の参考のために手に入れておきたいですね。

 

志望企業の合格エントリーシートを見る(その2)

 「ワンキャリア」では50,000件を超える合格エントリーシート・就活体験談が掲載されており、 全日本空輸(ANA)、伊藤忠商事、花王、日本航空(JAL)、味の素、アサヒビール、オリエンタルランド等日本の一流企業に加え、 ゴールドマンサックス、ボストンコンサルティング、モルガン・スタンレーなどの外資系一流企業も多数そろっています。

 エントリーシートだけでなくインターンシップやその選考、WEBテスト、グループディスカッションの攻略情報、 さらに志望動機の書き方や業界研究を読むことができ、従来では手に入らなかった情報が満載です。

 「ワンランク上のキャリアを目指す」というキャッチフレーズの通り、業界をリードする大手企業の資料が多く、 また総合商社、JR東海、電通、キーエンス、日本郵船、三菱地所といった一流企業の出展する限定イベントも開催されます。

 「ワンキャリア」は月間60万人の就活生が利用しています。また内定後も謝礼付きのインタビュー等が行われ、 就活体験を翌年の就活生のために役立てることもできます。先輩の「知」を継承し、 あなたが発展させた「知」を後輩に継承する好循環を生み出しましょう。

 

2018年9月でも間に合う!内定直結の合同説明会

 すぐ内定がほしい。それは、就活生なら誰もが願うことだと思います。

 2019年卒では8月1日の時点で就活生の88%が内定を持っています。「まだ内定がない」と焦る気持ちが強いと思います。 そんな中、まどろっこしくてめんどくさい従来型の就活をしていては余計にストレスが溜まってしまいます。

 余計なステップを究極的に省いたのが、内定直結型の就活イベントで、採用選考をその場で始めることが前提の合同説明会です。 あらかたの企業が採用選考を終えたあとでも頻繁に開催されており、採用権限をもった部長・役員クラスが現れ、 その場で面接が始まったり、その場で即日内定がもらえたりするイベントがあります。

 それが「MeetsCompany 」です。 年間10万人が利用しているほどで、MeetsCompanyで内定を確保するのはもはや常識になりつつあります。

 2019年卒の募集が始まっています。MeetsCompanyは参加者内定率96%を誇っており、 全国で開催されているので地方の学生でも行きやすいイベントです。 最短1日で内定を取れますので、就活を終わらせることができます。

 

多忙の中、どっしり「スカウト」を待つ

 従来型の就活では内定までの道のりがとても長くてめんどうですよね。説明会を受けて、エントリーシートを提出して、グループディスカッションを受けて… そんな手順をすっ飛ばして自分に合った会社が、向こうからアプローチしてくれる就活サイトがあります。

 それは「キミスカ 」 です。

 キミスカでは自分から会社を探さなくても、SNSのようにプロフィールを書くだけで、 会社の人事が「こんな優秀な学生がほしかった!」とスカウトを、時にはいきなり最終面接の案内を送ってくれます。

 他社のインターンやES、GD、一次~最終面接など、従来は落ちると無駄になっていた頑張りを「スカウトされる材料」にできるのです。 スカウトがたくさん来れば、いちいちプレエントリーしたり、エントリーシートを書く手間が省けるので時間短縮になりますね。

 すでに2019年卒の就活生も約7万人が利用しているほどで、スカウトがどんどん来ます。 また、実際の採用選考で行われる「適性検査」も体験できるので、ぜひやっておきたいですね。



×

隠れ優良企業からスカウトがもらえるサイト!